人気ブログランキング |

生徒作品 (13)

d0085887_1191676.jpg

Ohさんの急須が焼きあがった
先日・・作業中をここでアップした作品である
教室のブレンド赤土に・・
天然松灰釉を掛けて・・還元焼成

まるで・・二個でダンスしてるみたいだが・・
d0085887_1192565.jpg

左の一個は・・左利き用
珍しいが・・左利きの人には有り難いかも
何のことはない・・Oh夫人がそうなのだそうだ

バランスもとれていて・・姿も美しい
仕事の丁寧さが・・よくわかる
軽くて手取りもいいし・・水切れもOKだそうだ
d0085887_1225798.jpg

展覧会がないときは・・このところ
もっぱら急須作りをしてきたOhさんだが

展覧会となれば・・
アラベスク紋の大皿が・・十八番
これは一昨年の入選作である

隅を丁寧に・・大皿で覚えた技術が
小さな急須にもつながってくる・・というわけだ
d0085887_1194437.jpg

これは・・Ogさんの・・御本手の粉引き鉢
黒の釉薬で口縁部を補強している

私がよくする作品の写し
結構きれいに御本がでてる
d0085887_1195263.jpg

飴釉の上に・・藁灰釉を流したもので
いわゆる・・朝鮮唐津風

流れやすい釉だが・・丁寧に掛けたから
鮮やかな飴いろの上に・・のぎ目がみえる
d0085887_120178.jpg

飴の発色は・・案外難しい
土の種類と・・釉の掛け方で右往左往する

Ogさんは・・そんなに長いキャリアではないが
この1年・・ろくろも釉も・・長足の進歩
陶芸が楽しくてしようがない様子・・が見てとれて
こちらも・・嬉しくなるのだ
d0085887_1201183.jpg

これは・・数日前
便利な道具編・・で作業した私の湯呑み
あがりは・・こんなものである

呉須ではなく・・酸化コバルトを使った
半磁器で・・3号釉の酸化焼成


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!




Commented by SWW at 2010-04-18 14:04 x
生徒さんの技量も良いのと 先生の指導もいい となれば 鬼に金棒ですネ-!ことわざ「食器は料理の着物」
Commented by mousseinmtl at 2010-04-18 21:17
釉のかけ方・・・で、右往左往・・ということですが、具体的にはどういうことかしらんと考えています。飴の上に、’流す’という感じ・・・・このあたりは、今の私自身への課題でもあるので、よろしくお願いいたします。かきおとし・・・すごく細かくてきれいだし・・・この辺りも合わせて色々、ご伝授くだされば・・。
Commented by touseigama696 at 2010-04-18 22:36
SWWさん
ようこそ・・です
いいかどうか・・本音は分からないかも・・ですよ・・笑
でもまぁ・・楽しくやれてるから
それでいいのでしょう・・
Commented by touseigama696 at 2010-04-18 22:44
mousseinmさん
右往左往・・は
釉掛けに右往左往ではなく
焼いてみて・・薄かったり厚かったり
むらだったり・・ベトベトだったり
そういう意味で・・焼成後の自己評価が右往左往なのです

まずは・・きちんと滑らかに・・
リーズナブルの厚みで
きれいに発色させてほしいと願っています

それができてから・・
多少・・
手加減で味わいをだしてみてほしいです

飴とか織部のように
流れやすい釉薬を・・制御できることは
とてもいい勉強になると思っています

掻き落としのことは・・
上位のコンペティションを狙うなら
これ以上のことができないと・・と
アドバイスしながら・・彼が頑張った作品です

できそうなことをしてでは・・勝てないから
できそうにないことに・・挑戦する
そのためには・・自分が表現してみたい
モチーフを探すことが大事だと思います

これからのOhさんに大事なことは
アラベスクではない・・独創の紋様つくりだと
話しながら・・模索しているようです

でも搔き落とし・・上手いですよ・・笑
勝てません・・爆
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2010-04-18 01:55 | ○陶芸教室 | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696