ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

d0085887_633477.jpg

『昨日』
400点余り搬入した作品の殆どをお買い上げいただいて・・
どうやら無事に個展デビューは終りました
友情・・人情の有難さをしみじみと・・なのです

「定期預金解約か・・年金手帳担保で借り入れか・・
さもなきゃ自宅の権利書持参で・・お越しを!」
ことあるごとに・・ささやき続けたこの脅迫が
もしかしたら・・功を奏したのかもしれません
d0085887_6333023.jpg

次回の案内がきちゃうからと
なかなか署名いただけない芳名帳に
300名からの記載をいただけたとこみると
やっぱり友情・・人情のしからしむるところのようです

全て片付けて引き上げる朝・・ギャラリーさんが
「じゃ次回は・・18ヶ月後に・・!」

「またやるのかよぉ~~!」と言われないためには
これくらいのインターバルが適当なのだとか・・
新手の脅迫を考えるにも・・適当な時間かもしれません

冗談はともかく・・お越しくださった全ての方々に
そして・・陰になり応援してくださった全ての方々に・・
こころからの感謝を捧げます
『ありがとうございました~~!!』
d0085887_6342240.jpg

『今日』
個展の終りが・・半年の工房幽閉刑の仮釈放
娑婆にでたら・・家族にも伝えずに
どこか遠くへ行ってみたい(聞いたことあるなぁ・・)で
車を満タンにしておいたのですが・・・
d0085887_6343425.jpg

この個展をご縁に・・大きな注文をいただきました
事情があって納期が限られ・・のんびりできないことがわかりました
だから・・
会期中も夜帰宅してから深夜にロクロを回しました
週末には・・一気に60個ほどを挽いて削って・・
従って・・工房釈放は・・6週間延期ってわけです
でも・・これもご縁・・感謝しながら
失敗の許されない窯焚きに・・没頭することにします
d0085887_635435.jpg

『明日』
昨日・・通知が届きました
今年から・・『東日本伝統工芸展』と名前を変えた
従来の伝統工芸新作展の結果通知です

今年もどうやら無事入選しました!
勿論・・糸抜き波状紋大皿・・いつものやつです

制作が個展の準備と重なってしまったから
どうなることかと・・実に不安でしたが
最後の窯でとれた一枚が・・通りました
去年に続く入選で・・飛び上がって喜びました

4月15日から・・日本橋三越です
この日は・・前記の注文の納期
お届けしたら・・三越へ~~!!
嬉しい春です・・
[PR]
# by touseigama696 | 2008-03-11 07:23 | ●工房便り | Comments(20)
不覚にも前回までのコメントにレスできていません
数日中にアップさせていただきますので・・お許しを!

d0085887_23385754.jpg

とうとう明日からになって・・
午後から目一杯頑張って展示の準備をしてきました
黒が基調になってるものですから
地味になりがちを・・春を待つ気持ちも
器にしてみました
どうなることやら・・です
d0085887_2339912.jpg

相変わらず・・写真写りの悪い波状紋ですが
新しいヴァージョンは・・
弁柄で抜いて黄釉を掛けたもの
近くの梨園でいただく梨灰が生きてきました
d0085887_23404188.jpg

多分・・総数で400近く制作したことになるようです
どこまで日の目を見られるやら・・
d0085887_23414491.jpg

この半年・・工房にこもって土と火と戦いました
必ずしも思い通りになったわけではないのですが
それでも・・長い集中を助けてくれたのは
もしかしたら・・この納豆と山芋かもしれません

まるでデザートのように
朝食の最後に食べて・・かれこれ10年
明日からの10日間
いつものように・・・これを食べて
ギャラリーへ通うことにします

どなたかとお目にかかれるのかもしれません
いろいろ応援していただいて・・こころから感謝です
[PR]
# by touseigama696 | 2008-02-26 00:08 | ○展覧会 | Comments(20)
d0085887_19313566.jpg

ギャラリーさんからDMが届きました
いよいよ・・カウントダウンの時期になって
見えてきたものと・・まだ見えてないものの狭間で
微妙な気持ちの揺らぎを感じています
d0085887_1341173.jpg

