ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

d0085887_17573234.jpg

これ見て・・将来性って・・買えないなぁ~きっと

15年前・・阪神淡路大震災の10日位前
生まれて初めて「土」に触れて・・焼いてもらった私の「処女作」
52歳の正月・・新しい趣味のつもりのスタートでした
d0085887_17574536.jpg

陶芸教室に通い始めて半年・・電動ロクロを買いました
それからまた半年・・小さな窯を買いました
そこから先は・・一瀉千里の「陶芸街道」ひた走り

だから・・しばらくしたら・・こんなのできるようになりました
d0085887_17575579.jpg

「糸抜き波状紋」・・
呻吟の日々の末にたどり着いたこの技法とモチーフが
晩年の人生に・・驚天動地をもたらしました
「52歳からのプロ陶芸」・・決して予定の行動ではありません

幾つかのメジャー・コンペティションに入選できて
少しづつ自信が生まれ・・
更に進化してみたいパッションが芽生えました

「公募展出品」「個展の開催」「教室主宰」
三本の軸が一度に回って・・
あっという間に時が流れてゆきます

思いがけない晩年・・案外・・それも楽しいものだと
誰にでもなく・・感謝しながらの毎日

同好の士への応援歌・・「かまだ行進曲」で
ささやかなメッセージを送ります
d0085887_1758477.jpg

誰にでも・・
他人に勝る優れた資質というものの
ひとつやふたつはあるものです

何をしても勝ち続けるなんて・・あり得ないのと同じで
何をしても負け続ける・・ってのもないからです

何でもいい・・これぞと思う何かを
徹底的に追いかけることです
妨げるものを考えてはいけません

若くない・・体力がない・・
時間がない・・金がない・・
素質がない・・センスがない・・

このどれも・・いりません
必要なのは・・自分を信じるこころだけ
からだの中のどこかに潜んでいる潜在能力を
それを引っ張り出せるのは
自分を信じる「こころ」だからです


どうしてそんなこと云うかというなら・・・
若いころ・・こころの病いに悩まされて受けた
深層心理のテストの結果

「自分が考える自分・・つまり顕在意識のなかの自分は
潜在意識の中に潜む自分とはまるで違う・・」
ということを教えられたからなのです

例えば・・私の場合
不適正な仕事と思っていた「銀行員」「役人」「学校の先生」
心理学のテストでは・・そのどれもが・・適性
そんな具合なのでした

この伝でいけば・・
陶芸家が適性とは思えませんが
自分ではこれが好きです

自分を信じたから・・
すごく頑張ったのは事実ですが
ならば・・あなただって同じはず・・

少し歳をとったからこそ
社会から自分を解放して
自分のために・・
自分の好きなことを・・
全力で追いかけてみてほしい・・と

ひそかにエールを送ります

人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
# by touseigama696 | 2009-11-06 19:05 | ●窯だ行進曲 | Comments(8)
d0085887_011285.jpg

「そろそろ寒くなってきたから・・少し残ってる冬物
オッチャンのとこへ持っててみる~~?」
「しばらく会ってないから・・今朝行ってみて
明日にでも・・持ってってみるか・・」

今朝桃次郎を連れて朝の散歩にでかけるとき
妻とそんなやりとりがあって・・歩き始めた

江戸川に向かう途中の小さな橋の下に・・
オッチャンとジョンはいる
そして・・ジョンはいた
だけど・・どういうわけだこの悲しげな目
テーブルの上にいつもの生活もなく
ただ散らかっていた

「ジョン!・・オッチャン病気でもしてるんか・・?」
ジョンが答えるはずもない
d0085887_0111352.jpg

個展の準備やらで忙殺されていたから
二か月近く・・訪ねてなかったのを思い出すが
初めて・・このカーテンの中を覗いてみたら
スポッとからだを抜いたままの布団が冷たげに敷かれたままだ

オッチャンは・・H.less生活で・・ここに住んでる
ジョンだけが・・用心棒で友だちで・・今ではたったひとりの家族でもある
「こいつ・・一か月の食費に1万円もかかるんだぁ・・」
幾ら稼げるのか・・聞いたこともないが
月1万円は・・結構な出費のはずだ
それでも・・あちこちのスーパーへ
チャリを走らせては・・餌を賄っていた

