ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

d0085887_08092426.jpg

今年もまた1月17日がめぐり来て
それが24回目の1月17日だとテレビが告げている
あれは1995年(平成7年)の早朝5時46分のことだった

未曽有の阪神淡路大震災の朝
テレビのモニターに映る想像を絶する悲劇を
身じろぎもせず呆然と見つめたのを覚えている

この年以降 毎年今年が何回目の1月17日かを
知らされながらこの朝を迎えてきた
そうすることが
この大災害を風化させないためのクサビなのか
それとも
いつまでたっても哀しみから逃れられないトラウマなのか
当事者でなければ分かりようもない切なさに狼狽えるが
それでも「今朝」はまたやってきて祈りの一日が始まるはずだ

偶然でしかないが
24年前のこの日を遡る一週間前
私は生まれて初めて陶土に触れて陶芸を始めた
52歳の新年だった

毎年今年が何度目の被災日かを知るたびに
それが私の陶歴そのままと承知してなお
晩学の陶芸に夢中になれる身の安寧を
有難いことだ思い続けてきた
あまつさえ
キャリアの殆どをプロとして過ごせた幸運は
望外の悦びだった

今年で24回目 口にせずとも
来し方行く末を思うことも多い
走馬燈のように回り続けた歳月が
私にめぐり合わせてくれた幾つもの思い出は
想定内とは言えない人生の
その不思議さを何度も重ねてきた
だから誰に云うでもなく
全ての偶然に唯々ひたすら感謝なのである
あの日に命を奪われた多くの被災者の
ご冥福を祈ることも
この陶歴と重なる日々の義務だと思うからだ

新年早々の一週間
気管支炎の苦しさに悩まされているが
めげずに工房に戻ろう




応援してくださる方・・クリックしてね!!

# by touseigama696 | 2019-01-17 12:06 | ○未分類 | Comments(0)
d0085887_15225286.jpg

気管支炎でダウンしたのをこれ幸いと
全豪に出場した錦織圭の第一戦をTV観戦した

相手はポーランドのカミル・マイクシャク選手
世界ランク176位とある
世界ランク9位で第8シードの錦織圭選手に対して
予選3戦を3勝してやっと本選の一回戦に出場したマイクシャク選手
ここだけ見れば彼我の差は峰ひとつふたつの遥か彼方
直近のブリスベンで優勝し気を良くしてる錦織クンの敵ではあるまいと
勝ち戦を期待しながら眺めていたら
餌食になっているのは錦織クンの方ではないか
2セット連取され風前の灯火になった

自分がブレイクポイントを握った時は勝ち切れなくて
逆にマイクシャク選手に握られるとあっさりセットを取られる
時々見せる錦織クンの悪い癖で諦めかけた
勝つためには後の3セットを全部取らねばならぬ
この勢いのマイクシャクに3連続は叶いそうにないと思った

3セット目に入ってすぐトイレから戻ってみると
コート上は異様な雰囲気になっていた
瞬間的な怪我でなら分かるが そうした事故もなしに
マイクシャク選手が右手首をゆすったり
脚をひきずったり異変を訴えていた
しかし試合は続行していたから
殆ど動けないままに3,4セットは錦織クンがとった

普通ならリタイアしてた筈だ
しかし2セットアップであと1セット
息絶え絶えの錦織クンにもう一息で勝てる
何とかしたかったんだろうと思うが
こんな試合は見たことがない
ついさっきまであれほど自在だった足と手が
まるでピノキオみたいになってしまったからだ

しかしやがて分かってきたことがある
マイクシャク選手も自分で気づいていなかったんだろうが
錦織選手が必死で活路を模索して返すボールに
更にそれを凌駕しようとしていつの間にか
筋肉の余力を使い果たしてしまったのだ
心肺はもっても筋肉はもたなかった
錦織クンが必死になった2セット分のボールを
完全に凌駕した返球は3セット先取の試合では足りなかったのだ