近日中に・・発送するDMが手を離れれば
もう後戻りのできない道なのでしょう
「初めて・・」から学ぶもの
この10年で随分と・・その「初めて・・」を経験しました
d0085887_1935047.jpg

少し遊びこころもチョロチョロしはじめ
こんな鉄絵もチラリと・・
梨灰を使ったこの黄釉
弁柄を鮮やかに発色させてくれるのを発見して
嬉しい収穫なのでした

すっかりご無沙汰で・・
忘れられたブログになってしまったかもと
少し落ち着いたら・・巻き返すつもりだと
みなさんにお伝えしなきゃ・・

右腕を痛めてしまい
使えば・・激痛に苛まれながら
でも個展開催時期に重なって
締め切りの迫る公募展目指して
糸抜き波状紋大皿も・・始まっています
[PR]
# by touseigama696 | 2008-01-27 19:51 | ●工房便り | Comments(8)
d0085887_18232088.jpg

本当なら・・
初夏には手元に届くはずだった小型の電気窯が
ようやく使えるようになった
d0085887_18103099.jpg

たったひとつの試作でも
これなら・・ためらわずに火が入れられる
テストにはもってこいだ
d0085887_18111077.jpg

少しづつ色々見えてきた
試作を通して・・形になってゆく
d0085887_18112677.jpg

コンセプトは・・
頭の中ではいつでも理想的なのだが・・
実際には・・思い通りになることは少ない
d0085887_18121040.jpg

やきもの・・って
こんなに難しかったっけ・・
そうぼやきながら
この一ヶ月は・・あっという間に
通りすぎていった
d0085887_18151630.jpg

全てを・・黒で包んでみよう・・と
そう思っただけなのに
不都合は沢山起こった
解かるもの・・解からないもの
ぼやきは続きそうだが
約束は・・確実に近づいてくる
d0085887_1816552.jpg

千差万別・・千変万化のやきものも
墨染めの衣で包んだら
卓の上でおとなしく神妙にしてくれるかと
異質を同化させる触媒効果を期待してみたが
d0085887_18172838.jpg

さてさて・・どうなることやら
試行錯誤に・・終りはないらしい
d0085887_18182949.jpg

未更新が続いて・・だから
身体の様子をご心配いただくメールを
いただいたりしている
おかげさまで・・どうやら順調に回復しているようだ
こころからお礼を申し上げるとともに
まだ暫くは・・夢中で仕事しなくちゃと
そんな気持ちで工房にいるのです
[PR]
# by touseigama696 | 2007-11-29 18:55 | ●工房便り | Comments(17)
伝統工芸展の作品までは
春の仕事だった
病気から復帰して・・最初の仕事
それが茨城県展だったが
今年も無事に入選・・9回目である

祭日の月曜日に・・会場に出向いた
最初にしたことは・・
何と・・作品の展示を直してもらうこと
つまり天地が逆さまなのだ

どういうわけか
春の伝統工芸新作展 先日の日本伝統工芸展でも
展示は天地が逆だった

指定どおりに展示してもらうと
この波状紋は・・海の波なのだが
逆さまにしてみると・・
急勾配な瀧の流れのようだ

三度続けて逆さまだったのは
もしかしたら・・・
海より滝のほうがいいぜ・・という評価なのかも
d0085887_0132415.jpg

これが最近の波である
こちらから見れば・・ほら海に見えるでしょう
この波・・今回から新しく取り組んだ作り方である
d0085887_0134260.jpg

拡大するとこうなるが・・
波の分岐をやや複雑に絡ませ
更に・・影の明暗に工夫を加えてみた
d0085887_014437.jpg

今までだと・・こうだった
単純な波の繰り返しだから
やや動感に欠ける
波にダイナミズムを・・・
新しい課題に編み出した波である

下絵のない素焼きの皿を前に
一番上から下に向かって糸を張り
張りながら・・波を作っては動かしてゆく
途中に大きな岩があったら・・
それも次の課題にしてみようか・・

