ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0085887_2352502.jpg

日曜日だというのに・・いつものように独居房
(塀の中ではなくて・・わが工房・・笑)
大皿二枚挽いて・・二枚仕上げ削り

久し振りに・・珈琲お点前を・・侘しい独服
井伊直弼の訓えに従って・・独座観念・・一期一会
「みなさん・・いまごろどうしておいでだろうか・・?
健やかにお過ごしだろうか・・?」
d0085887_2353029.jpg

このお点前・・インスタントでないと具合が悪い
従って・・粉珈琲・・パウダーミルク・・シュガー
シュガーは好みだが・・パウダーミルクは必須かも
色合いと泡立ちに関わるのです 
d0085887_23531114.jpg

私の場合・・珈琲小さじ1.5杯 ミルク小さじ0.5 シュガー小さじ0.4ほど
湯量は・・珈琲カップの場合よりも少な目がいいです
湯が多いと・・泡立ちしなくなります
d0085887_23532176.jpg

この茶碗・・私の手びねりの作品
抹茶茶碗のほうが・・当然ながら雰囲気がでます
なければ・・最近はやりのフリーカップとか
あるいは・・飯茶碗でも何とかなります
d0085887_23533170.jpg

あらかじめ茶碗を温めてから
湯を注ぎ・・茶せんで点ててください
細やかに素早く・・茶せんを回して
やがて泡立ってきます
ほどよく泡立ったら止めて・・
ゆっくりいただきましょう

粉っぽさが消え・・到底インスタントとは思えない
クリーミィーでまろやかな味を楽しめるはずです
工房の場合・・
来客にこれでもてなすと・・意外に喜ばれます
インスタントはお手軽だと思われるところを
逆手にとって・・ちょっとおしゃれに・・
インスタント・ドリップよりも・・
見せる演出が楽しいのです

お奨め・・です・・どうぞ試してみてください
[PR]
by touseigama696 | 2009-01-26 00:22 | ●かまだ食堂 | Comments(4)
d0085887_13301730.jpg

この新年は・・ついに雑誌デビューです
陶遊・・1月20日・・今日発売のようです
イケメン・ヤングというわけにはゆきませんから
あまり期待していただくと気が引けます・・笑

ただ・・この取材を引き受けた理由のひとつは
団塊の世代を含む少々後輩の方々へのメッセージになれば・・と
そう思ったは確かです

大きな展覧会に挑戦する道中を密着するとなると
当然ですが・・入選できたりできなかったり
予想できない結果が待ってるわけで

編集者も書いてくださってますが
「・・こういう取材は引き受け手・・が少ない・・」
というのも本当のことかもしれません

しかし・・通っても落ちても
本気で何かにぶつかるという挑戦なら
得るものはあっても・・失うものはないものです
とりわけ・・少し歳をとると
本気になることさえ・・なかなかないことで
この歳だからこそ・・
本気の清しさを・・再認識することが大事だと思えるのです
これが・・私のメッセージ・・!!

別段・・陶芸でなくても・・
趣味を趣味で終わらせない心意気を
人生の終章を支える力にしたいものだと・・
思っているのです
d0085887_13322898.jpg

昨日の明け方から・・今朝にかけて
出品のための窯を焚きました
万が一に備えてもうひと窯焚ける準備をしながらの徹夜
窯の扉を開けるまでは・・神様まかせ・・です

見開き6ページの記事は・・私の陶歴からはじまり
裸にされてしまったみたいに気恥ずかしが残ります
まだやれることがあるなら・・
搬入の当日まで・・ベストを尽くして
天命を待つことにします
[PR]
by touseigama696 | 2009-01-20 13:52 | ●工房便り | Comments(24)
d0085887_2338518.jpg

新年になってからの10日間・・
私の工房は・・私の戦場となった
積み上げた空リールが46本
d0085887_23381734.jpg

幅1mmのテープが一本で16メートル
46本で・・都合736メートルになる
d0085887_23383655.jpg

これが四枚目の作品・・
冷え冷えとした夜の工房で
じっと蹲るようにして・・糸貼りが続いた
下絵はないから・・
ここら辺に新しい波を・・とか
この波は・・少し優しい波にしよう・・とか
考え考え・・糸を貼ってゆく
736メートルは・・こうして皿の上を走っていった
d0085887_2338461.jpg

