<   2016年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

d0085887_05010715.jpg
先週の金曜日
新宿柿傳に寄った帰り
またもや天気につられ
代々木・千駄ヶ谷・信濃町と
駅にして三つ分・・歩いた

神宮外苑も懐かしいが・・ここは
とりわけ思い出深い「神宮プール」
今はプールはなく
スケートやフットサルの練習場のようだ

少年時代・・私はこのプールで水泳を覚えた
夏の間・・毎日ここに通って
特別に確保された日大水泳部専用のレーンを
それこそトビウオのような速さで泳ぐ
選手たちの動きを・・水に潜って観察し
それを真似て覚えた独学の水泳だった
おかげで
今でも25米なら・・潜ったまま泳げる

それもさることながら
特段に忘れられない思い出がある

d0085887_05012702.jpg
探してたら・・動画が見つかった
1948年・・昭和23年の夏のこと
ロンドンでオリンピックが復活した年である
日本は・・参加が認められなかった

もしこのロンドン大会で
古橋 橋詰のトビウオが泳げたら
日本国民の誰もがそう願ったほどに
往時のふたりは
競って世界新記録を更新していた

その国民の悲願を実証しようとして
ロンドン・オリンピックの
水泳競技決勝戦に時を合わせて
日本選手権を開催したのだ
それが・・
日本水泳のメッカ神宮プールだった

d0085887_05014399.jpg
向こうが古橋・・手前が橋詰
1500米の長距離を
屈指のライバルは競って記録に挑んだ
テレビのない時代だったが
確かラジオが実況してた
d0085887_05022363.jpg
0.8秒差で・・古橋が橋詰に勝ったが
二人とも世界新記録だった
d0085887_05021030.jpg
日本中が熱狂した
というのは
同じ日に泳いだロンドン・オリンピックで
同じ1500米に金メダルをとった
アメリカのJ・マクレーン選手の記録は
19分31秒02だったから
もし日本の二人が泳いでいたら
圧倒的に引き離して
金銀どちらも手中にしてたはずと
誰もがそう思ったからだった

1952年・・次のヘルシンキ大会で
日本は戦後初めて参加し
古橋選手も出場した

今でもその時の
悲痛なラジオ放送を覚えているが
古橋は・・決勝8人中8位だった
僅か4年の違いだが
古橋の無念はどれほどだったろうか
それも運命なのだろう

アップデイトの1500米世界新は
14分31秒02
さすがに時代は変わった
4分違ったら400米以上離される
そんな時代に・・日本の選手たちは
世界に伍して
水泳日本を蘇らせている

奇しくも
間もなく開かれるリオ・オリンピックは
巡り巡ったロンドン大会に続く大会である

泳ぎたくて泳げなかったロンドン
無念の敗北を喫したヘルシンキ
フジヤマのトビウオ・・古橋広之進にちなみ
トビウオジャパンのリオでの活躍を
現職のママ欧州で客死した古橋広之進が
きっと見つめているに違いない



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
d0085887_02570249.jpg
昨日も良いお天気でした
教室で思い思いに稽古するみんなを横目に
私も自分の作品を削ったりしてまして
天日に干すと・・みるみる乾燥してくれます
d0085887_02571690.jpg
昼過ぎに・・郵便屋さんの影が見えて
ポストをみたら・・届いてました

何度経験しても・・
審査結果通知を開封するときは
やはり
ちょっとしたドキドキ感はあります
考えようによれば
このドキドキ感がなくなったら
選手生命はお終いかもしれません

何度出品しても・・
何度も入選して正会員になれたとしても
だからといって無鑑査はなく
その都度審査にかかる緊張感が
それを作る「今」を支えているような気がします

『第4回 陶美展』

工房の転居が済んで
去年から出品できるようになりましたが
今年も続けて「入選」でした
今シーズン最初の結果ですから
やはり・・嬉しいものです

会期はまだだいぶ先だけど
5月18日(水)~24日(火)
日本橋高島屋 6F 美術画廊

お近くの方は
買い物がてら・・ご覧いただければです




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
d0085887_00014618.jpg
車のシフトレバーは・・大ざっぱに言えば
「D」「N」「R」の三つを行ったり来たりです

Dの前進とRの後退を駆使して走らせるのが車ですが
その真ん中にあるNに意識をお持ちですか?
もしも・・この「N」がなかったら
車を運転することは
とんでもなく厄介なことになります

