<   2017年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

d0085887_07513145.jpg

個展まで・・あと二ケ月
追い込みに入って身動きならず
じっと工房に籠っているが

d0085887_07514164.jpg

昨日は
夜明けから午前中一杯
丸鉢を多面体に変貌させるべく
カットしまくった後


d0085887_07515398.jpg

久しぶりに星野友幸さんの
磁器展を拝見しようと
午後から新宿の柿傳ギャラリーに出向いた


d0085887_07523445.jpg

磁器練り込みに独自の世界を作る作家さんだが
楚々としてなお華やいだ色香は
白磁に埋められた控えめな紅土の囁きのようだ

造形にも彩色にも・・丁寧な気配りが品性を生む
このところ・・大きな展覧会での受賞が続くのも
むべなるかな・・なのである


d0085887_07525038.jpg

並んで撮れば・・息子より若く
老人には珍しい180㌢越えの私を凌ぐ巨躯
何をしようと勝てそうにないポテンシャルに
満ち溢れているが・・それでいて
何と心づかいの豊かな若者かと
作品のままの人柄を感じるのだった


d0085887_08551959.jpg

二ヶ月後に・・ここに
何をどう並べるか
何度も通ったギャラリーではあるが
改めてしっかりと目に焼きつけた

それに相応しい作品が作れるように
残された時間は・・独り工房で
呻吟の日々になりそうだ




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
d0085887_07363153.jpg
いつだったか・・ひどい豪雨の挙句
何もなければ穏やかな里山に生きる老人が
土石流に家を流され
「生まれてこの方・・70年もここに住んでいて
こんな目にあうのは初めて・・」

そう言うのを聞いて
70年何もなければ・・これからもない
そうした推定は成立しないと・・思い知った
経験に頼るのは・・過去に頼ること
起きたことは分かるが
起こりそうなことまでは・・判らない

「今までも・・ここで訓練したことはあったから
ここなら安全だと確信して・・実行しました」
責任者の先生は・・そう話したが
不運な雪崩による死亡事故は・・ここで起きた

雪山に安全な場所などない
安全とは・・最も危険の少ない場所に過ぎないのだ
起こり得る危険の中で・・最も少ない場所を探す
それは‥過去の経験の中からだけでは見つからない

雪山のことで言えば
登山家としての豊富な経験とともに
それを裏づける学問的な知識も必要だ
医学・心理学・人間工学
或いは・・気象学・地理学
様々な学問からのサポートを加えて
やっと最小に近いリスクマネージメントになる

勿論学校スポーツとしての雪山は
エベレスト登山と同じではないが
しかし基本的なマネージメントは一緒だ
どこまで考えておく必要があるか
そのカテゴリーをどこまで組むかは
少なくとも
今ままでは大丈夫だったから・・では足りない
足りないままに・・命は失われてしまった

学校スポーツの限界を
正確に認識し・・どうすべきなのか
考えるべき時代にきているのだろう


d0085887_07361073.jpg
今世界のスポーツは
学校を離れ・・クラブの中で育ちつつある
様々の分野の専門家が集まって
ひとりの選手を多面的に指導している

精神棒で尻をたたけば済んだ時代は・・遠い
部活の在りようは・・最早課外活動ではない
教育のなかの大事なカテゴリーだと思う
片手間でできることじゃない

国語の先生に・・バレーボールのコーチを
押しつけて何とかしようなんて
そりゃ虫がいいってもんだ




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
d0085887_02360669.jpg

ATP1000マイアミ大会の4回戦
錦織とアルゼンチンのデル・ボニス
の試合が今終わった・・勝った!

見ずにおこうかと思ったが
やはり気になって・・見てしまった

d0085887_02362522.jpg
夕方・・窯から出てきた新作です

このところ
錦織クンの試合は・・妙に意地悪で
私がテレビ画面を見つめると・・ブレイクされる
それでいて・・勝手にしろ!って背を向けると
途端にブレイクしたりするのだ

だから見てると・・負けそうで
背を向けると・・勝ちそうなのだ

錦織クンは・・目下世界ランク第4位
とんでもない選手になったのだが
どうせなら・・こんな意地悪せずに

見てても見てなくても・・圧倒的に勝ち切る
安心して見てられる選手になってほしいもんだ

ただ・・こちらの都合を言えば
今・・仕事に没頭してるから
ほんとは・・君の試合忘れていたいところで
寝る暇費やして見てしまった・・僅かな後悔
わっかるかなぁ~?




