人気ブログランキング |

命の残照・・(55)

d0085887_2234435.jpg

「力」というものを・・
実際に見たことあるか?と聞かれれば
さて・・と言いよどむ
風を見たことあるか・・?
と聞かれるに似ているから
でも・・「力」を・・感じたことはある

例えば・・大分昔だが
日米のアメリカン・フットボールの試合で
報道の腕章をもらって
フィールドに下りたことがある

目の前を両軍の選手が全力で走って
・・全力でぶつかる・・地響きの中で
「グシャッ~!」と金属音に近い音で
プロテクターがつぶれる
「力」以外の何物でもない

相撲取りなみの身体が・・100米を
お互いに12秒で走ってぶつかると思えばいい
とんでもない力を感じたものだ

でも・・選手は動いている
だから感じる力である
動いていないものが発する力・・
絵の力・・皿の力・・物の力
ふと・・思い出す「力」があった

これも40年近く昔の話
仕事で出向いたグアム島で
取材の成り行きから・・
米軍基地の中で撮影することになった

制限はあったものの
案内されて歩いた・・その目の前に
戦略爆撃機 偵察機 戦闘機・・
輸送機が運ぶ戦車や重火器・・
広い基地だが・・そこ此処から
こちらを睨んでる

ベトナム戦争の真っ最中
昨日は・・戦場にいたかもしれない武器
飛び立つ直前の鷲のように
羽を下げてうずくまる戦闘機は
迷彩を施した機体で
前を歩く私たちを・・威圧していた

武器は・・そこにあるだけで強烈な威圧
ここは・・遊園地じゃないよ
本物の武器がもつ圧倒的な力で
傍に佇むことさえ・・恐怖に近かった

妙な例えだが・・そのとき
物にも「力」がある・・と感じた

そも言えば・・
物に力があるのではない
物に力を与えた誰かがいるのだ
ひとの力が転化して・・
物に力が宿る
良かれ悪しかれ・・
物は人間を投影するのだ
d0085887_2265946.jpg

                    同展のパンフレット

昨日・・小野さんの個展の帰り道
妻と娘を・・東京タワーに送った後
久しぶりに「菊池寛実記念 智美術館」に寄った
お目当ては・・これである
半年に及ぶ期間の・・ギリギリの終盤
間に合ってよかった・・そう思う理由が
実は・・『力』・・だった

藤本能道の作品が・・今日まで
これほど沢山一堂に会する機会は
果たしてあったのだろうか
定かではないが・・
滅多にないチャンスを逃さずに済んだ

会場に入ってすぐ・・直感的に
日頃見慣れている色絵磁器と
どこか違う・・そう思った
d0085887_2285137.jpg

                        同展の図録より・・
                        

半泥子のときもそうだったが・・
「今なら・・もっと上手い・・」
そう思わせる何かがある

繊細とか洗練・・のカテゴリーなら
もしかしたら・・
もっと名手がいるかもしれない

展示場に来てくださった昵懇の学芸員Sさんに
思わず・・「今だったら・・選外では・・?」と
軽口を叩いてしまったが・・
Sさんが去ってしばらくして・・悔いた

何度か・・順路を歩いているうちに
グアムの基地を思い出した
じっとうずくまっていながら・・
圧倒的な力で迫ってくる

能道・・最晩年の残照は
見る者を窯の中に引き込む
「暴言をお詫びします・・」だった
d0085887_22122196.jpg

                         同展の図録表紙

細部にこだわって・・
どこにも傷をつくらず
どこにも隙を作らず
そして・・挙句に「力」も作らず
模型の戦闘機を作ってたりする・・
「もどき」を・・無言で制するメッセージ
「力」に溢れた本物は・・
本物の「ひと」が作るのだ

ものは人なり・・の「ひと」は・・
とどのつまり・・「力」・・そして
力を「ほんき」と読めば・・
その力が見えてくる・・にちがいない

この一連を制作した直後に・・
藤本能道は・・異境に旅立っている
残したものは・・本気
凄いひとだと・・しみじみと思った

図録を買って帰宅した
会場では・・できるだけぼんやりと全体を見る
細部は・・図録で時間をかけて丁寧に
それが私の方法である

エピソードは・・more・・で



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!













d0085887_225991.jpg

智美術館をでて・・新橋の辺りで・・
「今・・どこ?」
「東京タワーから新橋に向かって歩いてる~~ぅ!」
「増上寺の山門の前までおいで・・」
東京タワーは混んでいたらしい

「晩ごはん・・食べたいもんがある・・」
「何・・?」
「吉野家の牛丼・・おんな二人でも
ちと入りにくい・・!父同伴なら・・笑」

三人で入った・・
トン汁つきでおひとりさま490円
合計・・1.470円

デフレ・スパイラルは・・
陶芸界だけではない!!・・笑
Commented by tes_music_system at 2010-04-13 09:28
展覧会の図録はお得ですよね~?!なるべく買って復習するようにしています?!(笑い)
吉野家は私も大好きです!!
Commented by touseigama696 at 2010-04-13 21:04
tes_music_systemさん
いつもありがとうございます
図録って・・写真の精度が大事だから
コストかかるの・・無理ないけど
でも・・もそっと安いと・・有り難いんですけどね・・苦笑
その分・・吉野家で浮かしました・・爆
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2010-04-12 23:12 | ○展覧会 | Comments(2)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696