ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

<   2014年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧




d0085887_21204654.jpg

                       
日本のWカップは終わった
一次リーグを通れなかった
先日ちょっと書いたけど・・
勝てそうな雰囲気で・・ほんとに勝つこと
負けるわけにいかない試合で・・必ず勝つこと
これって・・単に勝つことではなく・・
勝ち切ること・・言うほど簡単じゃない

勝てそうな気がした・・コートダジュール戦
負けるわけにいかない・・ギリシャ戦
勝つしかない・・コロンビア戦
狂った歯車は・・最後まで狂ってた
幾ら華麗なパスワークができても
蹴らなきゃ点にはならない
このジレンマは最後まで狂ってた

チームを構成するには・・
ふたりのリーダーが要る・・キャプテンとエースだ
まとめるのがキャプテンで・・率いるのがエース
                        
こいつの指示に従えば必ず勝てる・・それがキャプテン
こいつにボール渡せば必ず点になる・・それがエースだ

直感的に・・日本にはキャプテンばかりが揃って
たったひとりのエースが不在だった 
コロンビアにロドリゲスがいて・・
アルゼンチンにはメッシがいる
ブラジルのネイマールは・・
いきなり2点を蹴って勝ちを決めた
エースが蹴って決め・・勝ち切った
 
日本に必要なのは・・
どんな苦境でも・・弾丸の如きボールを蹴る
圧倒的なカリスマをもったエースの存在だ
                        
エースは・・何人かの中から
しのぎを削って育ってゆくものじゃない
いわば天才的な才能を・・
超人的努力で開花させる強烈な自我
およそキャプテン足りえない資質が・・
独善を覚悟で勝ちを制するのだ・・一方で
チームワークとはアンチテーゼなエースの孤高を
それでもなお・・11人の中で抱擁するリーダーシップ
それがキャプテン
日本人は・・キャプテンには向いている
だから・・育てなきゃならないのはエースなのだ 
                   
華麗なパスワークは・・
チームワークのしからしむるもの  
日本のお家芸なのだろうが・・
エース不在では点にならない
どんなに防御されても・・
ものともせず枠の中に蹴りこむ
桁外れなエースの誕生を・・
4年後に期待したいものである

体幹鍛えて蹴りまくれ!!

                        

                               

                          
        
 人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!                                          

[PR]
by touseigama696 | 2014-06-30 22:50 | ●エッセイ | Comments(2)
d0085887_21350419.jpg

どうやら・・表面を貼り終えました
波の部分は・・1.0mm幅の糸テープ
上の空は0.5mm幅・・極細です

糸抜き技法による制作は・・
このテープの応用に気づいたことが全てかも
紙テープではできない柔らかな曲線を描けるのが最大の長所
でも・・素材の関係でしょうが
力を使うと伸びて剥離してしまいます・・少々こつのいるところです

リズムを作って・・滑るように走らせる
そこらへんが秘訣かもしれません
10年ほど貼り続けてきて・・大分わかってきました
ここでも・・継続は力なりのようです
d0085887_21561260.jpg
メーカーさんから直接送ってもらってますが
最初の頃はカートリッジに入ってたものを
今では・・ケースなしのむき出しで使います

長いこと放っておくと
やはり多少劣化もしますので
大量に使いながらも・・
適量の在庫管理には気を使っています
                       
d0085887_21364836.jpg
色々な幅を使いますので・・
こうして作業台の棚に分類して用意しておきます

結構在庫がありながら・・それでも
それなりに消耗してゆく流れ
自分の制作ペースの目安になりますが
来月からの再開・・どんな具合になるのか
肩腱板と相談しながら・・頑張ることにします




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-06-28 22:27 | ●工房便り | Comments(4)
d0085887_5231323.jpg

新しいコックピットも・・段々に整理ができたけど
でも仕事を再開しないと・・ほんとの定位置が決まりません

ドラマーが・・幾つものドラムやタム・シンバルを
微妙な間隔でセットするように
定番の材料や道具を・・手元の周辺に整理するのは
音楽と同じように・・リズムを大事にしたいから・・

