ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

<   2016年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

d0085887_14193915.jpg


一昨日・・「一丁目一番地」で
私のメインディッシュは・・やはり
白か茄子紺で・・シンプルに抑えた
「糸抜き波状紋」だと・・書きました


d0085887_14195660.jpg


しかし・・これだけでは
メインディッシュとしての自己主張に欠け
僅かに対抗するアンチテーゼ・・つまり
私のサブカルチャーを・・色々試作してみました


d0085887_05432936.jpg


『共に立て! しかれども余りに近づきたることなかれ
寺院の柱の離れてあれど・・共に立ちたるごとくあれ』 
                    カーヒル・ギブラン

引き算の陶芸では・・避けて通れない
自己主張の限界に配慮した・・「シンプル」
難しいけれど・・面白い課題です


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=メッセージ=

私の使っているPCが
いつフリーズしてご臨終なのか
いささか不安な日々が続いています

今日・・私にとってなくてはならない
電脳家庭教師「syuちゃん」に往診してもらい
近日中に
新品に交換する手筈を整えています

その間・・一時的に起動できない日もあって
更新が滞るかもしれません
お許しください

syuちゃんの話によりますと
今度の奴は・・「滅茶はやい!」とか
そりゃそれで有難いのですが

大きな声じゃ言えませんが
「速い」より「自動操縦」の方が
もっと助かるんですけど・・ボソッ!




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ

[PR]
by touseigama696 | 2016-08-31 15:29 | ●工房便り | Comments(4)
d0085887_05432936.jpg

来年開催の個展を目指して
コンセプトを定め
何をどういう風に作ろうかと
プランに夢中の8月でしたが

片側で・・先月末に搬入した
第63回 日本伝統工芸展」
の結果も気になりました

昨年の選外を糧に
この春・・リベンジを賭けた制作でしたが
その発表が・・今朝の朝日新聞地方版
毎年・・胃が痛くなります

通れたときの悦びが
全てを隠してしまいますから
毎年・・この緊張に耐えてますが
多少歳のせいか・・もう耐えられん!
と・・弱音が出てきます

d0085887_05363728.jpg

明け方から・・テニスの全米を見ていて
負けるかも?と思った大坂なおみ選手が
逆転で勝利した一瞬をつかまえて
『今・・行こっ!!と』
雨の中・・近所のコンビニまで走り
いつもの通り・・朝日新聞を2部買いました

何故2部なのか・・根拠はないのですが
「通ってりゃ・・2部はほしい!」
そんなことかもしれません

落ちたときは?
ごみがふえるだけですが
考えないことに・・してます

いつもなら・・車の中で見るのですが
暗い雨の朝・・自分の名前を見逃したくなくて
帰宅して・・明るい照明の下で開いたのです

アイウエオ順の記載だと勘違いして
然るべき位置に自分の名前が見えず
ダメか?と思った瞬間
ずっと前のほうにあるではありませんか!
県内の在住市町村別記載なのでした

千葉県内23名入選のうち・・陶芸は13名
通りました!!
さっきまでの100キロ超の重量級が
一気に軽量級になったような軽さです
ともかく・・ほっとしたのです

今年落ちると・・何をどう変えればいいか
判らなくなりそうでしたから
この入選で・・去年の反省は間違いではなかった
それだけでも・・大きな指針なのです

古稀もそろそろ半ばともなり
来し方行く末に・・それなりの括りの必要な年代
この先・・どう生くべきか
考え考え歩いてゆこうと・・思います




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ

[PR]
by touseigama696 | 2016-08-30 07:18 | ○展覧会 | Comments(18)
d0085887_22234099.jpg

「糸抜き波状紋皿」
私の仕事の・・一丁目一番地はこれ
今までの公募展の殆どが
これのバリエーションだった

完成度をあげるために費やした10数年
50~60cmの大皿に
何枚糸を貼って化粧泥を吹いただろう

個展でも・・一丁目一番地には変わりない


d0085887_22211994.jpg


こんな水指を作り
糸を・・麦藁手に貼ってみた
変化球のひとつのつもり


d0085887_22213131.jpg


波状紋のように糸をコントロールせず
できるだけ成り行きで貼った
波とは違う「ゆらぎ」を求めてのことである

d0085887_22220002.jpg


多少の遊び心で・・内部は赤くした
茶人が・・蓋をとったとき
「おやっ!」・・と思ってくださればいい

d0085887_22225072.jpg


つまみに・・同じ釉を掛けて
何となくほのめかしてみたかった

茶人が・・蓋をとるとき
「もしかして?」・・て思ってくださればいい



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ

[PR]
by touseigama696 | 2016-08-28 23:39 | ●工房便り | Comments(2)
d0085887_02535017.jpg


