人気ブログランキング |

蘇えるハプスブルグ王朝

d0085887_22365377.jpg

                                  衛星中継の画面より

毎年・・元旦の夜(日本時間)
ウィーン楽友協会大ホールに・・
ハプスブルグ王朝が蘇える

都合がつく限り・・
数時間の衛星中継を楽しむことにしている
「2011 ウィーン・フィル・ニューイヤー・コンサート」

今世紀最初のころ・・
小澤征爾が指揮して喝采を浴びた
あのコンサートである
d0085887_223724.jpg

ノーベル賞の授賞式で受けた印象と似ているが
欧州文明華やかなりし頃の・・
成熟した大人の文化・・色濃くそれが見える

この大ホールの二階席のどこかに
御簾に顔を隠した皇妃エリザベートが
密かに楽しんでいるような・・
奇妙なファンタジーさえ・・感じる

歴史は過酷だが・・音楽は
どこまでも・・こころに優しい
それが・・救い
d0085887_22371839.jpg

今年から・・このウェルザーメストが・・
音楽監督に就任した

久しぶりに・・ウィーンっ子の就任
楽団員も楽友も喜んでる・・とか
d0085887_22372678.jpg

ウィーンフィルの音楽には・・
ウィーンでしか叶わない幾つかの伝統がある

このフォトを見て・・お解かりかもしれないが
例えば・・弦楽器の色が古びていない

大抵の世界的なオーケストラなら
イタリアあたりの・・
ニスの剥げかけた古楽器を使う演奏者が多い
個人所有の楽器が多いからだ

だがウィーン・フィルは・・
個人楽器の使用を許していない
協会が全ての楽器を提供する
それも・・ほぼ一社に限られた楽器
これで・・楽器の音色を平準化させている

演奏技法さえ・・ウィーン流
だから・・殆どの奏者は
ウィーンの国立音大の卒業生

昔ほどではないようだが・・出身も
ウィーンを中心にしたオーストリア人が多い
しばしば演奏されるウィンナ・ワルツは
3拍子の微妙な幅の違いを
血で理解していてほしいと・・願うからと聞いた
d0085887_22373335.jpg

コンサート・マスターの横の
第二ヴァイオリン奏者は・・女性
他にも何人か見えたが・・これも最近のこと
10年ほど前までは・・男だけのオーケストラだった

時代は・・ここでも変わってきた
だが・・肝心なところでは・・
しっかりと伝統は・・生きている

ヨハン・シュトラウスを演奏するとき
例えば・・
今夜でも・・冒頭の騎兵行進曲も
最後の定番・・ラデツキー行進曲も

ウェルザーメストは・・途中で棒を振るのを止めた
でも音楽は・・何事もなく続く
つまり・・それがウィーンっ子の血なのだ
それが壊れれば・・ウィーン・フィルではない

楽団員も・・聴いてる楽友も・・
みんなそれを知っている
伝統とは・・そうしたものなのだろう
d0085887_223795.jpg

自分の仕事に置き換えても・・
思うことは・・幾つもある

物を作るのは・・個人の努力ではあっても
物が生きるのは・・大勢の力なのだ
空気のないところに・・
多分・・良いものは生まれない・・と


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!



・・
Commented by moon-pon at 2011-01-02 00:03 x
あけましておめでとうございます。

う~んなるほど、空気。
新年早々、考えさせられますね。
私は、 touseigama696 さんに以前ブログでご紹介いただいた、「ハーバード白熱教室」を見ていました。
私の普段の生活には、「議論」という言葉はほとんど存在していないかも・・・。でも、とても面白かったです。
延々翌朝4時までというので、ここらで寝ようっと。

今年もよろしくお願いいたします。
Commented by keikono2 at 2011-01-02 02:06
新年明けましておめでとうございます。
昨年は、ブログを通して出合い、こちらのブログでいろいろなことを考えさせられました...。
佳き出合いは、人生をふくよかにしてくれますね^^ とても楽しい一年でした。
心より感謝を申し上げます。
今年も、どうぞ宜しくお願い致します。

↓の記事を読んで、こんな言葉を思い出しました。
『求めて探して手に入れる前半生、放して捨てて行くだけの後半生。捨てるほどに軽くなる。』
さて、今は前か後か.....???(笑)
Commented by 陶片木 at 2011-01-02 04:16 x
あけましておめでとうございます。
昨夜、途中から観ることができました。
最後のラデッキーはホントに好きで身体が自然に動き出しちゃいました。(^^;)