それには・・何度も作業を繰り返して
目をつぶっていても・・どこに何があるかを
分かっていることが大事なのです
d0085887_5234473.jpg

仕事と転居の両立が無理だと悟って・・
仕事を休眠することにしたのが・・2年前

それ以来・・全ての公募展と個展を休んでいましたから
昨日の糸貼り・・まさに2年ぶりということになりました

でもまぁ・・自転車と似ていて
2年乗らなかったからといって・・こけちゃうわけでもなく
定番の波状紋を・・打ってみました

再開の手慣らしには・・定番が一番
貼ってるうちに・・リズム感も戻ってきます

この大鉢は・・旧工房時代に挽いたもの
特定の公募展を目指してというわけでなく
新しい試みをしてみようと・・そのための準備です
d0085887_5233176.jpg

昨日・・糸を貼っていて
一番気がかりだったのは・・肩です

腱板の再断裂から・・数カ月
痛みはかなり減っていますが・・
それでも右腕を肩まで持ち上げて・・
姿勢を保持するのが少しつらいのです

不都合なことに・・糸を貼る動作では
上腕を持ち上げて・・肘を張ります
受傷前に比べると・・どうしても疲れるので
しばらくは・・腕を休めながらになりそう
早く・・とかげの尻尾ができますようにかな

7月からは・・本気のカムバック
腱板断裂にもめげず・・13kg減量にも負けず
老いの一徹で・・頑張ってみます




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-06-27 06:19 | ●工房便り | Comments(2)
d0085887_20362658.jpg

「・・絶対に技法やモチーフを変えてはいけない
今のままでいい・・でも徹底的に完成度を上げなさい!」

日本を代表する公募展のひとつが・・日本伝統工芸展
65歳で初入選・・続けて二度目の入選を果たした翌年
私淑する千葉の師匠・茨城の師匠のお二人から
奇しくも口を揃えて・・同じ助言をいただいた

お二人とも・・ベテランの正会員
二度目くらいの頃にありがちな陥穽をご存じで
転ばぬ先の杖をくださったのである

この一言は・・私の陶芸に決定的な意識を生んだ
「貫くとは何か?」・・「やり切るとは何か?」
変わることが・・変えることが進歩だと思う錯覚を
気づかせてくれたのが・・この一言だったのだ

変えないと負けてしまいそうな不安
変わらないと進歩から置いてゆかれる不安
この不安に耐えて貫く勇気が・・結局は本物の進歩を生む
その進歩を手にすることが・・やり切ることなのだ

徹底的に完成度を上げるとは・・
技法もモチーフも変えずに・・それでいて
明確に前作を上回る質の向上を叶えることだ

「そこまでやるか!」・・課題は際限ない
限りなく正確に・・丁寧に手を加える
隅から隅まで・・端から端まで
息を止めて・・隙を埋める

不満なら・・何度でもやり直す
良くなるなら・・何をも惜しまない
そうした没我な時間だけが・・完成度に貢献する

おふたりの助言は・・今でも座右に置いている
何をするにせよ・・繰り返して完成度を上げることが
ささやかな自信の源泉になると・・思う
連続4回の入選で・・正会員認定を受けたのが68歳
4回目のための1年を・・忘れることはない
あれほど一途だった時間は・・きっともうない

今朝・・日本のサッカーはW.カップで負けた
そういうこともあるさ・・で終わりにしてあげるがいい
選手はみな・・一様に悔しがっていた
ただ間違えないでほしい・・悔しいのは
負けたことではない・・完成度が足りなかったことだ
自分たちのサッカーを貫けなかったことだ
勝負は一瞬だが・・完成度は4年がかりだった筈
その4年を悔しがることから・・次が始まるのだ

勝てそうな雰囲気で・・実際にその通り勝つことが
負けるわけにゆかない試合で・・絶対に勝つことが
ただの「勝つ」でなく・・「勝ち切ること」なのだ

そういう日が来てほしいと・・密かに期待しよう




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-06-25 22:31 | ●メッセージ | Comments(2)
d0085887_5511164.jpg

