<   2012年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

d0085887_224599.jpg

朝一で丸い壺を・・もっと丸く削りました
ほんとなら・・孫の陸翔のお相手をする予定でしたが
生憎・・発熱騒動で上京中止
すっかり静かで寂しい年末年始になりました

夕がた・・全ての検査をパスして
ギリギリで退院・・
初めて・・親子三人だけの年末年始
電話で・・そう伝えてきました
d0085887_22451752.jpg

そういうわけで・・
大晦日の今日も・・独り工房で仕事してました
三つとも・・粗削り
1月中納品の注文のための作品で
最終的には・・二点に絞ります
d0085887_22452514.jpg

宅急便で届いた粘土の・・おまけについてた土で
久しぶりに・・気合いのロクロを挽きました
一手勝負で潔く・・茶碗にな~れ!です

少し乾いたら・・木ベラで高台をひとカンナ
気に入っても入らなくて・・しつこくしない
そういうクセをつけることで・・もしかしたら
やがては・・気に入った茶碗になってくれるかも
d0085887_22453445.jpg

お昼は・・
昨日の残りのシチュウを私の皿に盛りました
リム鉢ですが・・パスタとかシチュウにピッタリ
使い勝手を気に入ってます
d0085887_22454286.jpg

自家用は・・傷もの
でも・・使い勝手を試すならこれで十分です
d0085887_22454921.jpg

夜は・・これも注文の茶碗に彩色をしました
幾つか作って・・好きなのを選んでもらうつもりです
d0085887_22455792.jpg

明日は・・こちらにも彩色します

こうして・・一日は終わりました
そして・・今年も終わりました
すっかり常套句のように使いますが
あっという間の一年でした

毎日のように・・更新していながら
読み返してみれば・・随分遠い日のことのようで
それでも・・全ては今年になってからのこと

光陰は矢の如く走り去って・・
ひとしずくの思い出と化してゆきます

沢山のお顔を・・思い出しながら
どうぞ・・良い年をお迎えください
今年一年・・ありがとうございました





人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_23433619.jpg

白金を筆差しした皿を・・焼いた
一見もっともらしいが・・結論は失敗
d0085887_23434638.jpg

きれいに抜けた部分もあるが・・
d0085887_23435471.jpg

素地の黒い溝に滲んでボケた部分が目立つ
原因は・・筆がはみ出たのではなく
溶液をつけ過ぎて・・その油性が
白金を溝に滲ませてしまったようだ

原液のままだと・・筆の滑りが悪いので
ちょっぴり溶液を使うのだが
その加減が・・まずかった部分に起きたようだ
d0085887_2344224.jpg

この皿の前のテストでは・・こうだった
これならいける・・と同じことをしたが
幅が狭い分・・やはりリスクは大きい
d0085887_2344915.jpg

この皿も・・テストでもあるから
そのまま・・前進してみようと
溝に・・改めて糸を貼り始めた
これは・・予定の作業
d0085887_23442867.jpg

貼り終えたら・・
雲母銀をタッピングするつもりだった

薄く何度も重ねて叩いて
次第に厚くしてゆくのだが

途中で止めた・・そして洗った
溝の黒がしっかりしてないと
多分・・コントラストが確保できないからだ
d0085887_23443538.jpg

そこで・・今度は黒を筆で差してみた
これで大丈夫なら・・
マスキングをせずにタッピングして
最後に黒を入れて・・コントラストを作ればいい

失敗からの工夫・・
勿論思い通りになる保証はない
慣れないことを始めてぶつかる失敗
めげずに思考錯誤しながら
ひとつひとつ・・答えを探すしかない
ここでも・・日暮れてなお遠い道である





人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_2347459.jpg

昨日・・粗削りだった壺
今日・・仕上削りをしました
高台周りを・・少し詰めたり
ラインに破綻がないように
細かくカンナを入れました
d0085887_23471381.jpg

ロクロ挽きしたものを・・削る
その功罪には・・色々な意見があります

一瞬の「時間」を止めて・・
その瞬間の形を残そうとすれば
極く僅か・・ひとカンナで高台を切るだけ
できるだけロクロを活かして削らない
それも一理・・茶陶などでは・・
そうした作り手の息使いを大事にします

