ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

2017年 07月 31日 ( 1 )


d0085887_02484286.jpg

尺皿に貼った糸抜きの波状紋
私の定番のひとつですが
これ一枚の裏表に糸を貼って・・ほぼ3時間ほど

「こんな細かい作業・・気が遠くなりそう!」
ご覧になった方から・・よくそう言われます
でも本人は
一度も気が遠くなったことはありませんでした


d0085887_02491293.jpg

しかし
この二枚を貼り終えた昨日
少々気が遠くなりそうでした
これ一枚裏表貼るのに・・10時間かかったのです
たった二枚に2日使いました
一寸見には・・波状紋より楽そうに思えますが
これが意外に手強いのです

本人・・出品作を作ったときの所要時間を忘れます
ですから途中で・・ガァ~ンと思い知らされるのです


d0085887_02494766.jpg

何でこれって・・こう手間がかかるんだろ?
考えながら・・貼ってました

多分・・理由はこうです
波状紋は・・一本の糸が皿の幅分の長さ
長いうえに・・リズムに乗る必要があるので
調子が出れば・・結構スピードがでます

一方・・この市松紋様は
3センチ四方の升目の中に
1.0㍉の糸を3センチの長さで7本
出来るだけ等間隔で貼っています
おまけに切るときは
1.5ミリ幅の糸の上で・・1.0ミリの糸を
はみ出さないように切るのです

ハサミを使う頻度がまるで違っていて
到底リズムに頼るってことが難しいのです
それでも
貼ってゆく手順を揃え
僅かにリズム感を摑もうとしますが
雪上のスラロームでワルツを!
ってわけにはゆきません

数㍉の等間隔で80数升に7本の糸
はみ出さないように息を詰めて
ハサミで切る回数も600回ほどになります
尺取り虫のほふく前進みたいなものです

一枚に10時間・・どんなに慣れても
一枚を3時間では・・きっと無理
気が遠くなりそうなことに気づきました


d0085887_02504334.jpg

裏面は・・こうです
追加制作は・・この二枚ですが
窯から出したら疵あり・・?

考えないことにします
そっちの方が気が遠くなりそうですから

でも
公募展での選外と・・個展の窯出し疵あり
どちらも覚悟して慣れておく必要があるって
陶芸が因果な仕事の理由のひとつ
私は・・そう思っています




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
by touseigama696 | 2017-07-31 03:50 | ●工房便り | Comments(0)