いつものように4時ころ目覚めた今朝
Wカップの熱気を伝えるテレビが・・
今日は6月24日だと表示してた
この数字を見れば・・嫌でも思い出すが
私の誕生日・・72歳の夜明けというわけだ

決して嬉しい歳ではない
男の平均寿命は・・79.94歳とある
平均なら・・私に残された時間は7年ちょっと

時計を逆に回せば7年前・・65歳だった私は
初めて日本伝統工芸展に入選し・・
そこから5年は・・夢中で打ち込んだ
時間の流れを忘れたかのように・・
それはあっという間の出来事だった

転居のための休眠2年を加えた7年を
もう一度繰り返せば・・それこそ終焉間近か
容易に想像できるほどに・・短い時間でしかない

しかし・・考えようにもよるが
平均以上に生きられたとしても・・
身動きならぬままで・・長生きしたいとは思わない

「昨日までそこそこだったのに・・・
なのに・・今日あいつはもういない・・」
つい先日・・忽然と逝ってしまった親友の・・
浅草の主治医・〇山君を思い出す

不用意に体を壊さぬよう心がけながら
しかし・・やりたいことやるべきことには
没我で生き切ってみたいものだ・・

還暦から先は・・おまけの人生
それも・・また干支一回りの72歳
「悍馬」は無理でも・・せめて「汗馬」なら・・
それも「年寄りの冷や水」だろうか?

たった今・・ブラジルは
勝たねばならぬ期待に応えて・・見事に勝った
活躍せねばならぬネイマールが・・見事に活躍した
勝つべくして勝つ・・勝ち切るとはそういうことなのだ

言うは易く行うは難し
日本の最終戦は明日・・がんばれ!



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-06-24 07:07 | ○未分類 | Comments(4)
d0085887_54269.jpg

前回の「第21回日本陶芸展」で受賞した・・この「糸抜き波状紋大鉢」
去年・・兵庫陶芸美術館のお買い上げで収蔵品になりました
陶芸家にとって・・とても名誉なことだと思っています
52歳で始めた晩学陶芸・・よくぞ来つるものよでもあります
d0085887_542527.jpg

その兵庫陶芸美術館から・・企画展の資料が届きました
「アイデンティティーとオリジナリティー 現代陶芸新収蔵品展」
リーフレットによれば・・
「本展では 近年当館のコレクションに新たに加わった作品を中心に
作家のアイデンティティーから垣間見られるオリジナリティーを探り
陶芸の多彩な表現と魅力をご覧いただきます」
・・とあります

六古窯のひとつ・・丹波焼のおひざ元立杭にあるこの美術館で
7月5日から8月24日までの長期展示で開催されます
d0085887_543564.jpg

私の作品も展示されることになりました
出品36名の作家の名前が・・紹介されていますが
伝説の名工・・人間国宝・・現代陶芸の旗手・・
ビッグネームがずらりで・・圧倒されます

この展覧会・・
「阪神淡路大震災20年展」と書かれています
実はその阪神淡路大震災の・・あの正月に
私は・・陶芸のイロハに手を染めたので
来し方20年が・・私の陶芸の全てでもあり
この表題には・・ひときわ感慨深いものがあるのです

転居に伴う長い休眠から目覚め・・再開目前に
この展覧会のご案内は・・大きなモチベーションになりそうです
その意味で・・会期中に出向いて自作とも再会しようと思っています
d0085887_543219.jpg

館のご好意で・・招待券をいただいています
もし・・ご希望の方がおられたら
このブログの鍵コメか・・touseigama@aol.comに
お名前と住所を書いてお送りください
先着・・ある限り・・ですが郵便でお送りします



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-06-22 07:10 | ○展覧会 | Comments(2)
d0085887_512275.jpg

