人気ブログランキング |

生まれてはじめて (19)

d0085887_21555444.jpg

Yさんは・・昨日
生まれてはじめてのロクロを挽きました

一番興味あるロクロを・・
ドキドキしながら初体験する
この教室の入会初日の稽古の仕方です

この日に限って
菊練りだの・・土殺し・・芯だし
といった難しい作業は・・あとまわしです
ともかく・・美味しいところを
たっぷり味あわせてあげるのが・・目的

「面白そう~!」・・
そう思えない初日だったら
なんだぁ~って・・失望するかもです

さりげなく一番大事にするのは・・この後ろ姿
姿勢の良し悪しは・・あとあとまで影響します

ロクロを両脚で挟むように座り
背筋を伸ばして・・顎を引き
上腕の内側を・・脇腹に引きつけ

両手を真上から・・土塊にかぶせた時
肘が・・身体から離れないように構える

これだけは・・しっかりと見て
正しく構えるように助言します

Yさんの構えは・・初日にしては上々です
d0085887_2156412.jpg

左右の手を部分的に重ねるように・・一体化して
土の内外から挟んで挽きあげますが
両手を一体化することで・・
無駄な力がはいらずに済みます
ここが結構大事なことです

粘土の基底部が・・内側に凹んで見えますが
これは左手を・・内側に押し込めてる証拠で
最初にしては・・核心にふれる動きです

土を薄くしながら・・
高さに変えるのは左手の役割りで・・
土の中心に向かって・・
強く押し込む必要があるのです

ついつい右手に力が入ると
土は広がるばかりで
終いにへたってしまいます
右手の大事な役割は・・形を作ること

順序としては・・
まず左手で・・薄く・・高く
それから
右手で・・広げて・・丸く
これが・・基本的なロクロの動きです
d0085887_21561277.jpg

到底・・生まれてはじめてのロクロには見えません
左手が・・しっかり利いているし
土が・・とてもきれいです

厚みにむらもないから
このまま息を止めて挽きあげれば
口が揺れることもなさそうです

実際には・・
何度も何度も・・挽きあげて
薄くなって・・壊れましたが

ものが出来ることよりも
正しく手が使えることのほうが大切ですから
今は・・これで充分なのです

「どぉ~楽しかった・・?」
「えぇ・・すっごく!!・・でもむずしいですね・・」

面白そうだな・・って
感じることが大事と書きましたが・・
それだけでは・・充分ではありません

もうひとつは・・むずかしいと感じることです
むずかしいからこそ・・上手くなりたいものです

Yさんの初日は・・無事終わりました
きっと今日あたり・・体中が痛いかも・・
知らず知らず・・力が入ってるものです

また新しい仲間が増えたことになります
上手くなる楽しさを・・是非覚えてほしいし
できれば・・教えてあげたいものです

「じゃ・・来週ね・・!」
これもいつものとおりでした


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!




Commented by usupin at 2010-08-20 13:54
我が教室とはまったく逆です^^;
ロクロ希望の場合、菊練りから入りまして、かなりな日数はこれに費やされます。
私の場合はこの入り方ではないのですが・・・教室ではなく、まるで修行です^^;
まずは楽しさを感じてもらう! とっても大事だと思います。いーですねぇ♪
Commented by touseigama696 at 2010-08-20 18:04
usupin さん
ありがとうございます
私も入門したころは・・手びねり半年で
ろくろは触らせてもらえませんでした
そんなもんかと・・思ってはいましたが

なるべくなら・・最初から楽しくて
上手くなりた~い!って思えたほうがいいかと
最近では・・とってもやさしくしています・・笑

Commented by cocoa-tiramisu at 2010-08-22 12:13
自分の陶芸教室の初日は手びねりでした。
やっぱり陶芸教室=電動ろくろってイメージでしたので
ちょっとがっかりだった気がします。

失敗しても初日電動ろくろはうらやましい限りです。

今度は初めての窯焚きでさらに楽しさが分かってもらえるといいですね!



Commented by touseigama696 at 2010-08-22 23:06
cocoa-tiramisu さん
ありがとうございます
技術と興味・・どちらも大事です

技術は・・あとからでも追いつくけど
失った興味を取り戻すのは大変だから
最初のころは・・興味を優先するのも
いいのではないかと・・思ってます

キャリアに見合う技術
最後はそこだと思うのですが・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2010-08-19 22:51 | ○陶芸教室 | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696