圧倒的に勝ってた試合も
3セット取れなければ勝利にはならない
ストロークには負けたが勝利に必要なスタミナと筋力で
結局錦織クンが勝った 戦わずして勝ったことになる
こんな勝ち方もあるんだ しかもそれも充分ありである
骨を切らせて肉を切る まさに死活を越えた死闘だった

それは
マイクシャク選手のプレー後談で
「次回は3セット分のスタミナを準備して戦います」
この言葉に現れている
負けている試合を投げず挽回を図るたの本気が
マイクシャク選手を自爆に引きずり込んだともいえよう

実はランク9位とランク176位の間に
天地ほどの差はないことが判る
トップテンに到達するための暫定位置みたいなもの
600位くらいまでいる世界の選手たちは
極めて過酷なツアーを回りながら
僅差でトップテンを狙っているのだ

「もうちょっと楽な勝ち方してよ!」
そう言いたくもなるが
到底そんなもんじゃない熾烈な戦い
さすが錦織!good Job!と賛歌である


余談だが
今日のテレビも実況解説をはずして見た
だから身びいきな解説に邪魔されず
自分で判断しながら見れる
そうしてみて予感することがひとつ


この全豪で或いは今年中のグランドスラムで
もし錦織クンが優勝したら まず間違いなく
今夜の試合に崖っぷちまで追い込まれた恐怖と
運命的なタイミングで勝ちにつなげられた5セットの冒頭
一本のショットがマイクシャク選手の神経に痙攣を起こさせた一瞬が
最大のモチベーションの筈だと思う

錦織圭クンのテニス人生の決定的な分岐点を
今夜の試合の恐怖と絶望と奇跡と歓喜と定め
できることなら
2019全豪オープンの優勝者に名前を刻めと言いたい
残り少ない絶好のチャンスだと思うのだ





応援してくださる方・・クリックしてね!!

# by touseigama696 | 2019-01-15 17:21 | 〇スポーツ | Comments(2)
d0085887_10580844.jpg


気管支炎3日目
咳と胸のザワツキ以外は
さして気にならなくなったが
激しい咳き込みは疲れる

d0085887_10584463.jpg

ふた昔ぐらい前なら
風邪ひいてること分かっていても
余ほどの高熱でもない限り
そのまま起きて仕事してりゃ治った


d0085887_10594742.jpg

寝込む前日
PCが意識不明なっていたから
shuちゃん来てくれるまでおとなしくしてろ!
と言い捨てて工房に入り 少々まとめて仕事したら
寝込んだのは私になってしまった
実に情けない始末なのである

いつだったか
恐竜物語みたいな番組が
地球上では滅ぶのは恐竜からで
蟻みたいな小粒は簡単には滅びないって言ってた
これ確かに言えてる

私は恐竜ではないが 喜寿にしては図体がでかい
そんなこと考えたこともなかったが
寝込んでみると たった二日でも
立つとよろめくほどに筋力は落ちてる 
あと一週間も寝込んだら息も絶え絶えになりそうだ 

こんなときって実に深刻に悲哀を感じる
例えば
ジャムの瓶詰の蓋が開けられないって
妻に言われればホイっと開けて見せ
まだ力はあるとほくそ笑むが
このとき妻は自分では開かないことに
なんの悲哀もない
力がなくても当たりまえで通るからだ

図体のでかい奴が非力を味合わされる機会は
日に日に増える
70㌢の大皿ってまだ挽けるだろか?
決して自信はない

  
d0085887_11010524.jpg


史上最大の恐竜はアルゼンチノサウルスというらしいが
イラスト画を見ただけだけでも
一度寝込んだら起き上がれなかったろうなと思える

ジャム瓶の蓋は外せても
寝ころんだ自分が自力では立ち上がれない事実は
恐竜にはいい知れぬ哀しみに違いない

恐竜は戦った武器によって死ぬのではない
立ち上がれない哀しみの中で死んでゆく

風邪のせいかややメランコリックな気分だ





応援してくださる方・・クリックしてね!!

