ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

<   2012年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

去年の暮・・義兄は逝った
その直前に・・義兄は妻である義姉を失くした
その葬儀の席に・・兄は車椅子で出席した
自分もまた入院している最中に・・
妻が先立ってしまったのだ

悄然とした兄の様子を眺めながら
妹になる私の妻に・・こう言った
「兄貴は・・もしかしたら長くないかも・・」

それには・・理由があったのだが
まもなく・・予感は現実になってしまった
d0085887_0411675.jpg

夕方・・妻が私に新聞を見せた
「榎本さん・・亡くなったって書いてる・・」
それがこの記事である

今でこそ・・イチローの大活躍は
彼の名前を・・一躍世界的にしたが
先代の安打製造機・・榎本喜八を知る人は多くない

当時の弱小球団にいたせいもあるが
決してスター選手とはいえなかったが
記録を見ても判る通り・・不世出の大打者である

昭和40年代・・彼はまだ現役だったから
スポーツニュースの取材で訪ねた
今はない南千住の東京スタジアムで
何度か会ったが・・「今日も閑古鳥が・・鳴いてらぁ~!」
そんな時代だった
d0085887_04196.jpg

「もしかしたらさ・・兄貴が呼んだのかもな・・」
私は新聞を読みながら・・妻にそう言った

去年の暮れに逝った義兄は・・
早稲田実業時代・・榎本選手と同級生
ふたりで何度も甲子園で野球をしてたのだ
数年後に王貞治選手の活躍で・・優勝もしたが
兄たちの時代でも・・強豪だった

早実を出ると・・榎本はプロ野球に
兄は・・ノンプロのサッポロビールに入り
後楽園で活躍した

妻の葬儀に車椅子で出席したのは
病気のために足を切断する手術を受けた直後だったからで
あのアスリート時代を思えば・・
耐えがたいほどに屈辱的だったに違いない
悄然としていたのも・・無理もないことで
その上・・妻に逝かれてしまい
人生への失望は・・想像に難くなかった
「・・もしかしたら・・」と言ったのは・・
そう言うわけだった

チームメイトとして・・寝食を共にした青春
あの輝かしい青春は・・半世紀以上も昔のこと
甲子園では・・今日も熱戦が続いている
兄から見れば・・孫みたいな選手たち
でも・・甲子園のグランドは・・今も同じだ

もうひとつの甲子園は・・
静かに幕を閉じて・・ざわめきも消えた
今ごろどこかで・・
二人はキャッチボールでもしてるのかも・・



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-03-31 01:39 | ●エッセイ | Comments(0)
d0085887_052578.jpg

明日は・・素焼きの窯炊き予定
今朝から・・作品を最終的に手入れ・点検して
電気窯に詰めました

個展用と公募展用
大皿は・・既に下段に詰めてあって
上には・・小物が乗ります
ほぼ満タンで・・バランスよく詰まりました
d0085887_05324100.jpg

独りで・・黙々と仕事してると
おやつが楽しみ・・エネルギー源でもあります

最近のお気に入りは・・これ
クリームチーズと・・カマンベール
d0085887_0533456.jpg

勿論食べ過ぎはいけませんが
スウィーツばかりでもまずかろうと
いろいろ工夫して・・楽しんでいます
d0085887_0534270.jpg

珈琲や紅茶と組み合わせて・・tea-time
今日は・・暖かい一日でした



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-03-30 01:17 | ●お気に入り | Comments(2)
d0085887_2226753.jpg

その発言を・・
生まで聞いたわけでなく・・
文字で読んだわけでもない

ニュースで断片的に聞いただけだが
もしほんとなら・・
それを世界はどう聞いたか・・少々不安だ

野田総理大臣は・・こう言ったとある
東日本大震災に関してだが・・
「想定外を想定することの重要性」・・とか

巨大地震・津波・原発事故
そのどれも・・予想をはるかに超えた災害だった
その意味での発言・・判らないではないが
これは・・俗に言うレトリックに過ぎない

何故なら・・想定外を想定するとして・・
なら・・具体的に何をするつもりなのか?
何の答えにもなっていないのだ

大事なことは・・想定外を想定することではなく
想定内を・・どこまで膨らませられるか
それを具体的に羅列してみることだ

きっと・・それでも決して十分な備えではない
想定外の極限は・・無限
到底量り知れるものではないからだ
10mの堤防を・・20mにすることは
想定内の拡張にすぎず
想定外を想定したことにはならない

その意味で・・今回の災害で
極めて象徴的な出来事がある

そこの海岸は津波護岸が難しく
殆ど無防備に近かったそうだ
しかし・・そのことを周知徹底していたらしい
結果的に・・死者は出なかった
町民が・・いち早く避難したからだ

防潮堤に力を注いだ海岸では
想定内の油断が・・避難を遅らせ
甚大な被害になってしまった

想定外を想定する・・とは
防潮堤を何メートルにするかではない
どんな防御をしても・・なお一目散に逃げる
その意識を・・徹底的に周知することが
実は・・無限大への唯一の防御かもしれないのだ

