ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

<   2014年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

d0085887_2226466.jpg

〇森さんの・・茶碗
鉄赤釉の微妙な色合いのむらは
しっかりとしたロクロの上でこそ・・効果的なようです

〇森さんは・・お茶の稽古をしていますから
きっと・・愛用の茶碗になるんでしょう
d0085887_22265542.jpg

〇木さんの・・四方皿
これは・・ロクロで挽いて四方を落とし
角皿にしています

蝋抜きで黒釉を掛けたもの
〇木さんは・・お茶の先生
お茶席で使う器として・・さりげないお洒落です
d0085887_2227328.jpg

〇宮さんの・・染付け猫箸置き
立体にした猫の自然な仕種・・さすがです
d0085887_22271832.jpg

〇原さんの・・泥彩皿
25cmほどでしょうか・・使い勝手の良い皿です
マスキングによる生ま掛け泥彩
筆と霧吹きを使って・・微妙な色調にあがりました

今回の作品・・取り上げた四人とも
とても丁寧な仕事をしてるせいで
シンプルな加飾が・・ぼんやりせず
適度に品良く・・仕上がったと思います
d0085887_22272911.jpg

明日は・・二窯目を焼きます
大きめの花入れが・・沢山あります
うまくいってほしいものです



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-01-31 23:09 | ○陶芸教室 | Comments(4)
d0085887_651339.jpg

エンジンを掛けっ放しにして・・車から離れ
僅かな時間でしかないのに・・車を盗まれたって
ときどきニュースで聞く・・勿論盗めば罪だ

でも・・どうぞ盗んでくださいと云わんばかりの無防御
それも・・威張れたもんじゃない
面倒でもエンジンを切ってキーを持てば・・防げる犯罪である

「・・戦争をやれる人間がいないのに・・
戦争ができる国にしてしまったら・・どうなる?・・」
キーを握ってるのは国民・・忘れちゃいけない

正しく戦争をやれる人間なんているわけもないから
戦争が始まれば・・否応なく結果は悲惨の極みだ

「永遠のゼロ」・・一気に読み終えた
涙がこぼれるほど・・切ない

そして・・
「・・戦争をやれる人間がいないのに・・
戦争ができる国にしてしまったら・・どうなる?・・」
深く・・思いに浸った

たった今の世界に・・
茫として不安に思うものは・・これだ
勿論・・日本だって同じである

「永遠のゼロ」・・是非お読みになってほしい
この時代背景の中からは・・
決して・・小保方晴子さんの快挙は生まれない
若者が・・途方もない可能性を発揮できる社会
小賢しい政治で・・時代を逆走させることだけは
絶対に間違わないでほしい・・そう願うばかりである



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-01-31 07:23 | ●エッセイ | Comments(4)
d0085887_222535100.jpg

工房を移転するとなると・・窯場の在りようも変わる
限られたスペースの中で・・一通りの用途を満たすためのレイアウト
図面と首っ引きで色々考えた・・その結果

この0.4米のガス窯は・・移転を諦めた
幸いメーカーさんの情報で・・中古での引合いがあるとか
ならばと・・引きとってもらうことになった

このガス窯は・・専ら還元焼成で使ってきた
15年ほどのつきあい・・手放すとなればちと寂しくもある
d0085887_22254493.jpg

17kwの電気窯・・酸化焼成専用
今日は・・生徒さんの作品の本焼きをしてた
移転前・・多分最後の窯になりそうだ

この窯は・・私の出品用の大物も入る
そこで・・移転に伴ってこれと同じサイズで
バーナーを入れられる還元用を・・新しく注文した
電気による還元は初めての経験・・楽しみにしよう
d0085887_2225515.jpg

17kw2基を・・同時焼成させなければ
焼成管理装置は共有できる・・イニシャルコストも下げられるし
基本契約も安くて済むから・・ランニングの節約になりそうだ
d0085887_2226284.jpg

この4kwの豆電気窯は・・一緒に移転する
ちょっとした量・・急ぎのテストなどで
この窯の便利さは・・なくてはならぬ必須アイテム
d0085887_2226991.jpg