来週搬入する展覧会から
この波で挑戦することになる
[PR]
# by touseigama696 | 2007-10-12 00:45 | ●工房便り | Comments(16)
d0085887_2318482.jpg

9/26の朝・・突然パソがダウンしました
ニッチもサッチもゆかず・・工場送り
そして今日・・どうやら退院してきました

そして・・更に判ったこと
パソがないと・・夜は暇
本が読めて・・早寝ができました・・笑

-------------------------------------
何度か通いましたが・・
いつ行っても・・会場は
人で溢れていました
さすが・・日本伝統工芸展です
たいしたものです

大勢の旧友や・・陶芸仲間
それにブロガーのみなさんから
「見たよぉ~~」と
葉書やメールが届きました
ありがとうございました

特筆すべきは・・
春の新作展に続き
この本選の皿も売約になりました
びっくりしました
でも・・ありがたいことです

どなたがお買い上げくださったのか・・
判りません・・ってことは
私への義理ではなく
作品を気に入ってくださってのことと
それが・・とても嬉しいのです

振り返ってみれば
春先きに・・
日本陶芸展伝統工芸新作展を目指して
焼いた大皿から・・三枚が無傷であがりました
ここから二枚を出品して
どちらも通りました

秋の日本伝統工芸展のために
新しい皿を作るつもりでいたところ
予期せざる入院で・・
新作を焼成できませんでした
残ってた最後の三枚目を出品することにしたのは
そういうわけだったからです
幸運にもその三枚目も通りました

この三つの難関を
三枚しかない皿で全てクリアーし
おまけに三枚ともお買い上げでしたから
これはもう・・強運以外の何物でもありません
こんな年もあるんですね

52歳のとき・・
最初は趣味のはずだった陶芸も・・
思いがけない展開で
人生の終章を支える仕事になりましたが
今日までの12年・・
来し方を思いみれば
よくぞここまで・・でもあります

日暮れて遠い道・・覚束ない足元を
窯の色見穴から噴き出す火色を頼りに
ボチボチと歩き続けることにします

数日前・・日本工芸会からの通知で
私の作品は・・
名古屋・・10/3~10/8   三越名古屋栄店
仙台・・・・10/24~10/29 三越仙台
金沢・・・・11/2~11/11  金沢21世紀美術館

に巡回するのだそうです
お近くにお住まいでしたら・・ご笑覧ください
[PR]
# by touseigama696 | 2007-10-03 00:30 | ○展覧会 | Comments(19)
d0085887_23323519.jpg

会期二日目の今日・・
午後から「陶芸部会出品者研究会」「出品者懇親会」「陶芸部会二次会」と続き
一日中・・三越と日本橋周辺ですごしました
d0085887_23371149.jpg

あまりに多勢の陶芸家にお会いしたり・・
紹介されたりして・・まだ頭が混乱しています

それに・・このブログで親しくさせていただいてきた
一閑さん 上名窯さん 林さん 藤沢さん 藤井さん(初日)
nonacafeさん ukkyさん hichaさん・・と
お会いすることも叶いました
楽しい一日でした・・

ボチボチに書くとして
今夜はいささかお疲れ気味・・
少し早めに休むことにします
d0085887_23332291.jpg

病みあがりの身につき
ランチは胃で食べずに・・
目で食べました・・笑
なだ万のランチ・・の前菜
ほらね・・このあとお造りが・・
老舗だから・・結構お値段もよろしいようで・・笑
[PR]
# by touseigama696 | 2007-09-20 00:01 | ○展覧会 | Comments(26)
あれから・・もう一年
秋の展覧会が近づいて
工房は追い込みの時期になった
d0085887_0143323.jpg

あと2週間で・・ふた窯は焚かねば間に合わぬ
みんなの目が血走ってきたから
いつもなら食べにゆくランチも・・
時間が勿体無いと・・工房で
だから味噌汁を作るのは
一番暇な師匠というわけだ
d0085887_0144864.jpg

そこらに置いてある・・私の皿が
毎度のことでランチ・オン・プレートになる
待てよ・・
この皿・・数年前受賞した作品ではないか
d0085887_0145998.jpg

