ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

<   2014年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

d0085887_9305329.jpg

時間をかけて大皿に糸を貼る・・
年に何度も繰り返してきた手作業
出品を断念してから2年近く・・それをしていない
当然だが・・新しい作品は生まれていないわけだ

あと一カ月で・・工房の移転も実現する
轆轤と作業台の前に座って過ごせる時間が・・戻りそうだ
毎晩のように歩きながら・・頭の中で色々考えてはいる
どこへ戻って・・どこから始めようかと
d0085887_93122.jpg

もの作りは・・年々歳々変化するのは当たり前
それが・・上達であり変化・進歩だからだ

「自分を写してはいけない」・・先達からしばしば教えられたこと
1cmでも2cmでも前に進め・・それが個性につながると・・
作品が・・作り手の名前であり表札であるために払う時間と手間
これっぽっちも惜しんではならない・・そう学んできたつもりである
d0085887_930434.jpg

一方で独自な個性は・・偶然にもせよ
自分を立たせてくれた原点の上に・・築かれるもの
浮き草のように寄る辺をなくせば・・進歩は距離と時間を失うのだ
「どこへ戻ってどこから始めるか」・・それが私の原点
d0085887_9302081.jpg

そしてここがそうだと思う・・糸を貼る
ここへ戻って写さずとは如何に?・・
新しい工房での・・最初の一歩はきっとそれだ

2年近くも離れていた技術と気力
言うまでもなく・・不安が頭をもたげる

代替腱ができてるといっても・・切れた肩腱板が
微妙に働いてくれるか・・心配でもある

あと一カ月が正念場・・
落ち着いた日々が戻ってきてほしいと
密かに願う毎日である

古い作品を眺めていると・・
遠のいていた気力が少し蘇える



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-02-28 10:27 | ●メッセージ | Comments(2)
d0085887_8195848.jpg


老ひの春我が為す影を我れ踏みて
 哲郎
おいのはるわがなすかげをわれふみて


少し老いてきたら・・できるだけ
自分でやれることを増やさねば
そう・・思う



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-02-27 08:30 | ●俳句 | Comments(2)
d0085887_2010612.jpg

去年の夏・・セレンディピティー 2013/07/23を書きました
4.0km歩行を日課にして120日目でした

更に半年以上が過ぎたが・・今も続けています
あの時487kmだった通算距離も・・
今日までで・・1.359km歩き
あと一カ月3月24日で・・一年になります

その時間や距離を・・威張りたいわけじゃありません
脚力が蘇えってきたことや・・糖尿病をはねつけたこと
血液検査の結果の改善や・・メタボの解消を
殊更に・・書きつのりたいわけでもありません

ただひとつだけ・・あのとき書いた「セレンディピティー」が
今もまだ続いている・・それを書いてみたいのです
予期せざる価値との遭遇・・それがセレンディピティー
もしかしたら・・このブログを読んでくださる同世代の方に
ささやかなヒントになれば・・そう願うからかな

---------------------------------------------

歩き始めた動機は・・糖尿病撃退のため
それが第一目的でしたが・・最初のセランディピティーは
劇的なダイエット効果・・3カ月で8kg半年後には10kg減
きっちり食べてるのに・・歩くだけでこんなにもでした

でもこれは予見できるセランディピティー・・想定内です
想定外だったのは・・歩くことへの軽い乗りができたこと
毎日4km歩いてますから・・4kmが身体に沁み込みました
大した距離じゃない!・・身体がそう覚えてくれたようです

60代半ばまで・・私はどっぷりと「車人間」でした
バスや電車さえ敬遠していて・・
大抵のことなら・・車で出かけました
大阪巡回展など・・面倒なら車で寝ればいいさで
シュラフを積んで走ったものです

しかし・・65歳を越えてから
運転が面倒になったり・・それにもまして下手になり
段々不安になって・・鉄道を使うようになりました

ちょっとした外出にも・・電車やバスを使い
歩かねばならない場面が増えました
そんな折りに・・日課歩行が始まったのです

歩くのが嫌じゃなけりゃ・・電車・バスも厭いません
スイカ一枚でどこでもOK・・車離れしたようです

今日も・・市川駅までの4km歩いて
駅そばに治療室を構えた・・ご贔屓の太さんのマッサージ
終わって帰路は・・バスで20分
こんな軽さは・・以前の私にはまるでありませんでしたから
自分でもびっくりします

