2017年 03月 27日 ( 1 )

d0085887_02345006.jpg

政治の世界は・・騒動続きだ
工房にいて・・見るというより聞いてるテレビ
しばしば・・慌てふためくセリフが聞こえる

ちょっと気になる・・総理のセリフ
「私や妻が・・そんな大きな寄付をすることは
あり得ないんですよ」
「国有地の払い下げに・・私や妻が関わることは
あり得ないんですよ」

ここで使ってる・・「あり得ない」は
おかしな使い方だ
人間のすることにあり得ないことなどない
まして・・本人が自分のこととしてそう言えば
そりゃもう信じるも疑うも・・半ばしておかしくない

もし・・あり得ないを使いたければ
こう言うべきだ

「人間のすることに・・あり得ないはないが
おっしゃるような疑惑は
総理である自分は言うまでもなく
その妻といえども・・立場上あってはならないことだ
だから
こうした疑惑があり得ないことであるために
私は・・日々細心の注意を払って仕事してるし
妻もそのことを十分理解してる
その上で申し上げるが
良心に誓って・・そうしたことはしていない」

人間のすることに・・あり得ないはない
だから
あり得ないを証明するには
確かな証拠か・・信じてもらえる信念
どちらかが必要なのだ


d0085887_02345993.jpg

権力は・・大きな力ではあるが
僅かでも油断や不遜が芽生えれば
人々の信頼を失うのも・・早い

「私には・・あり得ない」
そうであるための信念に触れてないのは
注意深さの欠如に狼狽えた強言でしかない

政権が長くなった時
待ってる落とし穴が・・これ
この先・・どういう顛末になるのか不明だが

無事に通り過ぎるなら
権力が選ぶ言葉を・・じっくりと再考すべきだ
善政は・・その上にしか実を結ばない




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]