# by touseigama696 | 2019-01-13 12:02 | ●工房便り | Comments(6)
d0085887_21392259.jpg

以前にもご披露したけど
これレントゲン写真で撮った花
専門家のドクターが撮ったから
さすがに見事である
でも誰もがやれることじゃないから
注意書きつけとこ!
(素人さんは真似しないように!!
真似できる人っていないかぁ!)

一昨日の夕方からどうやら風邪ひいた
嫌な予感がしたが夜には案の定で喉に来た
勿論多少の手持ちの薬を飲んだが手遅れだった
昨日の朝から今日の夜までベッドでおとなしくしてた
この寝てしまうというのが私には好いのやら悪いのやら
体中の関節がミシミシ音を立てて固まってゆく

さっき夕食をとろうとして起き上がったが
直ぐには立てないほど痛い
おまけに力も衰えて最初の数歩はヨロヨロである
実に惨めなありさまなのだ

気管支が弱いこともあって
ちょっと咳き込めばざわざわ肺が嵐にさらされたみたいなのだ
この花の写真と同じに綺麗ってわけにはゆくまい

私は若い頃から余り風邪を引かない体質で
それはそれで助かったが
一度ひくとここから先が長いのだ
咳がとれるまで10日くらいかかることが多い
寝ていても仕方ないので起きて軽く仕事したりするが
やはり集中力に欠けるから長続きしない
なだめたりすかしたりで凌ぐしかないのだ

風邪はたいした病気じゃなくても
罹病中に衰える諸機能が怖い
年寄りは風邪一回で一ヵ月分体力減退
全麻の手術一回なら半年分くらい落ちそうだ
(私見につき根拠はありません‥ペコッツ!)
ともかく毎日普通に暮せることが何よりである

明日どう過ごそうか
 朝になったら考えることにした

皆さんもお気をつけください!




応援してくださる方・・クリックしてね!!

# by touseigama696 | 2019-01-12 22:26 | ○未分類 | Comments(2)
d0085887_12045182.jpg

この「折々の折り」に触れて書いた一昨日
さて次はと更新するつもりになった途端
私のPCは気絶してしまった
何が悪くてだか 電脳音痴の私に分かる由もない
昨日の晩 それこそ119番の電話で駆けつけてくれた
ここではお馴染みのPC家庭教師shuちゃんのお陰で
あっという間に息を吹き返した

勿論shuちゃんが凄いのは判っているが
同じ程度に・・私の電脳音痴もひどいもんだと
いささか自虐に苛まれもしたのだった
その顛末は 近々に別項で書かねばである
だから今は触れずに本題に戻ろう 
=閑話休題=

数日前にアップしたこの写真は
折々の折りの目次である
2004年3月4日に「ファスナー」と題して書いた

この「折々の折り」でどんなこと書いてたのか
チラッとプレイバックしてみたくて読んだ
案外真面目にと書いたからには
ほんとにそうか検証してみようと思ったのだ

私にしては大いに真面目な一文だと
密かに納得してここに再掲してみたくなった
時々使う「使いまわし戦法」 困ったたら「折々」である
For example・・例えばと思っていただければだ

原文は少々長いので端折ってリライトしてみた

--------------------------------------------------------

『ファスナー』 2004/3/4 「折々の折り」より

テレビで陸上競技大会などを眺めていると 選手は
自分の番が来るまでジャージーなどを着用して
一回の試技のために何度も着脱するのを見るが
幾つもあるファスナーがサラッと走る
いつもあれには感心して実にアスリーらしいリズム感に見える

というのは
私の場合部屋着に使うフリースベストの類ですら
ファスナーはその度に悪戦苦闘で挙句に脇の縫い目を噛んで
にっちもサッチもいかなくなるのだ
ジャージーが脱げなくてスタートで失格
私に限っていえばそれもありだと思う