この楽器がウィーンフィル所有だとは知りませんでした。
弦楽器のいくつかの静かな光沢に素敵な楽器と見ほれてはおりました。
昨夜は観客の中に着物姿の女性がいらっしゃいましたよね。
正装してニューイヤーを聴く。
それが正しい新年の過ごし方のように自然体で、最後のラデッキーを満面の笑顔で一緒にスイングする姿は、音楽好きのこの国を象徴するようでもありました。

今年もよろしくお願いします。
Commented by tes_music_system at 2011-01-02 09:15
謹賀新年(礼)TBいただきました。
今年も、色々なことを教えてください!(礼&笑い)
Commented by mFramboise at 2011-01-02 09:56
明けましておめでとうございます。
旧年中は色々と陶芸の技法を御教授下さって本当にありがとうございました。
度々プリントアウトしては兄弟子と二人で教科書代わりに拝読しております。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by eripottery at 2011-01-02 16:07
あけましておめでとうございます。
昨年は、陶芸の知識や技法を学ばせていただいただけではなく
色々な世界のことを知ったり考えたりするきっかけを頂き
ありがとうございました。
今年も美しい作品、拝見できるのを楽しみにしております。

素晴らしい一年を迎えられますように!
Commented by masiro at 2011-01-02 18:44 x
あけましておめでとうございます^^

NewYearにふさわしいコンサート
ウィーンですか 本当に異国のようです(って異国ですね・笑)

今年もいろいろなお話楽しみにしております

どうぞよろしくお願いいたします~
Commented by touseigama696 at 2011-01-02 23:25
moon-ponさん
ありがとうございます
今夜も・・ハーバードやってますね
じっくり聞けば・・いろいろ考えることもあります
ただ・・おっしゃる通り・・夜明けまで・・笑

私も・・途中で眠っちゃいます・・苦笑
Commented by touseigama696 at 2011-01-02 23:31
keikono2
おめでとうございます

<・・さて、今は前か後か.....???(笑)・・>
お答えします!・・真ん中です・・笑
そのことを・・また書こうと思っていたことでした

こちらこそ・・写真というものの力を
改めて強く感じることができました
これからも・・沢山楽しませてください
Commented by touseigama696 at 2011-01-02 23:33
陶片木さん
おめでとうございます「

確かに・・日本人の聴衆が見えました
ライブでここにいたら・・そりゃ素敵でしょうね
ただ・・ウィーンは・・遠い・・笑
Commented by touseigama696 at 2011-01-02 23:33
tes_music_systemさん
ありがとうございました
これからも・・よろしく!!・・ネ
Commented by touseigama696 at 2011-01-02 23:35
mFramboiseさん
ありがとうございます
そんなプリントアウトしてってことになると
間違ったこと書いたりできませんね・・苦笑
気をつけて書くように心がけます・・多謝!
楽しい陶芸を・・願ってます

Commented by touseigama696 at 2011-01-02 23:37
eripotteryさん
年末年始は・・少しのんびりしてしまいましたが
明日からは・・工房で・・と思ってます
少し・・明るい世の中になtってほそしいものです・・ネ
Commented by touseigama696 at 2011-01-02 23:39
masiroさん
ありがとうございました
ウィーンのコンサートは
テレビでも十分楽しめました
伝統の力を感じますね
きっと日本の歌舞伎だって
西洋人には・・似たようなものかもしれませんね
大事にしなきゃ・・です
Commented by はるこ at 2011-01-03 21:46 x
「愛国心」という言葉がよぎりました(笑)
「その国にはその国の匂いがある」という日本に住んでいる時、
訪ねて来たドイツ人夫婦の言葉が今わかります。
日本は出汁の匂いもするそうです(笑)
伝統の音を守るための楽器、、だから、ピカピカなんですね、、
小沢さんの姿や顔を見るだけで感激します、、、
Commented by touseigama696 at 2011-01-04 00:54
ウィーンには・・きっと
ハプスブルグが色濃く生きているのでしょう
でも・・ヨーロッパ文化の重さと深さは
一目も二目も置いてまっす
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2011-01-01 23:47 | ○未分類 | Comments(16)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696