「ほっ」と。キャンペーン
d0085887_03401100.jpg


水曜日に焼いた窯の・・一部です


d0085887_03402233.jpg
d0085887_03403101.jpg
d0085887_03410760.jpg


黑と青のバージョンのご紹介です


d0085887_03411795.jpg


青の色調にばらつきがありますが
写真が下手のためで・・お許しを

この花入れの茄子紺が・・実物に近いです


d0085887_03512794.jpg

d0085887_03414510.jpg
d0085887_03421570.jpg
d0085887_03423024.jpg
d0085887_03575979.jpg



まだまだ先の長い作業が続きます
昨日は・・こんな皿に掛かっていました

糸を貼ってゴムで描いたら・・化粧泥を吹き
糸を外したところが・・これ
更に薄く釉薬を掛けて・・次の窯に入れます

まだ夜は明けていませんが
午前4時・・寒そうだけど
ブログも更新できたので
これから・・「朝飯前」にひと仕事

工房を暖かくして
昨日のロクロの削りにかかります



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ


[PR]
d0085887_21244302.jpg



夜明けから日没まで・・今日も
ここでじっとして・・一日が終わった

手許をしっかりと明るくして
ひたすら・・糸を貼りまくったのだ


d0085887_21245805.jpg


こうした線紋様は
絵付け・彫紋・搔き落とし・象嵌・蝋抜き
練り込み・・色々な技法で表現できる
私が手掛けている糸ぬきは・・蝋抜きの応用
極細で揺らぎない線紋を描くには便利だが
これを素焼き済みの器に貼るのは・・楽じゃない

平面ならともかく・・凸面や凹面では
斜面に引っ張られて剥離に悩まされる


d0085887_21252424.jpg


微弱な粘着力は・・微粉まみれの素焼き肌に弱く
僅かでも剥がれたら・・やり直しである
力ではなく・・流れるようなリズムが大事
乗れないと・・貼ってる傍から剥がれる

それをカバーするのは・・ロクロの良し悪し
破綻のないシルエットと器肌の滑らかさが
リズムに流れを作ってくれるのだ


d0085887_21254475.jpg


とりわけ
小さな器の見込みに貼るのが一番面倒
糸の両端を持った両手を
器の内側で捌くのが窮屈だからである

焦れる気分を抑え・・ピンセットを使いながら
じっと息を詰めて・・不要な力を殺す
感じが摑めれば・・やがてリズムに乗れて
少し捗ることになる・・因果な作業を繰り返し
でもこの三個で・・今日も終わってしまった




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ


[PR]
d0085887_04501387.jpg



ほぼ毎朝3時半頃には起きます
1時間くらいで・・ブログやメールをいじって
5時前に・・工房に下ります

前日の余熱が残ってたりして
そんなに寒くはありません

私の午前中は
起きてから昼食までの・・8時間
9時から5時までの会社勤務なら
丸1日分の8時間だけど
これで半日と思えるところで
少し気分的に楽になります

大したことしてるわけでもないのに
時間だけはかかるから・・追われたくない
きっと・・そう思うからなのでしょう


d0085887_04503765.jpg

昨日は・・幾つかの作品を貼った上
この皿に化粧泥を吹きつけ
糸をはずして・・一日は終わりました
数量に見合わない一日ですが
だからといって・・独りでやるしかない仕事
頑張ってるのでした


d0085887_13253404.jpg


今朝は
その午前中に・・これを貼り終えました


d0085887_13255505.jpg


昼食を終わらせた今
早朝にできなかったブログ更新を済ませて
これから・・水指に向かいます
日没までに完了が目標です

中身の薄い更新ですが
夜にでも・・加筆できたらです



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ


[PR]
d0085887_05363379.jpg


焼けばこうなるのが・・定番の「白」
一番古い・・定番シリーズで
公募展でも使ってきたパターンです


d0085887_05371564.jpg


一昨日・昨日と白バージョン用に・・糸貼りでした
この写真の白と黒が逆転して
↑の焼き上がりになるってわけ

だから
白と黒の面積比を・・反転でイメージすれば
こんなもんか・・なのですが
つい錯覚して・・窯から出すと
「あれっ!」ってこともしばしばなのです


d0085887_05372797.jpg


上部に・・線紋とは別の文様
花を描こうとはしていないけど
花弁に見えるかな・・?