「・・想定外を想定する重要性・・」
これがレトリックに過ぎないのは
想定外を定義していないことと
想定外を想定することの具体性を
なにひとつ示していないことである

もっともらしい響きを感じさせながら
しかし・・なにひとつリアリティーを持たない言葉
今の政治の象徴・・そんな気がしてならない





人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-03-29 00:47 | ●世相あれこれ | Comments(0)
d0085887_2333988.jpg

公募展は・・モノトーンの糸抜き波状紋だから
こうして彩色器は・・それだけでも気分的に楽しい
d0085887_23331667.jpg

ぼかしを入れれば・・そこには春が・・
d0085887_23351750.jpg

大物で使う白化粧を・・
季節に応じた色化粧に変えて
色々試している
d0085887_23353310.jpg

色を使うことは・・
生活に関わりを求めること
上手く使えれば
日々の営みに・・溶け込むはず

新鮮な色彩・・
大事な課題だと思ってる




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-03-28 00:16 | ●工房便り | Comments(4)
d0085887_2332978.jpg

この玄関で・・花器の注文をいただいた
1年前のこと・・大皿の納品で伺ったその日だった

途中で・・ロクロから板作りに変えたり
それが・・炉内で暴発したり・・
未熟を暴露しながらの・・1年
やっと・・納まるべき場所に納まった
d0085887_23322434.jpg

地元の旧家・・
〇山家の玄関は・・ともかく広い

工房では・・そこそこの大きさも
ここに置けば借りてきた猫・・実におとなしい

ただ・・大きさはともかく
端正な器でないと・・と
直感的に感じたことを・・思いだす

大きな器の場合・・僅かなやり過ぎで
品性が失われるのが・・こわいのだ
d0085887_23323631.jpg

できるだけ・・注意深く作ったつもりだが・・
決して・・十分に満足できたとはいえまい
でも・・それはこれからも同じだ
ベストを尽くす・・いつでもそれしかない



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-03-27 00:13 | ●畏友交遊 | Comments(6)
d0085887_8334932.jpg

昨日は終日外出・・深夜帰宅
更新できないままに・・寝てしまいましたから
今朝は・「困ったときの孫頼み」です・・苦笑

去年の5月18日・・彼は生まれました
遠くに住んでいるから・・
ちょくちょく会えるわけじゃないけど
嫁が送ってくれる写真の中で
スクスクと育っています

初節句を目前に・・妻が・・
大きな梱包を送りました・・兜です
新しいものではありません

彼の父が・・39年前に飾ったものです
確か・・祖父母が買い与えたもの
親子二代の・・初節句
こうして見ると・・息子の往時が目に浮かびます
さすがによく似ています・・親子ですね

実は・・私は自分の節句を憶えています
本物の兜の前で・・本物の刀を持って写真を撮りました
その写真を探したこともあるのですが
見当たりません・・無理もない長い時間です
(錯覚してましたが・・勿論1才ではありませんね・・苦笑
さすがにそれは無理・・多分5歳のときでしょう
だから初節句ではないですね・・ペコッ!)


d0085887_8315491.jpg

こんな写真も・・届きました
若夫婦が・・私に気を遣ってくれてるみたいです
何故かって・・?・・私の干支は「午」なのです・・笑

来年の正月までの間に・・
何とか機会を作って・・会いに行きたいものです
きっと・・そのころには
たどたどしくても・・お喋りができるかもしれません
楽しみに・・日々を頑張ることにします



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-03-26 08:56 | ●愛しきものよ・・ | Comments(2)
d0085887_23291560.jpg

この欠片(かけら)・・わざわざ作ったわけじゃない
d0085887_2331282.jpg

丸い鉢を・・四方鉢にしようと
四面カットしたら・・できた欠片
d0085887_23292510.jpg

教室やりながら・・
気の向くままうす削りして・・
木の葉皿になった・・廃物活用かも

少し薄くし過ぎたかも知れない
ちょっとした力で割れるかも
高価な珍味を・・ポチッと盛って
洒落た酒肴皿・・にでも
d0085887_23302115.jpg

夕方・・近くのホームセンターに・・
これから作る・・多種な色化粧泥をストックするため
テストを繰り返して・・定番化を図るためである

面倒だが・・できるだけ正確にデータ化して
再現性を確保する必要があるのだ
陶芸って・・結構地味で時間のかかる仕事である

どんなに若いころから始めても
生きてるうちに・・終着駅に着けるようなもんじゃない
焦っても仕方ないのは・・そういうわけなのだ




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-03-24 23:55 | ●工房便り | Comments(0)
d0085887_053380.jpg

ロクロは・・
陶芸の発展には不可欠な道具である
量産も・・軽量化も
この道具なしには叶わなかった筈だ

長所を数えればきりないが
欠点は・・ひとつだけ
一義的には・・丸いものしか作れない

上手くなればなるほど
作りは・・きれいに丸くなる
だから・・その欠点を壊そうとしたら
手でつぶしてみたり
口縁部を・・切り取って
丸から脱出するしかない

ロクロによる四方鉢は・・
四辺を切り離しました・・ってこと
d0085887_053213.jpg

美濃の名工・・鯉江良二さんは
ロクロ盤の芯をはずして土を置いてみたり
亀板を斜めに装着したりして
丸や対称から外れた作品を作る
タブーから脱出した自由な造形には
限りない憧れを・・感じもするが
実際には・・途方もなく難しい
自由は・・出鱈目とは違うからだ