初めてオッチャンと話しをするようになったのは
ジョンがとりもつ縁だった
妙に・・私になついて尻尾を振って近づいてきた
飛びつけば・・私の胸ほどの大型犬
でも・・人懐っこくて・・可愛い奴だ

桃次郎を連れて通りかかれば・・
ジョンの尻尾につられて・・立ち寄った
橋のたもとに手作りしたらしい住まいは
結構立派なもので・・良し悪しは別にして
オッチャンの生活のすべてだった
d0085887_0134834.jpg

ひとつ川下にある橋の別のH.lessさんに・・尋ねた
「・・あぁ・・先月ね・・あいつ死んだ・・」
あっさりこう答えた・・びっくりした
「どして?」
「あいつ・・ともだちと酒のんで喧嘩したらしい
・・っで・ふたりで川に落ちて・・二人とも死んだ・・」
「・・ジョンね・・近所のH.lee仲間がさ・・交代で餌やってる・・」

ジョンの哀しい目の意味がわかった
図体がでかいだけ・・
この目に宿るものがことさらに切ない
それでも飛びついてくるが・・
気のせいか・・力が弱い
オッチャンが死んだ・・わかるはずもないのに
わかってるとしか・・思えない

2年ほどの間・・
問わず語りの話以外・・こちらから何かを尋ねたことはない
わけありの人生に違いないのだから・・だから・・
オッチャンの名前も知らないし・・過去も知らない
どこかの会社の職人さんだったらしいこと
どこかに妻がいて娘がいるが・・ここには来たことはない・・
そんな程度のつきあいだったが
死なれてしまうと・・やはり無性に寂しい

将来を諦めてしまったようなオッチャンの晩年
喧嘩といっても・・どうせ大した理由でもなかろう
お互い・・寂しさが募っての言い争いだったかもしれない
しかし・・川に落ちて・・あっさり溺れた

真っ暗な掘っ立て小屋で・・
独り・・病いに苦しむことを思えば
それが・・不幸だったかどうか・・

ただジョンへの思いだけは
最後の最後まで・・捨てきれなかったはずだと思う
自分の食いぶちよりも・・ジョンの餌
それを稼ぎ出すことが・・一番・・そう言ってたもの・・

桃次郎の餌を少々大目に持って
もう一度ジョンのところに戻った
ペロリと食べた

こいつの行く末を見るのもつらい
だから・・もしかしたら・・これが最後
あとは・・仲間のH.lessさんにまかせよう・・
「good-bye John・・!」
どこかで聞いた・・歌の文句みたいだ・・

人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
# by touseigama696 | 2009-11-05 01:25 | ○未分類 | Comments(4)
d0085887_2234927.jpg

人生・・少々たそがれてきますと
ひとつはできても・・ふたつはできない・・ってしばしば
つまりは・・陶芸家はできても・・電脳家にはなれそうにありません

このブログ・・
わけありで人気ブログランキングに参加したのは先週のこと
どうすりゃいいの・・?
助けてくださったのは・・laputaさん

・・で どうにか参加できて順調に・・と思ってましたら
最近の記事・・ってのがアップされてないのに気付きました
どうすりゃいいの・・?・・
助けてくださったのは・・ukkyさん

これまたご親切に教えていただいて・・
pingの設定をしましたら・・でてきました
やれやれ・・と思ってましたら・・実はまたまた
ひとさまに比べると・・最新が最新ではないのです
10/31・・11/1だってアップしてるのに・・掲載は10/30どまり
pingの設定の仕方に間違い・・が・・?
やっぱり・・Help me!なのです