一方・・
加飾の仕方によっては・・全面に削りを入れて
装飾の効果を高めるためのテクスチュアを作ろうとします
僅かでもロクロ目があっては・・加飾が重複してしまいます
また曲面や曲線の破綻は・・そのまま紋様の破綻にもなります

これは・・今日挽いた壺
僅かに曲面に残る破綻は
やはり削りでしか・・解決できません

一応・・丁寧に挽きはしますが
それを更に・・望ましい曲線に修正してゆく「削り」
削っている時間が・・私は大好きです
d0085887_2347237.jpg

この首のつけ根が・・素地と加飾の分かれ目
胴体は・・糸抜きで波紋が入る予定です
だから・・曖昧な接線を避けて削り込んでいます
d0085887_23473234.jpg

紋様は・・全てこの曲面に打ちます
テクスチュアに破綻があると・・
糸が・・あらぬ方向に引っ張られます
滑らかな曲面は・・そのまま糸のリズムになるのです
d0085887_23474029.jpg

粗削りよりも・・更に
高台を詰めて・・小さくしました

加飾とは関係ありませんが・・形の上で
全体に緊張感を作りたかったからです

今は・・こうした削りを楽しむ作風ではありますが
瞬間を捉えて・・いびつを活かす作りも
実は・・大好きです

糸抜きが・・そうした造形にも活かせるか
それはそれで・・別の課題かもしれません





人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_0133018.jpg

午後5時の時点で・・ここまで塗った
残りのスペースを眺めながら・・
「・・今夜中にケリつける!!」って決めた

時に・・
「必ずやっつける!」って決心することは大事だ
そうでないと・・ズルズル引っ張ってしまうもんだ
d0085887_013386.jpg

一本一本・・極細の面相筆で白金液を塗るが
なるべくはみ出さないように・・息を詰める
d0085887_0134786.jpg

途中・・夕食の1時間を引いて4時間
午後10時に・・塗り終えた

日付けが変わるまでには・・
予想より少し早目に終えることができた
少しづづ慣れてもきたのだろう
d0085887_0135517.jpg

筆塗りしか方法がないわけじゃない
でも・・養生もせずに筆で埋める
この面倒な手法に慣れておくことで
これを短縮する手段が
ほんとに短縮か・・判って来るはず

時間がかかるってことは
決して悪い手段ではない
手間ひまかけてこその表現の魅力には
捨て難いものがある
単純に短縮すれいいわけでもない
でも・・短縮の手段を模索することで
技法は・・より複合的な厚みを手にするのだ
d0085887_014334.jpg

目だってはみ出てしまった部分は
リューターを使って・・削る
昨日・・そのための新しい針も買った
1mmの幅に納まる針である
d0085887_0141078.jpg

多分・・一回焼いてからのほうが
この削りが必要かどうかが・・よく見えるはずだ
削れることが判って・・だから中止した

これが下地だから・・焼きあがったら
別の方法で重ねて塗るつもり
今のイメージでは・・タッピングかな?
どっちにしても・・焼いてみないとである
d0085887_0141790.jpg

日中はこちらを削った・・粗削り
もっと乾いたら・・仕上削りして
研摩をかける予定である




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_11231181.jpg

最初は・・ここに孫の写真をアップしていたのですが
今朝の電話で・・また少し熱が出たみたい・・です
頑張ってる孫のことを考えて・・写真をはずしました
本当に回復したら・・またということにします・・
お許しを