自分で運転するよりも・・バスや電車なら本も読めるし
色々考え事もできますが・・歩けば更に頭が自由です
多分・・ボケ防止もこの方が遥かにましでしょう

いずれの時期かに・・免許証を返上して
下手から逃れ・・事故から逃れるのが必至でしょうが
それには・・歩くのが嫌じゃないが必須
切り替えのきっかけが・・出来そうな気がしています
これが第二のセランディピティー・・想定外でした

「歩ける」って・・老いて後の人生には
何よりの武器・・色々な自分と戦えそうです

毎晩4km歩いて一年足らず・・でも
思いのほか・・大きな収穫にびっくりもし
予期せざる価値との遭遇・・を実感しています
毎晩4km・一日40km・・どちらも自信につながりました

食べるが歩く・歩いて食べる・・たったそれだけ
自分だけでできる「たったそれだけ」
いいものに出会った・・そう思うのです

(膝関節がひと一倍丈夫らしいこと・・
これはもう幸運の一言に尽きます
だから・・やってこられたとも・・)



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-02-25 23:40 | ●てつ56 | Comments(4)
d0085887_20441336.jpg

昨日の・・40km行の一こまです
日暮里駅西口から・・谷中銀座に向かう途中
左手に谷中せんべいを過ぎてちょっと
左折すると・・上野に抜ける道があります

近頃は・・谷中初音の道と言うらしいのですが
人気の江戸散歩道のようです
真っすぐ行けば・・きりんの壺のきりんさんの母校です
朝倉彫塑館があるのもこの道
d0085887_20442376.jpg

その道を真後ろに向かうと・・こっちは私の母校につながります
半世紀以上昔のこと・・私は毎朝この道で登校しました
実際に富士山が見える唯一の富士見坂は・・この途中です
d0085887_20443288.jpg

日暮里駅から別れ道までの間に・・昔のままに
「花家」と「あづま家」の二軒の食堂が並んでいます
(屋号も変えず同じまま・・60年以上も営業し続けてくれてる
それだけでも・・嬉しくなります) 

どちらも似たようなお店です・・でもどちらかを贔屓にしたもんです
私は「あづま家」でした・・高校時代の朝めしは大抵ここ
登校前に寄って食べるのですが・・スペシャル・メニュー
まるで賄い食みたいで・・あじの開きに味噌汁漬物風
営業用のメニューには・・載ってないものでした

部活帰りの下校道では・・おやつ代わりのラーメン
毎日のように入り浸っていました
古き良き時代の・・人情溢れた繋がり
たったひとりの店員さんが・・面倒みてくれたのです

だけど・・我が家の母親はどうしてたんでしょうね?
息子に朝めしを食わせなかったんでしょうか?
忘れちゃいましたが・・仕事大好き人間でしたから
あづま家で食べてくれたほうが・・手間が省けたのかも

もしかすると・・家でも食べて更にここでも?
確かに大食いでしたから・・それくらい食ったかも
d0085887_20444358.jpg

今ではまるで・・巣鴨のとげ抜き地蔵みたいに
お寺巡りの熟女さんたちの溜まり場みたい
甘味メニューも沢山あって・・賑わってます
私は・・田舎汁粉を食べました

少々歩き疲れた身体に・・
温かな甘さが沁み渡ってゆきましたが
同時に・・50年以上も昔の淡い懐かしさが
こみあげてきました・・あの店員さん
今でもお元気だろうか?・・知る由もありません

初音の道を歩いて・・きりんさんの母校をすり抜け
更に・・日比谷に向かって歩き続けたのでした



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-02-24 21:55 | ●お気に入り | Comments(2)
d0085887_2502346.jpg

「・・もしも朝からその気になって・・弁当や飲みものを用意し
それなりに覚悟して歩けば・・この私でも
40kmやそこらはきっと歩ける・・そんな気がする
そして・・それは案外古希を越えた世代には
大事な自信になってくれそうだ・・」


2/18に・・こんなことを書いた
週明けの明日から・・また転居のための力仕事
腱板断裂の痛みは・・まだ残ってるが
何とか騙しだましで・・乗り切らねばだ

肩の養生を含めて・・少しのんびりできるのも今日まで
そう言う訳で・・2/18分を実行した

朝10時30分に家を出て・・23時30分に帰宅した
勿論二回の食事も・・珈琲タイムで読みかけの本も読んだ
日比谷では映画も見た(つまらなくて途中で出たが・・)
それ以外は・・ひたすら歩いた
時速4.0kmで10時間 あとの3時間が休憩・寄り道かな・・