今日も・・昼からの思いつきで
私の抹茶碗を8個ほど・・素焼きした

夜の9時二基の焼成が終わって・・今夜も歩いた
いっときに比べて・・すっかり寒さが和らいでる
気持ちのよい汗をかいて・・一日が終わった



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-01-29 22:58 | ●工房便り | Comments(0)
d0085887_2301671.jpg

今夜は・・地元の仲間たちの新年会食が予定されてましたから
帰宅してから歩くのは遅いかもしれないと・・
午前中の暖かいうちに・・江戸川コースを歩いておきました

昼食後・・転居仕事で再びしっかりと汗をかき
シャワーしてから会合に出席しました
d0085887_2302416.jpg

百名ほど集まった賑やかな新年会
やはり馴染みの地元の寿司屋さんに頼んで
恒例の・・まぐろ解体まぐろ尽くしで盛り上がりました

今年は・・とりわけトロが美味くて食べ過ぎ
判っちゃいたんですが・・ついつい誘惑に負けました

そういうわけで・・急遽予定変更
帰宅するや否や・・大急ぎで着替え歩きました
夜コース・4.0km・・懺悔しながら歩きました・・アーメン



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-01-29 00:43 | ●畏友交遊 | Comments(2)
d0085887_2317769.jpg

あと二ヶ月もしたらここが・・多分私の終の棲家になる
古希を越えた老陶工にとって・・
終の棲家って・・何年くらいのスパンになるんだろ?

転居に伴って・・工房の移設を考え始めたとき
それは・・とても悩ましい問題だった
生きられる時間と仕事できる時間は・・同じ長さとは限らない

新工房で・・どれほどの仕事ができるか
いわゆる・・コスト・パフォーマンスの問題である
後を誰が継ぐわけでもない仕事場であれば・・
私が終わる時・・この工房も終わることになる
勿体なかったと思わずに済むよう・・それだけの決意が必要だった
健康のために食事や運動に気を使うのも・・そのひとつである

工房の建築を依頼した・・旧友の〇橋君に
出来るだけコストを切り詰め・・洒落てなくても使える工房
それを目標にしたい・・と頼んだ

鉄骨で作られた骨格・・工房というより工場
でも・・工場を工房らしくしてゆくのはささやかな楽しみでもある

これから肉がつき皮膚に覆われ
やがて血が通い・・全てが動き始める
居心地のいいアジト・・イメージは今までと同じである



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-01-28 00:24 | ●工房便り | Comments(2)
d0085887_2111962.jpg

三日間大事をとったせいもあって
どうやら風邪も・・かさぶたになってくれたみたいだ
だから陽ざしの暖かい午前中をねらって
四日ぶりに歩くことにした

今立ってるのは・・江戸川の土手
東を見た正面の・・あの小高い丘陵の上に住まいがある
ここまで1.5kmだ・・気持ちよく歩いた
d0085887_2113915.jpg

左を向いて北を見れば・・遥か彼方は
坂東太郎・利根川との合流点・・40数キロ先である
ここからでは見えないが・・筑波山がその向こうにそびえる
d0085887_2113259.jpg

西は東京・・空気がきれいなら富士山も見える
左前方に見えてるのがスカイツリー
河岸の木立は・・矢切の舟着き場だ
春になれば・・のどかな渡し舟で賑わう

対岸は・・寅さんでお馴染みの柴又帝釈天
60年前・・私はそのやや右手金町から越してきた
この春・・ここからまた少し奥に越そうとしてる
そして・・そこがきっと終の棲家だ
d0085887_2112687.jpg

左回りの最後の南・・家からの1.5kmに加え・・
ここから500m往復して帰宅すれば・・丁度4.0kmになる

二枚目の写真の16.75kmの表示は
東京湾からの距離・・この方向に向かえば
ディズニーランドのそばで海に出る・・遠くはない
なのに・・そのディズニーランドには一度も行ってない
そろそろ孫が行きたがる年になりそうだが
私には少々面倒だ・・だから行くこともないかも

小春日和・・は当たらない季節だけど
ちょっと歩けば汗ばむほどの気持ち良い朝
風邪で回りの悪かった血液が・・動きだしたみたいだ
4.0km45分・・いつものように判で押した

