ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

<   2011年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

d0085887_22272761.jpg

セキュリティーに不安があって
家庭教師のsyuちゃんがくるのを待った
おかげでどうやら・・安心して使えそう
パソ環境は・・整備されたのだ

左は・・ウィンドウズXP
右は・・新規導入のウィンドウズ7である
XPに寿命が来るまでに・・
7に慣れようという寸法

早速・・少しいじってたら
グーグルの映像地図のきれいさにびっくりした
思わず・・バーチャルでパリ散歩としゃれた
d0085887_22275939.jpg

忘れ難いパリの思い出は・・このアドレス
40年前この住所には・・Barエトワールがあった
日本人姉妹の店で・・
パリ滞在の日本人のアジトみたいだった

テレビ番組の取材で世界を歩いていた時代
スタッフは誰でも・・パリならここがベースだった
でもどういうわけか私は・・
ここに来たのはたった一回だった・・1970年のこと

その前年のアラスカ闘病から帰還して
常夏のグアムで再起を計り
満を持してのパリ行きだったが
結局・・このときのパリが最後の取材になった

体調を崩して取材を中断し
スタッフと離れて・・パリに残った私は
Barエトワールの姉妹の好意で
帰国までの失意の日々を・・慰められたのだった
三島由紀夫が自決した・・あの暗い晩秋の年だった
d0085887_22281836.jpg

グーグルが示す・・このアドレスはここだ
右手のブルーの構えが・・そうだとある
勿論・・Barエトワールはないが・・
この道の雰囲気には・・覚えがある

コンコルドを背中に背負って
正面の凱旋門の右手2時方向の一角
そのあたりが17区で・・
マクマホーン通りを暫く行って
左折が・・アカシア通りだが
右折すると・・エトワール通り
d0085887_22282958.jpg

これが・・そのエトワール通りだが
定宿の木賃宿・・スターホテルは
確か・・このあたりだったような気がする

英語の名前がついたホテルは・・安ホテル
そう言われていたが・・
フロントのアンリが・・面倒見のいい奴で
小さいホテルだったが・・居心地は悪くなかった

何が原因でだったか・・覚えてないが
一台が止まれば・・後ろがつっかえるほど細い道
ホテルの前で・・乗ってきたタクシーと
口喧嘩したのを思い出す

後ろからクラクション鳴らされながら
フランス語と日本語の喧嘩
意味は通じなくても
ののしり合えば・・喧嘩は通じる
「うっせえ・ばあろう・・あほとんま!」
きっと運転手も・・似たようなことを
フランス語で・・わめいたにちがいない

懐かしい思い出・・である
すっかり飛行機嫌いになってしまったから
生きてる間に・・
再びパリを訪ねることもなさそうだが
グーグルを使えば・・
あの時代に歩いたパリの道を
もう一度歩けそうだ

貧乏旅行だったから・・よく歩いた
その分・・道も思い出せる

ホテルルーブルを出て・・
ポンヌッフを渡って・・ノートルダム
サンジェルマンから・・パリ大学を抜けて
モンパルナスへ・・アンバリッドからコンコルド
凱旋門・・戻ってマドレーヌ・・サンノーレ・・オペラ
一日で歩いた覚えがあるが
今では・・到底無理だ・・だから
せめてグーグルで・・である



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2011-11-30 23:48 | ●エッセイ | Comments(8)
d0085887_0392185.jpg

野性の懐柔11/10/26

一カ月前・・こんなことを書いた
野性は懐柔されつつ・・やがて
それを喪失する日が来そうだと
そんな予感があった

勿論・・野性の全てが失われることはない
飼い猫だった時代がまるでなさそうなだけに
生きてゆく上での緊張感を・・
簡単に捨てたりはしない

でも・・一部は喪失した
というより放棄したとでも・・
一週間ほど前から・・こうして
私の膝に抱かれるようになった

素早く手を動かしたり
大きな音をたてたりすると
一瞬で・・膝から脱して逃げるが
穏やかに撫でてやれば・・喉を鳴らす
警戒を緩めて・・身体を押しつけてくる

震災以降のねずみ騒動
せめて用心棒になってほしくて
一宿一飯の面倒をみることにしたのだが
そこは・・律儀な渡世のようで
既に二匹・・どこで捕獲したか知らないが
ともかく・・獲物を咥えて朝帰りしてきた