かいつまめば・・同じ道を往復したわけじゃないけど
我が家から銀座日比谷を・・往復歩いたってとこ
40.02kmと記録されてる・・ピッタリである
少し足が痛いが・・疲れはびっくりするほどでもない
54.000歩ほどで・・2.250kcal消化したとある
まぁ・・機械を当てにするつもりはないが
かねてから・・我が家~日本橋=20kmが
ほぼその通りで・・その往復を歩けた達成感はある

明日からの・・多少の自信にもつながるかもしれない
歩けば・・歩けるもんだ
帰り道・・両国駅前でステーキを食べた
いっぱい歩いたからいいだろう・・褒美のつもりである

--------------------------------------------
今朝になって・・ネットで色々調べたら
日本橋を起点にすると・・片道40kmは・・
千葉・取手・川越・所沢・横浜保土ヶ谷あたりだそうだ

また山手線を・・できるだけ線路に沿って歩くと
一周で40kmほどとか・・

してみると・・40km/dayは・・結構な距離だと判った
最初に・・これ調べちゃうとビビって歩かないかも・・笑

それと・・昨日は東京マラソンの日だった
時間的に重ならかったから気づかなかったが
あっちは・・42.195km・・まぁ似たようなもんだが
でも・・それを2時間ちょっとで走る・・恐るべき速さである
(実際に電車に乗っても・・1時間かかるようだ
走って2時間は・・やっぱり凄い!)



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-02-24 01:22 | ●エッセイ | Comments(2)
d0085887_075391.jpg

先日の大雪の被害で・・工房も雪解け雨漏り
直して続けるには大き過ぎて・・古すぎる
転居の決心が・・ギリギリの正解だったと
胸なでおろす雨漏りだった

あと3週間ほどで・・ひとまず閉鎖ということになる
思えば・・17年間に多勢の生徒さんが
ここで・・ロクロに立ち向かう日々を過ごした
ボロ家だからこその・・アジトだったかもしれない

秒読みに入った昨日・・いつものように
思い思いの時間が・・過ぎていった
d0085887_08333.jpg

今朝訪ねたら・・新しい工房も段々に姿を現してる
窯場から見たロクロ場・・細かい仕掛けはこれからだ

私に残された時間が・・どれほどあるのか
新築の耐久年数より長いはずもない
一代限りの仕事のつもりだから
雰囲気をだして・・それらしき贅沢を望むつもりもない
快適に過ごせることだけを願って・・設計した

しかし・・新築の工房ではあっても
気分的には・・どこまでもアジトが好きだ
気ままに夢中・・また一歩一歩になりそうだ




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-02-22 01:12 | ○陶芸教室 | Comments(2)
d0085887_22223645.jpg

「キム・ヨナさんって・・どんな選手ですか?」
インタビュアーの問いに・・安藤美姫さんはこう答えた
「きちんと自分を見つめることのできる選手だと・・思います」

しばしば耳にする言い方・・ふと聞き過ごしてしまいそうですが
この言葉は・・とても大事なメッセージじゃないでしょうか

自分を見つめる・・ってどういうことなんでしょう
自分がどんな容姿で・・どんなライフスタイルを好むか?
そういうことを言いたいわけじゃなさそうです

自分を見つめる・・それもできるだけ正確にというのは
自分が持ってる能力・・持っていない能力
あるいは・・将来開花するかもしれない潜在的な資質
それを・・過不足なく認識するということです

こうした正確な自己認識の上に・・
今・・自分は何をすべきかが決まってきます
漠然とした夢に・・リアリティーが芽生える瞬間です
長い時間を費やす厳しい練習は・・
勝つか負けるかのためではありません
つまり・・メダルのためじゃないのです
夢の実現・・それこそが自己実現なのですから・・

自分が心底望む自己実現のために
どうしてもこれだけはやっておかねば・・と
そこに全力を傾ける・・それが練習なのです
コーチの助言は必要だとしても・・
練習するのは・・自分以外の誰でもありません
途方もなく孤独で心細い時間の中で
たった独りで磨くしかない自我なのです

