ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

d0085887_21500174.jpg

キャンバスでの糸抜き波状紋
少しづつ進めている
色々買い集めた絵具を混色しながら
エアブラッシュで・・薄く吹きつけ
淡い光りを海に潜らせたいのだ

慣れないことだらけだが
エアブラッシュの技術は身につけたいので
好い稽古になっている


d0085887_21501189.jpg

このキャンバスに糸は貼りやすい
実にリズムがとりやすいのだ
平面なのでなおのこと
見た目で貼れる
曲面での微調整はいらない

d0085887_21510611.jpg

この状態で・・既に5色くらいを吹いた
重ねて色合いがどう変化するのか
乾かしながら様子をみてる
やきものと違って・・窯変はないから
見た目が全て・・実に分りやすい

d0085887_21512416.jpg

先日の一枚も彩色してみた
エアブラッシュの使い方
まだまだだが・・面白い
チャレンジは続いている

先日・・まだテストピースだけど
二枚ほどお買い上げがあった(thank you!)
そのお金でキャンバスや絵具を買い足した
自転車操業である(笑)
老後の楽しみ・・楽しんでるのだ



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
# by touseigama696 | 2017-11-22 22:23 | ●工房便り | Comments(4)
d0085887_06132575.jpg

暖かな日差し恵まれて
金曜日の午後・・バックパックで外出した
薄手のダウンを着込んだのは
たとえ空気が冷たくても・・歩くつもりで
スニーカーにしたのも・・同じ理由だった


d0085887_06153162.jpg

まず・・久しぶりに
新宿の柿傳ギャラリーを訪ね
旧知の作家さんのGrp展を拝見した

自分の個展から・・既に半年
今日来て・・昨日ここにいたような気分になるのは
このギャラリーの変わらざる佇まいのゆえだ
変えないことがいい・・それがシンプルだからだ


d0085887_06140172.jpg

約束の17時まで・・少し時間をとっておいた
見計らって・・お茶の水で電車を降り
ニコライ堂から歩き始めた

方向を選んで・・道を選ばず
当たらずと言えども遠からずの・・そぞろ歩き
向かうのは・・ここ
京橋明治屋の地下にある・・レストラン・モルチェだ
日本橋を歩くころには・・日暮れが近づいていた


d0085887_06134626.jpg

お茶の水から神田を抜けて日本橋まで
更に会合の帰路・・日本橋から人形町まで
せっせと歩いた距離は・・ほぼ8㌔

半ばを越えた辺りでモルチェに
30分ほど前に着いて・・独り喉を潤した

d0085887_06144152.jpg

毎月第三金曜日の17時
ここに来れば・・誰かがいる
何の通知もないし・・会員名簿があるわけでもない
高校時代の同級生たちが・・勝手に集まる
勿論・・数人の世話役がいて
面倒はみてるが・・ほぼ自動的に集まって
旧交を温めるサロンなのだ

毎月第三金曜日・・サードフライデーは
サードフライが語源で
世話役は・・野球部の同期生

黙っていても・・毎回
12~3人は集まってくる
何も決めてないが・・このレストランの
マネージャーさんとも昵懇
適当に頼んで・・適当に飲み食い
最後に全員で割って・・適当に払う
このルーズ・フィットがいい

そして・・7時くらいになれば
ハイお開き!である
決して夜更かしはしない
75歳ともなれば・・それで充分満足なのだ


d0085887_06142128.jpg

来月は・・ここで忘年会と言われた
残念なことに
今年ここから数人の仲間が・・逝った
キャンパスでの6年・・卒後の56年
妻たちさえ遠慮する・・男たちの深い交友を偲んで
来月は・・きっと沢山集まるだろう



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
# by touseigama696 | 2017-11-19 10:38 | ●エッセイ | Comments(0)
d0085887_05363438.jpg