仕事を済ませ・・ぼんやりつけたTVで
Always三丁目の夕日を放映してて・・
思わずひきこまれて見続けた

この映画・・いつもそうである
長いから・・最初から最後まで見通したことがない
途中から見たり・・途中までだったりする
それでいて・・少しも不自由じゃない
ストーリーが分かっていようがいまいが
「昭和」のあの圧倒的な生活感に・・引きずり込まれるのだ

まだ戦後間もない昭和30年から39年
この間の・・東京の下町が舞台
ここに出てくる景色も風物も生活も人間模様も
全ては・・まるで実在の記録のように懐かしい

我が家の前の八百屋さんの三輪トラックが・・こんなもん
サイドドアーのついてない・・バイクハンドルだったから
もっと古かったに違いない
それでも・・たまに半身乗り出す助手席に座らせてもらって
嬉しかったのを・・思い出す

日が沈むまで・・家の中になどいたこともない
子どもを構うほどの暇もない親たちだったから・・
親の目など気にもせず・・子どもは子どもと外で遊んだ
それで何事もなく・・貧しいがくっつき合って生きていた
d0085887_5124372.jpg

この映画でもそうだが・・主人公たちの言葉がキラキラ光る
乱暴なやりとりは沢山あるが・・それでも温かい
礼儀正しいは・・悪いことじゃないが
しかし・・こころが揺さぶられないやり取りからは
生きることの価値や悦びが・・育まれるとは思えない

鈴木オート親子の家族愛
そこで働く六子との・・あるいは
売れない作家茶川と・・もらいっ子淳之介の間に
貧乏が許す乱暴を越えて生まれる人間愛

もう一度戻ればいいとは言えないにしても
今となればひと肌恋しい温くもりが・・無性に懐かしいのだ

ひとはひとと・・もっともっとくっついて生きるべきだ
「物」とではない・・「人」とである

昭和33年・・東京タワーが竣工した
私が高校生のころである

出来て間もない頃・・親友とふたりで
鉄の外階段を使って昇ったことがある
それも下駄ばきのまま・・カランコロンと音が響いた
そんなことが許されたのも不思議だが
そんな時代だったのだ・・乱暴だが面白かった

なぜなら・・
エレベーターで上下しただけじゃ作れない
特異な思い出は・・その乱暴のおかげだからだ

歩きにくい下駄で・・200数十メートルを昇って降りた
高校生とはいえ・・滅茶苦茶しんどかった

その親友が・・数日後他の何人かと我が家に来る
転居を祝って会食することにしたのだが

三階までの10メートル足らず
エレベーターで案内することにしよう
あの日のことを話せば・・きっと
階段はしんどいと言い出すかもしれないからだ




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-06-21 06:18 | ●エッセイ | Comments(2)
d0085887_528299.jpg

物置が設置されるのに・・随分と時間がかかりました
待ちに待って・・然るべき物たちが収まり
d0085887_5282435.jpg

この辺りにあったものが・・なくなって
スチールの棚を運び込みました
まだ未整理ですが・・ここは釉薬関連が入る予定
d0085887_530449.jpg

荷物に囲まれていた窯が・・やっと顔をだしました
これが埋もれていては・・仕事になりません

ガス窯と酸化専用の電気窯二基を放出して
新しい両用電気窯と・・豆窯
この戦力で・・やってゆくことにしたのでした
d0085887_5303010.jpg

新しく導入した17kwの電気窯
炉内寸法はW650×D850×H650
以前使っていたものと同じですが・・
電気で還元を掛けるのは初めて

空焚きをしてから・・酸化焼成を何度か・・
熱線の被膜を待って・・バーナーを入れてテスト
もう少し時間が必要ですが・・
還元がどうなるのか・・勉強しなきゃなのです
d0085887_5285741.jpg

泥縄式というと聞こえが悪いので・・
この際・・ドミノ式工房整理の順送りで
どうやら・・ろくろ回りも段々に片付いてきました

4月上旬に転居してから・・早や三か月近く
やっとエンジンがかかりそうです
7月から・・本気で仕事するつもり
あとは・・体力と気力の問題だけ

断裂した肩腱板・・まだトカゲの尻尾再生とはゆきませんが
それでも痛みは・・かなり軽減してきました

13kg減の体力も・・根気をなくさないよう
少しづつ自信回復を・・図ってゆきます

工房の環境は・・とても気に入っているので
明るい陽射しを浴び・・爽やかな風に吹かれながら
早寝早起きで・・やってゆこうと思っています




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-06-20 06:02 | ●工房便り | Comments(2)
d0085887_554218.jpg

