ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

2017年 06月 28日 ( 1 )

d0085887_04081220.jpg


箱屋さんに無理言って急いで作ってもらった共箱
できたからには・・急いで箱書しなきゃ
昨日の午後・・予定を変更して書きました

箱書はしょっちゅうある仕事じゃありませんから
いざ書くとなると・・そこそこ緊張します

20個ほど書きましたが・・まだ半分
追加制作分の箱は・・これから注文
一つも失敗せずに書き終えられますように・・です


d0085887_04073275.jpg

箱書には色々な書き方があります
蓋の表に書いたり・・裏に書いたり
或いは
箱の側面や裏底を使ったりもします

私は・・蓋裏を使うことが多いのですが
今回は・・表に書きました


d0085887_04002584.jpg


でも大皿だけは・・裏
表だと汚れ易いような気がします

d0085887_03590323.jpg


いずれにしても
作品同様・・長く残るものと考えて
達筆・悪筆の評価は棚に上げ
ともかく心を込めて書くことにしています

今までも・・大抵は
書いたものを写真にして残してあります
記録でもあるし・・次の機会の資料でもあります

d0085887_03585265.jpg

いざ書くとなったら
準備はなるべくゆっくりと時間をかけます
慌てるのが一番いけません

できれば少し広い部屋で
予め置いておく場所・・書く場所
書いたら乾燥させる場所
流れを作っておくことにしています

筆は・・一瞬ためらったら間違えます
ですから・・書こうとする文字をメモにして
それを見ながら書きます

僅かでも墨や朱肉が指について
箱を汚すことがないように
始終手を拭いたり洗ったり
結構気を使う仕事です


d0085887_03584351.jpg

墨と朱肉の乾くのを待って
紙を乗せ紐をかけます
ほっとする一瞬なのでした

予定変更のついでに・・電話で都合を確かめ
一気に搬入することにしました

夕方の新宿駅前・・この雑踏に
車で乗り込むには結構勇気がいります

75歳の運転手が心がけるべきは
アクセルとブレーキを踏み間違えないこと
そう言い聞かせながら
箱書以上に緊張して走ったのでした



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2017-06-28 04:57 | ●工房便り | Comments(2)