人気ブログランキング |

釉掛け

d0085887_01992.jpg

ロクロを挽いたり・・削ったりは
日々の稽古で繰り返しますが
釉薬を掛けたり・・塗ったりは
ロクロほどに・・しばしば
稽古するわけではありません

それでいて・・釉掛けは
器の生命を握るほどに・・
重要な作業なのです

シェフ藤〇の・・一輪ざし
いつものように・・丁寧な作業です
d0085887_012386.jpg

下絵で幾何紋をあしらった花入れは
霧吹きで・・石灰透明釉が掛けられました

浸し掛けを避けたのは・・シェフの好み
風合いの問題のようです
d0085887_01357.jpg

お茶の師匠青〇さんの・・茶陶
水差し・・茶碗・・向付けの類が沢山

数が多いので
今日は・・ヤスリを掛けたり
撥水剤を塗ったりで・・
来週・・釉を掛けます
d0085887_01508.jpg

小〇さんは・・白黒の掛け分け
ロクロの回転を利用して
白黒の境界が・・濁らないように
息を詰めて・・筆差ししていました
この写真は・・仕上げの補筆のようです
d0085887_02074.jpg

猫マグの本〇さん
呉須の猫絵は・・透明釉で
いつもの定番・・手慣れたものです
d0085887_021062.jpg

二度目の吉〇さんの・・染め付け
他に弁柄の鉄絵もやりましたが
この写真にある・・麦わら手の蕎麦ちょこ
向こう側の一個目に比べて
手前の二個目は・・かなりな進歩でしょ
二個目にして既に・・数はやはり力です

みんな思い思いに・・
スリルを味わったようです
ときどき・・悲鳴が聞こえていましたから・・



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2011-06-02 00:39 | ○陶芸教室 | Comments(0)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696