人気ブログランキング |

歌を忘れたカナリア

d0085887_2381353.jpg

この半世紀・・もしかしたら
諏訪内晶子さんや・・昨晩の庄司紗矢香さん
あるいは・・千住真理子さんか・・高嶋ちさとさんに
優しく抱かれて・・気持ちよく歌える日を夢見ていたかもしれない
このヴァイオリン・・

工房で生まれた誕生日は1950年だから・・今年で60歳
今日までは・・そうした輝かしい日々には恵まれなかった

ストラディヴァリのオッチャンが300歳だったりするから
60歳は若造・・弾いてくれさえすりゃ
今からだって・・歌えるんだけど・・

ヴァイオリンは・・ほんとは
一日に一度は空気にふれ
弾いてあげるのがいい
弾くほどに・・隅々まで共鳴するのだ

ほっとけば・・歌を忘れたカナリア
可哀そう・・というもんだ
d0085887_22594378.jpg

60年前・・
このヴァイオリンを弾くのは・・少年の日の私
死んだ親父が・・
一か月分の給料をはたいて買い与えた・・と
去年逝ったお袋が言っていた

遠く遥かなる思い出だが
このカナリアが・・歌を思い出す日は・・


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


ヴィヴァルディーのヴィオリン・コンチェルト
これが最後の練習曲だったのを覚えている

敬愛するパールマンの演奏で聴きながら
あのころを・・懐かしく・・


Commented by gaunn at 2010-10-14 07:39
お早うございます色んな趣味をお持ちですね
音ガメロデイが陶器の波、、さざなみに出るのでしょうね
作品に形に音がはいるいいですね
Commented by usupin at 2010-10-14 11:41
パールマンの飾らない人柄が好きです^^
お時間難しいかもしれませんが、ここまで紹介すると・・・一日一回! 弾かねばですね(*^^*)/
Commented by harukob1 at 2010-10-14 12:09
そうだったんですね、やっぱり。
ヴァイオリンだったのかぁ、、     ヴィヴァルディー、、
それが細胞に刷り込まれている訳ね、、
だから器から音楽のようなものが聞こえるのですね!

歌を忘れたカナリヤは、
象牙の船に銀の櫂、月夜の海に浮かべたら〜

素晴らしい夢を持ったお父様、その夢を息子に!
お父様自身が音楽を愛してらしたのね。
特にヴァイオリンを、、
Commented by moon-pon at 2010-10-14 23:14 x
ヴァイオリンは、お父さまの夢でもあったのですね。
少年の頃にそんなヴァイオリンを弾くことができたなんて素敵ですね。
どんな音色でしょう・・・。
Commented by touseigama696 at 2010-10-15 00:26
gaunn さん
ありがとうございます
陶芸は・・どこか音楽的なとこがあって
リズムをとても大事にしています
Commented by touseigama696 at 2010-10-15 00:30
usupin さん
確かに・・
人柄が音楽に表れてる演奏者ですね
大好きです
それに・・あの太い指で
どうしてこんなデリケートな音が作れるのかと・・笑

自分のヴァイオリンを
自分で弾くのは・・恐ろしいです・・爆
きっとヴァイオリンが怒るでしょう・・爆2
Commented by touseigama696 at 2010-10-15 00:38
harukob1 さん
陶芸って・・
それまでにしたことのあることなら
何でも・・役立つ芸だと確信してますよ
絵も音楽も・・書も木工も
デザインだろうが料理だろうが
何でも・・です
そこがいいとこだと・・思ってます
Commented by touseigama696 at 2010-10-15 00:41
moon-pon さん
ありがとうございます
終戦直後のこと
楽器を与えるのは・・
確かに大変だったかも
でも・・ピアノよりは
手に入りやすかったかな・・笑

楽器としてのヴァイリンは
やはり・・今でも好きですが
自分で弾いたら・・がっくりして
耳をふさぐにちがいありません・・泣
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2010-10-14 00:05 | ●お気に入り | Comments(8)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696