人気ブログランキング |

優しさ・・

d0085887_20383224.jpg

薪の火の温みって・・
他の火とは違うような気がする
僅かに湿り気があって・・だから
肌を刺す鋭さは・・ない
ゆっくり温まって・・ゆっくり冷める
眺めていれば・・催眠にかかったように
ぼんやりと・・頭が解けてゆく
d0085887_20384029.jpg

薪のはじける音を聞きながら・・
火口を開けて・・またくべる
手がかかるが・・手をかけるから
薪の火は・・実に柔らかくて優しい
まるで・・語り合うようにくべては燃えさかる

日頃・・窯を焚くのは仕事だけど
この時の火は・・決して優しくはない
薪ではないが・・灼熱の窯は
咆哮しながら・・陶工を威嚇する
d0085887_2124139.jpg

だから・・
窯を焚きながら・・癒されたりはしない
火は恐いもの・・肝に銘じて油断しない

しかし・・ふと思うのだが
何ごとにつけ・・本当の優しさは・・
厳しい恐さと背中あわせの・・ないまぜなのだ
恐さ抜きの優しさを欲しがるとすれば・・
それは・・棘のない薔薇を探すようなもの

ひとも・・きっと同じ・・
強い人間でなければ・・優しくはなれない
だから・・ひとの上に立つ・・って
滅法強くなけりゃだめだってことだ

「・・ひとにやさしい・・」って
あまり気軽に使ってほしくないな
「・・自分に厳しく・・」を
一緒に教えないと・・と思うのだ



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
Commented by moon-pon at 2011-04-17 23:16 x
ああ、今日もいいお話を聞かせていただきました。
ほんとに、
優しさと厳しさ。

私は自分に甘すぎる・・・反省。
優しいということは、強いということですね。
Commented by harukob1 at 2011-04-18 00:53
薪の火と窯の火の対比でうまく説明されて、納得です。
「優しい」は、怖い辛い体験がらくる強さですね。
厳しい恐さと背中合わせ....!
年と共にホントの優しさが出てくるといいですね。
Commented by touseigama696 at 2011-04-18 23:02
moon-ponさん
ありがとうございます
優しい子に育てるには
強い子になれ・・と
そう思ってきたのですが
強い・・の意味を
取り違えられることが多いですね
Commented by touseigama696 at 2011-04-18 23:04
harukob1さん
ありがとうございます
意思とか信念とか・・
そうしたものに裏づけられない優しさって
シャボン玉みたいに・・儚いような気がするのですが
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2011-04-17 21:34 | ●メッセージ | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696