別のインタビュアーに向かって・・当のキム・ヨナさんは
「・・決して自信があったわけじゃないけど・・
私は自分を信じて滑りました」
・・そう言いました

この自分を信じるというのは・・つまりは
「今の私には・・これ以上はできません
でも・・ここまでならいつでもできます」

そう言いきることが・・信じることなのです

その結果が・・勝ちなのか負けなのか
それは・・神の領域だと言いたいのでしょう

誰かに勝とうとすれば・・
今まで自分がやってきたことが充分なのか不充分なのか
相手次第で変わるので・・大きなストレスになってしまいます
緊張に負けて・・出来る筈だったことができなくなるわけです

オリンピックの魔物・・多分それは自分のこころなのだと
そんな気がしてなりません
打ち克てるものがあるとすれば・・
圧倒的な練習の量と質を・・こなすしかないのです

自分を見つめ自分を信じる・・言い換えれば
自分の力を正確に知り・・その力を信じる
それはアスリートだけの問題ではありません
どんな分野であれ・・いつでも
このふたつを忘れてはならないと・・私は思っています

--------------------------------------------------
たった今・・全てが終わった
今夜の浅田選手は・・自分を信じ切った
それに相応しいスケーティングができた
昨日できなかったのは何故?・・それがオリンピックだ

自分を信じることが・・どれほどに難しいか
そしてそれができたとき・・できなかったとき
どんな結果が待っているか
三つのメダルの傍で競ったファイナリストたちが
それぞれの感慨の中で・・深く味わってることだろう

その味わっているものこそ・・
メダルと同等に・・かけがえのない青春の実り
オリンピックに参加した者だけが手にできる・・
貴重な「金貨」と思いたい・・ここには銀も銅もない
「金」だけである・・そう思いたい




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-02-20 23:47 | ●メッセージ | Comments(0)
d0085887_23103631.jpg

つい先日・・孫の陸翔が電話口で
「オトウトガウマレタラ・・ボクオニイチャンニナルヨ!」って
実にはっきりそう言うので・・その成長にびっくりでした
d0085887_22312728.jpg

今日の午後・・その弟が生まれました
人生最初の日を・・ちょっと躊躇いながら
でも・・ご披露することにしました

昔の赤ん坊と違って・・
今は・・みんなきれいな顔で生まれてきます
GG馬鹿承知で・・
誕生数時間で・・こんな整った表情をするんですね
それもびっくりです・・昔はクチャクチャの真っ赤だったのに
恙無く・・元気に逞しく育ってほしいものです

転居で慌ただしい日々ですが・・
百日後のお食い初め一式・・どうあっても制作しなきゃ!
新しい工房に・・窯を移動して急がねばのようです



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-02-19 22:49 | ●愛しきものよ・・ | Comments(8)
d0085887_22272527.jpg

移動しようと思ったら・・歩くしかなかった時代
人類の長い時間のほとんどは・・そうだったはずだ

きっと・・歩くことが人生
歩かないと・・飯にもありつけず
歩かないと・・仕事だって見つからない
遠くまで歩けることが・・人生を多彩にし
長いこと歩き続けることが・・生きてる証しだった

きっと・・人間ってこんなに歩けるんだ
歩くしかなかった頃・・考えもしなかったろうが
殆ど歩かなくなって・・車だ電車だ飛行機だと楽を覚え
人間は・・歩かせれば結構歩いちゃうもんだを忘れた

言うまでもないが・・私もそうだ
つい一年前まで・・歩くのはつなぎ目だけ
それもほんのちょっとの・・つなぎ目だけだった

「行徳まで行ってくるよ」・・はあっても
「行徳まで歩くわ」・・は視野にない
歩けるかもしれなくても・・歩く必要もなかった
移動は・・ひとつの目的ともうひとつの目的のつなぎ目
短くて・・楽に越したことはなかったのだ

生まれてこの方・・歩かなかった日は一日もなかったのに
歩くことを・・こんなにも無意識で過ごしてきたことを痛感する
d0085887_22271910.jpg

最寄りの駅から・・先ず3駅乗って乗り換え
そこから3駅乗ってまた乗り換え
更に3駅乗ると・・そこが行徳
全部で電車9駅分・・時間にすれば30分ほど
そう遠くはないが電車か車の距離・・それが自然な感覚だろう

