ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

2017年 08月 10日 ( 1 )

d0085887_05455133.jpg

同じ粘土を同じ量だけ与えられ
「さて・・課題は径が60㌢の大皿を
メジャーなしの見た目で挽いてください」

こんなコンテストがあるとしよう
そして挽き終えたそれぞれの作品を計測したら
60.1㌢が一番近似値で
10人ほどの参加者のどん尻が60.2㌢
その間に8人が混じってるとしたら
そりゃもう・・びっくりするに違いない

600㍉を・・見た目1㍉差で競う
必要かどうかは別として
技術としてなら・・それをものにする修練は
やはりプロ的な志向ともいえよう

実は上の写真
今朝の明け方世界陸上の200㍍走の準決勝
こんなにばらけているが・・終ってみると
20秒が一位で21秒がどんじりだ
その差に1秒はなく・・間に6人がいる

人間のフィジカルなポテンシャルを
とことん追い求めれば
ここまで絞り出すことができる

私が幼かったころの
「イッチョ気合いれてやれやぁ!」で済んだ
あの遊びみたいなスポーツは・・今は遠い
プロフェッショナルでなければ勝負にならない
そのプロフェッショナルに向かって
幾つもの青春がストイックなまでに
ひたむきに走っている

それはそれで良いことだと・・私は思う
どうせやるなら・・遊びや楽しみで終わらせるな
1秒や1㍉に・・惜しげもなく1年を使う
その忍耐がもたらす成果は
きっと競技人生を支えてくれるに違いない

プロがいなくなちゃう世界も多い
昨今の世の中をみてると・・だから不安だ
本気のプロに頑張ってほしいと・・願うばかりである

------------------------------------------------------------

さて蛇足だが・・さっきのセミファイナルで
見事決勝進出を決めたサニブラウン選手に
もしも・・私が君のコーチならという
実にお節介な一言を書いちゃおう・・と思う

「明日のファイナル
チャンスがあれば勝ちたいって思うとして
それは当然の狙いかもしれないが
サニー!・・ここは我慢だ

今年の目標は・・セミファイナルに勝つことだった
それは実ったが・・今ファイナルに欲を持てばまず負ける
何故って・・やってない練習がひとつあるからだ
しかも・・それせずに勝ちにいって負けるのは収穫がない
我慢って言ったのは・・勝ち負け度外視の収穫狙いだからだ

明日は勝ちにゆくな・・むしろ負けるために走れ!
ただし・・ただ負けるためじゃない
壮大な実験をしろ
どういうことかと言うと
最初から最後まで力を抜いて走れるかを・・試せ
勝ち負けは脇に置け
勝てそうな気がしても・・力を入れるな
負けそうでも・・力むな
200㍍全部を・・リラックスして走れ
それが・・まだやってなかった練習なんだよ

もしその我慢が出来れば・・来年は勝ちにゆけるよ
この経験は・・しょっちゅうできるわけじゃない
折角掴んだ最初のチャンス
リラックスを体に覚えさせるための実験に使えだよ

練習場では絶対できない・・実験
格下のレースでも絶対できない・・実験
だから
勇気をもって・・スタートからゴールまで全て
「力を抜け!」

結果は20秒後にはでない
出るのは来年で・・成功すれば
そりゃ言うまでもないことだよ」



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2017-08-10 07:54 | ●エッセイ | Comments(0)