人気ブログランキング |

土の言い分

窯焚きを終えて寝たのは・・朝4時半だった
8時には起きて・・
私的な用事を済ませ・・その足で銀座に向かって走った

銀座マツヤの美術サロンで開催されてる
小林政美さんの個展が・・最終日だったのだ

笠間のわが師匠・・どうやら間に合って
久しぶりにお目にもかかり・・また・・
持参したテスト・ピースを見てもらったりもした

個展風景の広い写真を撮り忘れ
作品だけになってしまったが
何点か・・ご紹介しよう
d0085887_052492.jpg

どちらかと言えば・・オブジェ系の作家活動だが
勿論轆轤を挽いても・・実に繊細な器をものにされる

今回の個展は・・造形に軸を置いたコンセプトのようだ
この一連の作品は・・花入れの機能を持っていて
その意味では・・鑑賞用の置物というわけではない
d0085887_05354.jpg

小林さんほどに・・土の言い分を承知していて
そして・・土にかなりな緊張を強いる作家は少ない

風穴シリーズで有名な作家なのだが
例えば・・この作品に開けられた幾つもの「穴」
適当に開けられてるわけじゃない

どれかひとつが・・焼成中に切れれば
作品全体が崩落してしまう危険を秘めている

安全に開けた穴では・・作品に緊張は生まれない
何度も崩落の憂目を味わって・・
土の言い分をしっかりと聞き届けたわけである

ちょっと見では気づかぬリスクにこそ
プロの執念を見る思いがする
d0085887_054490.jpg

一方で・・こんなやさしいワイングラスを作る
この手の作品は・・いつの個展でも
女性のお客様に・・とても人気がある
d0085887_055366.jpg

曲げても・・畳んでも・・重ねても
土は苦しそうではない
むしろ・・
伸び伸びと作家の主張を受け入れている
だから・・荒々しいが・・優しいのだ

姿の美しさ・・優しさ
どんなに手段を尽くそうが
これなしに・・器の魅力はうまれないに違いない
d0085887_06222.jpg

今回の展示で・・私はこれが好きだ
目覚めて・・伸びをする少女みたいに
何とたおやかで・・優しい姿ではないか
花を挿せば・・そのまま面だちになりそうだ

もう10年以上
大きな公募展に出品するようになって
いつも・・
作品持参で訪ねては・・教えを請うた
内弟子もせずに申し訳ないことだが
それでも・・温かく助言を惜しまない作家である

歳こそ私よりお若いが
その実績に深く敬意を抱いて
教えに従ってきたように思う

巡りあわせ・・に深く感謝である

銀座に出る前に・・more・・で


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!







d0085887_064016.jpg

銀座に出る前に・・ランチを済ませることにして
人形町の甘酒横丁にある・・やきとり「久助」に寄った

ここの主夫婦とは・・かねてからの昵懇
東京に出かけるとき・・時間が折り合えばここに寄る
行列のできる店で・・うっかりすると
売り切れで・・食べられなかったりする
d0085887_065098.jpg

夜はとり尽くしの店だが・・
ランチはこれ一種類のメニュー「やきとり弁当」
だから・・注文といえば
飯の大中小を頼むだけで済む
あっという間にできてきて・・待たずに食える
その阿吽がまたいい・・江戸っ子気分とでも
d0085887_065876.jpg

カウンター越しの職人を見てるのが好きだ
味は・・職人の身のこなしにかかってるはずだ
d0085887_07774.jpg

千円でおつりがくる定番ランチ
柔らかくて甘いとりと一緒に放りこむ飯の味
これが好きなのだ

店を出て・・コインパーキングの車に戻ると
まだ15分しか経ってなかった
早づくり・・に・・早食い・・笑

そういえば・・今日に限って
ベッピンの女将の顔が見えなかった
Commented by Lerici at 2010-07-14 20:11 x
暫くぶりにブログを見ると、まぎれもない小林政美さんの作品。
あの時のワイングラス大事にしています。風穴シリーズも進化していますが、ストライプ模様の伸びがあってしなやかな花瓶が小林さんの人柄を忍ばせますね。どこかに愛嬌を秘めた小林さんの作品には心が和みます。
あの時一緒だったイザベルに今年男の子が誕生しました。。。
Commented by touseigama696 at 2010-07-14 23:04
Lerici さん
お元気のことでしょう!!ね
懐かしい笠間ですね
小林さんも元気でしたよ

相変わらず多作で・・一体いつ
こんな手のかかることしてるんですかね・・笑

イザベルもママですか・・
きっと素敵なママしてるんでしょう
Lerici さんの・・次の帰国予定はないのですか・
また・・遊びにきてくださいね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2010-07-14 01:19 | ○展覧会 | Comments(2)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696