人気ブログランキング |

写し

d0085887_22353342.jpg

あっさりとわら灰釉を掛けて
酸化で焼いた・・湯呑み

これ作ったのは・・アマ時代
多分3~4年のころ・・自分の窯で焼いた
d0085887_22354493.jpg

高台は・・こんな雰囲気
d0085887_22355317.jpg

実は・・これ
唐津の名工浜本洋好さんの写し

その頃・・3~4日だったが
浜本さんの窯に滞在して
色々指導していただいたことがある
d0085887_2236285.jpg

左が・・浜本さんの作品である
絵唐津の洒脱な湯呑み・・今も手許にある
d0085887_22361061.jpg

高台も・・写してる
d0085887_22361982.jpg

滞在している間に私が挽いた・・大鉢
ここは教室ではないから・・全て・・
浜本さんが使う土と道具をお借りしての作陶
緊張したのを・・思い出す

後日・・浜本さんの薪窯で焼いてくださった
私にとっては・・忘れ難く
そして・・ある意味では
プロへの道を歩きはじめる・・一歩だったかもしれない
d0085887_22362752.jpg

最初の3年間・・
陶芸教室で挽いた湯呑みがこれ
ややごつい粉引きである

浜本さんの工房で
これと似たような湯呑を挽いたら
d0085887_22363755.jpg

「・・硬いなぁ・・もっと自由に伸び々と挽いてみたら・・!」
浜本さんの写しは・・戻ってからだが
そのときの一言で・・実はガラリと作風が変わった
d0085887_22364516.jpg

右は・・その頃通っていた教室の先生の作品
ここでも・・写しをしている

「写し」は・・真似ること
これも大事な稽古である
だが・・当然のことながら
写しで終れば・・自己表現はない

どこで・・脱皮して
自分の道を探して・・自立するかだ
私の場合・・
浜本さんの言葉で・・目覚めた

この時から・・
稽古の仕方が変わったかもしれない

公募展を視野に入れ始めたのも
自分の作品に・・客観性を求めたからで
苦しさも生まれてきたが・・
自己実現の悦びも芽生えた

今では・・写すことは殆どない
だが・・こうして昔の作品を眺め
初心に帰ることも・・
また新たな出発かもしれない
d0085887_22365470.jpg

今では・・こんな湯呑みも作る
糸抜き技法を使っての・・応用
結構楽しめるのである


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
Commented by eripottery at 2010-12-23 10:40
色んな糸ぬきのバリエーション、いろいろな表情があって楽しいですね!

写し、なるほど勉強になりそうですね。
技術の面だけではなく、表現の部分でも自分の作品の可能性を
大いに広げてくれますね。
Commented by harukob1 at 2010-12-23 16:12
昔は絵でもなんでも、「学ぶ」は「真似ぶ」と言われていて、
出発点だったそうですね、、、そのあと、ふるいにかけて、残った物が自分の個性だと、、、。先生は正道を行ってらっしゃる、、、
>硬いなぁ、、もっと自由にのびのびと、、
いい言葉ですね、目から鱗、、、
Commented by touseigama696 at 2010-12-23 22:40
eripotteryさん
ありがとうございます
色々と身の回りを見直して
初心忘るべからず・・です

根っこの太い・・陶芸にしたいのですが
力不足・・かも・・苦笑
Commented by touseigama696 at 2010-12-23 22:43
harukobさん
ありがとうございます
正道を歩きたいと・・いつも願っています
そのための遠回りなら・・厭わず・・
そんなつもりでいるのですが
時間の使い方が・・段々下手になって
探し物ばかり・・してますから・・苦笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2010-12-22 23:06 | ○陶芸雑感 | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696