<   2011年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

d0085887_23193638.jpg

先日・・亀裂が入って失敗した花入れ
壊したら・・幾つかのパーツができた

転んだけど・・ただでは起きないことに決めた
幾つかの板パーツを残して・・細工しようっとだ
d0085887_23194537.jpg

試しに・・これを・・
d0085887_23195515.jpg

深く考えずに削ったら・・硯みたいだ
d0085887_2320635.jpg

まぁ・・あとで糸を貼ってみようと思ってるから
そんなのあるのかどうか・・硯皿とでも
d0085887_23203060.jpg

菓子皿にでも・・ならないかなぁ・・・



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_2346247.jpg

今年の伝統工芸陶芸部会展の最終日
今日は・・私の当番日でしたから
朝から・・会場に詰めました
d0085887_23463541.jpg

私のブログでお馴染みの・・
MaさんとMoさんが来てくれました

お尋ねに答えて少し解説しながら・・歩きました
お昼もお茶も一緒で・・賑やかでした
お二人は初対面でしたが・・予想通り
まるで旧知の間柄みたい・・やっぱりねでした
そこらへんが・・ブログ交流の良さとも・・
d0085887_23464472.jpg

閉会の5時半ころになると
正会員さんたちが・・集まってきました
この展覧会は・・
会員が自分の手で並べ・・片づけるのです
d0085887_23465295.jpg

今回の受賞者で・・支部の幹事でもある
かの高名な小山耕一さんも・・現れました

「陶芸家の最も大事な資質は・・選外に慣れること」
これは・・小山さんの名言なのです
(と言って・・ご本人はしょっちゅう受賞してる~笑)
d0085887_2347191.jpg

閉会が告げられると・・集まった20人ほどの会員が
当たり前だが・・手慣れた手つきで片づけます
ほんと・・あっという間の1時間足らずで
きれいさっぱり・・ダンボール箱に納まりました

作品は・・舞台の上で華やかですが
作家は・・ほとんど裏方
隠れた仕事の一端の・・ご披露でした



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_2219382.jpg

人見知りも・・ものおじもしないはず(?)の
あの天下のたけしが・・
僅かにたじろぐのを見て可笑しかった

「・・あなたとはさ・・トモダチまでかなぁ・・
その先となると・・」
口ごもるたけしに・・掘木さんは
「・・ええっ!・・トモダチまでですか!!」と
苦笑いしてた

たしかに・・彼女のスケールを・・
対等に御せる男はそうはいるまい
たけしは鋭い・・そう思った
d0085887_2219225.jpg

ライブかアーカイブか判らないが
BSのたけしアート・ビートで
掘木エリ子さんの漉き和紙の仕事を見た

作品も素晴らしいが・・何より生き方が魅力的だ
偶然にもせよ・・飛び込んだ和紙の世界が
やはり衰亡の一途を辿ろうとして
その衰亡の理由ともなる伝統のありように
一石を投じて・・新しい世界を作り出した

「できないってことを・・知らない無知
むしろ・・その無知が財産だと思った」

彼女は・・そう言いきった

熟練の和紙漉き職人が・・
作業ミスで・・失敗とした紙を
「・・これ素敵!」・・その感性が
無知を財産に変えたのだ
d0085887_22193346.jpg

「ともかく・・難しい仕事を断らない
できそうにないからこそ
どうすりゃできる?を考えます
できるための道具を考えます」

「そして・・すぐにはじめます
あとで・・と考えたら絶対にできません」


千手観音の千の手が・・
互いに求め合った様々なコラボレーション
紙が紙でなく・・ビッグバーンのように
境界を押し広げてゆくさまは・・見事だ

「・・トモダチまでかなぁ・・その先となると・・」
たけしの予感は・・けだし真実味がある
個人的なことは・・何も知らないが
しかし・・このひとの仕事は・・
きっと・・このひとを幸せにする
彼女でなきゃ・・できない仕事

だから・・
たけしの予見は・・きっと無用だ




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_2346318.jpg


先日から・・紐を積み上げてきた大きな花入れ
乾燥も大分進んだので・・昨晩から荒削りを始めました
角の稜線をすっきりさせることと
面をできるだけ平らにしようと
側面を下に置きなおして・・削ったのでした

