<   2010年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

水戸の千波湖のほとりに
茨城県近代美術館がある
毎年ここで・・茨城県展が開かれるが
私も10年近く・・出品している
d0085887_21181534.jpg

この広大な敷地の一部に
夭逝の天才画家・・中村彝(なかむら つね)の
アトリエが移設されている

県展の帰り・・何度も立ち寄った
重いが深い空気に満ちた画家のしとね
描ききれなかった無念が宿るかのようだ
d0085887_21182741.jpg

数年前の晩秋・・
図録を買って・・この庭で眺めた
d0085887_2144447.jpg

勿論・・今も手許にある
時折り開いて・・
レンブラントからルノワールへ
彼の遍歴をたどる
d0085887_21445397.jpg

やはり・・この絵で手がとまる
ここでは・・もう印象派だ
見つめる瞳の無垢に・・魅かれる
d0085887_22133342.jpg

同じ絵が・・このメニューの表紙
新宿中村屋のフレンチ・レストランにある

明治の末・・中村屋の主人相馬夫妻が
彝のパトロンだった・・
アトリエを与えられて・・
制作に没頭してる

相馬夫妻の愛娘・・俊子を描いたのがこの絵・・
愛していたが結婚することはできなかった
d0085887_21194455.jpg

新宿駅東口・・タカノの並び
ここを歩くのは何年ぶりだろう

大学四年の夏・・アルバイトで・・
この道の両側の殆どの店を
飛び込みセールスをしたのを思い出す

あれで・・セールスを嫌いになった
どこまでも・・
ずるくなってしまいそうで・・不安だった

新宿区役所に用事があって出かけた今日
中村屋で・・ランチを食べた
窓の外の喧騒は遠く・・
年輩の客たちは静かに食べていた
d0085887_21114682.jpg

d0085887_2112084.jpg
d0085887_21121265.jpg



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_0442322.jpg


6年前・・こんなこと書いている
別れ・・04/09/29折々の折りより

つまびらかには・・書けないが
10数年前に・・ひとつの別れがあった
「ひとかどの陶芸家にならずにおくものか!」
密かに自分に誓った別れだった

多分そのときの誓いは・・自分の中で実った
つい数日前に判った・・4度目の入選
それが・・そうだ

屈辱は晴れた・・
屈折した情念は・・ときに思いがけず強い「ちから」
それが・・悲願を支えた

だが・・
今となれば・・彼の背中に感謝かもしれない
半分は・・自分に足らざるものだったのだから・・

ほんとうに・・ひとかどの陶芸家になれたか
それは・・これからの私の生き方次第ということだ・・


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!



[PR]
d0085887_21433259.jpg

2年前・・第55回日本伝統工芸展に通って
極く親しい三組の友人夫妻が
都心のホテルの広東料理店で・・祝ってくれた
d0085887_21434391.jpg

高層の夜景のきれいなレストランだったが
料理も実に美味かった
そして・・何よりこの白器を忘れない
d0085887_21435588.jpg

全ての器は・・
料理が盛られて・・彩られ
食べ終われば・・また白器に戻った
d0085887_2144676.jpg

美は・・姿に偏る
「食」にかしずいた無が見事だった

しかし・・それでいて
料理人に強い緊張を強いるものがあるとすれば
それは・・陶工が放つ「あんたが主役!」のメッセージ
それが・・白器の白さ
陶工は・・
姿だけでもの言えばいいのかもしれない

