ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

2017年 04月 09日 ( 1 )

d0085887_04005495.jpg

現職の総理大臣は
失礼かもしれないが・・実に
平気で・・子どもっぽい発言をする方だ

私人ならどうってことない発言も
一国の首相ともなれば・・そうはいかない
その意味での気遣いを無視されると
国民は・・やはり不安になるものだ

国会での施政方針を聞いていて
うん?・・思わず首をかしげた

「世界の真ん中で輝く国を作ろう」
このひとことである
小学生が卒業文集に書いたのなら
その心意気を感じもしようが
総理発言ともなれば・・やはり耳をそばだてる

世界に真ん中は・・あるの?
もし真ん中があるとすれば
それはどこ?・・どうして真ん中なの?
やはり説明が必要になる

そして・・その「真ん中」は
決して地図の上でのことじゃなさそう
政治家の発言は・・そうしたものなのだ

直観的に浮かんできたものは
G7とかG20とかの
世界の首脳会議の席上の真ん中だ

日本の総理大臣が真ん中に立って
米・英・仏・独・露・中などの列強が
がその周りに立っている・・そんな映像だ

次に浮かんできたのは
八紘一宇・・という言葉
四方八方の世界をまとめて・・一つの家にしよう
その真ん中で輝く・・日本
この言葉・・うっかり使えば誤解を招く
既に過日・・女性代議士が経験済み 
言葉は・・歴史でもあるからだ

そうした危なっかしさのある発言を
何故・・今国会で?
長期政権の驕りでないことを祈るばかりだ

尋ねれば
「私がそんな意味で言うなんて・・あり得ない!
そう答えるのかもしれないな
もし謙虚な言葉で・・同じ意味を言おうとすれば

「一隅を照らすひと・・という言葉がある
今いる場所で精一杯努力する・・という意味だ
ひとも国も一緒・・世界中のどこにいても
そこでしっかり輝ける国にしようではないか!」




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!



[PR]
by touseigama696 | 2017-04-09 05:18 | ●エッセイ | Comments(0)