みんなも慌しいが・・私も慌しい
今月末には・・締め切りがくる
やってます・・飽きずに糸抜きを・・
来週中には・・もう一枚やらねばならぬ
窯焚きながら・・加飾するしかなさそうだ
d0085887_0151580.jpg

「今日中に仕上げてね・・!」
Tさんのコンパス・ローズ紋もほぼ彫り終えた
羅針盤をデフォルメしたデザインだとか・・
d0085887_0152835.jpg

Tさんにとっては・・
羅針盤の中央を飾るコンパス・ローズには
仕事柄・・一入の思いいれがある・・らしい
d0085887_0154119.jpg

Oさんの掻き落としも
かなりなレベルになってきた
細かい紋様を作ってごらんと・・奨めたのは
細かければ・・正確に削るしかない
d0085887_0155351.jpg

丁寧な仕事が・・自らの充足だし
将来の自在を可能にする数少ない稽古法だと
そう思っているからなのだ
d0085887_016756.jpg

同じ掻き落としだが・・
Kさんの手にかかると・・こうなる
d0085887_0162328.jpg

幾何紋とは違うやさしさが
彼女の持ち味である
d0085887_0164026.jpg

Sさんの染付けも・・佳境に入った
二枚目の皿に梅を描いているが
これのために中国人の先生のところに通って
墨絵の稽古も始めた・・
筆を自在に・・
染付け作家には避けて通れぬ道である
d0085887_0165283.jpg

この組み鉢も・・出品用とか
皿からはみ出るデザインが
器そのものを・・大きく見せてくれる
d0085887_017634.jpg

出品者だけが忙しいわけでもない
入院のつけが回って
生徒さんの作品もたまってしまった
「窯だ・・徹夜!」
暫くは・・長い夜が続きそうである
[PR]
# by touseigama696 | 2007-09-17 01:02 | ○陶芸教室 | Comments(18)
d0085887_23274477.jpg

これは陶芸教室の生徒だったころの作品
今見れば・・
たった三枚の木の葉では少々淋しい
その一枚を拡大してみると・・こうなる
d0085887_23275794.jpg

輪郭と葉脈を線彫りし・・陰影は針で打った
素焼きしてから・・
富士の溶岩石を細かく砕いてまぶし
石灰釉を掛けたはずである
さしづめ・・点描鉄絵草花紋・・とでも
d0085887_23283690.jpg

その元になったのが・・・この絵である
1992年の夏・・一年近くかかって完成した
陶芸を始めるちょっと前のこと

これは画紙に描いたが・・いっさい線を使わず
0.1mmのマーカー・ペンでコツコツ打つだけ
濃い影の部分では・・1平方cmに5~600回打ち込む
結構大きな画面だから・・根気のいる制作
こうした細かいことが嫌いじゃなかった・・んだな・・笑
少し詳しくは・・私のHPのこちらに・・

この皿・・長いこと富士のセカンドにおいてあった
もしかして・・この技法
改めて研究してみる価値がありそうな気がして
久しぶりに工房に持ち帰ったのである
[PR]
# by touseigama696 | 2007-09-05 23:56 | ○ギャラリー | Comments(14)
10年くらい前・・
つまり・・陶芸を始めて数年
少し公募展に出品しはじめたころ
こんなことしてました・・・
d0085887_21583138.jpg

どちらも・・言ってみれば釉象嵌
サイズは二枚とも50センチを越えている

これは・・エジプト文字のヒエログリフがモチーフ
実在の碑紋をコピーしたりすると
何やら呪文にかかってしまいそうで
だから自分で勝手に組み合わせ
リューターで彫って・・灰釉を掛けた
d0085887_21584659.jpg

これも似たような作りだが
一種の網代紋だろうか・・
今見ると・・
中央部で別の紋様を入れている
これって余計なことだ
まだ足し算で加飾してた

古い写真を眺めていたら
これが出てきて・・
夢中で彫ってたころが懐かしい
[PR]
# by touseigama696 | 2007-08-31 22:18 | ○ギャラリー | Comments(10)