極く淡く・・
パステルカラーを差すのもありか?
その場合・・下部の線紋は
黑パターンの方がいいかもしれない


d0085887_05364901.jpg


この尺皿の市松模様・・さすがに面倒でしたが
ほぼ一日がかりで・・貼りました
1㍉の幅の上で・・別糸の端をはみ出さずに切るので
目が疲れ・・肩が凝ります

早朝から夕方まで・・糸だけじゃなく
「意地も張った」・・というわけです


d0085887_05370078.jpg


勿論・・裏貼りも含めてですよ
ところで
裏も表も・・ブロック一個分だけ
枠から外したのは
意地ついでの遊びごころのつもり
果たして‥生きるかなぁ~?




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]

d0085887_03513708.jpg


ほぼ毎晩・・我が家の裏道の角から歩く
同じコース上を・・往復1,5キロを2往復し
更に途中までの往復1,0キロを・・1往復
これが日課の4,0キロである

このコースにして・・数年になる
歩き始めて最初の300㍍は・・歩行者専用道路
その先も・・人通りは多くないのに
道路は好く整備されていて・・歩きやすい

何より信号がひとつしかないのがいい
それも車側の信号で・・歩行者は制限されない
歩き始めたら・・終るまでノンストップである
タイムの計測には・・もってこいなのだ

慣れた夜道は・・もの想うにも好都合
45分間・・頭を揺すぶって劣化と戦う
散歩じゃないから・・景色は不要
転ばぬよう足元をしっかり見ながら・・速足で歩く
だからウォーキングなのである

最初の500㍍で・・呼吸が整う
そこから先・・心肺は楽になり
1,5キロあたりから・・汗を感じ始める
真冬でも・・しっかりと汗をかく

この日課をこなしていると
寝ている間に6~700㌘・・減量される
食べて増え‥歩いて減らす
この繰り返しの中で・・かろうじて体の中に
バイタリティーを確保してるのかもしれない

お陰で・・この日課のきっかけだった
境界型糖尿病からは・・逃れることができた
でも折角の習慣になったことだから
続けて・・歩いている

d0085887_03284395.jpg


左から2013年用・・で
右に14→15→16→そして2017年用
今年のためのダイアリーだが
5冊目・・ちょっとびっくりした
4月からは・・5年目になるってことだからだ
いつの間にか・・思いがけない年月が流れ
していることが・・何気なく習慣になっているのだ


d0085887_03285397.jpg


2013年3月25日・・第一日目
この日からの・・4,0キロである

d0085887_03290079.jpg


2017年1月9日・・一昨日だが
通算で・・4,500キロを越えた
4,000キロの時に・・米大陸横断達成だったが
4,500キロとなると・・どこだろ?

d0085887_04481990.jpg

調べたら・・こうだ
上海を出発点とすれば・・中国大陸横断
タジキスタン国境で・・直線4,300キロ
200キロおつりがくる
敦煌辺りで・・観光でもするか!である


擂鉢の底をたった一里・・判で押した如くに毎晩歩き
それでいて・・思うことは米大陸・中国大陸横断
壮大な空想ではあるが・・一方で
二畳台目の如き狭い工房に閉じ籠って
同じ仕種の繰り返し
思えば・・妙な人生でもあろうか