身体が硬い 体が痛い
だからファスナーが真っすぐ走らない
あっという間に脱線して回りの草を噛むわけだ
相性が悪いと言えばそれまでだが
だから基本的にファスナーは好きじゃない


ところでファスナーといえば妙な事を思い出す
大分昔のことだが夏の暑い日の電車の中
中年のオッサンがいい気持ちで居眠りしてた
その隣に座っていたのが私だ

目の前に若い女性が立っていた 暑い日だったから
つり革が汗で濡れて気持ち悪かったんだろう
白いハンカチを巻いて握っていた

やがて電車が揺れた途端思わず手が離れ 
白いハンカチはオッサンの膝の上に舞った
居眠りしてるオッサンは気づかない
ところが落ちたとことがどうも具合が悪い
ふと見ると間の悪いことにファスナーが半開きなのだ

女性は拾い上げるのに躊躇った 無理もない
なら私がと手を出そうとした瞬間オッサンの目が覚めた
気づいたらモジモジした若い女性が目の前に立っている
唐突に寝ぼけまなこが何やら異常を感じたはずだ
半開きになった自分の股間に白いものが見えて更に大慌てだ
あっという間にそのハンカチはファスナーの中にしまい込まれた
ワイシャツが飛び出してるとでも思ったに違いない

事情を説明するにもどうもバツが悪い
判ったところでもう一度ファスナーを下ろして
取り出して返すわけにもゆくまいし
そうしたところで女性を戸惑わせるばかりだ
黙ってることにした 女性も何も言わなかった
だからそれはそこで一応終わったことになる

しかしよく考えるとあのオッサン帰宅してズボンを脱ぐとき
傍にカミさんがいなけりゃいいがと老婆心がもたげた
真夏のことだ もしかしたら香水が振りかけてあったやも
あるいはいイニシャルが刺繍してなかったろうか

股間から舞いでた白いハンカチ
後日談はそのオッサンしか知らない
ご無事を祈るばかりだった




応援してくださる方・・クリックしてね!!

# by touseigama696 | 2019-01-11 13:43 | ○折々の折り | Comments(0)
d0085887_16505830.jpg

2001年の5月5日に
大きな志を抱いてなどとは縁遠く
何となく始めたエッセイHP「折々の折り」だが
それは
もの書きになって何かを表現しようではない
本業の陶芸の妨げにならない範囲で
真面目に書き続けることが
少しでも頭の劣化防止に貢献してくれればそれでいい
そんなもんだった

しかし5年経ったとき
思いがけないものが手元に残った
上の写真がそれだ
2005年12月12日で終わりにした時
タイトルは「千夜一夜物語(完)」
5年の間の最後の3年は年中無休で
書き続けた1,001日分の厚み

その全てをプリントアウトしたのが
上のファイルでA4で1,500枚になる
紙にしたらどれくらいのボリュームになるだろう?
阿保みたいに印刷したのは数年前
アナログにして眺めるのは
時々する私の実感法である

電脳なればこそ
こんな面倒をする必要がないのを承知で
しかしこの「折々の折り」は
紙に換算してこその達成感を味あわせてくれた

大学時代にひと夏を房総の海辺に下宿し
ロシア文学だけで12,000ページ
代表的な作品の殆どを読了したときに
あの段ボールの大箱に詰めた
岩波文庫の分量に意味があるのを感じたのに似てる
速読 量読 若い頃のひとつの読書法
これも「わたし流」の所以なのだ


d0085887_16513034.jpg


「折々の折りの」一日分はこんなもん 400字で3~4枚だ
始りは気まぐれだったが
書いてることは案外大真面目のつもりで
小さなメモ帳を持ち歩いて
四六時中今夜書くべき何かをキーワードにして
書き溜めてもいた
どんなに遅くなっても書かずには寝ない
その連続の3年はタフだった