ほんとうは今日・・孫は飛行機で
爺と婆を訪ねてくることにしてました

そのつもりで・・それを楽しみに
少し準備もしていたのですが・・
直前になって・・熱発して
お医者さんの世話になってしまいました

昨日届いた写真が・・これ
大分元気になって・・ほっとしてます
とはいえ・・大事をとって
飛行機の旅は・・中止しました

勿論・・残念なのは言うまでありませんが
今は・・安静が大事なのは当然のことです

何一つ病気もせずに・・そうであれば
それは嬉しいことには違いありませんが
幼な児が・・やがて逞しく育つには
どうしたって・・幾つかの試練は仕方ないこと

大事なことは・・
小さな被害で済むように・・注意を払い
そして・・大きな免疫を確保してゆくことです

思いがけず親子三人・・自宅での正月を・・
ゆっくり・・水入らずで過ごしてほしい
たっぷりとした愛情が・・何よりの良薬なのです

春になったら・・やって来るか訪ねるか
楽しみに待つことにしたのでした






人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_22394160.jpg

「年内締め切り・・いつ?」
「今日中・・なら」
多分・・先週の半ば過ぎだ

大急ぎで写真を探し・・手書きのレイアウト
文字原稿をメールした・・毎年同じことしてる
恒例の「泥縄方式」だ

泥棒捕まえてから・・縄を探す
下手すりゃお手上げ・・ってこと
d0085887_22394993.jpg

嬉しいことに・・
約束の納品日より早く届けてくれた
こうなりゃ・・善は急げ!

宛名印刷を済ませたハガキを
あいうえおで分類し・・重複のチェック
というのも・・かねてからの不手際で
基本名簿に三つほどの名簿を重ねて
リストアップしたから・・ダブりが生じたのだ
d0085887_22395711.jpg

プリントアウトした名簿・・600人ほどが納まってる
人生70年・・
袖振り合うも他生の縁で芽生えた・・大事な絆

ひとりひとりに・・様々な局面を思い出す
賀状が必要だったり・・そうでなかったり
d0085887_2240526.jpg

500枚ほどに・・明日肉筆を一行
それが・・私のならわしである
d0085887_22401377.jpg

合間に・・ロクロを挽いた
注文の記念品を・・何にするか
色々作って選ぼうとしてる

既に挽いたものもあるが
二の矢も・・準備しておこう
d0085887_22402238.jpg

最後に・・大皿を挽いた
手慣れたものを用意するのは
それが・・安心につながるからかもしれない




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_21303967.jpg

今朝・・これを見て確信した
私のダウンジャケットについた足跡
絶対・・この部屋の中に猫がいると

昨日も・・実はその疑いで掃除しながら
どこかに出入りの穴がなかろうかと・・
探しながらだったが・・穴はなかった

昨夜・・厳重に戸締りしたのに
今朝は・・この足跡がみつかり
幾つかの素焼きが落ち
スチロールの箱が食い荒らされていた
d0085887_21304634.jpg

いるとすれば・・この袋の後ろか?
袋にオシッコの跡もあったから
見当をつけて・・袋を引っ張り出した

ともかく・・釉材料は重い
うんざりしながら・・どかしてみたら
「いたっ!」・・テーブルの後ろでじっと動かない
こんな狭いとこに入れるの?・・それにしても
「もしかして・・死んでる?」
そっと・・手にしてた箒の柄で突いたら
脱兎のごとく・・逃げた
d0085887_21305368.jpg

野良のすばしこさは・・驚くほどだ
飼い猫とは・・多分
草レースとオリンピックくらい違うかも・・

きっと・・この足元
また・・ここの荷物をどかした
面倒だが・・思いがけず狭くても逃げ込むから
どかすしかないのだ

また「いたっ!」だが・・逃げられた
d0085887_2131043.jpg

この棚板の壁際を・・伝って逃げる
また幾つか・・壊されれた
敵も必死・・知ったことか!だろうから
おかまいなしだ・・
d0085887_2131932.jpg

とどのつまり・・
このエアコンの上に逃げ込んだ
逃げ場を失って・・姿を隠せない
それが致命的だった

逃がさないように・・じっと睨みつけ
居合わせた妻と娘に頼んで
下のドアーを開け・・
そこから外に逃げるしかないように
棚板を使って板囲いをしてもらった

必死の猫ともなると・・凄まじい形相で唸り
ちょっとくらい箒の柄で突いても・・ビクともしない
むしろ・・飛びかかってきそうで少々不気味

箒をゴルフクラブに持ち替えて
身体を押して・・突き落とした
勿論身軽だから・・スルッと下りて
案の定・・開いてるドアーから逃げてくれた
結局は狙い通り・・殺生する気はないから
これで・・一件落着である

それから1時間・・
大山鳴動して・・鼠ならぬ猫一匹ではあったが
でっかいおまけがついた

つまり・・追いかける度に荷物を動かしたから
気がついたら・・大掃除してたみたいなもんだ

この写真は・・全て終わってからのもの
猫の足跡は消えて・・壊れた器も捨てた
明日からは・・さっぱり仕事ができそうだ

手間取らせた野良だったが・・今では多謝かも
それにしても・・多分3日ほど滞在してたはずだが
食いものはまるでなし・・きっと腹ペコに違いない
脱出できたのは・・もっけの幸い
どこぞで・・餌あさりでもしてるだろうか

メリークリスマス!!
余ったケーキでも探してみろ!!