例えば・・エンジンがかかってる車は
前進してるか・・後退してるか
どちらにしか居場所がないことになって
信号待ちの間・・前進・後退を繰り返して
せわしなく動いているか・・あるいは
ブレーキ踏みっぱなしで押さえつけるか
その都度エンジンを切るしかないことになります
エンジンを止めずに積み下しが出来るのも
ひとの乗り降りを待てるのも・・「N」があるお蔭
それがニュートラルなのです

対立するふたつの間で・・そのどちらでもない位置
平たく言えば・・それがニュートラル
これって・・数字でいえば「0」ゼロのこと
人類最高の発見のひとつ「ゼロ」は
数学にもたらした価値は言うに及ばず
人間生活にもとんでもなく
おおきな影響を与えています

一寸した喧嘩をした恋人たちに
もしゼロがなかったら
昨日までの大好きを・・今日から
大嫌いにしなきゃなりません

ほとぼり冷めるのを待つかぁ?・・は
喧嘩をニュートラル・ゾーンに仮置きすることで
元の恋人に戻れるチャンスが芽生えるわけです

いつでもゼロを頭に置いてものを考える
大事なことだと思うのです
正数の位置に立って負数を見れば・・その逆も含め
敵対してるかに映っても
ニュートラルのゼロに立てば
正も負も・・どちらもお友達ですみます

世の中・・何となくとげとげしい昨今
ゼロを活かして
穏やかさを取り戻してほしいものです




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]



d0085887_02093393.jpg
公開するしないは・・別にして
自分の作品は
なるべく写真に撮ることにしてる
記録と言う意味もあるが
それよりも・・
「レンズは欠点を見逃さない」
その怖さに晒して見つけた
思いがけない発見を・・次回に活かすためでもある
d0085887_02142196.jpg
こうして
黒バックや白バックで撮ると
全体のバランスやレイアウトも
その良し悪しがよく見える

自己評価に客観性を持たせることで
独りよがりを防ぐことができそうだ

鍔の角度と広さはこんなもん?
蓋の大きさと位置はこんなもん?
高台の絞りはこんなもん?
つまみの雰囲気はこんなもん?
素地と紋様の比率はこんなもん?



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
d0085887_05112123.jpg
昨日は・・
いつものように3時に起きたら
ヤラレタッ!・・とはっきり自覚できるほど
咽喉がヒリヒリ・・鼻がズブズブ
風邪をひきました

こういう日は・・自室を暖かくして
大人しく過ごすのがいいのでしょうが
ちょっとばかり事情があって
一昨日の水指を焼くつもりでしたから
少々・・迷った挙句
工房を暖かくして・・そっちで
大人しく過ごすことにして
7時に窯に火を入れ
14時間ほどの焼成をしました

大人しく・・と決めたので
土や水は使わず・・つまり仕事はせずに
DVDで映画を見たり・・
d0085887_05113418.jpg
購入したばかりの市原悦子朗読集で
鴎外・漱石の古典を聴いて過ごしたのでした

一所懸命仕事しながらなら
14時間もさほど苦になりませんが
もし・・手持無沙汰で窯の傍にいたら
長い長い一日になるので・・その意味で
DVDとCD三昧の一日は
これもありかぁ!・・でした

時々・・ホームセンターで
バーゲンセールの古い映画を売ってます
面白そうな映画・・懐かしい映画
ついで買いしておいて・・
暇がなかったり・・見るのを忘れたり
いい加減でしたが
こんな日のためだったことにしました

おかげで退屈せずに9時過ぎたころ
窯は予定温度に到達して・・終わりました

早寝して今朝も3時に起きましたが
風邪は悪化することもなく
気分も悪くありません

養生が大事なのは・・
加飾の器だけじゃないようです
身体のどこに養生テープを巻けば
風邪菌の浸蝕を防げるか
年と共に変わってきます

忘れて仕事してたほうが良かった時代は・・終わり
明らかに・・
養生の仕方は変わってきました
強がらずに暮らすことにしなきゃ・・と
改めて自覚した一日なのでした



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
d0085887_02480797.jpg
昨日は・・少し風邪気味
咽喉のうがいを繰り返しながら
水指に糸を貼り
タッピングで泥彩を施し
糸を抜いて補正・・そして釉掛け
昼食後・・夕方までかかってこれひとつ
ちょっと急ぎなので・・豆窯使って
今日か明日には本焼きします

d0085887_02482924.jpg
つばの表裏と見込みは・・黒釉
蓋と外側は・・茶系のタッピング
糸抜きで・・線紋をつけました
幾つも焼いてきたパターンですが
タッピングは・・多少その日の気分で
濃淡が変わったりします
想定内で焼きあがってほしいものです