しかし・・多分
この倒したのがいけなかったんだと思いますが
力のベクトルに変化が出て・・ストレスを加えてしまったのかも
いずれにしても・・今朝見たら
この大きなクラックです

これでは・・救いようもありませんから
崩して再生することにしました
大失敗でした

でもこういうこともあります
めげずに作りなおしますが
やれやれ・・なのでした


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_231393.jpg

2011年5月18日・・Hello! Grandpa!
という小さな声が・・聞こえてきました
待望の初孫が・・彼 陸翔(りくと)です

こうして見ると・・陸翔の父親の同じ日と
びっくりするほど似ています

母子ともに恙無く退院して
嫁の実家で・・蝶よ花よ・・のようです

その日がきたら・・
Grandpa自作の器をもって
お食い初めを祝いに・・行きます
逞しく育て!!・・ただそれだけです

誕生の日・・沢山のメッセージをいただきました
こころからのお礼を添えて・・
陸翔を紹介させていただきます・・thanks, again!



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!






[PR]
d0085887_2314647.jpg

結局・・皿でも壺でも
造形の美しさは・・シルエットだ

口縁部から・・高台までの
柔らかく破たんのないラインの流れ
それを満たしたり・・逆に
僅かな破たんを加えることで
形に刺激を与えたり

轆轤と削りで・・
いつもそこを意識している

卵型の壺は・・
最も好きなシルエットのひとつ
高台を小さく切ることで
全体に緊張感を持たせながら・・
膨らみに・・より柔らかさが生まれる
d0085887_23143177.jpg

昨日の教室で・・
生徒さんの希望で
見本のつもりで・・これを挽いた

いつものように・・
教えるのではなく・・見てもらうことにしてる
どこを見て・・自分の技術に何を補完するか
それが主体的な稽古だと・・思うからなのだ

教えられるより・・発見する
技術の体得は・・そこにあるような気がする
(但し・・基本を習得しようとするビギナーは別
丁寧に・・教えるべきなのは当然のこと)





人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_2345328.jpg

卒後50年経っても・・男子校は男子校
大抵の女房たちは・・
「・・あなた方の世界には・・妻といえども
立ち入れないものが・・あるのよね・・」と言う

昨日の夜・・銀座の一角にその男子校の男子たちが
何と・・私のために集まってくれた
妻たちが立ち入れない熱い友情が・・かくも沢山
d0085887_2344416.jpg

幾つになっても・・むくつけき男の常か
男子校には・・細かい配慮などどこ吹く風
だって・・この看板
知らないひとが見たら・・何のことやらだろ

案内状にしても・・
要を得たたった5行の簡潔そのもの
それでも・・篤い友情は集まってくれる
少し歳老いれば・・何よりの感激である
d0085887_23445451.jpg

つい先日5/15でアップした採血クラス会
同じ顔ぶれもいれば・・別のクラスの学友もいる
12歳から17歳までの6年間・・青春を共にした絆は
年度のクラス分けなど・・壁にはなっていない

「旧い友だちを大事にする」・・母校が・・
私たちに教えた最も大事な「精神」なのだ
d0085887_23451687.jpg

せめてものお礼に用意した・・ぐい呑み
みんな酒は弱くなったが・・その分
晩節に・・友情は一段と強くなる

最後に会場に現れたのは・・
私の主治医でもある浅草の秋〇君
最後のぐい呑みを渡して・・ぴったり配れた

嬉しい夜だった・・



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_153445.jpg

昭和史を眺めていたら
この写真がでてきた
戦後すぐの総理大臣吉田茂

自民党政権崩壊時の・・あの
麻生太郎総理のお爺さんである
d0085887_114194.jpg

戦後の名宰相といわれている総理大臣だが
このひとにまつわる・・ひとつのエピソードを思い出す

「・・もしもし・・吉田だが・・」
ある日・・こんな電話がかかってくると
受けた人間は・・アッと驚いたという
独特の声音をした吉田総理の声と・・
すぐ分かるからだ

総理大臣ともなれば・・当然だが忙しい
場合によっては・・
日に何十本もの電話を受けたり掛けたりもする
だから・・大抵は秘書官が電話をして
相手方本人がでたところで・・総理がでる
それが効率ってもんだ