d0085887_16521627.jpg

ご覧の通り目次が連日を表している
ほぼ3年偶然だが長い旅行もしていないからできた

丁度還暦の歳だった
一日にひとつくらいは大真面目に世の中を考え
それを一文に書き下ろすことを
日課と決心したのだった


この「折々の折り」で1,001項
更に折々に続けて始めたこの「桃青窯696」で3,013項
およそ18年よくぞ書いたものだ

前述の如く書くことは仕事ではない
ロクロの前に座るのが本業だが
きちんとした仕事をするには
できるだけ頭の働きを確保しておきたい
少し老いて一番不安なのは身体じゃなく頭である

あの時期はいささか過酷に過ぎる虐めだったかもしれない
流石に今はほどほどになだめながらこれを書いている
「休む理由があれば罪悪感なしに休む」
4㌔ウォーキングでの掟はここでも生きてる

「桃青窯ベース」には
やがてサテライトのノートPCを置いて
あっちでも書き続けてゆこうと思っている

老いの良し悪しをしっかりと見つめ
少し後ろを歩いておいでの団塊さんたちに
いささかでもお役にたてる一文が書ければ
以て瞑すべしなのである

「書くこと」
桃青窯ベースでは大事なカテゴリーに
しておきたいものである




応援してくださる方・・クリックしてね!!

# by touseigama696 | 2019-01-08 20:55 | Comments(2)
d0085887_12494448.jpg


旧房時代 工房特設スタジオと言ったのがこれだった
デジタルカメラでマクロレンズ多用のセット
三脚も使えないような接近戦で撮っていた

d0085887_05523576.jpg

上の設定で撮るとこうした雫が撮れる
背景はカラフルな雑誌が面白い
全てボケるが雰囲気はファンタスティックだ
バックの写り込みが雫を宝石化してもくれる


d0085887_10053594.jpg
ボーリング番組の撮影で
構図を確かめるためにカメラマン席に座った若き日の私


私がテレビの番組制作に携わっていた頃
撮影に関わる全ての機材はアナログで
当初はモノクロだけだし
途中から開発されたカラーフィルムとて
まだ満足のゆく色彩化が満たされたわけじゃなかった

この時代にこうした雫のカラー写真を撮ろうとしたら
多分無理だったと思うが 仮にできたにせよ
ケミカル或いはオプチカルで処理するには
とんでもない高額な処理費用が掛かった筈だ

デジカメと特殊レンズとPCソフトがあれば
素人にもこんなことが出来る時代になったと
びっくりしたのを覚えている

d0085887_10213772.jpg

10数年前交換レンズ2本を含めて
新たに購入したのがNIKOND200だった
目的は自作の陶芸作品を綺麗に撮りたかったからだ

練習も兼ねて長焦点レンズや
マクロレンズも色々勉強してみたが
カメラもその気になれば面白い

d0085887_11201365.jpg

ホリゾントと照明を備えたいが
未だそこまではしていない
工房の整理ができたら
また特設スタジオを作ろう


d0085887_10593536.jpg

作品の見栄えを考えると
写真は案外大事な技術である
勉強しておいて損はない


d0085887_12000223.jpg

d0085887_10044969.jpg


d0085887_11213088.jpg

花を撮るのもいい勉強だった

きれいに撮ったら喜んでくれそうなのは
やきものだってきっと同じ


d0085887_11215871.jpg
d0085887_11221802.jpg

d0085887_11225421.jpg
d0085887_11231727.jpg

ソフトを駆使しての変化球も楽しい
だが大分時間が経ってしまい
どうやったらこうなったのか?
さてと頭をひねる昨今
やはり歳はとりたくないものだ


d0085887_11263152.jpg
d0085887_10202615.jpg
d0085887_11271192.jpg

こうした風景なら
シャッター押しさえすれば何とかなるが
ここでも私の信条は 『趣味なら本気で!』
自信はないけど暇はありそうだ


d0085887_11322735.jpg

去年の秋に買い直したNIKON D7000
35 ㍉の単眼とズーム1本を
何とか使いこなしてみたいが
さて・・?である





応援してくださる方・・クリックしてね!!

