人気ブログランキング |

組もの (57)

d0085887_22213995.jpg

大きなもの・・同じもの
陶芸を志せば・・どこかで・・
このふたつへの挑戦をしてみたくなる

50センチを越える大皿 大壺
寸分違わぬ・・同寸同姿の器
どちらも魅力的ではある
陶芸が技である限り・・
技は難しい方へ傾くのは・・
自然のこと

大物の場合は・・
多少力勝負ではあるが
大きささえ確保すればいいのだから
細かい寸法にこだわる必要は少ない
d0085887_22214790.jpg

ところが・・組ものの場合
ひとつひとつの寸法の正確さが要求される
同時に・・姿もまた
同じシルエットであることも大事である
その意味では・・
大物よりも難しいともいえる

そこで・・多少のヒントになれば・・だが
組ものの場合
幾つかの揃えねばならない条件を整理して
ある一定の規則性をもたせて挽くことだ

どういうことかというと

*まず土の分量を一定に・・
*成形する手順を一定に・・
*成形する手数を一定に・・
*工程の途中採寸を一定に・・
*成形の時間を一定に・・

全体を一言でくくれば
・・「リズミカル」
流れるように同じ仕種・・
これが秘訣である

前の一個の姿を・・
目で追わないことだ
似せようとすればするほど
似つかぬものになる

目で見ずに・・前の一個に施した・・
手つきをなぞることだ
採寸ノートは・・その目安になる

d0085887_2312213.jpg

この制作ノートは
クラフト賞をとった上の写真の場合の実寸
途中の寸法が書いてある
1.5kgの粘土を亀板の上で挽いてる

*土殺しを終えて・・Ⅰ
*薄く真っすぐ挽きあげて
 倒し始める直前で・・Ⅱ
*倒してつばをつける直前で・・Ⅲ
*挽き終えて・・Ⅳ

削りを済ませて・・重量1.0kg
高台の外径8.8cmで 高さ1.0cm

ここでは寸法しか書いてないが
手数についても・・一定のほうが安定する
手数がそろえば・・時間も一定になるのが普通だ
ここでは何手程度で済ませるが・・決まって楽になる
d0085887_23121168.jpg

これも・・二枚目の写真の
日本陶芸展に出品した作品のノートである

大体展覧会への出品の場合
六客で提出しようとしたら
30個くらいは作る
多すぎるともいえるが
寸法の誤差を・・
高さでは・・ゼロ
径では・・2mm以内としてるから
これくらいないと・・
正確に揃わないことが多いのだ

作品の質の問題ではないから
余れば・・個展で使えばいいと思ってる


出品とか個展で使う場合
必ず・・このノートを作る
追加注文などがあると
これがないと・・困ることになるからだ

多少慣れてきても
ノートを作る習慣をもってると
寸法や手数が頭に残るから
次の制作の時に・・安心して作れる

自分なりのノートでいいわけなので
正確な組ものへ挑戦を心がけるなら
それぞれに工夫して作ってみてはどうだろう!


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!




Commented by はるこ at 2010-09-19 17:10 x
ブルースもいいけれど、この歌も、、声がいいのね,うまい娘ね!
その前に、ローズマリー クルーニーを聴いたついでに、カーメン マクレーンやビリー ホリデーに出会ってしまい、時代を感じました。
表現の違いも、、昔のは、セピア色ね。

おおきなものと、おなじもの。
同じものって、むずかしそうです、、、
まさに「技」の世界ですね。
前の姿を追わない、似せようとしない、リズミカルに、、!!
ケンタウルスさんの
メモ、コツで、いろいろ陶芸のことがわかって面白いし、感激もしてます。
Commented by aimons at 2010-09-19 21:40
先生でも、ここまでキッチリ採寸して作るんですね。
ちょっと、ビックリしました。
同サイズの器作り・・難しいです、苦手です・・
まだまだ・・です^^;

精進致します。。
Commented by touseigama696 at 2010-09-19 23:45
はるこ さん
いつもありがとうございます
最近youtubeのサーフが面白くて
好きな音楽探し・・これ楽しんでます

Commented by touseigama696 at 2010-09-19 23:47
aimons さん
ありがとうございます
公募展にだす組ものとなると
やはり・・厳しい同寸同姿を追うから
メモがないと・・リズムが掴みにくいような
そんな気がして・・書いてます
でも・・乱暴なメモでして
もっと詳細に記録してる作家も沢山います
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2010-09-18 23:43 | ●窯だ行進曲 | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696