1年半後の個展は
ずっと先のように思えても
実際には
こうして一つ一つの作業の積み重ね
この間に・・声を掛けていただいてる
小さな個展が実現したりすれば・・なおのこと
数を揃えるのに手間取ります

徹夜をつないで辻褄を合わせる
そうした無理も利かない年配
早目に手をつけて進めるが好し
苦手に挑んでゆくしかなさそうです

身体を壊さぬこと
それを一番に頑張らねば・・なのです




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
d0085887_04362304.jpg
昨日の粉引き作品に比べると
ともかく・・ひとつひとつに手がかかる

「エイヤッ!」で一気挽きのロクロ
一太刀の袈裟切りみたいな削り
指跡込みで「ドボッ!」のずぶ掛け
本来嫌いじゃないが
今は・・そうはいかない

糸を貼って精緻な紋様を狙い
その下地を作るとなれば
丁寧に手をかけるしかない
d0085887_04364274.jpg
そして・・やってるうちに
そういうのも好きになるもんだ

技術は
その対極にあるものを
対極を理由に嫌ってはならない
きっとそんなことを学んでる

両極を行きつ戻りつ・・思いがけない発見で
否応なしに新しい道へ引きずりこまれる
振り返ってみれば・・
作風らしきものが生まれたのは
そんな経緯の中からだったような気もする

d0085887_04372807.jpg
水指一基を慎重に削った後
素焼き済みに加飾の準備を始めた

糸を貼るだけじゃなく
全体のマスキングも・・バランスを大事にしてる

d0085887_04464271.jpg
素地と紋様の配分は・・一番気を使うところだ
遠慮しながらどっかり座る
こんな辺りが微妙な折り合いなんだろう
d0085887_04374139.jpg
マスキングが終わったころ
「夕食の用意ができましたよ・・!」
妻からの電話で・・本日終了

紋様の糸貼りは・・明日にしよう
能率のよい一日とは言えないが
それで済むなら・・それも好しである

d0085887_04391243.jpg
丁寧に作ることが・・もしかしたら
丁寧に生きること

エイヤッ!で歩いて
一日に二度も転んだ正月
乱暴が通用しない年代になってしまった
受け入れて・・どう生きる?

ひまし油湿布のお蔭で
驚異的に痛みが遠のいた右肩に問いかけ
やれることを一所懸命やることにしよう



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
d0085887_09112032.jpg
一昨日・・加藤さんの個展を見て
久し振りに粉ひきの魅力を思い出しました

陶芸を始めたころ
私が最も好きなやきものは・・粉ひきでした
ですから・・一所懸命作った時代もあります

d0085887_09161279.jpg
今日アップする写真は
少し古いけれど・・わたしの粉ひきです

d0085887_09064489.jpg
元々・・『粉ひき』は
赤土を使って白い器を作りたくて
白土を泥漿にして・・赤土に塗って焼いたもの
白磁への憧憬が底にあったようですが
やがて・・粉ひきには
純白の白にない・・複雑な魅力が生まれてきました

d0085887_09040908.jpg
酸化焼成にすれば・・白に近く
還元焼成なら・・紅斑を引いて窯変します

d0085887_09011350.jpg
還元で焼くとこんな具合
それも決して一定ではなく
土と窯変で・・紅斑の様子も変わります
d0085887_09054142.jpg
白く焼くのが基本だと思いますが
わたしは
こうして紅斑を引いた・・いわゆる御本手が好き
強すぎた紅を・・酸化で焼き直してみたり
色々工夫して楽しんだものです