教室のない日は・・間食も我慢
三食きっちり食べて・・あとは歩け歩け!
始めてもうすぐ1年になる



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-01-26 22:53 | ●独立独歩 | Comments(0)
d0085887_2112402.jpg

このベンチにも・・真新しいピカピカの時代があったに違いない
だが・・その時の方が今より果たして美しかったんだろうか
座ればぐずぐずっと崩れそうだが・・その儚さは果たして醜なんだろうか

朽ちる・・案外好きな言葉である
形を失くして・・ぼろぼろになってゆくとしても
少しも惨めでない柔らかな生き方が見える
必定の時の流れの中で・・移りゆく必定の姿
朽ちる・・そういうことだと思うからだ

例えば・・ブライアーのスモーキング・パイプに
煙草を詰めてマッチで火をつけると・・煙草作りの職人が
丹精込めてブレンドしたフレイバーな香りがする
最初のその一服は・・勿論美味しい

だが慣れてくると・・美味しいのは最初の一服ではないと知る
ボウルの中で燃え尽きて灰になりかけた煙草が醸す最後の一服
それはもう得も言えぬ美味なのである・・朽ちゆく香りとでも

少し歳とったバーブラ・ストライサンドが・・
漆黒のスリップドレス一枚を・・実にラフに纏って
舞台で立ったり・掛けたり・坐ったりで歌ったとき
その唄が・・自在に形を壊してゆくのに感動したものだ
楽曲としての歌が素晴らしいのは言うまでもないが
それよりも遥かに・・歌い方が素晴らしかった
朽ちに手を添えた彼女の歌い方・・それが素晴らしかったのだ

朽ちるは壊れるではない・・朽ちるは腐るでもない
朽ちるは美しく滅びてゆくこと・・そんな気がする



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-01-25 21:54 | ●エッセイ | Comments(4)
d0085887_952288.jpg

鬼ってのは・・頑丈で強い者の代名詞
だから・・例えば「鬼の目にも涙」は
あの強い鬼だって・・ほろりとすることあるよって意味だ

その頑丈な鬼が急病でアタフタすりゃ・・鬼の霍乱
これで・・「おにのかくらん」と読む
この鬼の「霍乱」・・鬼の「撹乱」と間違えそうだ
アタフタは撹乱で・・霍乱は急病のこと
テレビの漢字クイズ番組で使えるな

ところで・・183cm/84kgだった鬼みたいな私も
諸般の事情で・・今や180cm/73kg
鬼に翳りが見えてきて・・すっかりおとなしい

還暦過ぎても古希あたりまでは・・鬼だったような気がするが
この数年・・霍乱に撹乱されてる

「どうすりゃ風邪ってひけるのさ?」・・って豪語してたのに
去年あたりから・・年中行事になりそうな気配である

実は・・昨日から喉風邪・鼻風邪にやられてる
大事をとって・・夜の7時半にはベッドに入ったが
腰が痛くなるばかりで・・肝心の喉・鼻は未だし

今朝も・・自室を暖かくして養生と決め込んだ
幸いというか家業がクスリ屋・・売るほどあるから
そこそこ服用して・・急性期が過ぎ去るのを待つしかない

しっかり栄養つけて・・ゆっくり休養
それも悪くはないが・・それやってると
「過食を慎んで歩くこと」・・の課題と二律背反になっちゃう

風邪は・・致命的な病気だとは思わないが
風邪そのものよりも・・回復に時間がかかって
日に日に鬼が弱体化してゆくのが・・少々不満

少し歳とったら病気しないこと・・例え風邪でもだ
霍乱で撹乱したら・・反乱を氾濫させて盛り返さねばだ
今日は大事をとる・・そういうことに決めた

過食を慎みながら・・出来るだけ安静に・・
そういうわけで・・
お見舞いの果物やケーキなど一切ご遠慮して(?)
ひたすら眠ることに専念しよう・・と思う朝である



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-01-24 10:04 | ○未分類 | Comments(6)
d0085887_22134983.jpg

