人気ブログランキング |

取材 (53)

今日は・・かねてからの約束で
窯業の業界紙・・の編集者さんの取材を受けました

かつて・・取材するのが仕事だった私にとって
取材されるのは・・決して慣れてはいません・・が
とてもチャーミングな女性の編集者さんでしたから
気持ちよく・・いっぱい喋っちゃったみたいです
d0085887_1292280.jpg

糸抜き波状紋のモチーフとの出会いの部分・・と
52歳からのプロ挑戦・・が関心の対象のようでしたが
それは・・私にも一番答えやすい部分
すぐ後ろにいる団塊の世代へのメッセージとして
幾つかの持論をお話したのでした

その中のひとつ・・
自分の仕事・・自分の世界・・独創・・
これをひとつの作品の中に表現することの難しさ

これはもう・・死に物狂いの世界です
でも・・必死に考えて・・探して
それらしきものを見つけられたら
それがどんなに幸運なことかに感謝しながら
死に物狂いで制作するしかないのです

そして・・
「死に物狂いの世界」・・こそ
実は・・もっとも幸せな世界だということに
きっと気づくのです

自分の世界が見えてきた・・という実感
それこそ・・まさに至福なのです

「死に物狂い」になって・・
ほんとに狂ったり 死んだひとは
決していませんから・・

人生の終章を・・
ひたむきに・・「死に物狂い」・・になる
責任世代ではないからこそ許される「自由」・・
じゃないでしょうか

人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
Commented by gaunn at 2009-12-08 08:53
お早うございます取材に来られるようでしたら、大変プロですね
作品作りの苦労は一口には分ってはもらえないでしょうね
本人だけが味わう苦労ですよね、自分もただ練習のみと思ってます
Commented by kyoko5346 at 2009-12-08 11:57
数々の大きな展覧会をこなされて、お母様を見送って感慨深い歳の暮れですね。親にはいつまでも生きていて欲しいものですが、良い思い出を残して逝かれたことと思います。ますますご精進に力が入りそうですね。
Commented by touseigama696 at 2009-12-09 00:07
gaunnさん
ありがとうございます
仕事に苦労はつきもの
だから仕事なのかも・・です・・笑
Commented by touseigama696 at 2009-12-09 00:09
kyoko5346
順番通りになってくれて・・
ちょっとは・・ほっとしてます
どこと言って身体の不調はない老母でしたから・・
息子のほうが・・先きってのも困るし・・苦笑

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2009-12-08 02:01 | ●工房便り | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696