で・・この際 見栄を張らずに
電脳音痴であることを正直に告白して・・
広く助けを求めることにしました

「こりゃ・・どうすりゃ・・みなさまと同じになるの・・?」

何しろ専門用語が入ると・・とたんに頭は鈍くなります
どうか・・赤子に教えるが如く(赤子怒るなよ~~)・・
優しく・・易しく・・お願いいたします・・笑

目下・・16位あたりで助けを求めております
蒲田行進曲・・でがんばりますので
よろしくお願いいたします

説明が長かったり・・多少の思いやりから恥かかせないようにと
お気づかい下さる方のために(恥かかせてやれ~~!・・と聞こえてきますが・・)
念の為・・メールアドレスも入れておきますね
touseigama★aol.com です(★を@に変えてお使いください)

人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

今・・ふと気付いたのですが
ランキングのタグ・・本文を送信した後
編集で貼りつけてることが多いし・・
この追伸みたいに編集で直すこともあるのですが
それが・・pingの送信をジャマすることがあるんでしょうか・・?

[PR]
# by touseigama696 | 2009-11-02 02:54 | ●窯だ行進曲 | Comments(6)
d0085887_153481.jpg

今・・千葉の県立美術館で「県展」が開催されています
毎年・・教室からも出品者が何人かいるのですが
今年は・・私の個展の制作とダブってしまったから
あまり応援ができず・・県展は出品がひとりでした
d0085887_1505757.jpg

そのKさん・・このブログでもときどき出演しますが
5回目の入選を果たしました・・おめでとう!!・・です
いつものように・・鉄釉重ね掛けによる「魚紋大皿」です
d0085887_1511072.jpg

重厚にして伝統的・・いかにも難しそうな技法に見えて
しかし・・できるだけ稽古しないで出来そうなもの
Kさんのコンセプトは・・そこらへんらしい
だから・・私としばしばぶつかる・・

お互い還暦も過ぎて・・30年来のつきあいもあるから
師匠の云う事なんか馬耳東風・・変わりっこない!!でしょうね
d0085887_151473.jpg

県展会場の工藝の隣りに・・彫刻があります
毎年ここにも立ち寄って・・これを拝見します
作家は綿引道郎・・芸大卒の英才・・
二科会の評議員でもありますが
千葉県展の重鎮のひとりでもあるのです

実にメルヘンに満ちた・・温かな表現が大好き
いつだったか・・個展での写真もご披露しました
豊饒の一日

綿引道郎・・作品も見られます


先日の私の個展の最中
忽然と彼がギャラリーに現れました
びっくりしたが嬉しかった
彼と私は・・小学校のクラスメイトなのです

長いこと広島市立大学で教鞭をとってもいたから
同じ町に自宅がありながら・・
お目にかかれる機会は多くなかったのです

「もうリタイアしたから・・これからはときどき会おうよ・・」
そう言って別れたばかりで・・まずは作品と再会でした

人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
# by touseigama696 | 2009-11-01 15:30 | ○展覧会 | Comments(2)
d0085887_1742958.jpg

個展の二日目の夜・・帰宅してから
60センチ弱の大鉢を一枚挽いた

挽いておかないと間に合わないかも・・
と・・思う節が生じたから
d0085887_1743276.jpg

11月の末から始まる陶葉会展に
三点ほど出品する予定で・・
この四方鉢は・・その内の一点のつもりだった
陶葉会展は・・コンペティションではないから
個展で展示してお披露目しても許される・・
そんな予定だった
d0085887_17422084.jpg

ところが・・個展の初日に・・この四方鉢・・
お買い上げがあって嬉しい誤算
d0085887_17423373.jpg

所蔵作品をお借りして出品するのも
いささか気がひけて・・だから
大急ぎで制作することにしたのだ

昨日で個展の片づけも済んだ
だから・・今日は独り工房にこもって
丸鉢の面を取って・・削った

「天の羽衣」をイメージした
「天衣紋」をあしらった作品にしようと・・思っている
あと3週間・・間に合うだろうか・・?

