人気ブログランキング |

「剪紙繋型」の器

d0085887_2159429.jpg

今までにも・・書いたことがあるが
私には・・いわゆる師匠がいない
52歳からの陶芸には・・
内弟子時代は作りようもなかったから
殆どが独学・・一番怖いのが独善だった

そういうわけで・・2001年
第16回日本陶芸展に初出品が初入選した会場で
山路さんに初めてお目に掛かって
貴重な助言をいただいたことを忘れることはない
爾来10年余・・折あるごとに教えを請うた

久しぶりに・・水戸に走り
ギャラリー手鞠子で・・山路さんの個展を見た
同じ陶芸家の夫人との二人展
一昨日・・日本橋三越で会ったばかりの再会である
d0085887_21591265.jpg

このギャラリー手鞠子・・
笠間のもう一人の師匠小林政美さんとのご縁で
かつてしばしば訪ねたこともあるが
オーナーの黒澤さんとも久しぶりだった
d0085887_21592437.jpg

山路さんの技法は・・「剪紙繋型」といって
細かい紋様を描いた型紙を使って
化粧土を埋め込み・・紋様を浮き上がらせるというもの
日本伝統工芸展14回 日本陶芸展7回
この技法で赫々とした戦績を残してきた
d0085887_2331751.jpg

実に細かく精緻な加飾技法で
広い意味では・・江戸小紋の染織に通じるものがあり
私の・・糸抜き波状紋にもつながっているのである

遠目には無地だが・・近づけば紋様が見える江戸小紋
江戸の粋・・そこが好きなのである
d0085887_2159349.jpg

小物にも・・丁寧に剪紙模様が浮かんでいる
色化粧を使うことで・・華やかさも醸すが
その分・・手間のかかる仕事なのだ
d0085887_21594399.jpg

こちらは・・夫人の作品
笠間らしい土の匂う・・肌合いの良い器である
私は・夫人の珈琲カップが好きで愛用している
d0085887_21595050.jpg

今日は・・この湯呑をいただいた
珈琲は夫人のカップ・・茶は山路さんの湯呑で・・

大分話し込んで・・次回作へのヒントをまたいただいた
早速・・試作にかからねば・・
少しづつ日が伸びたとはいえ
既に暮れなずむ西の空に向かって走り始めた




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
Commented by はるこ at 2012-01-17 00:20 x
面白い技法がいろいろあるんですねぇ、、、陶芸って世界は。
はまったら抜け出せないでしょうね、、
とっても綺麗!
Commented by touseigama696 at 2012-01-17 00:31
はるこさん
ありがとうございます
プロの作家としての個性を確保するには
やはり・・みなさん色々工夫してるんですね
見つける苦労・・見つかった喜び
確かに・・抜けるのは大変かも・・苦笑

Commented by mousseinmtl at 2012-01-18 07:34
前回日本へ行って、三越で先生とご一緒した陶芸展にも
出展されていたような気がしますが。すごくきれいですね。ちょうど私も型紙を切り始めたところですが、ここまで細かいのを拝見すると、すごいなと思うばかりです。山路先生はモントリオールにいらしたこともあると伺いました。
Commented by touseigama696 at 2012-01-19 01:04
mousseinmtlさん
ありがとうございます
型紙での細工・・
パターンを作って組み合わせてゆくみたいですが
結構手間がかかる仕事ですね

そそ・・山路さんはモントリオールで
陶芸を始めたんですよ
面白いキャリアですね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2012-01-15 23:13 | ○展覧会 | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696