献上品の土産はほしくないから・・
用心棒で追っ払ってくれるか
獲ったなら獲ったで・・
ビニール袋に入れて・・
生ゴミ扱いにしといてくれりゃいいが
言ったところで・・分からない

一カ月前に比べれば・・随分と
優しい表情になってきたのは
やることやってらぁ!・・の自信のせいかも・・




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2011-11-30 01:05 | ●お気に入り | Comments(4)
d0085887_0222124.jpg

   折々の折り・・ 連続で1001夜を書き終えた2005年の暮れ
    その全てをプリントアウトしてみたら・・こんなになった



折々の折り 2008/08/31 幸福

極く普通の人生なら・・69歳の今
定年も過ぎて・・実業から足を洗うか
洗わずとも・・多少の不満を愚痴りながら
雇われ仕事で日々を過ごしているかあたりだ

それだとて・・何の障害もなく
身体を使って・・働ければオンの字ではないか
100億使って・・一攫千金に酔ったとしても
そのツケは・・およそ幸福とは縁遠い

幸福とは・・なんぞや?
人類永遠の謎かもしれない

3年前・・こんなことを書いていた
今にして思えば・・
陶芸に出会えた晩節は・・まさに幸運
その幸運を大事にして・・
ささやかな幸福を味あわせてもらってる

これがなかったら・・今
何をしてただろ・・?
想像さえ・・できないほど
今に・・感謝なのである



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2011-11-29 00:42 | ○折々の折り | Comments(4)
d0085887_0351328.jpg

私のベッドに居すわる柴11歳
桃次郎は・・我が家の箱入り息子
ベッドもベランダも・・わがもの顔で
箱入りの特権を享受してきました
d0085887_0322530.jpg

一カ月ほど前から・・訳あり事情で
我が家に住みつくことになったサバトラちゃん
♂♀不明で・・ミーと源氏名をつけています
でもどうやら・・♀のようです

寒さを迎え始めた昨今
私の餌づけ作戦に・・降参して
おとなしく抱かれるようになったのですが
これが・・なかなかのしたたかさで
箱入り息子を・・脅かしています
d0085887_0323520.jpg

これまでの10年間・・日中は・・
箱入り息子の牙城だったベランダ
図々しく・・ミーは押し寄せてきました

屋根をウロウロして・・眼を飛ばしてたころは
桃次郎も・・吠えたてて追っ払おうとしてましたが
こうして・・牙城でにらみ合うようになると
どうやら・・箱入り息子の負けです

生まれてこの方・・ずっと野性だったらしいミーは
幾ら図体がでかくても・・
寵愛の甘さに浸った桃次郎の敵ではありません

写真には写りませんが
実は・・桃次郎の身体は小刻みに震えています
泰然としたミーとは対照的です
d0085887_0324439.jpg

やがて・・一触即発の瞬間がやってきました
意を決して小屋の陰から近づいた箱入り息子に
野性のミーも近づきました

両者にとって養親でもある私は・・
固唾を飲んで様子を見てましたが
互いに・・吠えも唸りもせず
取っ組み合いにも・・なりません
友好・敵対・・どちらに転ぶか様子見なのです

もしかしたら・・?・・という予感
いずれの日か・・
ミーは桃の腹に頭を乗せて
ふたりで・・寛ぐんじゃなかろうか・・?