いつも・・こころから離れない命題だ


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_19554350.jpg

白いキャンバスに・・シンプルに「一凛」
いちりん・・店名もいいが文字もいい
大き過ぎも・・小さすぎもせず
楷書体の明朝・・凛とした字だ

徹底的に無駄を省いて
一筆の呉須の藍が鮮やかな
白磁の皿のよう
どんな料理を作りたいか
これだけでも判るような気がする

日本料理の店・・
青山の目立たぬ一角にある
目抜きの町だが・・
ことさらに威張った場所ではない
場所で食わせるわけじゃないのもいい

07年の開店・・新しい店だが
すでにミシュランの星ひとつ
・・実力派だ

柔道とか剣道でいうと
大体選手権で勝つのは6~7段クラス
8~9段ともなると・・ベテランだが
やや力は衰え・・守りに入ることが多い
きれいだが・・迫力に欠ける

料理だって同じだろう
星三つは・・守りに入ってる
名声を維持することに汲々かもしれない

そこへゆくと・・星ひとつ
このクラスは・・ガンガン攻める
感性も豊かで・・力もあるのだ
実力派の所以である
d0085887_19555243.jpg

NHKの人気番組「あさイチ」
有働アナの隣りが・・番長こと橋本幹造さん
一凛のオーナー・シェフである

実は・・この橋本さん
先月・・信州蓼科の彼の別荘に集合した
あの旧友A君の女婿
(じょせいと読んで・・娘の夫のこと
もう読めない日本語かも・・)


京料理で育った繊細な料理人だが
ご覧の通り・・まさに番長
ちょっと判ってるかたには・・
判るかも・・番長の意味も・・笑
確かに似てる・・身体も雰囲気も

数日前・・たまたま見たNHKである
d0085887_1956396.jpg

この日・・テレビで彼が作った料理は
・・なすの蕃椒煮そうめん・・
そうめんのゆで方に・・京らしい心遣いが
なるほど・・プロの技だと思った
d0085887_19561258.jpg

岳父のA君から電話で・・
「君からもらったぐい呑み・・店で出してたらさ
ときどき・・ほしいって客がいるんだよ
分けてあげられるように・・箱に入れて揃えてもらえる?」

それが6月のことだった
展覧会出品の制作で追いつめられていた時期
なかなか手が回らなくて
今ごろになってしまったのだ

酒器というのも不思議な器で
余った土でろくろを回し
空いてる窯の隅に
埋め合わせるようにして焼くと
思いがけない優品がでてくるのに
改めて作ろうとすると・・気に入らない
妙なものだが・・やっと揃った

今日の午後・・
青山に出向いて・・番長に手渡した
今夜の仕込みの最中・・大汗をかきながら
それが・・活きのいい職人の風情だった

日本料理 一凛




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_23283029.jpg

昨日から今日にかけて・・
沢山の方からメッセージをいただきました
嬉しいかぎりです・・ありがとうございました

どこかに・・
「・・落ちたことあるんですか?・・」
とありました・・勿論あります
選外の記(03/09/05)折々の折りより

7年前のことになりますが
つい昨日のことのようです

この後・・07年に
はじめて東日本伝統工芸展(伝統工芸新作展のころです)
秋には・・本選にも通りました

この間の4年ほど・・
03 05の日本陶芸展のことは覚えているのですが
(通ったから・・ですけど・・笑)
伝統工芸展の結果はうろ覚え
もう一度くらい・・落ちたような気がします

でも・・この選外の記に書いたことは
今でも・・同じです

「去年の自分をコピーしないこと!」
つまり・・例え微速前進であっても
自己ベスト・・と確信できるもので出品する
これだけは・・どんなに期間的にひっ迫しても
歯を食いしばって・・頑張ることにしたのです

07年以降・・
色々な展覧会に18回挑戦して
一度も落ちずにこられたのは
この鉄則のおかげかもしれません

でも・・少々疲れました
もう少し・・楽な気持ちでがんばろう・・と
ちょっとだけ・・思い始めています

さりながら・・直面すると
むきになったりするかもしれないけど
スピード・ラーニングで・・頭を
筋トレ・ジムで・・身体を
手入れしながら・・楽しく生きてゆきたいものです