人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
# by touseigama696 | 2009-10-31 18:04 | ●工房便り | Comments(4)
d0085887_631799.jpg

「糸貼り」を済ませた大鉢に白化粧を吹きつけた後・・その糸をはずす作業の途中・・
だんだんに・・波状紋が見えてきます


会期中に開かれるある授賞式・懇親会でのできごと・・
パーティーもそろそろお開きになろうとしていたころに
何人かの会員さんが・・私のところにみえました

「・・ちょっとお尋ねしてもいい・・?
あの波状紋大皿・・どういう技法なんだろう?・・
ってみんなで議論してたの
線書き 線彫り 掻き落とし 象嵌 マスキング・・
いろいろでたけど・・これっていう決めてがなくてね
ご本人が出席してるから・・お尋ねしてみようよ・・ってわけ・・」
・・ということでした

とりわけ隠すつもりもないので・・かくかくしかじか・・
と技法を説明させていただきました
それだけなら・・それで終りの話にすぎませんが・・
このエピソード・・
私にはとても大事なヒントになって・・今があります

当時は・・まだ「糸抜き」という技法表示もせず
試行錯誤しながら・・波状紋の表現に打ち込んでいましたが
自分のしていることに・・
万全の自信や確信があってのことではありませんでした

しかし・・
こうして大きな展覧会で入選受賞するような作家が
この技法を特定しにくかった・・というできごと
大抵のことなら・・
「これは・・こうすりゃ・・こうなるね」
と解説できそうな方ばかりのはずですから・・

ふと・・こう感じました
「もしかしたら・・自分だけの世界をもたらしてくれる
少しは独特な技法・モチーフを予見するできごと・・かも・・」と

それからは・・
一段と真剣に「糸抜き技法」に取り組みました
実際・・それ以降・・
幾つかの展覧会で入選・受賞できるようになったのです
d0085887_6314497.jpg

あれから5~6年経つでしょうか
平成17年に・・
「東京都知事賞」をいただいた「糸抜き波状紋大鉢」
今年は「文部科学大臣賞」受賞の知らせがありました

あのエピソードを思い出すと・・
感慨深いものがあります

『第39回 全陶展』・・
来週の月曜日から東京都美術館で開催されます
もちろん・・受賞パーティーに出席します

その前に・・出品者の入選作品を丁寧に鑑賞して
もしも・・断定しにくい技法をみつけたら
積極的に作家にお尋ねすることにしたいものです
私に起きたと同じように・・
大事なヒントになるかもしれませんから・・

追伸:
昨日で無事に二回目の個展が終わりました
このブログがご縁でお越しくださった初対面の方が増えて
びっくりしました・・感謝です

もっと頻繁に更新して
ご覧いただけるよう・・こころがけます



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
# by touseigama696 | 2009-10-30 07:20 | ○展覧会 | Comments(12)
d0085887_22531759.jpg

「これ一枚で・・何でも止まるんです」・・ホームセンターで見つけた
何でも止まるの「何でも・・」ってのは・・家具や電気製品のことらしいけど・・
なら・・これも止まるか?・・で試したら・・抜群の便利さに我ながら自画自賛なのです
d0085887_2305714.jpg

↑と・・ちょっとタイプがちがうけど・・物は同じ
30センチ角ほどに切って面取りしたのがこれ
これで・・一枚のゴム・シッタになっちゃうのです
d0085887_237515.jpg

少々乾燥が進んだ器の仕上げ削りなら・・これで「いい
ほんとにすべらないから・・抑え土も不要です
ロクロの円盤にゴムを乗せ・・その上に器
芯だしも・・このままで器を叩けば・・簡単に乗ります
円盤に直接だと・・すべり過ぎて・・吹っ飛ばすこともあるけど
このゴムシッタを使うと・・叩いても簡単には動かないから
すぐに芯だしもできます
第一・・あたりが柔らかいから・・器の口縁もこわれず安心です
d0085887_23215970.jpg

皿の内側を削ったり・・研磨するときは
植木鉢利用のゴム・シッタが便利
鉄板と植木鉢の間にゴム一枚・・
植木鉢と皿の間にも・・一枚でOK
皿を叩いて・・水平を確保して
次に植木鉢を叩いて全体の芯をだせばいい
ここでも・・すべらない・・のは確か
慣れたら・・実に簡単に芯だしもできますよ
d0085887_2332165.jpg