教室の生徒の〇永さんが・・
あの雪の日に滑って転んで・・脚を骨折し
救急で入院手術したのが・・行徳の病院
今日の午後・・電車9駅を乗り継いで見舞った

そして・・その帰り道
大した決心をするまでもなく歩き始め
とうとう最寄りの駅まで・・歩き通した
万歩計で・・10kmちょっとのよう
相当な距離だと思っても・・そんなものなのだ
快晴の冬空に・・冷たい空気だったが・・
軽く汗ばんで気持ち良い・・2時間だった

モニターで地図にアクセスしてみたら
あそこからここまで歩いたんだぁ・・結構ある
それも・・殆ど思いつき同然の動機でしかなかったのに

もしも朝からその気になって・・弁当や飲みものを用意し
それなりに覚悟して歩けば・・この私でも
40kmやそこらはきっと歩ける・・そんな気がする

そして・・それは案外古希を越えた世代には
大事な自信になってくれそうだ

言い古されたもの言いだが
「たかが歩き・・されど歩き」・・そういうことなんだろうな

しばらくは松葉杖生活の〇永さん!
松葉杖がはずれたら・・ちょっとやそっとじゃ折れない
丈夫な脚をとり戻してくださいね・・である



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-02-18 23:34 | ●エッセイ | Comments(0)
d0085887_955728.jpg

階段で転倒し・・古傷の肩を傷めて5日ほど
痛みは楽になってきたのですが・・待てよぉ?
腕を動かそうとすると・・一方向にだけ痛みが走ります
腕を腰から上にあげようとすると・・痛いのです

「やっぱり腱板に相当なダメージが・・?」
意を決して・・古巣の病院に出向きました
この病院は・・整形外科の専門病院
かつて・・事務長として在籍した古巣です
門前の小僧・・何となく予感が働きます

リタイアして既に15年・・大きくもなりスタッフも増えました
でも幸いにも・・当時からのスタッフが出院していて
アララッ!・・で面倒みてもらいました

Dr.Kは・・副院長で肩の専門家
この病院の創設者のひとり・・開院計画からご一緒したDr.です
たまたま外来ブースに出ていて・・診てもらえました
MRIの画像診断の結果・・

「まさに肩腱板断裂そのもの
4cmの幅で切れてますからね・・大断裂ってこと
それも今回の転倒による断裂ではなく
4-5年前に切れてたんだけど
痛みに勝って使い続けてきたせいで
代替筋が育って補完してきたんでしょう

腱板断裂は・・小断裂の方が痛みが強く
大断裂になると・・痛みは和らぎます
動かし続けていれば・・可動域が狭まらず
多少の弱化はあっても・・
それまでと同じようなことができるもんです

腱板の再建術をすれば・・改善は期待できますが
今までの補完的な代替筋が無力化してしまうから
1~2年・・陶芸の仕事が出来ない可能性があります

そこで・・結論的には
投薬で今の痛みを解放すれば・・腕はあげられるはずだから
このまま保存療法でゆきましょう
その上での不自由は・・リハビリの併用もあるしね」


このご託宣・・ズバリです
古傷と書いたのは・・始まりが4~5年前だったからで
釉材料の紙袋を絞ったときに・・ギクッときたのでした
頭が洗えないほどに痛くて・・上腕の挙上ができなかったのですが
この種の痛みには強いこともあって・・イテッ~!って言いながら
棚板かついで上げ下げしてたら・・いつのまにか痛みはとれたのでした

ただ・・次第に老化も強くなるから
我流のガンバリズムじゃすまない時期も近いはず
今回を最後に・・更に注意深く身体を大事にしなきゃ
そう痛感しています
d0085887_9635.jpg

昨日からの痛みどめも効いてきて・・今朝は大分楽です
薬のせいだけでなく・・現状と方針がはっきりしたからでしょう
病院は行かずに済めば・・それにこしたことはありませんが
こうしていざとなると・・古巣はありがたいものです

診察後・・もしもの時にと
リハビリを含めて丁寧に説明してくれたのは
理学療法の技師長でもある・・Y君
私が在任の頃・・受傷で入院したのがきっかけ
サッカー選手としての生命線に影響したことから方向転換
病院も支援して・・理学療法士を目指して専門学校に入学し
今では立派な技師長・・四半世紀はあっという間でした

陶芸家として残された選手寿命も・・せいぜい10年ほどか
そうした事情も・・私の性格・性癖も承知の上で
最善の手段を助言してくれる・・それが古巣でもあって
有り難いことだと感謝しつつ・・再診日を約束して帰宅したのでした



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-02-18 10:39 | ○未分類 | Comments(6)