ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

カテゴリ:●工房便り( 777 )

d0085887_01460097.jpg


これに糸貼って・・白く化粧したり


d0085887_01460770.jpg


那須紺に染めて・・糸をはずし
強面のおっさん向けに
吾杯(わがはい)と名づけてみたり

でも今日も・・終わりの名残りみたいに
世間は・・GWを満喫してるみたいだ

今年に限って
私には・・毎日が月曜日
「さぁ・・やるぞぉ~!」で夜が明ける

おまけに孫のところに出かけた妻不在で
三食自前で調達の月曜日なのだ


d0085887_01462324.jpg

かまだ食堂・・今日のランチは
サラドゥンド・カリー・・つまり
サラダとカレーと決めていて
それを工房に持ち込むために
一皿にまとめたら・・こうなった

カレーは自作じゃないが
皿は自作・・15時間かけて焼いたもの
その上に・・親友が送ってくれたカレーを
チンしたら出来上がり・・それでいて実に美味だ

やや温野菜になったレタスは
ほどほどの柔らかさでライスとカレーを包む
結構いける
トマトの甘さが・・春を教えてくれた

やや大きめな皿もゆったりだ
盛りつけに僅かでも貢献できて
皿も・・本望ってもんだろう

願わくば・・「時間」を自作できれば
言うまでもなく・叶わぬことだが
ものづくりは・・みな同じじゃなかろうか



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2017-05-07 02:24 | ●工房便り | Comments(2)
d0085887_03551155.jpg


世間は・・GWだそうだが
今年の私には・・頑張れウィーク
日中のほとんどを・・ここに座って
糸とハサミとピンセット
目さえしょぼつく毎日である
一段落したら・・白内障のチェックして
必要なら手術して回復させたいものだ

この作業とPCは
そもそも目には天敵‣・良いわけはない
遠くを眺めて・・目を癒すのもきっと大事だが
今は無理・・この仕事が済んだらそうしよう


d0085887_03552095.jpg


朝から晩まで座っていても
7~8個しかできない日も多い
飽きるほどやっても・・百個の世界
そうしてみると・・量産できない制約にこそ
自分の仕事の意味を見出すのかもしれない



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2017-05-05 04:33 | ●工房便り | Comments(2)
d0085887_22055439.jpg


柿傳ギャラリーさんから
写真入りのDM案が送られてきた
あと一ヵ月と一寸で会期になる

先日・・柿傳のご店主が
わざわざ工房までご足労くださって
作品を見ながら・・打ち合わせをしたが
どうにか今回の個展を満たすだけの数は揃った

「こんな感じでゆきましょう!」
それはそれで・・僅かにほっとする瞬間だが
同時に・・あと一ヵ月にかける最後の粘りが
少しは質の向上に貢献するはずだとも思う

ゆるめずに
作り足すもの・・作り変えるもの
改めて吟味し・・いつものように
夜明け前の工房に入っている

昨日挽いた大きめの水指二基と
30㌢ほどの浅鉢二個
一晩放っておいて程よく乾燥したので
粗削りができた
既存の水指が少し小さ目で・・ご店主の助言で
大きめを用意することにしたのだ

有難いことに・・この個展のために
既に予約で制作依頼の作品も何点かある
忘れないようにメモして・・作り始めている

これからは出品に関わる事務処理も増える
工房にばかり籠ってもいられないだろうから
なおのこと・・気を引き締めておかないと
不測に困惑しかねないのも・・承知だ

頭や体の劣化との戦いの日々は
もう少し続く



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2017-04-29 22:33 | ●工房便り | Comments(0)
d0085887_22521863.jpg


陶芸の専門誌『炎芸術』の2017夏号が
5月1日の発刊日より一足早く・・届きました

先月取材の
陶芸家と作る食器シリーズ第6回
「糸抜きで作る飯碗」が・・掲載されているからでしょう

見開き10頁に亘って
過不足なく丁寧に・・私の技法が
紹介されています
もの作りの一人として良い記念だし
大切な記録でもあります

d0085887_22523022.jpg


丁度6月5日から11日まで
新宿柿傳ギャラリーで開催される
久しぶりの個展の準備が
そのままこの講座の主題でもあったので
撮影は・・その道中を撮って頂きました

ですから・・掲載された器は
そっくり・・柿傳ギャラリーに並びます

d0085887_22524038.jpg

この企画は・・講座なので
制作の推移をコマ撮りでご覧に入れ
適宜な解説がついています
口述で伝えた要点を
適切に説明してくださって・・流石です


d0085887_22530073.jpg


本号は・・巻頭で
「きらめきの金銀彩」が特集され
私のモノトーンとの対比も際立っていて
加飾の可能性の広さが見えてきます

いつもながら
親しくおつき合い頂いてる
井戸川豊さんの銀泥彩器
卑近を題材にしていてなお
実に洗練された品性に感銘でしたし

井戸川夫人のきりんさん(ブログでお馴染み)
の仲間・若林和恵さんの銀彩もクローズアップ
絢爛の号です



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2017-04-27 00:19 | ●工房便り | Comments(4)
d0085887_19572115.jpg