このアルミケースで保湿しながらストックしてあるテープ
ゴルゴ13の弾薬ケースさながらに・・私の戦場の主役である

粘性の劣化を考えると・・
無暗にストックできないので
仕事を始める直前に発注することにしている
d0085887_23385792.jpg

釉を掛け終えて・・窯づめ直前の作品
ここから先は・・いつでも神様の領域
祈るばかりなのだ
d0085887_23391043.jpg

施釉の済んだ作品が3枚・・作業中が1枚
直近の出品目指しての制作ではあるが
既に・・春のシーズンへの序章
出品に耐える窯だしを期待しながらである
d0085887_23392065.jpg

そうした意味で・・
二の矢・・三の矢の準備を怠るわけにはゆかない
慌ててもすぐには用意できないから・・
ほぞを噛んだ苦い経験が・・そう教えてくれる
d0085887_23393137.jpg

乾燥と素焼きを済ませて予備群が
棚を埋めている・・安心の担保というわけだ
d0085887_233943100.jpg

私の場合・・大皿が主ではあるが
時に組ものの出品もある
並行して・・釉薬を掛け終えた
30個から・・六客
余りは・・個展に備えておくこともできそうだ

いつでも戦場といえば戦場だが
目の前の挑戦に・・集中と緊張の2週間が続く
[PR]
by touseigama696 | 2009-01-17 00:09 | ●工房便り | Comments(8)
d0085887_054414.jpg

こんなところで・・彼女に茶を点てさせてしまった
工房のロクロの上・・風情も何もありはしない
Kさんは・・学校の先生だが・・茶人でもある

真冬の北海道から・・家族旅行で上京して
僅かな時間の隙間に・・工房を訪ねてみえた
かねてからのブログ仲間である

いつか・・彼女のために茶碗を作り
私のために・・茶を点てていただく
そんな日があったらなぁ・・と書いたことがある
実現できた・・思いがけなくである
d0085887_055450.jpg

折角の機会だから・・せめてもと
私の茶碗の他に
我が家に伝わる茶碗を用意した
茶杓の乗っているのは・・
増田鈍翁作といわれている楽茶碗
その向こうは・・濱田庄司さんの鉄絵茶碗
その右の海鼠風は・・私の筒茶碗である
d0085887_06514.jpg

一期一会
茶席でのいっときを大事にし
もてなしの後別れて帰る客人を見送ったら
静かに茶室に戻り・・その無事を祈って
独り自分のために点てる一服こそ茶の極意
こう書いたのは井伊直弼だった

私のエッセイ「折々の折り」でふれているのを思い出した
寄り道していただければ・・である
余情残心

彼女の鮮やかな手さばきの中で馥郁として香り 
ほの苦くて・・深い甘さを醸す二服をいただいた
その粉引きの茶碗を気に入ってくださって・・だから
箱書きはあとまわしにして差し上げることにした

やがて立ち去っていったKさんを偲んで
独り自分のために点てるには
茶の手習いをせねば・・
[PR]
by touseigama696 | 2009-01-14 00:44 | ●工房便り | Comments(4)
d0085887_013242.jpg


この作品展・・目下開催中です
もしお近くでしたら・・
もしお時間があったら・・
ご笑覧いただければ・・です

9日金曜日の14:00~19:00は
会場当番で在廊しています

ちょっと詳しくは・・
こっちのブログでご覧いただけます
フォトコラム・・この一枚
[PR]
by touseigama696 | 2009-01-08 00:16 | ○展覧会 | Comments(2)
d0085887_0542783.jpg

正月だからといって・・のんびりするわけにもゆかない
締切までに一か月を切ってるから・・
やることは決まってるし・・迷いもない
『集中』・・身動きのできない穴の真ん中に・・
自分を追い込んでゆくような気分
d0085887_0543927.jpg

この季節・・大物は乾燥で切れやすい
養生しながら・・ゆっくりと乾かしたおかげで
暮れに挽いた8枚ほどは・・全部無事
棚にあげた生まが5枚・・素焼き待ち
d0085887_0545090.jpg

昨日素焼きした3枚も無事に焼きあがって
明日あたりから糸貼りの準備に入る
これだけあれば・・
春の出品に慌てることもなくて済みそうだ
d0085887_05521.jpg

糸抜き波状紋とは別に
組ものの出品も予定している
30個ほど挽いた7寸ほどのつば広鉢
素焼きを終えて・・釉掛け待ちである
天目6客組鉢・・2セット獲りたいけど
焼成を終わって組んでみないと・・
同寸同姿の追求・・これも面白いし好きである

あと3週間・・脇目も振らず没頭しよう
[PR]
by touseigama696 | 2009-01-06 01:10 | ●工房便り | Comments(6)