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
d0085887_03130993.jpg

奇跡的な逆転優勝の直後
「今・・何がしたいですか?」
と聞かれた稀勢の里は・・暫らく考えて
「稽古がしたいです」・・と答えた

この質問・・手慣れた定番みたいで
私は・・個人的には好きではない

「ぐっすり寝たい」とか
「美味しいもの食べたい」とか
「子どもと遊びたい」とか
そんな答えを誘って・・ついさっきまでの勝負が
いかにも厳しかったことを浮き彫りにしたいのだ
月並みな質問に・・月並みな答え
そんなことを想像してたら・・違った


d0085887_03131908.jpg

「稽古したい」・・この答に
私は・・稀勢の里の開眼を見た気がした

思いがけず時間がかかったとはいえ
横綱にまで昇進する力士が
稽古が嫌いなわけはないが
優勝直後に
美酒美食を棚にあげてもいいほどの
快感だろうとは思えない

「稽古したい」の真意は・・多分
強くなった自分を・・しっかりと自覚できて
その喜びは全てに勝り
稽古だけがそれを叶える
きっとそれが分かったのだ

横綱になるのは・・他者との戦いだが
横綱でいるのは・・自分との戦い
稽古の意味は・・同じではない

他者との戦いは・・稽古の量だが
自分との戦いは・・稽古の質がものをいう
たった二場所で
そのどちらも味わった経験は
彼に・・稽古は強くなる喜びそのもの
そう教えたのじゃなかろうか

是非とも・・その開眼を
本場所で・・また証明してほしいものである

彼の地元牛久は・・ここから30キロほど
昔は・・よくウナギを食べに行ったものだ



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
d0085887_02345006.jpg

政治の世界は・・騒動続きだ
工房にいて・・見るというより聞いてるテレビ
しばしば・・慌てふためくセリフが聞こえる

ちょっと気になる・・総理のセリフ
「私や妻が・・そんな大きな寄付をすることは
あり得ないんですよ」
「国有地の払い下げに・・私や妻が関わることは
あり得ないんですよ」

ここで使ってる・・「あり得ない」は
おかしな使い方だ
人間のすることにあり得ないことなどない
まして・・本人が自分のこととしてそう言えば
そりゃもう信じるも疑うも・・半ばしておかしくない

もし・・あり得ないを使いたければ
こう言うべきだ

「人間のすることに・・あり得ないはないが
おっしゃるような疑惑は
総理である自分は言うまでもなく
その妻といえども・・立場上あってはならないことだ
だから
こうした疑惑があり得ないことであるために
私は・・日々細心の注意を払って仕事してるし
妻もそのことを十分理解してる
その上で申し上げるが
良心に誓って・・そうしたことはしていない」

人間のすることに・・あり得ないはない
だから
あり得ないを証明するには
確かな証拠か・・信じてもらえる信念
どちらかが必要なのだ


d0085887_02345993.jpg

権力は・・大きな力ではあるが
僅かでも油断や不遜が芽生えれば
人々の信頼を失うのも・・早い

「私には・・あり得ない」
そうであるための信念に触れてないのは
注意深さの欠如に狼狽えた強言でしかない

政権が長くなった時
待ってる落とし穴が・・これ
この先・・どういう顛末になるのか不明だが

無事に通り過ぎるなら
権力が選ぶ言葉を・・じっくりと再考すべきだ
善政は・・その上にしか実を結ばない




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
d0085887_04042932.jpg

この数カ月
流石に日課を完全に守ることはできていない
殆ど夜明けから日没まで・・制作に没頭していると
少し疲れも溜まり
思いがけない過敏性腸症候群のせいもあって
身体は・・いささか守勢に回っている

だから仕事はそのままのペースだが
それ以外の時間は・・できるだけ静かに
身体を休め・・よく眠るよう心掛けている

2013年3月25日の夜
医師の助言で・・歩くことを日課に決め
こんなもんかな・・と闇雲に歩いたが
それがほぼ1時間・・4.0キロだった

昨日から・・その日課も5年目
習慣は・・費やした時間のおかげで
億劫がらずに守られている
通算で4,700キロほど歩いたことになる
言い古された言い方だが
ちりも積もれば山となる・・継続は力なり
どちらも本当だと思う

日課の発端だった・・境界型糖尿病も
「油断と無茶をしなきゃ・・気にしなくてもいいでしょ」
主治医の見立てでは・・三途の川に背を向けたようだ

折角の習慣であり日課でもあるから
歩ける限り・・日課は守ろうと思う

病気に対して・・油断と無茶を戒めるのと同様
習慣とは言え・・毎日の日課に対しても
無理と無謀は・・慎むべしである

毎晩・・夕食後
「休む理由が見つからないから・・歩いてくるよ!」
口癖のようにそう妻に伝え・・歩きはじめる
裏返せば・・休むに足る理由があれば休む
こだわらず・・されど投げ出さず
そこら辺が折り合いじゃなかろうか

5,600歩 45分・・4㌔
よしなき事々思いやるひととき
私には
程よい運動で・・程よい時間なのである




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
d0085887_02143275.jpg

既に糸貼りを済ませてあった作品に
茄子紺の彩色を施した鉢6点と
黑を階層にした茶碗2点

昨日の成果は・・ここまでですが
かなり集中できて
ギアが一段上がった手ごたえでした

d0085887_04154762.jpg

12面体にカットした深鉢の
見込みに両手を入れて糸を貼るのは
手狭で難儀なので
ピンセットを多用しますが
勿論慣れが殆どとはいえ
テープの薄弱な粘着力は
僅かな力加減で剥離してしまいます