昨晩・・五つの茶碗を養生して終わりにしました
黄色い部分には糸も貼らないし
彩色の顔料も吹きません
焼きあがれば真っ白な部分で
汚さないことが肝心・・だから
丁寧に養生するので・・やや面倒です

d0085887_19575613.jpg


今朝も・・4時半には工房に入り
糸を貼りだしました
朝めし前のひと仕事です

6時半に
朝ごはんですよぉ~!って呼ばれるまで
集中して糸を貼りました
2時間で4個を貼り
朝食を済ませて残りの1個
8時には・・終わっていました

朝型の仕事に切り替えて・・1年近く
夜明けから仕事してみると
午前中が実に長く・・仕事がはかどります
これは大きな収穫です

以前のように9時からだと
この作業が終わるころは昼食
冬の間は
つるべ落としの陽ざしに負けそうで
焦ったりもしますが
8時なら・・今からが午前中って感じで
かなり作業を進捗させられます

おおよその毎日は
朝4時半から夕方6時半まで
14時間ほどの日課ですが
(勿論個展前という事情あってのことです)
同じ時間を10時から始めると
終るのは午前0時
多分体感時間は・・かなり違うでしょう
日没に開放される緩やかさはありませんからね


d0085887_19582733.jpg


朝めし前・・というのは
手間のかからない簡単な仕事・・のこと
お安いご用・・ってことですが
日に二度飯だった江戸時代は
朝めし前はペコペコで
大した力もでなかったかもしれませんが

今どきは・・日に三度
朝めし前だって・・結構力はありますから
手の込んだ仕事だって大丈夫です
むしろ能率の良い時間帯でもあります
やや空腹が・・頭もクレバーにしてくれそうです

ライフスタイルを変えたのは・・大成功
夕食前に・・4.0キロ歩行も済ませ
風呂に入って食事
健康的な一日なのでした

d0085887_20030906.jpg

今日の終わりは・・
水指一基のロクロ挽き
多分・・明日の夜明けには
粗削りできるかもしれません



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2017-04-18 20:55 | ●工房便り | Comments(0)
d0085887_17185839.jpg


この一年・・試行錯誤の中で作り続けた作品
昨日・・工房に集結してみました
6月5日からの個展に備えたものです

一点ずつ丁寧に眺め・・判別もし
使えそうだと思えたものを数えたら
およそ100~120点になりました

少し雲間に・・陽ざしを見る思いです
勿論・・これで終わりではありません「
あと一ヵ月ほど・・残された時間で
質の入れ替えができるなら・・更に作ります

自己ベストは
物にではなく・・時間の中に潜んでいる
だから・・ギリギリまで粘る
それしかないと思うのです

この一点で・・これを外せる
この一点で・・ここを埋められる
もう暫らく・・
そうした日々にするつもりでいます



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
by touseigama696 | 2017-04-15 18:26 | ●工房便り | Comments(4)
d0085887_07522317.jpg


この時期にきて・・うっかりミスは許されません
ひとつひとつ・・確かめながら
追い込みの時期に入っています

やきものには・・不確定要素が多いから
窯から出るまで・・決して安穏とはゆきません
因果な仕事です

一本一本・・丁寧に糸を外し

d0085887_07520498.jpg


その上で・・細かいバリを補正します
目立たなければよし・・は無しにして
目についたら直す
写真にすると見える傷も・・後で直します

幾らあっても足りない時間
作品を作るより・・時間を作る方が苦労なのです


d0085887_07513675.jpg

焼けばこんな感じ
黑と黒の淡いコントラストですが
でも
隅を丁寧に処理すると
不思議に・・上がりがきれいになるのです
「時間」は・・高価なコスト
無駄にはできません

その貴重なコストを削って
今朝は・・この後主治医のところに行きます
いつもの検診ですが

「個展が無事に終わるよう
体のことは・・任せておけ!」
主治医の心強いサポートに任せ
指示に従っています




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!



