人気ブログランキング |

形と模様

d0085887_643771.jpg

日本工芸会主催の研究会でのこと・・
審査講評の中で
「・・これって形もきれいだし・・模様もいい・・
でも選外って結論・・こういうこと結構あるんですよ」
「形も模様もどちらもいいんだが・・合ってない
それが選外になった理由だとか・・

別の講評・・
「これで・・もう少しサイズが小さければ
きっと全体が締まった・・だろうな」

どちらも・・
印象的な意見だったから・・忘れない
d0085887_6431774.jpg

造形も装飾も・・
誰だって懸命にベストを尽くす

どちらもベストだったとしても・・なお
両者に調和が欠けてはいないか・・?
言い換えれば・・
この紋様を打つに・・この形でいいのだろうか・・?

ともすると・・大きさは
技術のバロメーターでもあって
大きなものが挽けることは
より上位の技術のように思えるが・・

折角の大きさが・・
全体の緊張感を奪ってしまうかもしれない懸念を
吟味しておく必要がある

公募展では・・茶陶を除けば
大抵は・・大きな皿や壺だ
大きさが魅力を引き出すことも多いが
しかし・・なお大きければいい・・
とも言い切れないわけだ
d0085887_6432868.jpg

                        昨日・・外出から戻った夕方から・・↑の三点 彩色しました

つい先日・・伝聞だがこんな意見も聞いた
鑑審査に携わる機会の多い方の話

「広い会場に一杯作品が並んでいる
その中を歩きながら・・ひとつひとつを吟味するけど
真っ先に・・目に映るのは何?・・
と言われれば・・それは・・形だ
作品はすべて立体・・だから
さまざまに工夫した装飾は
姿を借りて・・目に飛び込んでくる
形なしに・・模様が目に映ることはないね

そうしてみると・・当然のことだけど
まずは・・姿・形の良いものを作るべきだ
形が良くないものが・・加飾で良くなる
そりゃ・・まずないだろな」

造形の不満・・欠点を
装飾で隠そうとする姑息を戒めている
「形良きものに・・加飾すべからず」
古い教えだが・・同じ意味だ

自作を・・冷静に客観的に見つめる
決して簡単なことじゃない
形と模様の関係は・・
毎年の課題であり・・
永遠の課題なのかもしれない





人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
Commented by はるこ at 2011-08-30 16:07 x
勉強になるいい言葉がたくさん聞けますね、、、
作家が、短編ばかり書いていると、締まりがなくなってきて、
長編に取り組むと。また取り戻せるとか、、
写真も絵画もアップとロングで、、、
、、陶芸はまず形なのですね。
Commented by touseigama696 at 2011-08-31 03:05
はるこさん
ありがとうございます
どんなことも・・コアは一緒なんでしょうね
ロクロは挽けても・・小説は書けそうにありません
だから・・小説家には一目も二目もです・・笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2011-08-30 07:30 | ○陶芸雑感 | Comments(2)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696