ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

2017年 08月 21日 ( 1 )

d0085887_00231815.jpg

陶芸家が・・工房でこんな風にしているのは当たり前
粘土が重かったり・・水が冷たかったり
やってりゃ色々あるけど
ろくろ挽いてる時間は嫌いじゃない
そんなはずだったが
最近・・あちこち体が劣化して
結構しんどい作業だと思うようになってきた

そんな折り
重たいものを持たず・・水も使わない
筋肉には殆ど負担のない仕事のオファーをいただいた
誘惑に駆られてお受けした

d0085887_00240103.jpg

昨日この雑誌が届いた・・陶遊No.162 2017/08/23発行
最新号で・・私の個展を取り上げてくださっている

大分前だが・・この雑誌の取材を受けたことがある
3回にわたる追跡レポートで
「脱サラ陶芸家の公募展挑戦記」というタイトルだった

日本陶芸展への応募準備・・制作・・結果
この手のリポートの場合・・受けるにも勇気がいる
入選ならいいけど・・もし選外だったら?
リポーターには筆力が・・作家には胆力が要りそうだ

でもそこは何しろ52歳からの晩学陶芸
失うものはないと覚悟して取り掛かった陶芸のこと
選外記になったとしても
深く傷つくような未来があるとは思っていなかったから
「挑戦してみましょう!」で受けたのだった

発表の夜・・さすがにやや緊張したが
電話で問い合わせる結果発表は
「おめでとうございま~す!」だった
おまけに・・「賞候補」という受賞つきだった

あれから10年近い
最新号の取材は・・比べれば気分的には随分と楽で
「展覧会リポート」で個展の様子が紹介されている


d0085887_00241777.jpg

6月初旬の会期中に
柿傳ギャラリーで写真取材を受けたが
会期は終わっても・・仕事は終わっていない
発行された今も・・追作を完成させるため
工房での緊張は続いている


d0085887_00243589.jpg

日ならずして・・総てを終え
お客様にお届けできるはずで
胸をなでおろす日が近い

そんなわけで・・実は
この展覧会リポート取材の折り
別の企画のお申し出も受けていた
それが冒頭に書いた
筋肉に負担のかからない仕事だが
本号の最後に予告されている


d0085887_00233399.jpg

これがそれである
打ち合わせも済ませ・・準備に入った
確かに筋肉には負担は少ないが
予期していたものの・・頭への負荷が厳しい

うまくまとめて趣意にかなうメッセージにできるか
ロクロならぬPCに向かっての挑戦が始まる

追制作の終了が初稿への始り
様々に衰えゆく我が身と語りながら
少しは背伸びして挑み続けることになる
さて・・ご期待に添えるといいが・・



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
by touseigama696 | 2017-08-21 01:36 | ○未分類 | Comments(8)