やや大振りな自作の輪花鉢
そこに盛られた野菜サラダ
私の朝食は・・このサラダで始まる

食べ終わるまで・・他の皿には手を出さない

d0085887_05364620.jpg

次はスープ・・昨日はかぼちゃだった
数日前・・妻と笠間に出かけた折り
立ち寄った蕎麦屋さんで相席になった
地元の老婦人とのおしゃべりで
教えてもらったレシピ
その蕎麦屋さんで売っていた
まるで瓢箪みたいなかぼちゃだが
仲々の美味である

これも一気に飲み干した
こうして・・次々と一皿づつ食べる
今や・・これが私流の食べ方になっている


d0085887_05373977.jpg

ここまでで野菜は終わり
タンパク質は・・たまごとチーズ
量的には決して多くはないから
まだ満腹ではない
そこら辺は・・しっかり感じるようにしてる


d0085887_05372647.jpg

そして・・炭水化物の登場だ
厚切パンのダブルを四分の一
Mバターをちょっとづつ塗って食べるが
この炭水化物からは量を加減する
つまり・・食べ切ろうとは思わずに
欲しいだけ食べ
残すことに罪悪感はなしと決めてる

娘が言うには
パンは糖分の多い食材‥食べ過ぎないように!
専門医の忠告は守っている


d0085887_05375046.jpg

デザートはヨーグルト
それに
大抵はフルーツ少々が定番だが

d0085887_05380420.jpg

40年来親しく家族ぐるみのつきあいの
隣町の〇井さんからの贈り物
西洋梨のラ・フランス
残念だが・・昨日はまだ未熟
我慢して・・食べごろを待つことにした

皿ごとに片づけてゆくのは
いかにも味気ない食事のように思うが
食べたいものを・・食べたいように
無制限に食べられる体力は・・もうない
消化のプロセスで・・体が負けてしまうのだ
そうした破綻から・・生活習慣病が忍び寄る

何をどういう順序で体に与え
適度で節度のある満腹感
年寄りには・・それが肝心
そう思うようになった

私は決して健康オタクではない
だから長生き願望ではない
切望してるのは
可能な限り体の不自由を防ぐ
自力の自助・・そのためなら
できるだけ注意深くしたいと思っているのだ

私流の食べ方も・・誰に言われるでもなしに
いつのまにかそうなって来た
暴飲暴食慎しむ善・・だ

この食べ方してると
どこか途中で箸を置いても
こと更に理屈はずれな偏りにはならない

そんな気がして・・自分流の掟にしつつある



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
# by touseigama696 | 2017-11-17 07:29 | 〇わたしの流儀 | Comments(2)
d0085887_06164752.jpg


昨日の朝のこと・・いつものように
テレビのワイドショウを見ながら朝食を摂っていたら
今朝入ってきたニュースとかの画像が流れた

大きなスクールバスが止まっている
数人の子どもが降りてきたが
そのひとりがバスの後ろを横切り
走って道路を渡りだした
そこへ
反対車線を大型トラック(?たしか)がすれ違った
思わず「危ない!!」って思った途端
動画をカットして・・コマーシャルが流れた

俗に言う・・思わせぶりなCM導入は
昨今のテレビでは常套手段だが
それにしても・・これはひどい
マナーやモラルの崩壊も極まれりである

先日も総理大臣の答弁に割って入って
CMに引っ張ったように
ニュースをネタにして思わせぶりをするのは
本来禁物だと思うが
まして子供の命が危うい瞬間を使うとは
言語道断の卑劣・・唖然とした

この話題が外国での出来事だったから?
結果的にその子どもは
トラックの機転で無事だったから?

だからといって・・許されることではない
あの子の不注意は
後にそれはそれで教えることだとして
しかし
我が子の命をダシにCMの入れ出しをされた家族は
日本のテレビ局に好感を持つだろうか?