裏も・・同じように
d0085887_2337572.jpg

芯だしは・・植木鉢の下方を叩けば・・いい
芯がでたら・・
d0085887_23421220.jpg

高台の頭を指で押さえて
ロクロを回して削れば簡単
d0085887_23551653.jpg

一度釉薬を掛けたりした器に
別の釉薬をろくろを回しながら重ね掛けなど
鉄板に敷いたゴム・シッタを
低速回転させながら器を叩くように
ゴム・シッタを叩くと芯だしができます
ちょっと慣れれば・・
釉薬のかかった器に全然触れることはないから・・
これも実に便利で安心・・です・・

汚れても・・水洗いすれば何度でも・・それもいいでしょ

応援してくださる方・・クリックしてネ! 人気ブログランキングへ
[PR]
# by touseigama696 | 2009-10-28 00:01 | ●工房便り | Comments(6)
d0085887_2359073.jpg

個展も半ば・・久しぶりの電車通勤にも・・少し慣れてきました
激しく揺れ動く社会変動の中での「個展」・・
一年半前の前回よりも・・世の中厳しいものを感じます
d0085887_23592818.jpg

今回は・・
この糸抜き技法の作品と・・黒天目の2シリーズで構成しています
六角鉢も・・四方皿も・・
嬉しいことに・・初日にお買い上げいただけました・・感謝です
d0085887_23595116.jpg

幾つか用意した・・糸抜き技法の花器は
さる有名な旅館さんが・・新規店の開業に向けて
客室の床の間に飾りたいということで
まとめてお買い上げくださいました
旅館の床の間での「展示は・・初めての用途
思いがけない学習なのでした
d0085887_002725.jpg

「ネットで見て実物を」・・と訪ねてくださった方も何人か・・
もっとまめに更新しなきゃと・・反~~省
あと4日・・頑張って出勤してきまぁ~す!!

人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
# by touseigama696 | 2009-10-26 00:37 | ○展覧会 | Comments(10)
d0085887_21392377.jpg

とうとう・・と云うのか
やっと・・と云うのか・・いよいよ明日から個展です

今日・・朝から展示準備をしてきました
d0085887_2140509.jpg

いずれ・・ゆっくりと書きますが・・
この一カ月・・思いがけないことの連続で
工房で・・悪戦苦闘していました
やきものはほんとに・・思い通りにはならないものです
d0085887_2141625.jpg

金曜日に最後の窯を焚いて・・土曜日の深夜に窯出し
日曜日一日かけて・・研磨など後処理と点検
写真を撮って・・データ化してファイルに
寝る暇なしの・・「窯だ徹夜」でした

もっと早くからやればいいのに・・
確かに・・いつもそう思って反省するのですが
やっぱりギリギリまで・・
もっといいのが・・きりなくそう思っちゃうのです
d0085887_21411967.jpg

どうやら初日を迎える準備ができて・・
今更・・工房ですることもありません・・苦笑
したがって・・久しぶりにゆっくり寝て明日に備えます
d0085887_21413533.jpg

神宮の森に・・さわやかな秋がきています
散歩がてらに・・ご来廊くださいますよう・・
謹んで・・ごあんないいたします・・デス
d0085887_2281415.jpg

会期中・・全日在廊で出勤いたします
お目にかかれるのを楽しみに・・

応援して下さる方・・クリックしてね人気ブログランキングへ
[PR]
# by touseigama696 | 2009-10-19 21:57 | ○展覧会 | Comments(29)
d0085887_1145150.jpg

前回・・このマグ一個の話題で次回更新を約束した
特段に仰々しい話題だというわけじゃないが
フォトが多いほうが・・説明しやすいと・・思ったから・・

少々・・長いお話・・ぜひおつきあいを
d0085887_1162947.jpg

私にも人並みに漫画少年だった時代がないわけじゃない
でも・・それは戦後間もないころ・・
紙も印刷も不十分で・・決して恵まれてはいなかったが
山川惣治さんの少年ケニア・・などで
それなりに子供らしいトキメキを感じたものだ

