人気ブログランキング |

定石

d0085887_448361.jpg

一昨日囲碁を例えに・・大局観を書いた
書きながら・・もうひとつ思い出すことがあった
今朝は・・そっちに触れてみようと思う
陶芸にも通じるものを感じるからである
d0085887_4491013.jpg

囲碁将棋・・あるいはチェスでも同じだが
初心者は・・定石(定跡)を覚えようとするもんだ
上手の一手に・・新型定石で対抗できたりすれば
「お主・・できるよのぉ~!」・・みたなとこあるから
必死に覚えようとする

ところが・・
「プロは・・定石を覚えたりしない」
そう書いてあったのを読んで・・??

一杯覚えて強くなったから・・プロじゃないの?
というあげ足は傍らに置いて・・核心にふれれば

ある局面で・・互いに最善手と思しき一手を打てば
結果的に・・その一連の流れは定石と同様になる
だから覚える必要がない・・そう言いたいのだろう

プロにも初心の時代があったのに・・という矛盾は
あげ足にしとくとして・・でも
この意見には・・傾聴に値するものもある

例えば・・ろくろ手技の勉強の場合
土の塊が・・器に変貌するプロセスが
上手下手を分けることになるが

上手というのは・・そのプロセスに
自分なりの最善・必然を定着させることである

望み通りの器を作るには・・幾つかの要素がある
土の量・厚み・直径・高さ・シルエット
どれも大事な要素だけど・・
手順の定石・・風に考えると

私は・・序盤で土の量と厚みに専ら意識を注ぐ
これさえ安定して同じ状態で挽ければ
後は・・必然で決まってゆくことになる

初心者が・・同じものを二つ作れないのは
手つきの問題じゃないことが多いと思う

最初の土の分量と・・厚みを感じるセンサーが鈍くて
多すぎたり・・少な過ぎたり
厚過ぎたり・・薄過ぎたりバラつくからなのだ
そのまま続ければ・・望みとはかけ離れてしまう

棒挽きだけでなく・・計量の団子を使ってみたり
しっぴきで切り離す段階で・・器を解剖して厚みを見るとか
頭や手に・・しっかりと覚えこませるまで
物を作らず・・技を作れば
後は・・案外思い通りになるものなのである

対戦したい気持ちを押さえて・・定石を学ぶ
形にしたい思いを我慢して・・繰り返し稽古する
通じるものがあるような・・そんな気がするのである

私の教室では・・ここに一番時間をかけている





人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
Commented by はるこ at 2012-06-02 18:26 x
最初の壺、、、のけぞってしまいました!
すばらしい、、、大好きです。

結果的に どうしても必然で決まって行く、、ってわかります。
あ、、そうなんだ、、って感じ。
先生の教室での強いポリシーが感じられました。
Commented by touseigama696 at 2012-06-03 05:34
はるこさん
ありがとうございます
新しい試みを・・って
そういうせいか・・結構思いつきもあって
どこに落ち着くのか・・器に訊いて!かも・・笑

鈍重な工房教室・・
動かざること山の如し・・爆
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2012-06-02 05:48 | ○陶芸雑感 | Comments(2)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696