外電の話題・・誰も気にするまい
そうとでも思ったとしたら・・大間違いだ
you tubeに乗れば・・あっという間にワールドワイド
メディアの人間なら一番に知ってることだろうに

テレビ局がスポンサーに販売するコマーシャルは
視聴率次第で契約単価が変動するから
売上げ作るには・・番組の質より視聴率
これは避けて通れない宿命だとしても
ここまでして思わせぶりに引っ張り込む視聴率に
将来の展望はあるのだろうか

あのえげつなさ
何とも後味の悪いものだった



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
# by touseigama696 | 2017-11-16 06:36 | ●世相あれこれ | Comments(6)
d0085887_04411973.jpg

自分では・・
瞬く間の1年9ヵ月の準備だったが
更に追加制作の数カ月が過ぎて
10月になって・・やっと個展の全てが終った

色々な能力が劣化して
ともかく手もアタマも遅くなったが
でも無事に終えて・・胸を撫で下ろした

d0085887_04420622.jpg

そして・・ふと我に返ったら
何と乱雑な工房だろかと・・恥ずかしくなった
「片づけられない症候群」
万事劣化の最近にこれが加わったら・・「無残」

そこで昨日は・・本焼きの窯番をしながら
同じ時間をかけて・・大掃除に取り組んだ
でも・・窯場は未だ
火の入った窯の周りでウロウロしたくなかったからだ

d0085887_04424033.jpg

加飾に使うデスクも・・糸くずだらけ
周囲のあちこちにへばりついていて
掃除するのも厄介だが
なりふり構わずで集中すれば
それも仕方ないこと

d0085887_04434461.jpg

また仕事すれば・・散らかるのは覚悟のこと
「やっと片づけた症候群」の範囲に
留まっているには・・それが必須かも

d0085887_04450502.jpg

数日前のキャンバスのテストピース
これにエアブラッシュで彩色してみた


d0085887_04442704.jpg

エアブラッシュの使い方が未だ下手で
大いに不満なのだが
これも繰り返してれば・・少しは上手くなるかも

でもリフレッシュ効果は抜群・・楽しめそうだ


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
# by touseigama696 | 2017-11-14 05:37 | ●工房便り | Comments(0)

d0085887_06064836.jpg

ほとんど思いつきで
新しいコラボレーションを試してる

ところが
これって陶芸に新しい展開を求めて・・じゃない
陶芸できなくなったら・・これもありか?
そんな問いへのひとつの答えかもしれない

糸抜き技法はそのままに
しかし素材は・・やきものではない

d0085887_06063556.jpg

彩色にやや苦労をしそうだが
それはこれからの課題
これはエアーブラッシュで淡く色を重ねた
勿論陶芸用顔料ではなく・・画材である

d0085887_06070664.jpg

糸は・・とても貼りやすい
素焼きに比べれば・・どうにでもなりそうに
言うことをきいてくれる

平面だし・・キャンバスの肌理のお陰で
フリーハンドでもこの程度にキチンと貼れる
だから貼っていて・・実に気持いいのである


d0085887_06071520.jpg
種明かしすれば
素材は・・油彩のキャンバスである
軽いし・・窯で焼く必要もない

鑑賞用でしかないが
額装せずに壁に掛けるだけがよさそうだ


d0085887_06073014.jpg

彩色のための養生を済ませた二枚目
エアブラッシュ以外に
糸に潜り込まないように塗り込める手法を
これから模索することになる

老後の老陶芸家が
更にそのまた後の老後を考えた・・コラボ
しぶといでしょ!
楽しみになればいいな・・なのである

100号に糸貼ってみるかぁ!



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
# by touseigama696 | 2017-11-10 07:29 | ●工房便り | Comments(2)
d0085887_08202680.jpg

これはいい加減な戯れに作られたものでなく
いずれ名のある窯の作品で・・共箱に収まって
我が家に伝わってきました

大して大きなものではありませんが
取っ手が蔓なので土瓶というべきでしょうか
何てったって・・注ぎ口が二個
見慣れぬひとには・・やや違和感ありかな

蓋をとるとそれぞれに茶こし穴がありますから
一方が飾りというわけではありません

最近テレビでグルメ番組を見てたりすると
左手で箸を使うひとが多いのに気づきます
私が子供の頃は・・直されたりしましたが
今は・・自然のままにがいいようです

ただ・・道具を使う必要があると
利き手ごとに作られてないものもあって
もしかしたら不自由かもと思っていましたが
はさみ・包丁・なども出揃ってきたみたいで
不自由は減っているかもしれません

