人気ブログランキング |

祈り

d0085887_23591166.jpg

大地震・大津波の襲撃以来
原発の成り行きに・・深く憂慮しつつ
いささかの憤慨を含めて・・記事にしてきた

それには・・多少のわけがある
私の娘は・・
福島県のさる大きな病院の勤務医である
地震のあったあの週末
帰省する予定でいたが・・予定は変更された
担当する入院患者のケアの上
混乱する緊急外来にも対応したようだ

自分の住まいは・・
足の踏み場もなかったらしいが
かまってる暇もなく・・病院にいる

事情によっては・・
患者と共に遠隔避難もないわけじゃない
この事故の終息がどうなるのか・・?
全てはそれ次第なのだ

「医師は・・患者置いたまま
逃げだすわけにはいかないよ・・」
確かに・・それが職業上の使命感だ
親心だけで・・反論して良いわけもない

終息が遅れれば・・それだけ疲労も重なる
被ばくの危険もさることながら
患者のストレスも・・日増しに悪化するだろう
一日も早い解決を祈るのも・・そうした理由なのだ

原発に関わってる技術者たちの・・
献身的な努力・・それはきっとあるはずだ
だが・・この事故は・・
努力では済まない・・結果が必要なのだ

時間が・・選択肢を増やすのか減らすのか
今がきっと正念場
乾坤一擲の決断が・・僥倖につながることを
ただただ・・祈るばかりである


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
Commented by rainbow-forests at 2011-03-19 21:20
ありがとうございます

桃青窯さんの娘さんは、病院でずっと働いていらっしゃるのですね
本当にありがたいです

心配されるお気持ちは、計り知れないことと思います
自分のことも省みずに…本当にありがとうございます
とお伝えください
Commented by touseigama696 at 2011-03-19 22:38
rainbow-forestsさん
ありがとうございます
今のところ・・危険な場所というわけではありませんが
大勢の患者さんを抱えると・・身動きならず
物資不足もあって・・不自由な医療のようです
早く・・解決してほしいものです

私も・・病院勤務が長かったから
その苦労は・想像できますのでね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2011-03-19 00:36 | ●世相あれこれ | Comments(2)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696