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_2232119.jpg

毎年・・8月のこの時期
この展覧会の結果発表が・・新聞に載ります
その朝の怯えた様子は・・似たようなものでした

早朝・・近くの新聞販売店に出向いて
新聞を二部買い求め
すぐ横にある公園のベンチに座り
地方版にあたりをつけ
エイヤッ!・・とめくって
一瞬で自分の名前を探す

あれば・・パッと目に入ります
本当に幸運なことに
過去3年は・・目に飛び込んできました

ここまでは・・例年通りの仕種でしたが
今年にかぎって身体と心は・・例年になく重いものでした
ワクワクなんてものじゃありません
販売店が近づくにつれ・・足がすくむ思いでした

わけありです・・この展覧会
累積4回の入選で・・正会員資格認証になります

「日本工芸会 正会員」

この展覧会に出品する者なら
いつか手にしたい・・資格です
私もそのひとりでした

52歳で始めた陶芸
65歳で初入選できたこの展覧会です
難関中の難関を思えば
無謀な挑戦でもありました

実は今年の出品が・・4回目だったのです
選外の可能性は・・いくらでもありますが
もし今年選外だと・・来年に向かって
何をどう修正すればいいか・・きっと悩みます
できれば・・このままストレートで・・
欲が芽生えて・・足がすくむのです

エイヤッ!と・・開きました
パッと・・目に入りました
「やったぁ~~!!」

夜明けの・・淡い光りのなかに
自分の名前を見つけました
正会員資格get・・です
(正式には・・理事会で
承認されてから・・ですが)


初老の男の胸の中を・・
少年の感動が走りました

帰り道は・・
どんどん明るくなってゆきました
d0085887_2221525.jpg

「寿司食いねぇ・・寿司くいねぇ!!・・
オレの奢りよ・・どんどん食いねぇ!!
でもさ・皿は食うなよ・・かつての入選作だもんな!」

教室日の今日
お昼は・・居合わせた生徒さんと
一緒に食べました・・
嬉しいランチョンパーティーなのでした


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]


You Tubeのサーフは楽しい
思いがけない音楽との出合い
それが・・とてもいい

Akiko Mutou Trioのこの曲も
偶然のように・・出会った
まずは・・聴いてみてください
d0085887_2105298.jpg

この一枚の写真・・20数年前のある夜の・・
あるコンサートの舞台です

配役は・・
前列左に立ってる女性歌手・・うめのかずこ
後ろのミュージシャンの最後列
ドラムスに座っているのが
作曲・編曲・音楽監督の・・丹羽元夫
そして・・
舞台下手のピアノが・・武藤晶子
最後に・・右上手でマイクもってるのが
作詞・司会・舞台監督の・・私なのです

1987年から10年間
地元で開催してきた「『Claps-Concert』が
武藤さんとの音楽のつながり
10年間・・ずっと弾いてくれたのでした

コンサートはやめても
ジャズではつながっています
色々・・書いてもきたので・・
そちらも・・ご覧いただけますか・・?
ピアニスト武藤晶子08/12/03
ジャズ・ライブ07/08/12

今でも・・武藤さんのピアノは大好きです
だから・・メールでライブの案内がくると
スケジュールが許す限り・・出向きます

ところが・・
このところ・・時間の折り合いが悪く
行けていません・・トホホ

そろそろ・・案内が来そう
楽しみにします



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
d0085887_20412323.jpg

我が家から・・車で7~8分
スポーツ・ジムがあります

思い立ったら・・それが潮どき
私の信条・・都合のいいときはですが・・笑
都合の悪いときは・・急がば回れ・・笑

妻にそそのかされたせいもあって
早速・・行ってみました

昨日・・書いたように
このところ筋力低下が目に見えてるし

アキレス腱断裂と・・椎間板ヘルニアの手術で
左脚が・・かなり弱ってもいるのです

少ししっかりとしたプログラムで
筋トレ・・しようかと・・

駐車場が空っぽ・・笑・・本日定休日
でも・・係員の方がいて
説明もしてくれたし・・設備をみせもらいました
こんなもんでけっこう・・ケッコウです

筋トレ・マシンがあって・・各種スタジオでレッスン
プールがあって・・屋上ランニング・コースあり
スパもついてます

そんなわけで・・来週からでも
ソロソロと始めることにキ・メ・タ!でした
d0085887_20405513.jpg

で・・キ・メ・タ記念に
ちょっと走って・・こじゃれたイタメシで
独り・・ランチ祝い膳にしました

マグロをピリ辛トマトで和えた
この冷パスタ・・メチャ暑い今日にぴったり
アルデンテitselfが
歯ごたえ・・のど越し満点
なかなかの美味でした
d0085887_20574292.jpg