爪さえ立てなきゃ・・きっと
桃次郎の震えも止まりそうな気がするのです

桃のお人好し・・ミーの突っ張り
もしかしたら・・共存できるのかも
密かな期待を抱いて・・
しばらく観察することにしたのでした

私が部屋の中で動くと
窓の外で・・ミーが鳴きます
箱入り息子には許しても
まだ・・ミーは箱入りではありません
冷え込む夜ですが・・
毛布と座布団の箱で寝ています
結構イケメンのサバトラなのです




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2011-11-28 01:14 | ●エッセイ | Comments(2)
d0085887_084115.jpg

二週間前・・思いがけない事故で
爆発へのリベンジが始まりました
d0085887_085534.jpg

昨日・・千葉の神谷先生の工房で
タタラ板を作らせていただきました

一枚が10kg
d0085887_09943.jpg

それ8枚を自宅に持ち帰り
乾燥のために・・一夜をあかし・・
d0085887_095291.jpg

今夜・・乾燥度を見計らって
組み立てました
教室の会員さんがふたり
手助けにきてくれました

二基作り終わって10時半
今夜は・・無性に眠いので
少し早目に休むことにしました

フォトも撮ってあるので
詳しいことは・・また明日
おやすみなさい・・!




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2011-11-27 00:30 | ●工房便り | Comments(0)
d0085887_1295380.jpg

そろそろ鍋の季節・・
我が家の定番のひとつが・・豚白菜鍋
豚と白菜だけを・・水と酒で煮る
d0085887_130388.jpg

同じ鍋を出す店が人形町にある・・
「やましょう人形町店」・・初めての店
11/16に人形町発・・で書いた
芳味亭のすぐ近くである・・

給料日直後の花金・・
そのせいか・・予約がとれたのは9時
我が家から車で40分ほど
妻と連れだって・・出かけた
d0085887_1301639.jpg

こんな時間に・・
30代と思しき若者たちがガンガン出入りする・・
仕事帰り・・聞くともなく聞こえる話題が
新しいイベントの話だったり
海外事情だったり・・楽しそうな世代だ
そこ此処で・・ひとと鍋の熱気にむせる

カタクリで巻いたんだろうか・・
カリカリした牛蒡のサラダ
のっけから・・いい食感・・美味しい
d0085887_1302990.jpg

地鳥のたたき・・これ気に入った
温かい鶏が・・酢味でさっぱりした風味
d0085887_1304020.jpg

手羽先の唐揚げ
つい先日・・カーネル・サンダースのチキンを食べたばかり
鳥づいて・・こんなこともある
d0085887_1305138.jpg

やがて・・待望のやましょう鍋
白菜に挟まった黒豚が・・
大輪の花のように・・鍋を埋めている

灰汁をすくいながら・・煮立つのを待った
酢醤油で微調整しながら・・熱々で食べる
我が家の酒煮とは・・またひと味違うが
好きな組み合わせ・・やはりこれもいい
d0085887_13183.jpg

〆に雑炊・・すっかり満腹・満足だった
若者たちの熱気の中の・・老夫婦
話しがはずむわけではないが・・
周囲の賑わいに包まれて・・静かに食った
一杯喋ったような・・そんな気分だった

人形町・・探せば面白い町だ


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2011-11-26 02:26 | ●お気に入り | Comments(6)
d0085887_0372184.jpg

「目がものさしで・・手が道具」
たしか・・加藤唐九郎さんの言葉

ものさしを使わずとも・・目が寸法を覚え
自分の手一本で・・作りも細工も何でもできる

そうなれ・・という教えなのだ
d0085887_105348.jpg

2001年・・日本陶芸展での初出品初入選が
プロへの道を歩き出すきっかけになったが
その時の出品は・・「黒天目組鉢」
図録で見ると・・径が22cm高7.5cmとある