公募展への出品が増えると
自分のアイデンティティーにこだわることになって
使う土が変わり
いつしか粉引きを作る機会は減ってしまいました

黄瀬戸 天目 梨灰
少し離れてしまったこうした釉薬を使い
手に任せたロクロ挽きの小品を
気の向くままに焼いてみたい
そんな思いも・・再燃してきます



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
d0085887_03283884.jpg
前日挽いた水指の一基を粗削りしてから
昨日は・・電車で東京に出た
たっぷりとした陽射しと温みに魅かれて・・である

d0085887_03281156.jpg
新宿柿傳ギャラリーでの
『加藤克也 陶展』最終日に間に合った

この作家さんの粉引きはとても魅力的
僅かに御本を引いて・・紅味を覗かせている
白を望んだ粉引きではあっても
浮びあがる紅斑が・・まるで少女の頬のよう
器が・・暖かみと優しさに包まれている

土に含まれる鉄分と・・還元の窯加減
その折り合いで良し悪しも決まる
ほんのりの難しさは・・品性でもあろう

初対面だったけれど
在廊の加藤さんと・・少しお話もできた
伝統に身を投じた作陶
苦労の種類は違っても・・楽に優品は生まれない
どう歩いても・・自家薬籠中とはいかないものだ


d0085887_03290693.jpg
個展を拝見したのちは
天気につられて歩くことに決めていた
どこまで・・どう歩くかは
いつものように極めて気まま・・足任せである

新宿→四谷→市ヶ谷→飯田橋→
水道橋→竹橋→東京→有楽町→新橋
 
結局・・このルートで歩き通した
東京をご存じの方は
およそお分りいただけるかもだが
結構歩いた・・歩くには快適な昼下がり
だから・・ここでは大した苦もなく楽しんだ

丸の内で・・このフォトポイントが気に入った
『とうきょう』と『とうきゃう』と題したのは
明治と平成が・・共存した東京がここにあるからだ

夕方から・・新橋にほど近い銀座7丁目
いつものライオンビアホールで
いつものサードフライに出席し
呑んで食べて旧交を温めた後
少々食べ過ぎたかと
銀座から人形町まで・・再び歩いた

毎晩の4㌔ウォーキングのお蔭だろうが
今朝も3時に起床・・足に筋肉痛もまるでない
歩行計によれば・・ほぼ17㌔歩いたことになる
体のこともさることながら
段々に車を離れて暮らしてゆくための
ひとつの大きな自信になってきたと・・思うのだ


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
d0085887_03374510.jpg
「3時のあなた」
昔・・そんな番組があった
今朝の話題は・・「3時のわたし」
ほぼリアルタイムで書いているし
写真も・・今の様子である
d0085887_03381666.jpg
右手のベッドから・・左手のリクライナーへ
それが概ね・・毎朝午前3時のわたしである

d0085887_03382523.jpg
自家製こたつに足を入れ
少し暖まりながら・・一日が始まる

起き抜けの体重測定・血圧測定もここ
それを記録するのも・・こたつの中
そして
日によって違うけれど
本を読んだり・早版ニュースを見たりもする
冬の間・・一番好きな時間で
一番好きな場所である

夜更かしの3時とは違って
ボケかかってる頭も・・
早寝早起きの今なら多少クレバーだ
d0085887_03391458.jpg
足が温まったら・・そのまま振り向けば
デスクトップが置いてある
リクライナーを回すだけで
大抵のことができるように・・
それが・・私のコックピットなのだ

たった今は・・その後ろを向いて
これを打っているというわけだ
今朝も結構暖かい
こたつだけで充分・・エアコンはoffにしてる
d0085887_03384643.jpg
そのこたつの上に・・新客を置いた
昨日届いたのだが・・通販で買った
「市原悦子の名作朗読集」全12巻

森鴎外・芥川龍之介・宮沢賢治・太宰治
川端康成・伊藤左千夫・夏目漱石
若い頃・・活字で読んだが
活字で読み直すのも・・やや億劫で
目の不自由を耳で補おうって寸法なのだ

早速・・昨晩ベッドで
鴎外の「高瀬舟」を聴いた
耳慣れた家政婦さんの声が
まるで見てきたように情感を込めて読んでくれる
読まずに聴くのも悪くない
そう思いながら聴きほれたが

途中から
高瀬舟は・・白河夜船に代わってしまったようだ
でもまあ・・市原さんは何度でも読んでくれるらしい
今夜・・恐縮だがもう一度お願いしよう

4時を回った
これから少しお勉強のつもり
朝食までの2時間・・大事な時間なのである



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]