半世紀も前にアメリカの学者によって提唱された
ユニバーサル・デザインのコンセプトは

「誰もが身体的な条件を問われずに
少ない負担で・・公平に簡単に使えるもの」
ということだったようです

そうしてみると
この急須(土瓶)・・まさしくユニバーサルデザイン
取っ手が横腹につく急須タイプだと
なおのことこの両注ぎ口が生きるでしょうが
蔓手であっても手首を振るだけで
使い分けができそうです

これを作った作家さんが
ユニバーサルデザインをご存じだったか
知る由もありませんが
もしかしたら・・遊び心だったとしても
そうした遊び心にこそ
人へのいたわりが息づいていたりもします

これを眺めながら・・そんなことを考えた朝でした




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
# by touseigama696 | 2017-11-08 09:26 | ●コレクション | Comments(0)
d0085887_20070434.jpg


箸をつける前に撮ればいいものを
これじゃ折角の盛りつけも・・見るも無残
たまには大皿の・・使ってるところもご披露を
そう思ったタイミングが遅きに失したわけだ

我が家で使う自作は・・大抵は失敗作
何か気に入らないところがあって
だから自分で使って・・経年観察って寸法
これも大事な作業だと思っている

大き目の器に・・控えめに盛る
溢れんばかりに乗せて量感だすより
この方が好きだ

加飾に拘って・・実用を忘れる
ありがちなことだけに
工芸の本質忘れまじ・・である



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
# by touseigama696 | 2017-11-05 20:30 | ○未分類 | Comments(4)
d0085887_05553640.jpg

昨日の続き・・でこうなった
ほぼイメージ通りだ
あとは・・焼成による微妙な変化
うまくいってくれればいいのだが


d0085887_05554344.jpg


一ヵ月ぶりに・・本気になった
少しだれた気分に活を入れ
丁寧に仕上げたつもり

藁刷毛でエイヤッ!って描いた紋様
意図して何かを描いたわけではないが
描いてから見ると・・上の一枚目の写真
寝ころんだサーカスの人間皿回しみたいで
下は・・左が犬の遠吠えで
右は・・小鳥の求愛ダンスに見える

見る人に・・それぞれ違っていても
何かに見える・・そうした描き方が好きだ
多分・・俳句から学んだ手法だと思う

今月後半のGRP展に出品予定なので
数日中に・・本焼きにまわすことになる



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
# by touseigama696 | 2017-11-04 07:40 | ●工房便り | Comments(2)
d0085887_05352828.jpg


糸抜きのための糸貼りが済んだ余白には
ろう抜きで加飾するつもりで
昨日は・・ここまでで止めた

「工房便り」のカテゴリーで書くのは
ほぼ一ヵ月ぶりだ

個展が全部終わったら
少し工房を離れて
体と頭を空っぽにしたかった

夢中で仕事してる間には気づかないこと
それは・・かなり無理して酷使した
体と頭が・・それなりに消耗し
回復に厄介な劣化が進んでいることだ

d0085887_05353890.jpg


悲観的になっても仕方ないことだが
加齢を受け入れずには済まない将来展望
一代限りの工房であれば
きちんと対峙しておかねばならない

僅かでも伸ばせるものがあれば・・伸ばし
一方で・・諦めるものは諦める
見込みと見切りの判断は・・大きな課題だ

d0085887_05355169.jpg

これも期日が迫っての作業
糸抜きに茄子紺の顔料を吹いた
釉薬を掛けて焼成待ちである

ほぼ一年近く
こればかりしていた日々を思い出し
気分は違うが・・手間は一緒

面倒にも・・人は慣れる
しかし・・何事であれ
慣れてはいけないのも大事な戒め
発見や進歩から遠のいてしまうからだ

「あとは・・明日にしよう!」
明日に回せなかった日々が
ついこの間だったのに・・今はそう言える
苦しいことにも終わりがある
それが救いでもあるのだ



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
# by touseigama696 | 2017-11-03 06:19 | ●工房便り | Comments(0)