貼りなおしに焦れず・・呼吸を乱さないように
じっと身体を固定してると
安定したリズムが生まれてきます
ギアが上がったのを感じるのは・・そんな時です


d0085887_07310621.jpg


こうした仕事をしてると
慣れるのは・・嬉しいことです

だから先ず慣れること・・そして
充分に慣れたら・・潔くそこを離れて
また新しい慣れに向かうこと

そんなこと考えながら
忍耐の日々なのです



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
d0085887_04080770.jpg



昨日は・・素焼き済みだった水指三基に
糸を貼り・・彩色・釉掛けの一部を施した


d0085887_04083223.jpg


水指というのは・・決して茶室の主役ではないが
しかし・・作ろうとすると結構存在感を求められて
作り手は・・趣向を凝らすことにもなるようだ

しかし
そうした趣向に手をかけることで
日常使いの食の器での蓋物も
ただの入れ物ではなくなる
食の道具が・・食の文化に昇華するために
茶道が果たした役割りは大きいと思う


d0085887_04151158.jpg



この一年余
時間をかけて・・シンプルの意味を考えてきた
シンプルが「端正」であるには・・?
きっとそこら辺が・・課題だった

勿論・・確たる答えが見つかったわけじゃない
ただ何をしていても
「それって要らないんじゃない?」
以前に増して・・そう思うようになった

俳句に通じるものがあって
重なるものの殆どは要らないものなのだ

言いたいことは・・ひとつでいい
それがなければ・・ひとの胸には届かなくて
ふたつあったら・・うるさがられるだけ

「物言わぬ存在感」・・ちかごろ物にも人にも
そうした存在感が希薄になりつつあるような気がして
世の中の騒々しさは・・そのせいなのかな?




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
d0085887_02345572.jpg

世の中は・・三連休とか
久しぶりに帰省してきた娘を
買い物につき合わせて
妻は・・出かけて行った


d0085887_02353104.jpg

夜明けに工房に入って
誰もいない静けさの中で
昨日も・・一日頑張った


d0085887_02350922.jpg

茄子紺仕立ての・・20㌢ほどの皿
焼けば青々とするが
顔料を吹いただけの時は
うっかりすると・・全体の雰囲気を
間違えてしまうことがある


d0085887_02354205.jpg

ラテックスの抜き紋
糸抜きを離れると・・ちょっと気分転換になる

d0085887_02360320.jpg

加飾の乾燥待ちの間に
粗削りが済んで程よく乾いた花器も
スクレーパーを使って
縦削りで仕上げにかかった


d0085887_02362487.jpg

留守番の一日は・・静かで長い
昨日は・・結構集中できて捗った
白茶碗も加飾したし

d0085887_02363647.jpg

最後に・・この黑茶碗も塗れた
夜明け前の4時から日没の6時過ぎまで
ほぼ14時間・・身じろぎもせず
じっと我慢の時は・・それでいて
あっという間の一日なのだ

楽しさを通り越して・・苦しいことの方が多いが
75歳にもなって・・まだ試練がある
幸せだと思うべきなんだろうな

昨晩は・・ぐっすり寝た
今・・早朝の3時を過ぎたところだ
もしかしたら・・労基法違反の一日が
また始まることになるようだ



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
d0085887_22000523.jpg



少し年とったら・・いつ身体壊すか判らないし
まして二人とも元気となれば?
一年前倒して記念旅行に出かけた
一昨年の夏のことだ・・ふたりで知床を旅した

そして去年の夏・・子どもたちの肝いりで
帝国ホテルのインペリアル・ヴァイキングに
個室をとって・・家族が集まった
同時に・・家族ぐるみのつきあいが続いた
何組かの夫妻を招き・・楽しく会食した

去年は・・我々夫婦の金婚アニバーサリー
幸いなことに・・二人とも元気にその日を迎えた

今と違って・・昔は
結婚年齢は・・もう少し若かったと思う
でも・・寿命は今ほどでなかったから
元気に金婚年を迎えられる夫婦は・・多くなかった

そして今・・長寿の時代になったが
今度は結婚が遅くなって・・やはり金婚は簡単じゃない

ふたりとも同じ年の23歳で結婚し
元気で過ごすことができた幸運のおかげで
恙なく金婚を迎えた去年だった

思い返せば50年前のあの日・・妻に
「行ってらっしゃい!」って見送られて
でかけたのは・・大学の卒業式で
社会人初出勤は・・2週間ほど後だった


d0085887_22002224.jpg

「今日3月19日だろ?」
「18日じゃない?」
ついさっきの夫婦の会話
夕食も済んでからの話だ

金+1年目の・・3月19日の今日
アニバーサリーは・・極く普通の一日だった

娘と佐原歩きを楽しんだ・・妻
工房に籠って・・器に金彩などしてた夫
水のごとく・・空気のごとく
時は流れていった



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]