人気ブログランキング |

ヘラ使いのデモ

d0085887_6524498.jpg

ときどき・・教室で
技術的なデモをすることがあります

誰かのためにすることでも・・
大抵居合わせたみんなも・・見ます
それぞれが抱えている問題意識で
見てくれれば・・どこかにヒントが・・
そうだといいんだけど・・

このデモは5月ごろのこと・・忘れてた
引っ張り出して・・貼りつけることにしました
d0085887_652537.jpg

目的は・・1.5kgの粘土で
ヘラを使った・・鉢の作り方です
d0085887_653254.jpg

小さい高台で・・朝顔型に開いた鉢
そんなイメージなので・・
まずは・・細く高く引き上げます

鉢づくりというより・・花入れかな・・って感じ
高くあげてから開くことで
一杯に開いた口と・・
小さな高台の差を作ります
d0085887_6531010.jpg

ここから・・ヘラを使います
口の部分を少しづつ倒しながら
薄味に引きあげてゆきます
d0085887_6531841.jpg

ただ倒すだけでは・・厚い鉢になってしまいます
右手のヘラに向かって
左手指で・・土を押しつけてゆく感じで
土は・・薄くなってゆきます
d0085887_6532633.jpg

開くのは・・ヘラを持った右手のように見えますが
左手が緩むと・・クラゲのようにへたってしまいます
d0085887_6533569.jpg

ここらへんは・・私の場合
この長柄のヘラを使います

牛ベラとは少し違う形状ですが
既製品ではなく・・いただいたもの?だったような
実に便利なヘラで・・多用しています
d0085887_6534510.jpg

幾ら小さな高台でも・・
見込が狭ますぎては使い勝手が悪いので
柔らかいシルエットで膨らまします
d0085887_654162.jpg

そこで使うのは・・これです
小さなヘラですが・・
立てたり寝かしたりすることで
見込を傷つけることなく・・丸みがでます
d0085887_6541460.jpg

仕上げに・・
朝顔の花弁のように口を開きますが・・
リムをつけずに・・シルエットで開きたいので
d0085887_6542453.jpg

このヘラの・・凹面を利用します
口にあてて・・外側に倒すように開きます

乾燥に伴って・・少し起きあがることを
計算にいれる必要があります
やり過ぎれば・・へたるから要注意です
d0085887_6543324.jpg

直径30cmですが・・
高台は8cmにしました
d0085887_6544257.jpg

竹ひごでつまんで・・輪花にしてあります
花弁のシルエットがイメージ

均等わりにせず・・不規則三点輪花
あそび・・かな

この日のデモは・・ヘラを使っての作り方
でもヘラを使わなくてはできないのではなく
あくまでも・・手で作ることが大事です

道具が自由になるためには
まず・・手が自由であるべきだからです
道具は・・手の補完に過ぎません
私は・・そう思って作っています




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
Commented by harukob1 at 2011-07-12 21:41
先生の手首、上の方に筋肉がしっかりついていますね。
ピアニストと筋肉のつく位置が同じだなぁって思いました。
今日の写真、、、仕事をする人の姿は美しいと思いました。
Commented by touseigama696 at 2011-07-12 22:57
harukobさん
ありがとうございます
日に日に落ちてゆく筋肉を大事に
負けないように・・って頑張ってます・・笑
ピアノが弾ける筋肉が欲しいです・・笑

私も・・若いころから
職人の仕事を見るのが好きでした
腕のいい職人は・・
片づけながら仕事し・・流れるようにきれで
リズミカルでしたね・・
我が家に出入りしてた大工さんには
随分教えてもらいました
職人の職人らしさを・・ね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2011-07-11 07:53 | ○陶芸教室 | Comments(2)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696