人気ブログランキング |

教えること・・って (15)

d0085887_23584654.jpg

「来年も・・お邪魔しますねぇ~!」
確か去年の今ごろのこと・・その約束が今日だった
このブログでもお馴染みのMさんが・・
カナダから・・飛んできた

ほぼ今日の一日・・一緒に工房で過ごしたが
ランチやお喋りの合間に・・ロクロも挽いた
5キロの粘土で・・40~50cmの大皿
それを・・今日の課題にした

彼女のロクロを撮影することはしなかったので
アップしてるフォトは・・
別の日の・・私のロクロである
d0085887_23585610.jpg

結果で書けば・・
彼女が完全に満足できるほどに完成したわけじゃないが
45cmの皿が・・無事に挽きあがった

そして・・
「・・何となくわかった気がします・・
今までの挽き方の手順に間違いがあったことが分かって
これからどうすればいいか・・が見えてきたような・・」

こう話されるのを聞いて・・
今日の稽古の目的は・・
完成された皿ができるようになることではなく
これから何を繰り返して稽古すればいいのか・・が
分かればいいことで・・目的は達したと思った
d0085887_235998.jpg

教えることは・・作ることより難しい
いつも・・そう思う

自分の作り方を・・教えてるには違いないのだが
私がするのと・・生徒さんがするのが
同じでいいわけはない

私のやり方を見せて・・すぐにその通りにできるなら
教えたり・・教わったりする必要はないからだ

教え方で・・一番間違いやすいことは
教える側は・・複合技を使えるが
生徒さんは・・分解した単一技で覚えるべきだ
・・を取り違えること

つまり・・私は・・
挽きあげながら開く・・とか
開きながら薄くする・・とか
薄くしながら丸くする・・とか

二つ三つの技を同時に進めることができるが
これは慣れてるからで・・初心の場合は・・
挽きあげてから開く・・といった具合に
「~ながら」ではなく・・「~から」で
分解して覚えたほうが・・正確にできるようになる

プロの陶芸家や熟練の職人さんが
陶芸教室の先生をするとき
ついつい・・複合技や
長年の経験があってでないとできないことを
そのままに教えてしまうのを
垣間見たことがある

これは・・
教えているのではなく・・見せているだけなのだ
教えることの難しさは・・
見せながら・・解からせることが必要だということ
そして・・何よりも
「出来そうな気がしてきた・・!」の自信が大事なのだ
d0085887_23591867.jpg

複合の技を分解して
それぞれが・・何のためにしているのかを
解からせてあげること・・

そのためには・・私の手つきの中に
微塵も紛らわしさがあってはならないはず
従って・・
こうすれば・・必ずこうなる・・
という必然に基ずくものでなければならない

「なんだかわからんが・・長年やってると
自然にこうなるもんなんだよ・・アッハッハ!」
自分のためなら・・これでいいが
教えるとなれば・・これじゃまずいわけだ

「名選手・・必ずしも名コーチに非ず」
陶芸教室を主宰しようとすれば・・ここでも同じだが
但し・・自分を名手だと思ってしまう名選手だったりでは
選手の方が迷惑かも・・笑

教える場合に・・最もこころすべきは
技術ではない・・人間性だと肝に銘じている

「来年もまた来ますねぇ~~!」
Mさんは帰っていった
地球を半周・・粘土一塊で結ばれた絆・・縁

「友・・遠方より来るあり・・また楽しからずや」
一期一会の一日は終わった
夕食を済ませてから・・糸を貼り続けて
どうやら一枚が終わったが・・夜も更けた




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!





Commented by Blog_Maya at 2010-07-03 19:44
>教える場合に・・最もこころすべきは技術ではない・・人間性・・・
Mさん同様、先生から私が教えていただいているのもこれに尽きます。
同じジャンルでなくともその無尽蔵の引き出しから学ばせていただくことが沢山あって、
いつか私も工房にお邪魔したいと思っているのでした。
Commented by tes_music_system at 2010-07-03 19:52
そうです!弟子は師に心を求めているんだと思います!
Commented by hananoegama at 2010-07-03 23:42
私も「人間性・・」という桃青窯さんの言葉に胸を打たれました
いつも教室で教えてもらっている生徒さんが羨ましいです
陶芸の事だけでなく多くの事を学ばせてもらっているということを
このブログを見ている私を含めほとんどの人が感じていることです
Mさんは この日を指折り数えての日本への帰省だったと思います
45cmのお皿も挽いて最高の1日だったことでしょう・・・
素晴らしい一期一会・・Mさん・・良かったですね~

Commented by usupin at 2010-07-04 00:34
我が師・・・こんな風ではまったくありません! 尊敬はしておりますが^^;
でも、教えるって難しいですよね。自分が思うのと同じとはいかないでしょうし・・・結局は本人が掴まなくてはいけない事だと思うのです。
Mさんは自分なりに「掴んだ!」のだと思います^^
「また来年~♪」 気持ちの良い約束ですね~ お疲れ様です。
Commented by touseigama696 at 2010-07-04 01:20
Blog_Maya さん
懐かしい小樽の写真を拝見しています
今度は・・是非こちらにもお越しください
ろくろでも回してみませんか・・?・・笑
Commented by touseigama696 at 2010-07-04 01:22
tes_music_system さん
ありがとうございます
技術と人間味・・って
矛盾してそうで・・そうでもないのでしょうね
Commented by touseigama696 at 2010-07-04 01:25
hananoegama さん
お茶の時間は・・話が弾んで
陶芸談義にとどまりません・・笑
お茶だけで帰っちゃったり・・爆

菓子が多すぎて・・メタボ茶会・・笑
「・・そろそろ茶にすべぇかぁ~!」
私の口癖ですが・・もじって
ジャニス・ベーカーは
私のハンドルネームのひとつです・・笑
Commented by touseigama696 at 2010-07-04 01:27
usupin さん
そちらの先生のご苦労・・
わかりま~す!!・・笑
でもね・・せんせいって
生徒にいじめられてるくらいが
実は・・快感なのですよ・・爆
大きな声でいえませんが・・
私も同じです・・トホホ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2010-07-03 00:56 | ○陶芸教室 | Comments(8)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696