単なる掃除より・・やっぱりくたびれた・・ハイ





人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_0281053.jpg

クリスマス直前の年の瀬が
こんなに静かなんて・・

少し工房を掃除しながら・・
夜はまた・・面相筆を走らせた
d0085887_0282115.jpg

「遅々として」・・それに焦れずに少しづつ
少しづつってやつは・・案外楽しめる
息を詰めて・・僅かな稜線の上を歩く

息を止めて何かするって・・
根拠はないが・・身体にいいような気がする
d0085887_0302014.jpg

まだ半分・・やはり遅々としてである
その上・・焼けばまた似たようなことを重ねる

どうなってゆくのか・・
それだって・・窯に入れてみないと
やきものは・・時間がかかるものなのだ
なら・・それを楽しまなきゃ・・




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_21551356.jpg

芝の東京タワーの真下・・例えは不謹慎かもだが
丁度タワーのスカートの足元・・ハイヒールのつま先のあたり
d0085887_2155211.jpg

ここにとうふ屋うかいがある

「昔からあったっけ?」・・ってつぶやいたら
「ボーリング場の跡地・・」だとか
タワーから見たら・・きっと箱庭だろう
d0085887_21553078.jpg

手をかけた庭を眺めながらの・・風情
豆腐が売りの店だから・・こうした風情は大事だ
d0085887_21553796.jpg

教室の有志で・・恒例の忘年会
去年は・・青山の一凛だった

少しお洒落して・・美食を味わう
幹事さんの・・それがコンセプト
生憎の天気だったが・・
着物姿を交えて・・工房とは一変の華やかである
d0085887_21554514.jpg

お品書きに・・本日の献立
豆腐三昧のとうふづくし
d0085887_2155542.jpg

女性が多いので・・気兼ねなくは昼間
数年前から・・昼食の忘年会になった
だから・・二次会があるわけでなく
美味しくいただいたら・・はいそれまで
けれんみがなく・・これがいい
d0085887_2156235.jpg

豆腐は淡白と思いがちだが・・
どっこい・・これが結構しっかりとした味
d0085887_21561046.jpg

「・・せんせい!・・もう食べちゃったんですかぁ?」
あっという間に腹に納まるが・・
納まってから・・ジワジワと胃に沁みる
d0085887_2156194.jpg

これを肴に・・ノンアルコールのビールをグビグビ
雰囲気を楽しんだ
d0085887_21562880.jpg

色々な感慨が押し寄せる年の瀬
安穏の日々を有り難いと思いつつ
来年は・・どんな年になるのだろう?
「日々是好日」・・そうであってほしものだと願いながら

「みんな!・・良い年をねっ!!」
そう言って・・別れたのだった




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_21465692.jpg

教室を始めて・・15年目の年末
今日で・・今年の稽古は終わりました
2週間の休講となると・・
今日挽いても・・湿度管理が難しいので

生徒さんは・・少し残った削りなどして
焼成済みの作品を抱えて
早めに帰ってゆきました
d0085887_21472469.jpg

この休みの間に・・作業を進めたくて
注文の作品の削りにかかりました

素焼きを済ませてからが・・細かい仕事
できるだけ集中したい思いなのです
d0085887_2147311.jpg

骨壷らしくない骨壷・・
これは・・今は亡きカメラマンSさんのため

異境の住まいが・・安住であってほしいと
角張らず・・丸くしてみたいけど
果たして住み心地は・・?
Sさんは・・答えてくれそうにありません
d0085887_21474084.jpg

妻が届けてくれた夕食を・・久しぶりに工房で
勿論ノン・アルコールですが・・一本つけました・・笑
最近・・ちょっとくせになって
呑ん兵衛気分を・・楽しんでいます





人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]