<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

d0085887_003198.jpg

いつか・・染つけ作家として世に出るチャンスがあるにちがいない・・
Sさん本人も・・絵つけが楽しくて仕方ないみたいだ
d0085887_011463.jpg

そのSさんの・・掻き落とし粉引きのマグ
絵柄の構成を勉強するにはもってこいだ
d0085887_022754.jpg

結構盛大に御本を引いて
紅いカップになった
d0085887_014846.jpg

ちょっとした出品に使いたいと
このところかなり気合を入れて制作した染つけ組小鉢
陶芸を始めて・・3年半
がんばりは・・成果につながってきているようだ・・
[PR]
d0085887_21155210.jpg

『焼き物づくりは面白い
形づくり 絵付け 焼成・・どれもこれも面白い

花を通しながら表現してみるその空気 その世界に
力足りず近づけぬもどかしさを常に感じながら
でも 「面白い」「嬉しい」 と 日々創り続けています』 望月集
d0085887_2116344.jpg

この個展のための図録に
名手はこう記している
さすがだな・・と思う
d0085887_21161373.jpg

ここに難解な美学を連ねることはできる
名手なら・・それも許されるに違いない
でも・・面白い 嬉しい・・
何と簡明に「ものつくり」の本質を言い尽くしているではないか
だから・・さすがなのだ
d0085887_21162271.jpg

ブログがきっかけで交流させていただいてきたが
・・お目にかかるのは初めて
ここをクリックしてください
つい先日 電話でお話したこともあって
気さくに技法に触れてお話をうかがったり
いい勉強をさせていただいた・・多謝である
d0085887_21163435.jpg

記念に・・この湯のみをいただくことにした
湯のみは・・目立たぬ器ではあるが
陶芸家にとって・・一番沢山作る器でもある
轆轤の基本は・・千個の湯のみの繰り返しかもしれないからだ
d0085887_21202133.jpg

志野に赤絵を施したかのような
華やかではあるが・・じつに品のよい風情
会場いっぱいに集めたこの赤が
えも言えぬ華やぎを醸している

個展は・・個を晒す展示
作品は・・ひとなのだ
d0085887_21165839.jpg

図録から・・
d0085887_21171138.jpg

椿文茶わん
d0085887_21172495.jpg

月夜野図陶ばこ
d0085887_21173555.jpg

蓮図大皿
d0085887_21174542.jpg

花菖蒲図大角皿
d0085887_21175698.jpg

蓮図大皿

日本橋三越での望月集作陶展・・
今日が初日・・26日までである
[PR]
『第47回伝統工芸新作展』・・入選でした
d0085887_1831214.jpg

今日は早朝から窯を焚いています
今・・夜の7時過ぎで15時間経過・・攻めに入って2時間ほどです

昼ごろ郵便が届きまして・・新作展・・入選してました
1月29日のこのブログで
第19回日本陶芸展の入選をアップしてから一ヶ月半
立て続けに吉報をアップできるなんて
・・実に幸運なことです

このフォトとは別の作品ですが
いつもの皿を鉢に変えた糸抜き波状紋です
d0085887_18364867.jpg

4/10(火)~4/15(日)・・日本橋の三越で展示された後
札幌 新潟 盛岡 仙台と・・巡回するようですが
私の作品がどこに巡回されるのか・・あるいはされないのか
まだわからないのだそうです
いずれ・・教えてくれるらしいので
もし巡回されるようでしたら・・またアップします
d0085887_18372136.jpg

既に・・早々とお花をいただきました
いい春がきそうです・・ありがとうございました

大分ご無沙汰してしまった・・このブログ
明日からは精出して・・がんばります
[PR]
d0085887_21521613.jpg

ぐい呑みのような小物に波状紋を打つときの特殊兵器である・・笑
小さなすりこぎにウレタンを巻きつけて・・これでぐい呑みは落ちない
その上・・・自由に回転できるからマスキングが楽である
d0085887_21522732.jpg

明日は・・久しぶりにガス窯のほうで本焼きをする
展覧会に出品予定の生徒さんの作品と一緒に私の焼成もある
死んだ親父のお返しのための器である
天目の鉢が15個ほどと・・湯のみを80個詰めた
d0085887_21524953.jpg

更に・・波状紋のぐい呑みも少し入れることにした
夕方から波状紋を打ったのだが・・五個で時間きれ
そのうちひとつは壊れた・・
生ま掛けなのを忘れてたからだ
d0085887_2153130.jpg

還元で焼いてみることにしたのは
いつもの酸化焼成との比較のためである
d0085887_21531280.jpg

白化粧土に外割りで15%ほど3号釉を混ぜた
どんな上がりになるのだろうか・・
明日は3時起き・・少し早目に寝ることにしよう
[PR]
d0085887_010117.jpg

余った土を使って・・・
ぐい呑みを少し挽いて・・削った
d0085887_0104697.jpg

日本陶芸展に通ると
暫くしてこの通知が届く
四回とも同じだから・・恒例の行事だ
d0085887_01123100.jpg

入選受賞作家による「ぐい呑み」の展示販売
本会場とは別の売り場で併催される
d0085887_012093.jpg

五個ほど出品を・・と依頼状にあるが
私の場合・・旧友たちの好意で・・
五個では足りない
有難いことで・・
いつも20~30個用意することにしている
これは前回出品した青バージョンである

素焼きが済んだら・・
波状紋を打つことにしている
黒地に白い波・・趣向を変えた
[PR]