いつか・・そうしたロクロが挽ける日をと
願いつつも・・今は真円の中で生きよう
d0085887_0533415.jpg

50cmほどの大皿も・・
四辺を落とせば・・40角を切ってしまう

もしも・・60角もの四方鉢となれば
ロクロでは・・80cmから先の大きさが必要
板で作ったほうがましだろうが
ロクロの強みのひとつが・・歪みに強い

長短色々あって・・
作家は技法を選び・・技を磨く

いつだったか・・番組制作をしてたころ
F1レーサーの取材をしたことがあった

200~300km/hourの高速運転なのに
正確には判らないが・・7~8段ものギアを
殆どレバーから手を離すこともないまま
頻繁にチェンジするのを見て・・仰天した
トップ・ギアで・・突っ走ってるわけじゃないのだ

エンジンと路面のレスポンスに・・じっと耳を傾け
僅かな変化に対応してギアを変える
その高度で繊細な語らいが・・
理想の走りを生むのだと・・教えられた

技とは・・そうしたもの
何をするにせよ・・聞き耳をたてて
微変に反応する感性を大事にしたい・・と思う





人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-03-24 01:46 | ●工房便り | Comments(2)
d0085887_0223817.jpg

去年の11月・・
炉内で爆発したタタラ作りの花器

今朝の窯だしで・・無事に姿を現しました
d0085887_0225590.jpg

爆発直後に・・注文主さんの了解をいただいて
慎重にリベンジしてきました
同じ作品で二度過ちを重ねるのは
トラウマになりかねないこと
だから・・今朝の窯出しもゆっくり冷ましました
d0085887_0232887.jpg

明日・・水を通して問題なければ
どうにか・・納品にこぎつけます

ロクロ挽きが殆どの・・私の制作
今までで・・最大の板作りです
無事なら・・やはり嬉しいリベンジなのです

昨日も書きましたが・・
やりたいことは・・判っています
ただ・・技術が伴うか
いつでも・・大きな壁が待っていて
乗り越える必要があります
d0085887_0233754.jpg

夕方から・・
教室をしながら・・大鉢を荒削りました
「・・見るぅ~?」
居合わせた生徒さんの参考に・・

明日・・更に仕上げ削りをしてから
あたり線を入れて・・
四方鉢にカットする予定です
d0085887_0234768.jpg

尺皿5枚も・・削りました
頃合いの乾燥だと・・削りは気持ちいいものです

土の抵抗が・・削ってほしい厚みを知らせてくれます
程よく削ると・・土は静かに落ち着きます
そこが止め際・・失敗を繰り返して・・
いつか多少信じられる・・自分なりの根拠
きっと・・これが勘なのだと思います

最後に・・大鉢を両手で持って
手取りを確かめますが
バランスが良ければ・・
勘はあたっていたことになります

「勘」・・非科学的で曖昧な言葉だけど
これを磨くことも・・
大事な戦術じゃないでしょうか





人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-03-23 01:08 | ●工房便り | Comments(4)
d0085887_2382132.jpg

この板皿を・・
生まのまま丁寧に研磨したのも
d0085887_2383197.jpg

50cmに近いこの大皿を
ロクロで挽いたのも・・
何をどう作りたいかは・・はっきりしている
d0085887_2383812.jpg

その仕上がりをイメージしながら
そのためにしなくちゃならないことをし
しないでいいことはしない

目的が見えてると
するべきことをしない・・手落ちも
しなくていいことをする・・無駄も
はっきり判ってくるから・・真っすぐ進めるのだ
d0085887_238485.jpg

この関係を・・整理すると
目的が見えてることを・・戦略といい
するべきことをし・・しなくてもいいことをしない
その具体的な策のことを・・戦術というのだろう

ろくろの稽古をしたり
加飾を繰り返すのも
窯焚きに慣れようとするのも
全ては・・戦術
しかし・・それができたからといって
作りたいものが・・作れるわけじゃない
目的としての戦略が欠落すれば
戦術としての技術は・・空回りしてしまう

だから・・
戦術に長けることで・・
目標たる戦略は更に大きくなるし
戦略が見えてくれば・・
戦術を磨くことが嫌やでなくなるわけだ
d0085887_239230.jpg

あまり好きな区別ではないが・・
もしもプロ的とアマ的という言い方をすれば

戦略から戦術を導くのが・・プロ的
戦術を積み上げて戦略を模索するのが・・アマ的
この違いが・・どこに現れるかということが
最後の命題になるのだが・・それが表現力だと思う

表現とは・・戦略でもなく戦術でもなく
その両者の統合と融和の中でみえてくるもの
私は・・そう考えている

やろうとしていることは・・はっきりしているのだが
それが思い通りになるかどうか・・
徹底的に戦術を磨く・・それに尽きるのかも・・




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-03-21 23:56 | ○陶芸雑感 | Comments(0)