去年の秋
個展のオファーをいただいた日から
初心に戻って勉強するつもりで
優品を見ることから準備を始めました

ある程度こんな感じの作品でと
思わぬでもありませんでしたから
それを確かめるための試作も繰り返しました

d0085887_02535846.jpg


糸を使って作ってきた10数年
その糸を生かせれば・・は
当然の願いでもありますが
もっと上手に糸を操れないものかと
いつも忸怩たる思いの日々です


d0085887_02542526.jpg


昨日・・窯からだした試作品を見て
やってみようかなと思う構成に
どうやら決心はつきました

勿論・・多くの方々の目に触れて
未熟を思い知る破目なのかもしれませんが
来年6月の開催までの間
とりわけ年内の4か月に集中して
制作に打ち込もうと・・思っています


d0085887_02543482.jpg


たった今使ってるこのPCが
どうも具合が悪く
いつフリーズしてダウンするか
恐る恐るの日々になってしまいました

私の電脳家庭教師Syuちゃんの都合がついたら
ニューバージョンに切り替えるかもしれません
勿論制作中心の生活になるはずですが
それでも
できるだけこのブログには思いの丈を綴り
工房の雰囲気が
アウェイにならないようにしたいと願っています




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ

[PR]
by touseigama696 | 2016-08-28 03:22 | ●工房便り | Comments(2)
d0085887_00323519.jpg

このライティングビューロー・・事務用にと
リサイクルショップで衝動買いしたものだが
ここには・・大した事務仕事はない


d0085887_00025464.jpg

この際・・勿体ないので
糸貼りのための専用作業場に変更
ルーチンのための定位置づくり・・である

道具や材料を持って移動しないですむ
広い工房なら雑作ないことも
手狭を我慢しながらとなると・・仲々
思い通りにはならない


d0085887_00030908.jpg

作ってみたら・・案外いけそうだ
糸貼りは・・彩色とは違って
仕掛けが小さいから・・これでも間に合う
早速一個貼った・・ここをこうしたまま
先に進めるのは・・ありがたい


d0085887_00344976.jpg


彩色は・・いつもの作業テーブルすればいい
窮すれば通ず・・である


d0085887_00032436.jpg

この板に・・作業済みを溜めたいのだ
手間のかかる糸貼りと彩色を
片づけ不要の定位置でやれれば・・リズムが作れる
明るい兆しである


d0085887_00033179.jpg

夕方・・花器3本挽いた


d0085887_00363476.jpg

さすがに・・ロクロは定位置がある
教室とは別に・・専用で2台ある
作りと削りで・・使い分けしてる

それにしても
掃除した日は何とかなるが
しばらくすれば・・見るも無残を暴露だ
怠けずに整理整頓!!・・実に憂鬱である




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ


[PR]
by touseigama696 | 2016-08-27 00:57 | ●工房便り | Comments(2)
d0085887_08141685.jpg

沖縄とハワイを行ったり来たり
合間には・・東京でのロングステイも含まれ
往年の彼女を知る者には不思議ではないけど
実にワールドワイドなフットワーク
似たような世代であることを思うと
驚異的な行動力である

ポール&美也子○巻夫妻・・辿れば半世紀前からの旧友
思いがけない再会のきっかけやその後は
この日からプレイバックしていただけると判る
45年目の再会 2015/06/01

d0085887_08145847.jpg


沖縄の自宅のこのエントランスに
月桃の葉を活けて愛用していた花器が壊れたので
新しく作ってほしい・・と依頼を受けたのは
旧交が復活して間もないころだった

モノトーン基調の洗練されたエントランスであれば
これに似合うようにと・・色々考え
1年近い時間かけて作り・・お届けした

かつてTBSの局舎内にあった
彫金界の重鎮のジュエルショップを任されていた彼女
そして
アメリカ大使館の上級スタッフとして
広報アタッシュを務めていたご主人のポールさん
お二人のライフスタイルは・・一本のバックボーンで貫かれ
見事な美学なのである


d0085887_08172580.jpg


昨日メール添付で・・この写真を送ってくださった
月桃の葉ではないが
マダガスカル・ジャスミンとハワイアン・ティーリーフ
お気に召して使っていただけてるとすれば
作者冥利に尽きる喜びである


d0085887_08175392.jpg


工房でみれば・・そこそこのサイズも
このエントランスでは・・小ぶりに見える
しかし
この大きなティーリーフの何と見事なことか

d0085887_08181280.jpg


ハワイでこのブログを読んでくださってる方が
「これって・・美也子さんのことじゃない?」
沖縄の彼女に・・そう知らせてくれたことから
タイムトンネルは・・半世紀を経てつながった
アナログな電話や手紙では叶わないことだ