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
d0085887_02275741.jpg


今日は・・最近仕掛りで作業中だった
那須紺シリーズを含めて・・全てを一気に仕上げた
と言っても・・20数個ほどでしかない

糸を貼ったままの作品には・・顔料を吹き
吹いたものは・・糸を剥がし
バリを整理して・・汚れのチェック
大丈夫なら釉掛けをして・・窯に詰めた

早朝の4時半から・・午後6時まで
長い一日だったが
さすがに少し捗って・・その分疲れた

彩色は・・コンプレッサーを使わず
霧吹きを口で吹くから・・肺活量を使う
長い時間やってると・・頬っぺたも疲れるが
肺のリハビリしてるようなもんか

d0085887_02282383.jpg


焼けば・・こうなる予定
那須紺は・・公募展の大物でも既に使っている
青のバージョンとして・・これも定番シリーズに決めた

黑と青のシリーズに・・白を加えて
その三種が・・ベースになる
若干の応用を加えて‥コンセプトというわけだ

やろうとしてることは見えてきて
あとは・・どう作るか
バランスを考えねばならぬが

全体をまとめようとする思考力の劣化
ここら辺が・・年々頭を悩ませる
光陰が・・ますます矢に見えてくるのは
きっと・・そのせいだ

緩まずコツコツと・・だから
明日も早朝から工房の予定にしてる




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
d0085887_20491095.jpg

黒土の上に糸を貼り・・黑で彩色したので
焼けば・・全部黑になるが
二種の黑で紋様が浮んでくる

遠目には無地で
寄れば線紋の江戸小紋のようだが
それが狙いである


d0085887_20492317.jpg

この茶碗も・・同じである
このシリーズを・・定番にすることにした
個展のコンセプトに入れるつもりで・・作っている


d0085887_20494242.jpg

土の黑と彩色の黑・・謂わば
焼き締めの地色と釉の黑の混在だから
その振分けに気を使うことになる

色々やりながら・・考えてるが
考える時間も・・やれる時間も限りがあって
ただひたすら・・数に向かって突進してる


d0085887_20485324.jpg

貼るのも面倒な作業だが
剥がすのはもっと大変
油断すれば・・バリで悩まされるからだ
結局・・一本一本丁寧に剥がすことが
一番の近道ってことになる

茄子紺の仕事もしたが
今日は・・この4個に時間をかけた
冷たい雨が降って
足の裏から冬が・・這い上がってきた



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
d0085887_04263235.jpg

as usual・・な日々だけど
その「いつものように感」は
英語的には・・as alwaysかもしれない
ネットの英語の先生の意見だと・・そのようだ

つまり
ちょっぴり積極的な「いつも通り」
そんな感覚なら・・as alwaysらしい
as usualしか知らなかったが
この微妙なデリカシー・・覚えとこ


d0085887_04264118.jpg


そういうわけで
as usualな昨日は・・こうして4個も
糸貼りを進捗させることで
as alwaysっぽくなった


d0085887_04264900.jpg

根気だけが頼りの・・この作業
言い換えれば・・根気さえあれば
何とかなる世界でもある

老いれば・・維持するのが難しい集中だから
なおのこと・・意地でも負けてなるものかなのだ


d0085887_04270039.jpg

昨日は・・教室の新年開始の開講日
まだ正月気分もあって・・出席は少なかったが
みんな10年選手
まるで勤務先の工房で仕事してるみたいに
思い思い・・自分のことに専念してる

折々にお喋りが飛び交い
その声を聞きながら
私も・・自分の仕事をしてた

人の声が少しぼんやりと聞こえる
これって案外集中しやすい環境だと思う
わざわざ喫茶店で原稿を書く作家もいるくらいだ

独っきりの静かさだけが・・集中ではない
そんなこと感じながら・・また一日は
足早に飛び去っていったのだった



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
d0085887_04594769.jpg


昨日は・・「陶葉会千葉三越展」の初日
当番日で・・ギャラリートークの担当でした

d0085887_05080198.jpg

午後からでしたので・・早朝に
明日からの教室に備えて・・工房を掃除し
更に・・この糸貼りを済ませて出かけました
結構真面目な毎朝です


d0085887_05001445.jpg


ギャラリートークは・・一般的には
列品解説が多いんじゃないかと思いますが
30数名の参加作家の技術を
的確に紹介することは・・とても難しいことだし
まるで自信はありませんから