あれから半世紀・・いや60年になるか・・
最近の愛読書が・・これ
ホラと夢とは・・紙一重

夢はでっかいほうがいい
でっかい夢がホラで終わらないためになら
ひとは・・命がけで頑張るものだ

夢を描くなら・・漫画がいい
活字でも映像でもなく・・漫画がいい
d0085887_1171747.jpg

ところで・・我が家からほど近い
花の新小岩3丁目あたりを描いたのが「もりたじゅん」
彼女は・・本宮ひろ志夫人でもある

どうやら少女漫画のご出身らしく
第一回りぼん新人漫画賞の受賞者だが
寡聞にして存じ上げなかった
d0085887_1213773.jpg

去年の春あたりから・・わけありで
歌の文句じゃないけれど・・♪・・もっとあなたのことが知りたくて・・♪
で・・この本を読んだ
本宮ひろ志さんの活字本である

このひと・・漫画じゃなくても活字でも食える
その上・・ゴルフでも株でも十分食って行けそうな
タフなお方のようだ
お二人のなれ染めにも触れてるが・・ちとここには書きにくい
ともかく腹を抱えて笑って読んだ

勿論・・私は彼女を知っている
そこがわけあり・・の理由でもあるが
どんなお方かというなら・・
d0085887_122226.jpg

この表紙の女性が・・ちょっとだけ歳を重ねたとでも・・
つまりは・・美形である
だが・・美形だけにとどまらない
美形というのは・・姿だが
魅力・・となると・・それはこころの問題だ

で・・美形と魅力が重なりゃ・・
それはもう紛れもなく「いいおんな」
気風の良さが・・魅力のひとつにもなってるが
ことによると・・波乱万丈の亭主殿に鍛えられたのかもしれない

あんまり褒めると・・別のわけあり・・みたいになる
そこで・・本来のわけあり・・に触れよう
d0085887_1243913.jpg

このサイン・・まぎれもなく彼女のもの・・もりたじゅん
d0085887_1265436.jpg

だから・・このマグ・・彼女の作品である

去年の春ころから・・わが工房でいそいそとロクロを回してる
病膏肓に達して・・いまでは彼女の自宅に工房らしきものもあって
最新型のロクロが・・音もなく回っている
きっと・・いずれ窯がほしくなる

「・・珈琲カップ・・極めてみたいです・・」
この一年半・・カップづくりに一徹を貫いた
いみじくも・・
ひとつのことに一徹・・技術の向上はこれに限る
「カップ」が「茶碗」であっても・・同じことだ
d0085887_1272389.jpg

そのカップに・・猫の絵をつけた
それも一徹に続けている
きっともう何百にもなるはずだ

いみじくも・・
作品の完成度の向上も・・これに限る
「描く」ことが「彫る」であっても・・それも同じこと
d0085887_1273545.jpg

この一個のカップに・・8匹の猫がいる
仕種や表情が・・紋様としてのネコをはるかに超えている
d0085887_1274757.jpg

慈愛に満ちた筆はこび
漫画家だから・・やきものに描いても・・プロはプロ
でも・・ここにあるのは・・ネコの絵・・ではない
きっと・・私のねこ・・aではなくて・・theなのだ
d0085887_1275734.jpg

無機的に紋様を考えてる陶芸家の作品よりも
the・・を描こうとしてるこのカップのほうが
遥かに・・ひとを惹きつける
生徒さんの作品だが・・願って購入したのは
そういうわけだ
d0085887_12896.jpg

彼女は・・最近・・愛猫に死なれた
一徹のネコ絵は・・鎮魂歌なのかもしれない
見込の底に描かれた表情
どうみても怒っているか・・不満の様子

「愛別離苦」・・愛玩のネコとて
可愛がってくれたもりたじゅんとの別れは
きっと不満なのだろう

何人かの生徒さんが・・
「・・もりたじゅんさんのファンでした
ここにくれば・・会えるんですかぁ?・・」という

会えるだけじゃなくて・・
このカップが手に入るかもしれないとなると・・
こりゃちと侮れないライバルの出現かもしれない
[PR]
# by touseigama696 | 2009-09-30 02:46 | ●コレクション | Comments(12)