居ながらにして世界を旅する思い
昨今の世界を眺めると
これが一番エコノミーで安全な旅かもしれない



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
by touseigama696 | 2016-08-26 09:09 | ●畏友交遊 | Comments(4)

d0085887_02530638.jpg


ロクロで・・器ができてゆく過程は
大別すれば・・「挽く」と「削る」である
ロクロの両輪には違いない

両者が・・どういう関係で進行するか
それによって・・制作の性格はまた別物になる

私見と断った上で
ひとつの切り口として・・こんな風に思う

「挽き」に傾く作家は・・陶器向き
「削り」に傾けば・・磁器向き
極めて大雑把で繊細に欠けた区分だが
そう考ええる私なりの根拠は

陶土は・・それぞれ千差万別の性格を持っていて
土を生かすことが大事だし
土の言い分を無視しては・・形になりにくい
細かいことに拘泥せず
「今だっ!」という瞬間に・・手を止め
それ以上はいじらず・・削りも最小限に止める
繊細であるよりは・・力強さに力点を置き
静けさよりは・・動きを大事にする
アウドドアのスナップ写真の様・・とでも

一方磁器土は・・陶土ほどに多種ではないし
時間をかけて形にしてゆく穏やかさがある
スタジオ撮影の・・企画フォトのように
削りは・・狙ったシルエットを実現するまで続き
形にも薄味にも・・デリケートなポテンシャルがある

さて・・どちらが自分のタイプだろ?

d0085887_02583469.jpg


私の場合・・土は黒泥と半磁土
ここら辺かして・・曖昧派のようであり
挽きにもこだわるが・・削りはもっとのようだ

糸抜きという技法を多用するせいなのだが
思いがけず
土の粒子が細か過ぎると・・糸の食いつきが悪い
そこで・・磁土よりも半磁土で作る
黒泥も・・ピッタリの食いつきで楽だし
表現上でも都合のよいことが多い

できるだけ丁寧に挽いて・・更に
削りで・・願ったシルエットを追うことになる
姿だけでなく・・糸が狙った通りに走るかも考える
曲面の立体に糸を貼るのは
平面の板に貼るのとは・・かなり違うので
加飾の在りようは・・形次第でもあるのだ

最初の問いかけに戻れば
私は・・多分磁器向き作家かもしれない
削り大好き人間だからだ
先日追加購入した超鋼カンナ
切れ味鋭くデリケートなラインが出てくると
無性に嬉しくなるのである


d0085887_02525572.jpg

昨日も・・削った
乾燥がピタリで・・気持ちのいい削りだった




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2016-08-25 03:55 | ●工房便り | Comments(0)
d0085887_02514649.jpg


昨日・・終わってみれば
こんなことして一日が過ぎてゆきました

朝から自作に釉掛けをして・・窯に詰め
夕方近くから茶碗6個・・ロクロを挽きました
極く変わり映えのしない一日でしたが

朝の・・チョットした出来事
感慨深いものがあって・・書くことにしました

d0085887_02520569.jpg

前日の夜・・記録を見てましたから
きっと明日の朝かな?・・と思っていたのですが
朝9時30分・・499,999回が表示され

d0085887_02521715.jpg

それから1分後の8月23日午前9時31分
こう表示されました・・50万回目のアクセスです
「あなたは・・どなた?」
密かに・・500,000の数字に向かって
そう声をかけました
もしや・・心あたりの方はいらっしゃいませんか?
おられたら是非書き込みを・・です

2006年8月29日
「50歳からのプロ ①すべてのはじまり」
このブログの始まりの日で・・あの日から
昨日までで2,456本の記事を書きました
そして
記念すべき50万回アクセスの瞬間を迎えたのでした

そもそもから書けば
初めてネットにHPを立ち上げたのが・・2001年
このとき書いたのが・・「折々の折り」
2005年まで書いて・・ブログに移行したのですが
千夜一夜のアラビアンナイトになぞらえて1.001回
ほぼ毎晩書き続け・・2005年12月に達成しました
今も・・このブログにリンクして残してあります

リアルタイムで連続無寄港の約3年
結構きつかったので・・2005年4月から
もう少し気楽な・・フォトエッセイをと思い
「photo-column この一枚・・」を始め
2009年10月までで・・350本ほど書きました

