人気ブログランキング |

赤い手拭いマフラーにして・・(23)

d0085887_22391056.jpg

この川の・・ずっと向こうは
両国橋のたもとで・・隅田川

背中の方に・・行けば
「♪・・赤い手拭いマフラーにして・・♪」
二人で行った横町の風呂屋・・に
行き着くはずの・・神田川
万世橋の上から・・遥か昔の青春譜
d0085887_22392093.jpg

今朝・・起きぬけに窯場に行った
昨晩・・300度以下まで冷めていたが
まさかの油断をさけて・・我慢した

無事に焼けていた・・胸をなでおろした
どんなに注意深く・・丹念に仕事したとしても
窯は正直だ・・ダメならダメ
だから・・無事に焼けてると・・
それだけでも嬉しくなる

この窯を焚きながら・・
二の矢の糸を貼っていた
ダメだったら・・すかさず放つため・・

一瞬の緊張は解けた
出品に耐える・・それが判ったから
締め切りの一カ月も前に・・出せるのができた・・
こんなゆとり・・初めてかもしれない

そんなわけで・・
神田川を眺めていられた

ヨドバシカメラがお目当て
劣化の激しいカメラのバッテリーを
新しくしたかったから・・
d0085887_22392923.jpg

久しぶりに・・電気街を歩いてもみた
昔日の面影もなく・・狭くてもきれいになった

戦後間もないころ・・裸電球の下で
畳2枚ほどのブースに
まるでビーズ屋さんのように
豆粒みたいな抵抗やコンデンサーが並び
華奢な真空管が・・宝物みたいだった

今ふうに言う・・「電蓄オタク」・・が列をなしていた
3年前に逝った・・我が家の頑固じいさんも
そのひとりだった・・懐かしさが蘇える
d0085887_22393765.jpg

思いがけない息抜き
脱兎のごとく・・工房を抜け出して
たまには・・ステーキを食べよう・・っと
橋のたもと・・「肉の万世」・・久しぶりのランチだった

二の矢は・・捨てたわけじゃない
今朝の作品を越える加飾ができるか・・
明日から・・続ける
慌てはしないが・・多分ギリギリまで
窯を焚くこになるにちがいない

今年は・・勝負の年と決めてある
ゆるめてはならない・・自戒のつもりである

人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

Air on the G string Jazz trio/JACQUES LOUSSIER

ケーテン時代のバッハだったら・・
もしかしたら・・こんな楽想だったとしても
おかしくないかも・・笑


調べたら・・やっぱりケーテン時代だった・・笑

今日に限っては・・これも
でないと片手落ちかと・・笑い
今ごろ・・思いついた・・


神田川 南こうせつ
Commented by kyoko5346 at 2010-02-02 12:44 x
懐かしい唄ですね。結婚したころアパートにお風呂がなくて、母が「神田川みたい」と面白がっていました。私もいつも待たされてた。。。
なんだか一気にワープしてしまいました~。
Commented by tes_music_system at 2010-02-02 20:01
肉を食うから元気が出る!!!
Commented by Blog_Maya at 2010-02-02 20:23
神田川、ヒットした頃はまだ子供で歌詞の意味が全く分かりませんでした。  分かった頃には「同棲なんて不潔だ~!!」(笑)

無事作品が焼けたとのこと、ホッとされたことと存じます。 お疲れ様でした。  先生の事ですから、明日の二の矢に向けてイメージトレーニングされているのではないでしょうか。  


Commented by touseigama696 at 2010-02-03 00:32
kyoko5346 さん
貧乏でも・・楽しい時代だったかもね
きっと・・夢があったから
今の世の中・・豊かにはなったが
夢は・・どこに行っちゃったんだろ・・?・・苦笑
Commented by touseigama696 at 2010-02-03 00:32
tes_music_systemさん
たしかに・・たまには肉もいい・・笑
Commented by touseigama696 at 2010-02-03 00:34
Blog_Mayaさん
あのころ・・まだ子どもだったんだぁ・・笑
若くていいなぁ・・ですよ

そそ・・どういうわけか
一枚目が・・無事だったんで
出品不能だけは免れそうです・・笑

でもまだ時間があるから・・
頑張れるだけ頑張りますね
Commented by 通りすがり at 2011-02-21 16:39 x
スッゲー美味そう!!
はらへったー
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2010-02-01 23:38 | ○未分類 | Comments(7)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696