[PR]
by touseigama696 | 2017-04-11 08:16 | ●工房便り | Comments(2)
d0085887_08105066.jpg


黄色の部分が・・いわゆる養生で
顔料が掛からないように防いでいる部分です
だから
ここを汚してしまえば・・養生に意味なしです

d0085887_07593165.jpg


うっかり見逃せば・・こうなります
これくらいなら
まだグラインダーで補正が効きますが
でも・・無駄な作業にはちがいありません


d0085887_07595054.jpg


見逃した理由は・・簡単なことで
素地の土色と養生テープの紙色が・・同じ白
僅かにできた隙間に気づかなかったのです

養生の意味は・・汚さないため
画竜点睛を欠く・・は
瞳だけでなく・・尻尾も大事
そういうことなのです

このところ
同じ作業で数作ってるので
ついつい油断してしまいました

d0085887_07504059.jpg


焼けばコントラストの強い茄子紺も

d0085887_08093410.jpg


顔料吹きの時点では・・案外白っぽくて
照明の下の点検だと・・見逃すこともあるのです

そこでご覧いただいたように
養生テープを黄色にしました
これなら隙間に気がつきやすいからです

必要なことには幾らでも手をかけますが
うっかりの無駄は・・やはり省くべきで
もっと早くそうしていれば・・と
しばし悔いるのですが
その繰り返しの中で
少しづつ完成度が上がってゆくのだと
思うことにしています



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!



[PR]
by touseigama696 | 2017-04-06 08:37 | ●工房便り | Comments(0)
d0085887_07201411.jpg


上は・・一昨日糸を貼ったもの
どういうわけか・・接着が弱く
貼ってるそばから剥離するので
何度もやり直しを迫られた

その上・・間隔が狭いから
前の一本に一寸でもふれれば
巻き添えにして剥がれる
正に・・一歩進んで二歩下がるなのだ

悪戦苦闘の末・・たった一枚の皿に
午前中一杯かかってしまった
途中で・・投げ出したくなるほど焦れたが

この種のトラブルの解消は・・我慢しかない
糸と根競べのつもりで
決して癇癪を起さないこと

器肌を丁寧に清拭して・・CMCを薄く塗布
僅かに湿りを加え・・指の力を抜いて
ヴァイオリンなら・・ピアニッシモのA線のように
ゆっくりと静かに・・弓を滑らせる
午前中の3時間・・じっとそうした

癇癪に封印して我慢する効果は
理屈ではなさそうだ
やがて・・糸は落ち着いて定着してくれた

天候による乾燥かとも思うが
はっきりとした原因は掴めない
でも・・この仕事にはそうしたことが多い

原因が判っても解決できないこともあれば
原因不明でも・・何となく解決するものもある
最近は・・この「我慢」に習うことが多い

下の皿は・・同じことを昨日したものだ
殆ど同じことをしたのに
昨日は・・実にスムーズに貼れた
リズムに乗れて・・1時間ほどで完了
どうしてだかは・・やはり不明だ

きっと前日の我慢が・・効いたに違いない
そう思うことにして
深く詮索しないことにした


d0085887_07504059.jpg

以前に焼いたものだが
窯から出れば・・およそこんな風になるはず
たいして面倒そうでもないか



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!



[PR]
by touseigama696 | 2017-04-04 07:55 | ●工房便り | Comments(2)
d0085887_02143275.jpg

既に糸貼りを済ませてあった作品に
茄子紺の彩色を施した鉢6点と
黑を階層にした茶碗2点

昨日の成果は・・ここまでですが
かなり集中できて
ギアが一段上がった手ごたえでした

d0085887_04154762.jpg

12面体にカットした深鉢の
見込みに両手を入れて糸を貼るのは
手狭で難儀なので
ピンセットを多用しますが
勿論慣れが殆どとはいえ
テープの薄弱な粘着力は
僅かな力加減で剥離してしまいます

貼りなおしに焦れず・・呼吸を乱さないように
じっと身体を固定してると
安定したリズムが生まれてきます
ギアが上がったのを感じるのは・・そんな時です


d0085887_07310621.jpg


こうした仕事をしてると
慣れるのは・・嬉しいことです

だから先ず慣れること・・そして
充分に慣れたら・・潔くそこを離れて
また新しい慣れに向かうこと

そんなこと考えながら
忍耐の日々なのです



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2017-03-25 07:42 | ●工房便り | Comments(0)