「・・〇〇さまですか・・ただいま総理と代わります・・」
総理大臣ともなれば・・それでいい筈である

ところが・・
吉田茂総理大臣はそうしなかったらしい
ダイヤルするのは秘書官にせよ
コールしている間に・・受話器を手にして
間に秘書官を入れなかったというわけだ

待たされることもなく・・
いきなり総理大臣がでて
用件に入るが・・この時点で
どんな用件であれ・・
「承知しました・・できるだけ・・」
そんな気分になっちゃう・・と
誰もがそう思ったらしい

秘書を介さぬ電話は・・
効率は悪いかもしれないが
効果は・・絶大である

忙しいから・・効率的に
それも分からぬではないが
忙しいからこそ・・効果的にが大事だと思う

国難を極める・・たった今・・
総理大臣が発する電話の一本にも
日本の命運がかかっている

効率に走って・・効果を忘れないでほしい
関わる者全てが・・その気になるように
必要なら・・電話を掛けまくればいい

だが・・
「ただいま総理と代わります・・お待ちください!」
待たずに切られることなく
話しただけのことはあったと
その効果が実るような・・
総理大臣の電話であって・・ほしいものだ

ひとを動かす・・
総理大臣の仕事の殆どは・・
それに尽きると思うのだが・・



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_0205822.jpg

この手の小品に・・彩色をと
かねてから考えていて
それも和絵具だけでなく
洋絵具を使ってみたら・・もある

そこで・・初めてhus-10に出向くことにした
杉並区・・東京で最も地理の苦手なエリアだ
幸いなことにナビのお陰で
どうにかたどり着いた
d0085887_021581.jpg

女性の経営者の方にお目にかかって
色々・・教えていただいた
使ったことのない顔料だけに
勝手が違うかもしれないが
面白そう・・でもある
d0085887_0211553.jpg

このシリーズは・・
上絵でも下絵でも・・釉でも使えるとか
上下どちらでもいいというのが気に入った
彩色の細かい仕分けを・・
下絵でしたり上絵でと・・使い分けられるわけだ
d0085887_0212443.jpg

こちらは・・下絵のシリーズ
↑のシリーズと似たような色を選んで
テストしてみることにした

ボトルの量が小さいのが・・やや心配
何てったって・・いずれ大物でも試してみたいからだ
d0085887_021337.jpg

帰り道・・とっくに昼時は過ぎていたが
カレーうどんの専門店・・ってのに入ってみた
カレーうどんしかない

でもこのウドン・・結構いけた
うどんというより・・パスタみたいだ
サラダ感覚とでもいうのだろうか
感性は・・どんどん変わってゆく



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_2232329.jpg

人間は・・
嘘をつこうとしたり・・あるいは・・
確かに知ってるわけじゃないことを
説明しようとすると・・大抵冗舌になるもんだ

冗舌は・・
自信のなさを糊塗しようとする
不安なこころの表れのひとつ

聞きたいことは・・ひとつ
「あなた方は・・この原発を制御できるのですか?
制御できる可能性を・・感じているのですか?」
答えて・・ほしい

こう書いたのは・・大震災の4日後のこと
スポークスマン

終日・・頻繁に繰り返される会見を見ていて
「きっと制御できていないし・・
できる自信ももっていない・・」
そう直感したのは・・
スポークスマンが冗舌だったから・・だ

なにも判っていないか・・あるいは
判っていても隠しておきたい
そのどちらであっても・・
制御できる自信がないことには変わりない

核心でないことを・・沢山喋るのは・・
話し続けていないと・・無力がさらけだされる
そんな気がして・・きっと怖いのだ

地震直後に・・メルトダウンを起こしていたと
最近になって公表されて
やっぱりそうだったのかと・・思うしかない

言葉の量・・は
スポークスマンにとっては
最も大事なセンスだから
「冗舌がもたらすもの」
日頃から考えておかねばならない

被災者の不信は・・あの会見で
消し難くこころに根づいてしまったのだから・・
d0085887_22403381.jpg

一日中・・独り工房にこもってる陶工は
言うまでもなく・・無口だ
黙々と・・土紐を積みあげた
d0085887_22405660.jpg

いつもこころにあるのは・・
作品が冗舌にならないように・・と
心がけることなのだ

もう少し積みあげて・・
それからラインを出すつもり
やり過ぎないように・・



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!




[PR]