人気ブログランキング |

窯の贈りもの

d0085887_714554.jpg

一生に一度などと大袈裟に言うつもりはないが
窯を開けて・・この水指に再会したとき
・・一目で気に入った
窯がプレゼントしてくれた・・と感じた

塗り蓋をしつらえ・・はっきり水指になったとき
たった17年の陶歴でしかないが
これが一番・・そんな気がした
勿論・・今までのところだからこの先・・
これを越えるものを作りたいのは言うまでもない

それにしても・・写真にするのが難しい
光がなければ撮れない写真も
光のせいで写り込みが・・じゃま
それなりにホリゾントなど用意して
照明を加減しながらでないと
思い通りの写真にはなりそうにない

ひとまずは・・この程度の写真しか・・である
d0085887_715346.jpg

半磁土を素地に・・ろくろ挽きし
自前の釉で・・一番長く使ってきた黒天目
新しくたっぷり調整したその黒天目に
静かに浸し・・静かに離れた

少し乾いてから・・イッチンのスポイトで
器肌に山なりに一線を引いた
それだけのことで・・あとは窯まかせ

天目の上を別仕立ての鉄釉が・・
流れ落ちて高台脇で止まった
多過ぎれば・・棚板に落ちて台無しだが
絶妙に止まってくれた

だから・・紅く染まった山並みのようだ
絵のように描いたわけじゃない
ひと筋のイッチンが・・山になった
やきものの世界では・・景色という

とりわけ茶陶では・・景色は大事である
見立てて・・話題は膨らむ
茶室での一興が・・様々な想像をかきたてる
それも・・茶の楽しみじゃなかろうか







人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
Commented by gu-nya7 at 2011-09-18 09:19
すごく 素敵です

全体の大きさと口の大きさのバランス
形も綺麗で 焼きもすばらしいです

景色 大事なんですね
茶陶 もっと勉強しなきゃいけないんですが難しくて…
実際に見せてもらって 勉強したいです
Commented by Blog_Maya at 2011-09-18 19:09
私も昨日のアップで一番心挽かれたのはこの水差しでした。  写り込みするものは撮影が難しいですよね。
窯の贈り物なんて御謙遜を・・・、でも真摯に作り続けている先生への御褒美なのかもしれませんね。 
日本伝統工芸展松戸在住者展もうすぐですね。 続く暑さで体調を崩されませんように。

Commented by harukob1 at 2011-09-18 21:13
日本伝統工芸展への先生の熱意が窯に届いたみたいですね。
実行のみがキャリアを作る、って誰かが言ってました。
ほんとに難の打ち所が無い、、ってこのことですね、、
姿が優雅で、、、景色って言うんですね、、ステキです。
描いたものでは不可能なすばらしさを見せていただきました。
すこしホッとなさっていることと思います。
Commented by touseigama696 at 2011-09-19 07:28
gu-nyaさん
ありがとうございます
こうした伝統的な釉を使っての制作って
やはり難しいものです

比べるものが沢山あるから
どこまでやっても・・満足できませんしね・・笑
でもこの手の仕事も大事にしないと
軸がなくなってしまいますから・・
Commented by touseigama696 at 2011-09-19 07:30
Blog_Mayaさん
ありがとうございます

そうなんです・・
写真が難しいものばかり作ってます・・笑

年内には・・ホリゾントとレフ板くらい買い込んで
もう少しましに撮れるようにします・・苦笑
Commented by touseigama696 at 2011-09-19 07:33
harukobさん
ありがとうございます
窯は・・いつでも公正公平
やっただけのことしか・・返してくれませんが
その情実のなさが・・喜びでもあります
窯に褒められる・・それが最高の賞かもです・・笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2011-09-18 08:43 | ○ギャラリー | Comments(6)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696