目がものさし・・になるくらい
同寸同姿にこだわって作ったが
爾来・・最も大事にしている教えである
d0085887_0372929.jpg

土塊の大きさから・・寸法を量る
そして・・正確にその寸法を守り
目で・・しっかりと記憶する

面倒でも繰り返し・・同じことをすると
次第に・・目がものを言うようになる
「これで12cm!」・・量らずとも見えてくる
d0085887_0375716.jpg

途中の寸法を・・きちんと守りさえすれば
最後の姿も・・同じになる
31cmを狙うのではなく・・
結果として31cmになればいいのだ

ひとつひとつの寸法を・・目で覚えて
できるだけ少ない手数で・・正確に通過する
31cmで揃うには・・必至の過程なのだ

大きな公募展に出品する場合
上がりが25~30cmくらいの器は
高さの誤差は・・0mm
直径の誤差は・・2mm以内
自分の基準を作って・・
その範囲内で・・6客に組むようにしてきた

目がものさしで・・手が道具
このふたつは・・有り難いことに
置き忘れもなければ・・失くすこともない

だから・・道具箱の要らない・・
便利な道具なのである




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2011-11-25 01:30 | ●窯だ行進曲 | Comments(2)
d0085887_085350.jpg

生後半年・・
嫁の心づかいで送られてくる・・孫の写真

お食い初めで・・初対面して以来
また一段と成長して・・この通り

爺としては・・言うまでもなく
無条件で・・このあどけなさに参ったである 
d0085887_09365.jpg

同じころの・・息子の面立ちにも似ていて
40年近い年月が・・走馬灯のように
私の頭の中を・・駆け巡る

遠く離れているから
まみえることの少ない日々だが
それでも・・一葉の写真の中で
幼い命が・・すくすくと育つのを感じている

正月には・・やってくるようだ



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2011-11-24 00:25 | ●お気に入り | Comments(14)
d0085887_2238780.jpg

この皿から・・何かを削り
より完成度をあげようとしたら・・
必要なのは・・勇気だ
d0085887_22381581.jpg

一方・・
この皿に・・何かを加えて
より完成度をあげようとするなら・・
必要なのは・・才能

迷ったら・・勇気に賭ける方がいい
勇気は・・誰でも奮い立たせることができるが
才能は・・誰もが絞りだせるものじゃないからだ

足し算は引き算より・・遥かに難しい
大皿に糸を貼りながら・・
思うのは・・いつもこのことだ

これまで・・私の場合殆ど
「勇気を奮うことに」・・に挑んできた
52歳からの陶芸で・・一番大事なのは
きっとそれだと思ってきたからだ




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2011-11-22 22:48 | ○陶芸雑感 | Comments(4)
d0085887_2253859.jpg

              川の向こうに・・夕日が輝き
              土手に影をつくりながら・・
              川面に・・光の帯が・・

たったそれだけの写真だが・・
色彩の情報を少しはぎ取ってしまうと
何やら・・幻想じみて・・そして
想像をかきたてる



情報「化」社会は・・今や世界の趨勢
そして・・
情報「過」社会も・・世界の潮流かもしれない

情報を渇望し・・情報に踊らされ
情報に埋没し・・とどのつまり
人間は・・どこに行きたいのだろう

朝食を食べながら・・テレビで流れる
不確かな情報の洪水を見て
そこはかとない不安に襲われる
d0085887_2227409.jpg

全ての色を混色したら・・何色になるか?
試したことはないが・・黒だそうだ

何でほしいのかを見失いながら
それでも闇雲に・・情報を集めれば
答えは結局・・真っ黒になるだけ
過ぎれは・・
光りの見えない暗黒への道でしかない
d0085887_23214721.jpg

情報に依存するのは・・想像力を失うこと
想像力のないところに・・新しい価値は生まれない

大事なことは・・情報の量ではない
想像力をかきたてるに相応しい・・
少なめでも・・質の良い情報じゃなかろうか

白いトルコ桔梗に・・
僅かな色彩情報を加えたら・・こんな桔梗になった
もっと加えたら・・これも真っ黒

情報ってのは・・
ほんとは実に扱いの難しいものだ
軽々しく・・舐めてかかるのは恐ろしい
そんな気がする・・今の世界である



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2011-11-21 23:31 | ●エッセイ | Comments(4)