サイボーグ型ロボットに続いて・・今日はその第二弾
またまた嬉しい話です

大分前(私の話は大分前が多くてすいません!)
一心同体だった盲導犬に死なれ・・絶望の淵に追いやられた盲目の方を
テレビがとり上げて・・再起の道を紹介したことがありました

死なれれば・・その日から歩くこともままならないのに
新しい盲導犬との出会いは・・決して容易ではないのです
訓練を受けた犬でも・・やはり相性があるらしく
テスト期間を設けて・・将来の繋がりを占わねばならないのです

運よくパートナーになれたとしても・・いつかまた死なれる
その悲痛な宿命を・・避けることはできません

そのドキュメントを見ていて・・
咄嗟に考えたことは・・盲導ロボットの開発でした

故障はしても死んだりはしない・・故障は直せば済みます
酷暑の夏も極寒の冬も・・主じさえ大丈夫なら委細構わずだし
古くなって買い直しても・・別段罪悪感もないでしょう
ロボット相手ならきっと気持ちが楽になるだろうな・・そう思いました

今日のニュースは・・実用化が近いと報じていました
サイボーグ型ロボットと盲導ロボットは・・
きっと・・必要としている人々の数が
掃除ロボットを便利に使いたい人々より少なくても
優先して実用化させるべき・・喫緊の課題でしょう

小さくても成功体験の積み重ねが・・個人に自信を育むのと同様
希望に満ちた話題の積み重ねが・・世のなかを進歩させるのです
二日続きの嬉しいニュース・・明日も何かないかな?です



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-01-22 22:54 | ○未分類 | Comments(2)
d0085887_2325767.jpg

at the same time and same station!
じゃねぇ!・・また来週同じ時刻に同じ局で!!
これがエンド・サインだったラジオ番組があったっけ

どうやら昨日の夜・・
ランキングのトップを走るきりんさんと私は・・
same-time & same stationでテレビを見たらしい
きりんの壺 「あきらめない」 14-01-21

学会に論文を出すより・・一人でも多く患者のためにと
だから・・研究費には苦労したらしい
こういうときって・・いつも思うのだけど
国家的支援は・・論文の数より患者の数だ
劇的に改善される患者ひとりの意味は・・
一編の論文にひけをとるとは・・思えない

山海さんは番組の途中で・・感極まって言葉がつまった
殆ど消えかけた脳からの微弱な電気信号を
身体のどこかで拾えれば・・ロボットで補助する可能性が生まれる
どこで見つけるか・・あきらめるわけにはゆかない執念なのだ
何とか見つけて・・患者さんの喜ぶ顔が見たい
その一念を貫いてきた日々の思いが・・涙になった
彼が諦めたら・・患者さんも諦めるしかない
患者さんの声なき祈り・・報いるしかない衝動にかられるのじゃなかろうか

きっと30年以上も前のことになるが・・私にも忘れられない「衝動」がある
ある日・・妻の店にひとりの少女が訪ねてきた
たまたま居合わせた私は・・彼女が差しだすメモを読んだ

そこには・・幾つもの欲しい商品名が書いてある
一瞬で意味は判った・・彼女は言葉が不自由なのだ
読み終えた私の目が彼女の目と出会って・・そこに全てが書かれていた
そのとき私に生まれた衝動は・・全てを揃えてあげようだった
「これはあるけど・・これはないよ」じゃなく
「何が何でも揃えてあげるから・・待っててね」だ
そう思わせる無垢な瞳だった・・

患者さんが不自由に立ち向かう・・その強い執念が周囲にもたらすもの
それが・・「諦めないこころ」なのだ
この患者さんの喜ぶ顔を見たいから・・不自由が大きければ大きいほど
ひとは・・ひとつの笑顔のために命を張れるのかもしれない

きりんさんが書いてる・・「中途半端に逃避する諦め」とは違う諦めとは何か?
言い方を換えれば・・してもいい諦めとは?・・私見だが私はこう思う

それは自分の「死」だ・・死ななければならない日がきたら
それまでしてきたことの全ては・・諦めるしかない
それだけが・・許される諦めじゃなかろうか?
それ以外は・・?・・ただ放棄しただけだ




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-01-22 00:36 | ●畏友交遊 | Comments(2)