2017年 03月 07日 ( 1 )

d0085887_03580436.jpg

この数カ月・・とりわけ年が明けてからは
明け方の4時半ころから
日没の6時過ぎまで
殆どここに座ってじっと作業を進めています

じっとしていても
時間は・・お構いなしに
疾風のように走ってゆきます
まるで特急電車が通過するかのようです


d0085887_03583037.jpg

そして・・各駅停車の車内で
こんなものが少しづつ形になってゆきますが
通過電車の疾風を浴びるたびに
その鈍足に不安を感じるものです

時間は流れであり
同時に・・ボリュームでもあります
強靭な被膜さえあれば
結構な量の仕事を包んでくれますが
時間の速度とボリュームの関係を
そこそこしっかりと認識してないと
根っこのある仕事にならないのかもしれません

じっと座って・・じっと手を動かしながら
そんなことを考えていました


d0085887_03434838.jpg

手間はかかりますが・・時のボリュームの中に
仕掛りの作品がたまってゆきます

d0085887_03592258.jpg

更に・・彩色して糸を外し
釉を掛けて窯で焼く・・まだまだです

ボリュームを目いっぱい広げて
一方で・・疾風を手で止めたい気分
与えられた時間に・・体当たりの日々が
暫らくは続きます

d0085887_03590577.jpg

昨日のうちに
養生でキャンバスを作っておいた飯茶碗
これから工房に入って・・糸を貼ることにします

やがて始発電車が走る時刻
負けずに・・頑張るつもりなのです




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]