ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

2010年 06月 23日 ( 1 )

d0085887_23222416.jpg

去年の夏のこと・・
スコットランドのターンベリーで開催された『全英オープン』
この難コースをガンガン攻めまくって
挙句に予選落ちした・・石川遼選手

テレビで見ていて・・
「日本にも・・本当の意味で強くなれる選手が現れた」
そう思った理由は・・こうだ

大抵の選手は・・この世界の晴れ舞台に立って
心に誓うことは・・ベストを尽くす・・だろう
ベストは・・勝つための手段・・
プロとして当然の選択だ

ところが・・石川遼選手は違った
勝つためのベストではなかった
妙な言い方だが・・
失敗するためにベストを尽くしていた
だから・・案の定予選落ち・・で終わった

しかし・・失敗に向かってのベストこそ
彼の類まれな非凡を示していると・・私は思った

その石川遼選手が・・敗戦のイギリスから戻って
国内戦での試合直後のインタビューで・・こう言った

「・・技術的には変わっていないと思うけど
打つ球のイメージが出せるようになった・・」

d0085887_23224868.jpg

この言葉こそ・・実は
「失敗のためのベスト」に秘められていた
彼の真意だったように思えるのである

つまり・・
たった今の技術で可能な打球のイメージで
勝負しようとしてはいなかった・・
ということだ

この場面で打てるべきショットのイメージには
やがて身につけねばならない技術が必要なことを
彼自身が・・一番感じていて
叶わぬまでも・・挑んでいたのだろう

「・・打つ球のイメージがだせるようになった・・」は
失敗に向かっての挑戦がもたらした収穫として
少しづつ・・自分の技術に自信を持ち始めたからだ

理想のイメージは・・確実な技術の支えがなければ叶わない
逆にいえば・・
確かな技を身につけてこそ・・頭の中に
美しいラインをイメージすることができるのだ


ゴルフだけじゃない・・本当に作りたいもの
それをものにするために大事なことは
今もってる技術ではない・・と知るべきだ

そして・・失敗を恐れずに果敢に攻めて
より確かな技術を手にしなければならない
それは・・陶芸でも同じなのだ

17歳の少年からだって・・学ぶべきものはある
18歳になった彼が・・
また負けて新しい課題を見つけたようだ
25歳くらいまで・・そのまま真っすぐ走れと言おう
今日の一勝を勝たせたがる・・そんな
大人の言葉に従うべからず・・である

きっと・・タイガーウッズを脅かす選手に育つだろう



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!




[PR]
by touseigama696 | 2010-06-23 00:42 | ○陶芸雑感 | Comments(2)