人気ブログランキング |

若き俊英・・和田的展

d0085887_22455361.jpg

この白磁の作品は・・
私が最も敬愛する若き陶芸家のひとり・・
和田的(あきら)さんの手になるものである

純白は・・曖昧を許さない
ストイックなまでに追いつめた面の交差は
一条の閃光の拡散の果てに・・
茫洋として・・柔和な優しさに包まれる
d0085887_2246458.jpg

同じ陶葉会の仲間であり
息子よりも若い・・清新な若者なのだが
こと陶芸の道でいえば・・
遥かに先達の俊才と・・一目二目を置く存在である

今日が初日の・・寛土里での個展
敬意を表し・・スーツに着替えて出向いた
d0085887_22461522.jpg

作陶の成り行きは・・多少なりとも聞いているから
これだけの作品・・いつ作ってるの?
驚異の集中の為せる業である
d0085887_22462622.jpg

おそらく年単位で・・工房に籠り
陶芸のロクロ挽きと・・学生時代の本分・・
彫刻の削りの技のコラボレーションに
明け暮れの日々に違いない
d0085887_22463895.jpg

もしひとカンナ・・力のベクトルが狂えば
一本しか設計し得ない直線にも曲線にも
取り返しのつかない破綻が生じる

やり直しのきかない作業は
リスクを受け入れる覚悟の中でしか成立しまい
それだけに・・この時期の没我のストイシズムが
彼の将来にどれほどのポテンシャルを培うのか
量り知れないものがある・・と思う
d0085887_22464852.jpg

このところ・・しばしば話題の
透光磁練上げの寵児・・室伏英治さんと
そのスタッフのみなさんと同席
珍しく・・記念写真というわけである

二人とも・・確実に時代が要求する陶芸家
自重の上・・大輪の花になってほしいものである




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2012-10-28 23:33 | ●畏友交遊 | Comments(0)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696