ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

d0085887_22592486.jpg

数日前・・65センチで挽いた大鉢
高台も削って・・乾燥中である

65センチを3枚挽いた・・60センチも3枚ほどあるから
この中で・・出品に耐える作品が獲れてほしいものである
d0085887_22594118.jpg

従来の「椀なり」の大鉢を・・今年からは
小さな高台で口縁部を反らせ・・
広がりを狙って「朝顔形」と名づけた

少し乾燥が進んで収縮しはじめ61センチほど
高台は15~6センチくらいでかなり小さい
高台を小さくすることで・・緊張感が生まれるようだ
d0085887_230554.jpg

これが挽いた直後・・前回ご紹介したフォトだが
乾燥を待って・・亀板ごとひっくり返し
しっぴき糸で切って板を離す
それから高台を削るのだが・・
ここまでは何とか独りでもできる
d0085887_230309.jpg

問題は・・
高台削りを済ませたのち・・
口縁部を上に・・鉢を表に返すのが大変である
15キロまでは・・独りでできる

この写真の奥に写ってるが
亀板に伏せた鉢を・・返すことだが
さすがに20キロとなると・・片手では無理だ
亀板も70センチの大判だから・・なお厄介

でも独りでできない作業があっては
独りしかいない工房では前に進まない
だから色々考えて工夫する・・いつものことだ

結局できることがわかった
ただし・・言葉で説明するのは難しい
いずれ・・写真にでもして披露しよう
d0085887_2304037.jpg

一番神経を使うのは・・高台
全体の雰囲気を良くするのも・・悪くするのも高台
小さな高台だが・・完全に乾燥したら
最後の仕上げ削りをする予定
湿り気があると・・自重で変形してしまうからである

腫れものをさわるように・・気を使っても
窯の中で何が起こるかわからない
因果な仕事でもある
[PR]
by touseigama696 | 2009-06-26 23:41 | ●工房便り | Comments(6)
d0085887_0212546.jpg

今まで私の大皿は・・
概ね15キロの粘土を使って・・60センチほどに挽いてきた
でも・・この大鉢は65センチ・・20キロの一本挽き
鉢にしたから・・高さも倍近い
これに波状紋を打つ予定である
わずか5センチだが・・迫力は違うようだ
d0085887_0213548.jpg

来月に迫った秋の展覧会の締切
大鉢はそのためだが・・
8月には陶葉会のグループ展が益子である
それに・・つい先日打ち合わせが済んで
東京青山の『ギャラリー蓮』での個展も・・
10/20(火)から10日間と決まった
だから・・大鉢ばかりといかない
準備の準備・・大真面目で工房で過ごしている
d0085887_0214647.jpg

ロクロで挽く・・乾燥させて削る・・素焼きして加飾・・
作業は同時進行で・・ステップを踏んでゆく

季節的には・・楽だ
前回・・真冬の乾燥で苦労したことを思い出す
d0085887_0215525.jpg

しかし・・65センチの大鉢は・・慎重に
口縁部の乾燥をゆっくりさせることも大事だからだ・・
サランラップはそのため
d0085887_022723.jpg

マスキングも三枚目に入った
既に貼り終わった二枚は・・
近日中に・・顔料をかける予定にしている

まず一枚・・出品に耐える作品がほしい・・
d0085887_0221975.jpg

初個展は・・友情
二回目の個展が・・実力
新しいシリーズのテストと見極めも大事な決断になる
d0085887_0223265.jpg

窯場に積んだ・・素焼き済みの作品たち
これは・・定番の天目ベースで焼くことにきめてある
益子用に新しい工夫を・・イメージはあるが
それもテストしなきゃ・・

大真面目な工房暮らし・・
当分気ぜわしいことになりそうだ
[PR]
by touseigama696 | 2009-06-23 00:54 | ●工房便り | Comments(8)
d0085887_9145849.jpg

一週間ほど前・・工房の一角を整理して掃除した
そこに素焼き済みの大皿を置いて
いよいよマスキングの作業を始めた

かねてからそうしようと・・計画しながら
今まで・・この作業を轆轤の上でしてきた
だから・・轆轤を挽くときは片づけた
それが面倒で・・出しっぱなしOK・・にしたかったのだ

尻に火がついて・・このところここで過ごしてる
昨日も・・そうだった
前日に8割がた貼った糸を・・
どうも気に入らないという理由だけで
全部剥がしてやり直しはじめた
d0085887_915841.jpg

半分ほど貼ったとこで・・・

「ねぇ・・この展覧会・・次回も通れそう・・?」
外出から戻った妻が・・そう言った
「ほとんど・・通れそうもない!!だろな」・・と私
「じゃさ・・今から見おさめに行こうか・・
今日が最終日でしょ・・!」
3月の末から2ヶ月半・・「第3回菊池ビエンナーレ」
長い会期だったが・・過ぎてみればあっという間だったかも
d0085887_23574579.jpg