これもリンクして残してありますが
陶芸以外のフォト散歩が軸のせいで・・毎日は書けず
やがて陶芸ブログに絞ることにしたのです

そうしてみると
およそ15年の間に・・トータルすれば
4,000本ほど書いたことになります
今は・・
この「桃青窯696」の本業ブログだけにしましたが
振り返れば・・よくぞ書きつるものよであり
かてて・・いささかの感慨とともに
このブログだけでも50万回のアクセス
お読みくださった方々への・・深い多謝なのです


d0085887_02523150.jpg

もの書きを標榜するつもりもなく・・それでいて
ひたすら書き続けてきたのは・・たったひとつの理由です

「日にひとつくらい・・ちゃんと何かを考え
それを書き留めて・・せめて劣化する脳を
少しでも賦活させられれば・・」

それだけのこと
頭のリハビリテーションなのです
やや年老いてもくれば
何でも書けそうなドラマティックな日々など
そうあるわけじゃありません

淡々とした工房の中で
今夜は何が書けるかなぁ・・?
これからも・・きっと同じです

次の1分で・・500,001回が記録されました
もう新しい時間・・実にクールですね

続けてこられたという意味では
4千キロ歩行とともに・・この50万回アクセス
体と頭が無事ならば・・これからも頑張ってみようと
そう思いながらの・・いつもの夜明けです

読んでくださってる全ての方に・・多謝!




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2016-08-24 04:53 | ●エッセイ | Comments(10)
d0085887_00083438.jpg


昨日・・糸を貼った茶碗
淡いパステルカラーと漆黒の掛け分け
花の咲いた桜木のイメージかな?

d0085887_00084732.jpg


昨日は・・こうでした

d0085887_00091470.jpg


愛用の霧吹きがこれで・・2個持ってます

d0085887_00092881.jpg


窯場の隅の吹きつけ場で
肺活量を駆使して・・頑張ります

d0085887_00094181.jpg


本当は・・この壁に換気扇をつけたいのですが
道路に向かっての排気は・・いささか身勝手
上部の二か所の窓で・・自然換気しています


d0085887_00100458.jpg


あらかじめ・・内部は釉掛け済みです
手順間違えると・・折角の白い外側を汚してしまうので
要注意です

マスキングを外してゆくと・・全貌が見えてきます
全体はモノトーンです

d0085887_00102357.jpg

糸を外せば・・紋様も浮き出ます
なるべく糸の成り行きで貼りましたが
片端だけをピンセットでつまみ
反対側は・・垂らすようにして流しました
慣れれば・・不作為風になってくれるものです


d0085887_00105596.jpg


土も黒だけど
敢えて漆黒の顔料を塗って・・白を際立たせました
つまみは・・見込みで使った鉄釉でアクセントのつもり


d0085887_00111408.jpg

糸抜き線紋麦藁手水指・・とでも
今日の進捗は・・ここまででした

台風の大雨の中・・幸いなことに
何の被害もなく・・無事に一日は終わりました



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2016-08-23 01:14 | ●工房便り | Comments(4)
d0085887_02281470.jpg
彩色を終えて・・釉掛けを待つ茶碗


昨日・・彩色にはコンプレッサーを避けると書いた
だが・・釉掛けとなるとコンップレッサーを使う
彩色で避ける理由が・・そのまま
釉掛けでは・・使う理由なのだ

つまり
コンプレッサーの霧状噴霧は・・細かくて軽い
だから
あっさり掛けたい釉の場合・・その方がいい
コンプレッサーと霧吹きの違いは
パウダースノウとぼた雪のような気がする

昨日糸を貼った茶碗に・・今日彩色した
こうして見ると・・白一色のようだが
これでも三色の白を・・調整してある
焼けば・・その違いが出るはずだが
結果が気に入らなければ・・再調整するしかない
それでいて
最後に窯に預けなければ・・結果が見えない
試しながら仕上げるには・・やたら手間がかかるのだ

しかし
いつだったかテレビで見た花農家の若者が
交配による新種の花づくりをしている様子は
更に時間のかかる実験の連続で
上には上がいて・・それも大変だろな
贅沢言ってられないと・・思い知ったものだ

自分のものを手にできるチャンスがあるとすれば
こうした試みを厭わず・・挑み続けるしかないのだ

「退屈してる暇はない」
老人には必須の栄養サプリメントと思うべし・・か




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2016-08-22 03:30 | ●工房便り | Comments(0)