人気ブログランキング |

灰かぶりぐい呑み

d0085887_0103818.jpg

もう15年位昔の・・初心の頃のこと
一度だけ・・福島の穴窯で
自分の作品を入れてもらったことがある

何点か焼いたが・・残ってるのはこれだけ
小さいぐい呑み・・
ろくろの・・挽きはじめのころの作品

酒器らしい洒脱には欠けるが
小さくても・・
真っ向から挽いてるあたり・・嫌いじゃない

程よく自然降灰のビードロが流れて
景色も悪くない
d0085887_0104852.jpg

薪窯での・・お祭り焼成
あちこちのブログでも・・垣間見える
薪割り・・火の番・・料理番
これはこれで・・楽しい

私の場合・・春だったから
窯のすぐ裏に一木の桜が満開で
夜中の火の番は・・
街灯があるわけでもないのに
雪明かりにも似た・・花明かり
はらはら・・と舞い散る花びらに包まれた
それも・・良い思い出である
(・・まるで切腹の場面みたいだ・・苦笑)

薪窯は・・魔法の杖
下手なろくろも・・優品に仕立ててくれる
薪が燃え・・火が走り・・灰が降る

窯詰めの秘訣は知らなくても
何から何まで・・火の神の恩寵
思いがけない焼きあがりに
興奮もし・・感動するものだ

薪窯に精魂こめる作家には
きっと限りなく難しくて・・でも
何も知らないアマには・・
まさしく・・魔法の杖・・だと思ったものだ

電気とガスで・・三基の窯を持ったが
薪窯に手を出すつもりは・・ない
到底・・手に負えるものだとは思えないから・・

でも・・日頃
独りで・・黙って窯番していると
祭りのように・・群れて焚く薪窯も
いいもんだろな・・と思ったりもする
d0085887_0105620.jpg

今日も・・終日工房暮らし
終えて・・独服の一碗・・美味しかった


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
Commented by usupin at 2011-01-31 01:00
こんばんは!
薪って大変です・・・でもとっても魅力的、そしてとっても贅沢です^^
三月OR四月に予定があります。
この時代、こういう体験が出来る事はとっても恵まれていると思いますが・・・まったく身になってはおりません 反省の日々です(*^^*)
Commented by harukob1 at 2011-01-31 20:47
魔法の杖、、、引っぱられそうですね!
でも先生は冷静なんですね。
このおうす、、、美味しそうですね〜
この器も先生のでしょ、、、色々な作品でいっぱいですね、、
Commented by touseigama696 at 2011-01-31 23:09
usupinさん
ありがとうございます
薪窯の良さは・・焼くだけでなく・・
昔の陶工の生きざまを
偲ぶことができるって・・のも・・

今・・如何に楽に仕事できるか
それが・・昔の陶工からみれば
贅沢なことかもしれませんね
Commented by touseigama696 at 2011-01-31 23:13
harukoさん
ありがとうございます
もし・・薪窯に手を染めれば
工房の何から何まで変えなければ
薪を活かすことができないかもしれません

伝統窯業地にしかない・・或る空気
それなしには・・むずかしいことじゃないかな・・
それだけ・・深い悦びもあるんでしょうけどね
Commented by mohariza6 at 2011-02-02 05:48
福島の穴窯のような作品を、常に作れれば、良いのでしょうが・・・、
作れるのが難儀なのが、作家として、辛いところでしょうが・・・。
Commented by touseigama696 at 2011-02-02 23:21
mohariza6さん
ありがとうございます
焼成は・・
思い通りにならないことだらけ
ですから・・
上手くゆかないことを嘆くより
たまたまにせよ・・上手くいったことを
喜ぶことにしています・・苦笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2011-01-31 00:47 | ○ギャラリー | Comments(6)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696