# by touseigama696 | 2019-01-06 12:55 | 〇わたしの流儀 | Comments(0)
d0085887_07585679.jpg

このハンドメイドのパイプ作りも
若い頃に夢中になったひとつ

手前が自作のパイプで 奥がその原木である
ブライアーといい 木の幹ではなく根っこ
巷間 薔薇の根と言われたりするがそれは間違い
ツツジ科の低木でヒースというのが正解だ

地中海沿岸などの岩場に根付くので
岩に挟まれ育ちにくく実に硬い
そのお陰で煙草は燃えてもパイプは燃えない
当然だが細工をするにも硬くて難儀する
背後の原木を削って手前のパイプに造形するが
使う道具は殆どがヤスリである


d0085887_08133273.jpg

これも自作のハンドメイド
陶芸を始めてからは四半世紀だが
それまでに色々楽しんだ趣味の中で
陶芸に一番貢献した技術は多分この木工
手指だけを頼りに卵型のボウルを対称に削る
そのシルエットの作り方は
ロクロで卵型を挽くときのデリカシーに役立った
「目で挽くな! 手で挽け!」
誰に教えられたわけじゃないが 自分でそう感じた

このパイプは殆どシンメトリーだが
計測機器類は使っていない
今なら3Dコピーが有効だろうが
当時はそんなものもなかった
指で撫でまわしながら僅かなコブをヤスリで消し
手の後を目で追い
左右対称に近づいていったのだった


d0085887_08240695.jpg

これは非対称だが シルエットのラインに
僅かの破たんを許さずに曲線を描こうとした
ごつい鉄やすりから始まって紙ヤスリの1500番まで
シルエットを傷つけないように丁寧に削った
ニスの類の光沢塗料は一切使っていない
ヤスリだけで同じヤスリの傷を消して光沢を得る
最後の布バフをかけると自然な光沢に輝くわけだ

このパイプは名工のコピーである


d0085887_08281533.jpg

デンマークの名手ミッケの作品がこれ
年間10本しか作らず 1本100万円時代の
彼の作品を写真で見て写すというのは 
やはり大きな勉強だった


d0085887_08360082.jpg

今では世界的に禁煙 絶煙の時代
パイプの愛好人口は減った
ミッケ イヴァルソン ユリイ ノルト
などの名品も今はどうなっているか?である


d0085887_08365277.jpg

手許に残っている自作は僅かしかない
一本一本に懐かしさがあって
桃青窯ベースに持ち込んで再現してみたいが
多分無理だろう
自分が使うことのないものを作るとしたら
これほど張り合いのないこともない筈だ

煙草を止めて随分長い時間が過ぎた
ボウルの中で燃え尽きかけたパイプ煙草の美味さは
今でも記憶の中にある しかしだからといって
もう一度火を点ける気にはなりそうにない


d0085887_08421326.jpg

しかし造ることに目を注ぐなら
かつて木工パイプで自得した幾つかの秘訣は
陶芸でも共通したものだ

「目は邪魔 指の腹で見て挽け!」
「道具は自分で探し 自分で作れ!」
「仕種を揃えて リズムをつくれ!」
「迷ったら足すな!」

そんなことを大事にするために
パイプも工房に置いておきたい
「一芸は十芸に通じる」 今もそう思う 





応援してくださる方・・クリックしてね!!