独り祝い膳ですが・・そこは盛大に
前妻・・おっとぉ~・・前菜つきです・・笑
おまけに・・0.00%添えにしました

来年の今ごろ・・
往年のカモシカの脚が・・
蘇えっているかもしれません

長さだって・・裕次郎より数センチ
勝ってた時代もあったんですから・・笑

正直言えば
60センチ超・・大皿挽きロクロが
土に負けないように・・せめて
筋肉土石流・・を防ぎたいのです



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!



「アロハ・オエ」・・
遠い昔・・米本土の取材の帰り道
独りで立ち寄った・・初めてのワイキキで
遠くから・・これが聞こえて

ものすごく疲れが癒された覚えがあります



[PR]
d0085887_21403026.jpg

この大皿の口・・
あと1センチ倒したら
そのままクラゲみたいに
へたり込んでしまうに違いありません

そうなりかけて・・実にスリリングでした・・苦笑

成形した土は・・
乾けば縮んで・・口は立ちあがります
だから・・余分にたおしておかないと
皿のつもりが・・鉢になっちゃうのです

暑さにかまけて・・だらけた一週間
久しぶりに・・力仕事しました

久しぶりのせいか・・
それとも・・老いて衰えたのか
どうも力負けしてるようで
いささかショック・・でした
d0085887_21403978.jpg

5キロの土塊を3個菊練りし・・
3個重ねて15キロ・・定番の大皿予定

力負けというのは・・
成形の場面ではなく
土殺しの段階で・・強く意識します

死に切ってない土は
途中でヘマすると・・途端に
生き返って・・反逆してくるのです
きっとなめられるんだと思います

なめられないためには・・
筋トレかも・・苦笑
今日は・・土に懇願して
どうにか61センチで折り合いがつきました・・笑

小物挽いてる分には・・
ちっとも困らないけど
筋力・・そろそろ温存を
もっと心がけねば・・です


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!




[PR]
d0085887_23524417.jpg

                        青磁下蕪形瓶(南宋時代)東洋陶磁大観より 

この形が・・千年永らえてきた
凄い奇跡だと思う
この姿だから・・永らえたとも・・
手にすれば・・誰でもひれ伏したから・・

鶴首の瓶を作ろうとしたら
どうしたって・・これが頭に浮かぶ
完璧とは・・このことか・・である
d0085887_235379.jpg

千年の奇跡が・・百点
この分厚い一冊に・・網羅された
ここにいれば・・壊れることはない
繰り返し手にして・・怯えることもない
d0085887_23531648.jpg

                        澱青釉紅斑文盤(元時代)東洋陶磁大観より

この色も・・千年もの間不変だったようだ
紫紅の銅釉が・・消えることのない紅い命
ここにも・・奇跡が・・
d0085887_23532594.jpg

手許にあって・・とき折り開く大冊
1975年に初版で・・限定2.000部
定価46.000円・・決心のいる大著である

先年・・
私の入選作を・・自らの社長室に置いてくれた
親友のT君の・・ご尊父の遺品である
ご自分でも土をひねり
晩年を楽しまれたよしみで
T君から・・譲り受けたのである

優品を見る・・
現品であれ・・図録であれ
この道で生きようとするなら
必須の習いである

優品が示すものは・・王道
迷いや不安にかられたら
この道を探そう・・いつもそう思う

偉大なコレクターの
偉大なコレクションは・・
無数の作家を育てる力だと・・思う


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]