左のフェンスの下を・・地下駅と線路が走ってるから
我が家の裏のこの道は・・歩行者専用道路です
車は通れません・・歩くには好都合
右側正面に見える白い建物までが・・100m
5/19に書いた・・200m×20回コースの折り返し点
d0085887_56273.jpg

そのまま歩き続けてここまで来ると・・250mです
右草むらの下は・・地下鉄線路というわけ
勿論電車が見えるわけじゃなく・・だから
とても静かで・・気持ちよく歩けます

往復すると500mで・・×8=4.0km
新しく・・選択肢に取り込みました

目下・・三つのコースを使っています
①片道2.000m×1往復コース・・マラソンタイプ
折り返し一回ですから・・コースの変化が楽しめます
退屈はしませんが・・前回も書いた通り
家から遠く離れたくない事情のときは・・ちと不都合

②片道100m×20往復コース
100mで折り返して往復20回は
家の目の前で歩いてることになり
窯焚きの夜などは・・好都合ですが
気になるのは・・いささかめまぐるしいこと
ショートトラックのスピードスケートみたいです

考え事などしながら歩くことが多いので
あんまり頻繁にUターンしてると
集中しにくいのが欠点・・何考えてたんだっけ?

そこで新設したのが③この片道250m×8往復コース
僅かな登り下りの勾配も利用できて
少し変化もあり・・落ちついて歩けました
5200歩・45分も・・いつもと同じ

4個の石ころを・・右に4回左に4回で4.0km
石の数も結構心理的に響くようで
4~5個が・・頃合いのような気もします

少しづつ工夫を加えながら・・でも歩き続けています
昨日で通算1700kmを越え・・直線距離にすると
日本の最南端・沖ノ鳥島の辺りだそうです

この島・・宮古島や硫黄島よりも南にあって
フィリッピンまでの半分以上ありそう
とりあえず・・マニラまで頑張るかぁ!!です




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-06-19 06:09 | ●独立独歩 | Comments(0)
d0085887_3575668.jpg

少々行儀悪い写真ですが・・
さっき目が覚めたばかりの・・目の前がこうでした
時計は午前4時まであと少し・・夜明け前です

まだ公募展や個展に向けての本格的な制作を始めていない
そういうこともあって・・時間に追われていないから
本来柄にもなく・・早寝早起きができています
数年前なら今から眠る・・夜明け前はそんな時刻でした

やりたいことがあったら・・寝る暇割けば何でもできる
そう豪語してたものですが・・それも
今となると無謀な生活と言わざるをえないかもです
脳細胞は・・破壊的に劣化ししてゆきます
ですから・・改心して早寝を心がけています

夕食のあと・・日課の4キロ歩行を済ませ
シャワーを浴びたら・・自室でのんびり
本を読んだり・・テレビを見たり
いつのまにか・・デスクでぐっすりです
実に気持ちのいいうたた寝ですが
適当に切り上げて・・ベッドに入ります

目覚ましなど不要で・・夜明け前にしっかり目覚めます
こうしてブログを更新した後は・・
夜明けを待って・・工房で片づけ仕事など
俗にいう・・「朝飯前」ってわけです

もう少しで・・工房の整備も一段落
しっかりとした制作を再開しようと思っていますが
できれば・・「夜明けから日暮れまで」
貫いてみたいと思っています

実際に・・加飾の作業台の前に座ると・・
夢中になって・・悪癖に戻りかねない不安はありますが
もしかすると・・良薬は「老いの衰え」かもしれません

疲れて続かない・・ちょっぴり情けない話でもありますが・・




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-06-18 04:28 | ○未分類 | Comments(0)