# by touseigama696 | 2019-01-05 01:09 | 〇わたしの流儀 | Comments(2)
d0085887_14595957.jpg


陶芸の粘土が重くて もし手に負えなくなったら
これを描くのが一番身体に負担がない
おまけにもの凄く時間がかかるから
じっくり取り組めそうだ

工房のベース化構想で
一番取り戻そうとしてるのがこの点描画
夢中で描いていたのは30数年前のことだった


d0085887_15032031.jpg

ミラノの大聖堂
手元にないのでお借りした写真だけど
こうしたシャープに撮れた写真が一枚あれば
ここからは極細のサインペンがあればいい


d0085887_16333837.jpg

始りは長電話の聞き役で その手持無沙汰に思わず
手許のメモ用紙にサインペンでいたずら描きしたのが
こんな感じだった(これは再現ですが)

d0085887_16375765.jpg

暫くして ちょっと手をかけてみたのがこれ
まだ下手だが もしかしたら絵になるかも? 
そんな気がしないでもなかった


d0085887_16400463.jpg

やがて下絵に当たり線を入れて
写真を見ながら丁寧に陰を作っていった
手応えがあった
この2枚は 当時のままに残してあったもの
失敗作を含めて何枚か画紙に綴じて残っていた


d0085887_16541988.jpg

使うのはこのサインペン一本だけ
点描画法があるのは知っていたが
特段にルールがあるとは思わなかったから
自分でそれらしき決まりを作って描いてみた
つまり
0.1㍉ほどのサインペンを使って
画紙の上に線は用いず
コツコツ叩いて点描で描くこと
それだけのことだった


d0085887_17024588.jpg
打点の数が濃淡による表現につながるので
写真を見ながら1平方㌢当たり
数十回から数百を打ち込んで陰を作っていった

d0085887_17080821.jpg

1992年8月 最後の一枚がこのミラノのドゥオーモ
当時まだ病院の事務長職にいたので
これ以上夢中になるのは自粛したのかもしれない

全て描き終えてサインをしたのち
色止めのスプレーをかけて
褪色と汚れ防止を図ったが
それ以前に額の汗一滴でも落ちれば
油性ペンとはいえ滲んでしまうので
結構緊張して描いたのを思い出す


d0085887_17212529.jpg

いつか少し暇ができたら続きを描いてみたいと
石造の城や教会の写真を集めたりしていたが
それらの資料は転居にまぎれて散逸してしまった

もしかしたらまた描けるかもしれない
決して自信があるわけじゃないが
粘土の合間にサインペンを手に
工房での時間が繋がってくれればいい


d0085887_07533438.jpg


これが完成画である
仕事の合間のこと 毎日描けたわけでなく
ほぼ1年近い時間がかかっていたと思う


d0085887_17273289.jpg

d0085887_17281943.jpg

これらの城も 既に一度は描いたことがある
しかし桃青窯ベースができたら
もう一度描いてみたいと思う

工房で過す時間が
幾つかの愉しみや悦びでつながって
疲れもせず退屈もせず
程よい居心地の良さを醸してくれたら
それこそ私の大好きなコックピットになる

まだほかにも幾つか
私の人生につきあってくれた楽しみがある
どうやってコックピットの住人にするか
考えてみたいと思っている




応援してくださる方・・クリックしてね!!

# by touseigama696 | 2019-01-02 21:46 | 〇わたしの流儀 | Comments(4)
d0085887_15205497.jpg

毎年が同じメトロノームのストロークとは
到底思えないほどにアップテンポに刻まれ
あっという間に1年が過ぎてゆきます
時の速さと並んで歩けなくなって感じる老い
誰もが辿る同じ道です

しかし一方で時の流れから離れて
一日を思うがままに生きることの
穏やかさと静けさを味わう道でもあります

淡々と
『日々是好日』
そうありたいと願いつつ

ここで親しくしていただいてきた
多くのブロガーさんに
新しい年が良い年でありますよう・・
こころから祈ります




応援してくださる方・・クリックしてね!!

# by touseigama696 | 2018-12-31 20:22 | ●メッセージ | Comments(6)