私の経験を通して・・趣味の陶芸を
熱心に取組んでおられるギャラリーの方に
ひとつでもヒントになればと
かねてからの持論でもある
「趣味なら本気!」論を・・お話しました


d0085887_05065825.jpg


「趣味が・・癒してくれる人生」を
逆説的に捉えて‥熟年の趣味であればなお
「いや違う!・・趣味だからこそ本気で!」
キャノンのCM・・「趣味なら本気で」を
下敷きにした自説ですが

52歳からの陶芸・・の私が
自分もそうしてきた・・という思いで
30分ほどお話しました

終わってから
初対面だけど・・ネットでという方からも
ご挨拶をいただいたりして
ご来廊・・多謝なのでした


d0085887_05011281.jpg


最近・・千葉市まで出向くときは
最寄りから一駅歩くことにしています
距離1,5キロ・・行き帰りで3,0キロ
日課の4,0キロの大半を消化できるし

大きな声で言いませんが
日本一高価鉄道と悪評の北総線
たった一駅が199円なのです
乗り継ぎまでのこの一駅を歩けば
あとは武蔵野線と総武線
ノーマル路線ってわけ

ほぼ同じ194円で
上野から新宿までの12駅乗れる
JR山手線と比べても・・一目瞭然です

往復3,0キロ歩いて・・398円の節約
大したことじゃないけど
一挙両得っぽくて・・悪い気はしません


d0085887_05012659.jpg


会場には
茄子紺シリーズの糸抜き作品を出品しています
10日までやっていますので
時間があったら・・お出かけください

伝統工芸展の大物と違って
30数名の小品には・・それぞれの生活感があって
お楽しみいただけそうです



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]


d0085887_04014849.jpg

いつもの朝・・夜明け前に工房に入り
前日の素焼き窯を開けた
全て無傷で出てきたが
時々切れたりすることもないわけじゃなく
全て無事は・・やはり嬉しいことだ

窯は公平で・・正直だから
挽きでも削りでも・・焼きでも
無理があれば・・no good(NG)で
無理がかかってなければ・・no problem(NP)
匙加減なしのどちらかだから・・実に分かり易い
良くも悪くも全ては・・作り手の自己責任
今の世の中に・・少し欠けているかもと感じる
自己責任を・・たっぷり教えてくれる

d0085887_04013371.jpg

この花入れに・・糸を貼って
下段に化粧を打ち・・上段を筆差しで彩色し
糸を外した辺りで・・「朝ゴハンですよぉ~!」

d0085887_04012344.jpg

朝食後・・「さて・・次は?」ってところに
従姉妹の一人から・・電話が掛かった
「主人が入院しちゃったの・・あんまり楽観できないかも」

父方も母方も・・親の兄弟姉妹は
もう誰一人この世におらず
あれほど大勢いた叔父叔母たちが・・異郷であれば
否応なしに・・いとこたちにも老いがくる


d0085887_04011210.jpg

急きょ予定を変えて・・見舞うことにした
思い立ったときにしておかないと
思いがけない結果を嘆くこともある
無事に回復してくれることを願うのは当然だが
一期一会は・・願うことではない
会うこと・・だから会いに行くことにしたのだ

私より年長でもあるから・・幼いころは
一緒に遊んだというより・・遊んでもらった方だ
やや力なく横たわり・・話すことも難儀に見え
数分の見舞いで辞したが・・
一瞬で走馬燈のように・・往時の元気な姿が蘇る
楽観はしないが・・無事は祈ろう

遠くにいて・・遥かに眺めていたものが
気づくと・・目の前にある
歳月人を待たず・・実感するのである



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]