人気ブログランキング |

今日の教室

d0085887_2374044.jpg

彼女の猫は・・
ただ可愛くて・・きれいな猫ではない
猫物語・・鳥羽僧正の世界に似てる

じっと見つめていると
猫たちのお喋りが・・聞こえてくる
描きながら・・彼女もきっと答えているんだろう
d0085887_237474.jpg

面相筆をもてば・・〇宮さんはプロである
これでロクロに一段の磨きがかかれば
鬼に金棒ならぬ・・猫に金棒である

個展を開けば・・人気間違いなし
そういう日も・・遠くないかもしれない
d0085887_2375537.jpg

60センチ近い大皿に・・
アラベスク紋を搔き落としているのは・・小〇さん
白の素地に・・青化粧が施してあるが
焼かねば・・色はでてこない

ぼんやりしたコントラストの中で
細密なモチーフを・・精緻に削る
神経を使う作業だが・・
今では・・かなり自在に進めている

「型紙使ってたことあるけど・・
今はフリーハンドで下絵を入れて・・そのあと・・」
繰り返すことが・・手指に技を作ってくれるのだ
d0085887_238414.jpg

作業しながら・・これからの課題を話し合った
形の変化・・紋様の独創性
形と紋様の調和・・対称と非対称
話しは・・幾らでも弾む

大きな会社の幹部社員さんだが
リタイアするころは・・プロの作家も夢じゃない
d0085887_2381272.jpg

金〇さんは・・
この教室では一期生みたいなもの
小さいものも・・15キロの土を使って
50センチ強の大物も・・どちらでも挽ける
全国公募のアマ展でも入選歴数多

今課題にして取り組んでいるのは・・例えば
日本陶芸展の三部なら挑戦できるレベルに向かって
25~30センチの鉢の制作である
当然だが・・同寸同姿六客あたりが必須

シャープな薄手の作りで
緊張感を醸す小さな高台・・それが狙い
形を模索して・・試作を繰り返している
d0085887_2382225.jpg

〇井さんも・・一期生
公募展は・・県展に絞って大皿で挑戦
毎年のように通るが・・少し老いたかなぁ~!
もっと上を目指す気力に・・やや不満・・(怒るなよ・・笑)
陶芸を始める前からの古いつきあいだもんな
d0085887_2383149.jpg

〇川さんは・・比較的キャリアは浅い
初心のころ・・随分泣いた・・笑
ベテラン組に囲まれて・・しんどかったかも

でも・・基本についてはゆるめなかった
この数年・・急速に進歩した
今では・・殆ど作りたいものが自由になる
そのせいに違いないが・・楽しそうだ
それが何より・・教室を明るくしてくれている

一昨日・・ここは
教室であるよりは・・アジトかもと書いた
こんな具合だから・・銘々勝手にマイペース
カリキュラムで縛れるはずもない

基本技以外では・・縛るのは嫌い
好きなことをすればいい

但し・・好きなことをするには
自分でする工夫が大事である
教えてもらうことから学ぶものは・・
決して多くない

逆に言えば・・教えることの難しさは
理にかなった自分流に・・どう誘導するか
そこにあるような気がする

端的に言えば・・
生徒さんの作品が・・講師の作品に似てきたら
それは・・もしかしたら・・
教え方に問題ありかもしれない




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
Commented by gu-nya7 at 2011-04-24 21:52
こんばんは
いろいろ考えた末にN〇Kのアシスタントを卒業して 自宅で教室を開こうかと思うようになりました

どのような教室が理想なのか…
教える方 教えられる方 
何を求めているのか と考え出すと難しいです

先日からの日記を読ませて頂いて 教える事の難しさ すごく考えさせられます

Commented by touseigama696 at 2011-04-24 22:51
gu-nyaさん
ありがとうございます
そうですか・・自宅教室開講
自由に指導できる代わりに
教えることの難しさとの対面も
それも・・いい勉強になるはずです
段々に・・理想に近づけばいいことで
生徒さんと一緒に考えながらで
いいのではないでしょうか・・
エールを送りますね・・頑張ってください
Commented by cat-korokoro at 2011-04-25 09:02 x
おはようございます
皆様、何とも楽しそうな♪
心が伸びやかで、健康そうで良いことですね^^

昔、養父が言っていました
この人は文武両道タイプでしたが、本人は剣道一筋のつもりで(^▽^;)
教室も持っていましたが

「教えることは学ぶこと(じぶんが)」

そんなことを私に常に言い続けた人でした
Commented by はるこ at 2011-04-25 13:57 x
私の家系は どうも先生が多いのです。
曾爺さん(1849年生まれ)は剣道の先生。
ふたりの祖父も、 書道と漢文を教えていたし、祖母も先生、
父は数学、兄は西洋史、、
だから図工の教員免許を持って、時々絵を教えたりしてしまうのも
わたしの宿命かと、、
でもひとに手ほどきをしていて、ふと気づくことがよくあります。
生徒から気づかされることのなんと多いことか、、、
私が習ってるんですね、ほんとは。
Commented by touseigama696 at 2011-04-26 00:38
cat-korokoroさん
ありがとうございます
教えることは学ぶこと・・これホント
自分の曖昧なところを発見できますからね・・
いつも肝に銘じています
Commented by touseigama696 at 2011-04-26 00:43
はるこ さん
ありがとうございます
プロの常識ががんじがらめにする思考を
奇想天外に導いてくれるのは
大抵は・・プロではないようです

俗に言う「素人考え」って・・決して侮れません
無茶苦茶な釉薬の使い方
これが案外面白いものになるのを
何度も経験しています・・苦笑

それにしても・・センセイ一家ですね
はるこさんちに生まれなくてよかった・・爆
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2011-04-24 00:04 | ○陶芸教室 | Comments(6)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696