車庫にいれたばかりのエンジン冷めやらぬ妻の車で・・
虎ノ門に走った・・日曜日の都心はスイスイ快走だった

ここに展示された50数点の入選作を・・何度か見た
見るごとに・・新たに気づくものがある
「学ぶ」とは・・そうしたことに気づくことから始まる

昨日・・そういうのもおこがましいが
自分の作品に気づいたことがある

朝から糸を貼っていたから・・余計敏感になっていたことだが
どうも・・この数日の作業はやり過ぎているかもしれない
糸に慣れてくることは大事なことだが・・
落とし穴がある・・やり過ぎて品性を喪失することだ
昨晩・・気に入らなかったのも
そこらへんのことだったかもしれない

帰宅したら・・もう一度見直してみよう・・そう思った
d0085887_9152188.jpg

銀座に出て伊東屋に寄った
亡父の残したモンブランの万年筆を修理にだすためだ

「軸とピストンを交換して・・え~っと 
修理費は15,750円かかりますが・・」
あっさりと見積もりがでた・・だが・・

「2か月ほどしたら・・出来上がると思いますので
ご連絡させていただきます」

もしかして・・6畳ひと間の町工場で・・独り老いたる職人が
全国から集まった故障モンブランを一本づつ・・とでも
d0085887_9153295.jpg

用事が済んで・・午後4時
夕食には早すぎるが・・帰宅してからというのも億劫だ
「半端な時間ね・・」
「そだ・・MATSUYAで何か買って
家でデパ地下ディナーってのはどうだ」

それで決まった・・
上が私のディナー
下のフォトは・・妻の分

味噌汁だけ作って
片づけ要らず・・これもありか・・である
[PR]
by touseigama696 | 2009-06-15 09:58 | ●かまだ食堂 | Comments(6)
d0085887_8415647.jpg

                               「Southwestern Indian Pottery」 より

「・・頭んなかさ・・音が消えないんだぁ
古い音がいっぱい詰まっちゃって・・
これじゃ新曲作れないよ・・だから
ちょっとアフリカ歩いてくる・・じゃねぇ・・」

あるヒットメーカーで有名な作曲家のぼやき
このぼやき聞いてたのが・・私の旧友
この旧友もまた作曲をするのだが
似たようなことが起こると・・やっぱりぼやいてた
d0085887_8422649.jpg

「・・アフリカ歩いてくる・・」ってのは
つまり古い音が詰まった頭を解放するためなのだが
空っぽにするには・・音のない世界に行くんじゃなくて
いつもと全く違った音の中に・・自分を連れてゆくのだ
平均率でも12音階でもない音の世界
聞きなれない音の世界・・
彼にとって・・それがアフリカというわけ
d0085887_8423896.jpg

ヒットメーカーということは
売れる歌を作るわけだから
その旋律は・・
街にあふれ・・メディアであふれる

そのヒットソングの次に作る歌
溢れた旋律を頭から消すのは容易ではないのだ
d0085887_8424852.jpg

『08/03/15インディオ直伝』で書いた
ニューメキシコ在住のNさんが久し振りにまた帰国した
前回お願いしてあった・・インディオの陶芸の資料
沢山頂戴した・・実に感謝である
d0085887_843567.jpg

私にとっての「アフリカ」・・異文化の刺激である
メキシコ・インディオの伝統的な陶芸のモチーフ
とても新鮮で・・刺激的である
d0085887_8431661.jpg

この黒釉のコントラスト
豊かな色彩感覚とは対極の洗練された感性も見せてくれている
d0085887_8432441.jpg

冒頭のヒット・メーカさんではないけれど
今していることの先に模索するもの・・
いつでも頭の中から離れない
d0085887_843398.jpg

このインディオ紋がそのまま・・というわけではないが
新しい技法やモチーフのヒントとして
古い音を消してくれるのだ
d0085887_8435354.jpg

うだつの上がらない画家だったゴーギャンが
タヒチに渡って蘇ったもの
異文化から受ける刺激は・・
想像以上に大きいのかもしれない
d0085887_844485.jpg

「困難は・・
新しい思想にあるわけじゃない
我々のこころの隅々まで広がっている
古い思想からの脱却にある」
こう言ったのは・・ケインズだったろうか
d0085887_844124.jpg

Nさんは・・わずか一か月足らずの滞在のようだが
時間があるかぎり・・
ロクロを覚えたいから工房に通うという

インディオからモチーフを学んだ
できるなら・・
ひも作りだけのインディオにロクロを教えてあげればいい
大事な異文化交流だと思う
[PR]
by touseigama696 | 2009-06-01 09:38 | ●工房便り | Comments(14)